帝王 の 娘 スベクヒャン 続編。 韓国ドラマ『帝王の娘スベクヒャン』はHulu・U

韓国ドラマ『帝王の娘スベクヒャン』はHulu・U

帝王 の 娘 スベクヒャン 続編

では、ドラマの時代背景や各話の詳しいあらすじと見どころ、キャストの魅力をまとめて紹介している。 は、2010年以降、と朝鮮時代が舞台のドラマを放送してきた韓国MBCにて2014年3月まで放送された作品。 (2009年)、(2011年)以来久々に百済を舞台にした長編時代劇。 脚本は、MBC独立記念日スペシャルドラマ「絶頂」を手がけたファン・ジニョン、監督はイ・サンヨプがタッグを組んだ。 ヒロインの百済、武寧王の娘、スベクヒャンを演じたのは、、やで今、もっとも注目を集めている演技派女優の1人ソ・ヒョンジン。 など、コミカルからシリアスまで演技幅の広い女優だ。 本作は、そんな彼女にとって本作は初主演作品だった。 劇中アクションや百済の皇室舞踊なども披露し、当時その多彩多能さで視聴者を驚かせた。 スベクヒャンの異父妹ソルヒをのソウが担当。 また、で30代王・武王役を演じた日本でも人気のチョ・ヒョンジェが、今度は26代王の聖王となるミョンノン役で登場。 変わらぬビジュアルと優しいカリスマ性で女性視聴者のハートをがっちりつかんだ。 そしてミョンノンを憎み復讐を誓うジンム役担当したのは、のチョン・テス。 劣等感に苛まれるジンム役を演じ、悪どい一面とカリスマ性溢れる一面を披露し高い評価を受けた。 ちなみにチョン・テスは、主人公の女優ハ・ジウォンの実弟で、2018年1月、34歳という若さで亡くなった。 強烈なストーリーに衣装や小道具の豪華さ、そしてメインキャストの4人の好演が話題になった「帝王の娘 スベクヒャン」の放送をお楽しみに。 この時、ユンはチェファがユンの子供を身ごもっていることを知る由もなかった。 その頃、現王で第24代王 東城 トンソン 王を暗殺したチェファの父・ペク・カが命を落とし、チェファは伽耶 カヤ に亡命。 従弟・東城王に代わって即位したユン(武寧王)は、やがて「ソルラン」が自分の娘だと知り…。 一方ソルランが武寧王の娘だと知った異父妹ソルヒは、ソルランに成りすまし百済の王女の座を奪う。

次の

帝王の娘スベクヒャンの日本再放送予定日は?BS番組でやってる?

帝王 の 娘 スベクヒャン 続編

【武寧 ムリョン 王、ユン役】イ・ジェリョン 百済第25代王。 スベクヒャンの父。 本作は、アイドルから女優に転身したソ・ヒョンジンさんの初主演作です。 今や数多くのドラマで主演を務める彼女ですが、女優としての活躍がはじまったのは本作の前後からになります。 とはいえ本作は、完成度の高い作品でありながらもオリンピック中継との兼ね合いや、視聴率的に苦戦したことなどもあり、当初全120話で予定されていたものが108話で終了してしまいました。 ただ、視聴者からは放送枠が違っていればもっと視聴率が取れたはずという意見もあるなど、非常に評価の高い作品となっています。 そんな本作の出演者は、アクションもこなすソ・ヒョンジンさんを筆頭に、悪女ぶりが板についたソウさん、優しき太子ミョンノン役のチョ・ヒョンジェさん、そしてミョンノンに劣等感を抱くチンム役のチョン・テスさんがメインキャストに起用されています。 本作のOSTに関してはあまり詳しい情報などなかったのですが、ソ・ヒョンジンさんの綺麗な歌声は必聴ですね! スポンサーリンク 帝王の娘スベクヒャンあらすじ 舞台は三国時代と呼ばれた6世紀の百済。 加林 カリム 城の城主ペク・カの娘チェファ(ミョンセビン)は、第24代百済王 東城王の従兄であるユンと密かに情を通じていました。 そんな中、ユンの側近であるヘ・ネスク(チョンソンモ)にそそのかされたペク・カ(安息ファン)が王を暗殺してしまいます。 これに激怒したユンはペク・カを自害に追い込むのですが、なんとチェファまで亡くなってしまったのです。 悲しみに暮れるまま第25代百済王 武寧王となったユンは、亡き東城王からの遺言により実子ミョンノンと東城王の息子チンムを入れ替え、チンムを王位につけようと決意します。 一方、実はペク・カの家人クチョンにより助けられ生き延びていたチェファは、逃げた先伽耶 カヤ でお腹に宿していたユンの子スベクヒャン(ソヒョンジン)を産みます。 時が立ち、ソルランとして育ったスベクヒャンは、チェファとクチョンとの間に生まれたソルヒ(ソウ)と共に暮らしていました。 しかし、ソルランの正体を知ったソルヒがスベクヒャンに成り済まそうと考え・・・。 スポンサーリンク 帝王の娘スベクヒャンみどころ 韓国の時代劇というと李氏朝鮮時代 1392年から1910年 を舞台とした印象が強いですが、実は「太王四神記」や「善徳女王」といった大ヒット作や、近年の作品だと「花郎」も本作と同じ三国時代を舞台とした作品なんです。 時代が6世紀ということもあり、朝鮮時代を舞台としたドラマと比べると衣装をはじめとして所々で違いはあるのですが、それが逆に新鮮に映るかもしれません。 とはいえ韓国時代劇ではお馴染みの権力闘争や愛憎劇も健在で、そんな中でも本作で一番の注目ポイントとなるのが主人公4人の立場が男女共に入れ替わる点にあります。 王女でありながら妹に地位を奪われたソルラン、姉の立場を奪い偽のスベクヒャンとなるソルヒ、そして幼い頃に入れ替わったミョンノンとチンム。 ソルランが本物のスベクヒャンだと分かるのはいつなのかというのも気になるところですが、そんな複雑な人間関係の中にソルランとミョンノンの純愛も盛り込まれていて、この恋がどういった結末を迎えるのかにも注目したいところ! スポンサーリンク 帝王の娘スベクヒャン感想・評価 普段はこういった長い時代劇は敬遠しているのですが、ソ・ヒョンジンさんのファンで見た人の評価も高いようなので見ることにしました。 全108話という長さに最初は相当構えていたんですが、1話あたりは30分程度なので意外とサクサク見れましたね。 ただ、子供の入れ替わりや別人が成り済ます設定などは韓国ドラマにありがちなものですし、いくら妹を探すためだとはいえ諜報組織に入ったり、都合よく太子と出会い愛し合ったり、そんな二人が兄妹かもしれない関係だったりというのは都合が良過ぎますし、登場人物たちか悩まされるのに反して視聴者は最初から正体を知っているので見ていてヤキモキさせられるんです。 その上、チェファにクチョン、そしてソルランも性格がいいのに、何故かソルヒだけ悪人というのは疑問ですし、見ていて相当イライラさせられました。 この設定を面白おかしく見れる人には楽しめるドラマだと思いますが、私のように一喜一憂し過ぎると見るのに気力がいるドラマだと思います。 最終回は? ソルランが本物のスベクヒャンだといつわかるのかや、スベクヒャンだと偽っていたソルヒはどういう末路を辿るのかなど気になるポイントは多々ありましたが、最終回は予想通り実に都合のいいものでした。 悪人は厳罰に処すべきと思っている私には、このラストはぬる過ぎるんですよね。 その上、国の問題は丸投げして恋愛に走ってしまうというのは、恋愛ものとしてはいいかもしれませんが正直納得いきませんでした。 まあこれは、短縮されてしまったゆえの皺寄せかもしれませんが。 本作は、韓国時代劇の中でもストーリーが上手く出来ていてドロドロし過ぎないのもいいと思うんですが、そもそも様々な設定や展開に突っ込みばかり入れてしまう私みたいな人には向かない作品でしたね!.

次の

帝王の娘 スベクヒャン 第105話

帝王 の 娘 スベクヒャン 続編

加林[カリム]城城主の娘 チェファは、父親の謀反で恋仲だった将軍 ユンの子を宿したまま逃走する。 将来産まれる子にユンがつけた名前は「スベクヒャン」だったが、チェファは産まれた娘に ソルランと名付けて身体にスベクヒャンの花印を彫る。 その後、チェファを助けた耳と口が不自由な男性とチェファは結婚し長女 ソルラン ソ・ヒョンジン を育てつつ次女 ソルヒ ソウ をもうけ、伽耶の地でひっそりと4人仲良く暮らしていた。 一方、王の従兄弟だった ユンは政変で 百済25代 武寧[ムリョン]王 として即位する。 前王の息子 チンムと自分の息子 ミョンノンを守るため2人を入れ替えた後、娘がいるともチェファが生きているとも知らずにユンは王座を守り続けた。 ある日、 ソルラン =スベクヒャン の妹 ソルヒが、母親から 姉の 実父が王であると聞き王宮へ。 「私の名前はスベクヒャンだ」と王に告げる。 姉に成り代わり、 ソルヒが王女の座に就く。 2020. そら豆 やっと視聴できた感想 見たいたい見たいと思い続けて早6年、やっと視聴できました。 1話目でオシャレでもないし古いな…という印象でスタート、しかしすぐストーリーにハマり。 恋愛、復讐、陰謀、出生の秘密が標準装備、 入れ替わりのオプション付き。 スベクヒャンが産まれる前の父母の話から始まり、それだけで軽く日本の月9ドラマほどの長さです。 韓ドラ時代劇は丁寧さ半端ない。 イ・ビョンフン監督のドラマほどハラハラはしませんが、 ・秘密がいつバレるんだろう? ・最初誰にバレるんだろう? と先が気になる脚本で終始面白く視聴が止まらなかった。 見ている私は知っているけど、登場人物は知らない秘密エピソードが絡み合い。 『あの人とあの人は 血縁で~ 恋愛したら駄目よ~』と考えながら、飽きることなく楽しめました。 簡単な時代劇なのに面白い理由 政治の話が軽い簡単な時代劇。 派閥などはなく、特定の人が敵対する理由も単純で分かりやすく。 敵国とのやり取りが易しくて戦闘シーンも少なかった。 大事なのはそこじゃない。 最大の魅力は、韓国ドラマ現代劇でよくある 入れ替わり 韓ドラあるあるの成りすまし設定を時代劇に応用。 現代劇なら、あのDNA鑑定をすり替えるやつです。 悪事がなかなか露見しないw こんな中身の時代劇で面白いって・・・・逆にすごいな!!と思いました。 政争や復讐などがなくてもこれだけで十分見応えあります。 政治の話が込み入って会議ばっかりしていた「善徳女王」とは違い、複雑な時代劇が苦手な人でも楽しめる明快なストーリーでした。 タイトルとはうらはらに、帝王の娘は成りすましている妹なわけで。 本当の王女スベクヒャンはそのことを言えない立場。 舞台と時代背景 舞台となるのは? 朝鮮半島・満州。 出てくるのは高句麗、百済、新羅の三国。 三国以外に、扶余、沃沮、伽耶、于山国、耽羅国など小国も乱立。 ドラマは 百済[ペクチェ]、現在の ソウル周辺が舞台。 参考 時代背景は? 1世紀~7世紀の三国時代、 描かれたのは6世紀、百済王3代にわたる期間。 479ー501年 第24代 東城王[トウジョウオウ] 502ー523年 第25代 武寧王[ムリョンワン] 523ー554年 第26代 聖明王[セイメイオウ] 武寧王の一代記の側面も持つドラマです。 やっと視聴できた方法 どうして今更スベクヒャン? 視聴できたのはdocomoさんのお陰です。 以前から 「帝王の娘 スベクヒャン」 がAmazonプライム・ビデオにあるのは知っていて。 登録しようか迷っていた矢先、 docomoユーザーはAmazonプライムが無料でついてくる 動画配信に興味のない旦那のスマホがdocomo! 狙い通りAmazonプライム、無料登録できました。 契約内容にもよりますので、My docomoでご確認くださいね。 今だけのサービスだから早い目にされた方が得策です。 簡単な手続きで、1年間分の Amazonプライム年会費4,900円をdocomoさんが支払ってくれます。 これがなぜか、 dTVじゃないのよね…。 つるんとした肌に顔の形が卵みたいですよねー。 ほとんど王女の役ではないけど、だんだん風格が出てきます。 このドラマ「帝王の娘 スベクヒャン」 が遺作。 響く声が好きだったのにもう聞けない…。 何故か彼の演技は記憶に残る。 出演作品 スベクヒャンの親たち 武寧[ムリョン]王 =ユン イ・ジェリョン 百済第25代王、スベクヒャンの父 イ・ジェリョン 優しくも雄々しい王様がハマり役でした。 出演作品 「ビューティフル・マインド」「油っこいロマンス」 チェファ ミョン・セビン ソルラン =スベクヒャン とソルヒの母 ミョン・セビン 気品あふれる素敵なお母様役がぴったり。 出演作品 「漆黒の四重奏<カルテット>」「甘くない女たち」 クチョン ユン・テヨン ソルヒの父、チェファの夫、耳と口が不自由 ユン・テヨン 重要な役で、だんだん素敵に見えてくる。 出演作品 「アバウトタイム」 「ショッピング王ルイ」 最後に 「トンイ」ほどドラマチックではないですが、十分楽しめるドラマでした。 ネタバレなしで遠回しに言うと・・・ 産着とか。 スベクヒャンのことをもっと丁寧に回収してほしかった。 せめて切りよく110話だったら・・・ そら豆はどうしても 産着を回収してほしかったらしい。 ところで、韓国ドラマにチキンは付き物ですが。 時代劇の丸ごと蒸しチキンを是非一度味わってみたい衝動に駆られました。 何味なんでしょうね??塩味だけじゃないよね!? 食いつくところをいろいろ間違っている… スポンサーリンク あわせて読みたい kandsoramame.

次の