コンテ イジョン 結末。 映画『コンテイジョン』ネタバレ感想 コロナウイルスと比較はできないが・・・│今日も映画ですか?

コンテイジョン

コンテ イジョン 結末

の紹介:2011年アメリカ映画。 巨匠スティーヴン・ソダーバーグ監督が世界中に蔓延していく致死率の高い謎のウイルス感染症の恐怖とパニックに陥る人々を描いたサスペンス・スリラー群像劇です。 アメリカ疾病予防管理センター (CDC)や他の感染症の専門家などの全面協力を得て製作され、リアリティあふれる描写は観客や批評家から高い評価を得ました。 監督:スティーブン・ソダーバーグ 出演者:マリオン・コティヤール(レオノーラ・オランテス)、マット・デイモン(ミッチ・エムホフ)、ローレンス・フィッシュバーン(エリス・チーヴァー)、ジュード・ロウ(アラン・クラムウィディ)、グウィネス・パルトロー(ベス・エムホフ)、ケイト・ウィンスレット(エリン・ミアーズ)、ブライアン・クランストン(ライル・ハガティ)、ジェニファー・イーリー(アリー・ヘクストール)、サナ・レイサン(オーブリー・チーヴァー)、エリオット・グールド(イアン・サスマン)ほか 目次• コンテイジョンのネタバレあらすじ:起 大企業「アンダーソン社」に勤める女性重役のベス・エムホフ(グウィネス・パルトロー)は、香港への出張からアメリカに帰国しましたが、夫ミッチ(マット・デイモン)と幼い息子の待つミネソタ州ミネアポリスには戻らず、元恋人の待つシカゴに立ち寄ることにしました。 ベスは帰りの空港で元恋人と電話をした際に咳き込みますが、その時ベスは軽い症状だと思い込んでそのまま帰国。 元恋人と逢瀬を重ねた後にミネアポリスの自宅に戻りました。 ミッチらに出迎えられたベスでしたが、その直後に風邪のような症状を発症し、咳も悪化していきました。 その頃、香港・九龍では体調不良の青年がそのまま街に出てトラックに轢かれ、香港でベスと一緒だった日本人サラリーマンが日本・東京に戻るなり体調不良を訴えてバスの中で倒れてしまいました。 また、イギリス・ロンドンのホテルの一室ではとある女性が昏睡状態に陥り死亡していました。 ジョージア州アトランタの疾病予防管理センター(CDC)では、調査責任者のエリス・チーヴァー博士(ローレンス・フィッシュバーン)が職員のロジャー(ジョン・ホークス)から子供の病気について相談を受けていました。 その頃、サンフランシスコでは相次ぐ不審な死を野次馬が撮影してYouTubeにアップしていました。 その動画に注目したフリージャーナリストのアラン・クラムウィード(ジュード・ロウ)は、一連の不審死を感染症と判断し、雑誌「クロニクル」の記者ロレイン・ヴァスケス(モニーク・ガブリエラ・カーネン)に見せましたが、ロイレンはまともに取り合ってくれませんでした。 コンテイジョンのネタバレあらすじ:承 ミッチは学校に通っていた息子が発熱したとの連絡を受け、彼を迎えに行きましたが、ベスの容態は悪化の一途を辿り、翌日にミッチが病院に連れて行くもベスは昏睡状態に陥り命を落としてしまいます。 ミッチは医師からベスの死因は不明であることを告げられました。 その後、ベビーシッターから連絡を受けたミッチは急いで自宅に戻りますが、息子は既に死亡していました。 その翌日、スイス・ジュネーブのWHO(世界保健機関)では、レオノーラ・オランテス博士(マリオン・コティヤール)が世界各地で多発している不審死の調査に乗り出していました。 香港で死亡した青年の遺骨を持って故郷の広東省に向かっていた青年の妹がバスの中で発症して死亡、香港は全ての住民の検査を開始するなど対応に追われました。 その頃、シカゴではベスの元恋人が発症して病院に搬送されました。 その一方でベスの解剖が始まり、その結果ベスの脳は壊滅状態に陥っていたことが判明しました。 CDCのアリー・ヘクストール博士(ジェニファー・イーリー)とデヴィッド・アイゼンバーグ博士(ディミトリ・マーティン)はベスの血液などを調べた結果をサンフランシスコのイアン・サスマン博士(エリオット・グールド)に報告しました。 病院の隔離病棟に入れられたミッチは、面会に来た娘のジョリー(アナ・ジャコービー=ヘロン)に、自分は感染していないことを伝えました。 チーヴァー博士は部下で感染症調査官のエリン・ミアーズ博士(ケイト・ウィンスレット)をミネソタ州に派遣して調査にあたらせました。 一方、CDCなどの一連の行動に注目していたアランは国家がこの事態を隠蔽していると考え、記事を書くために独自の調査を開始しました。 コンテイジョンのネタバレあらすじ:転 ベスの勤めていたアルダーソン社に出向いたミアーズ博士は、彼女と接触して発症した社員がいることを知り、調査を開始しました。 一方、ミッチはベスがシカゴに行っていたことを知り、元恋人にも伝染したのではないかと考えました。 その後もミアーズ博士は懸命の情報収集を行いましたが、程なくして自身も感染して命を落としてしまいました。 やがてヘクストール博士は、一連の感染症の元が、豚のウイルスとコウモリのウイルスが融合して変異した新型ウイルスの可能性があることを突き止めました。 サスマン博士やヘクストール博士らは危険を賭してウイルスの培養に成功、ワクチン開発の道筋をつけました。 その頃、オランテス博士は感染源を探るため香港に飛び、現地の局員スン・フェン(チン・ハン)と共にベスの足取りを追っていましたが、スンはオランテス博士を拉致して故郷の村に連れ去り、村人のために治療薬を提供するよう脅しました。 この状況を利用して一儲けしようと企んだアランは、レンギョウを摂取すればウイルスを予防できるとインターネット上にアップし、人々はレンギョウを求めて大騒動となり、しまいには軍も出動する程の暴動にまで発展しました。 もちろんレンギョウがウイルスに効くなど真っ赤な嘘であり、そもそも感染すらしていないアランは投資家たちとつるんで嘘の情報を拡散したのです。 全世界にパンデミックの危機が広がり、治安は急速に悪化し、各地で封鎖が敷かれました。 社会の危機的状況に研究者たちは懸命に調査を続け、感染源は香港にいたベスであること、そしてウイルスは飛沫感染及び接触感染をすることを突き止めました。 そして遂にワクチンの開発に成功したヘクストール博士は、認証を受ける時間の猶予はないと考え、自らの体にワクチンを打ち込んで、自らその効果を実証してみせました。 コンテイジョンの結末 感染が確認されてから135日後、ヘクストール博士らが命を賭けて開発したワクチンは直ちに量産されることになりました。 アランはワクチンの効能を疑い、接種を止めさせる行動に出ようとしますが、国土安全保障省に詐欺罪で逮捕されました。 しかし、アランは熱心な支援者の協力により釈放され、巨万の富を得ました。 ワクチンは量産までには時間がかかることから、CDCはワクチン接種の順番を誕生日による抽選とすることにしました。 全ての感染者にワクチンが行き届くまで全米で250万人、全世界で約2600万人もの死者が出ましたが、このワクチンのおかげでパンデミックは少しずつ収束していきました。 チーヴァー博士は恋人のオーブリー(サナ・レイサン)を密かに他の土地に逃がそうとしたことをアランに暴露されてからは、今回の一連の対応の責任を一手に背負わされてしまった格好となりましたが、それでもチーヴァーは自らに割り当てられたワクチンをオーブリーやロジャーの息子など知り合いに譲るなど、自分よりも人のために行動し続けました。 一方、オランテス博士はWHOがワクチンを用意したために解放されましたが、このワクチンが偽薬と知ると村人たちに警告しに走りました。 ジュリーと共に生き残ったミッチは、ベスが生前遺したデジタルカメラの映像を確認し、思わず感極まってしまいました。 映像には、ベスが香港で料理人と握手する様子が映し出されていました…。 …映画は最後に、ベスが感染に至る以前にまで遡ります。 ベスの勤務していたアルダーソン社の工場建設用地で、木がブルドーザーでなぎ倒された際、会社が栽培していたバナナを栽培していた。 そのバナナをコウモリが食べ、そのまま豚舎に入り込みました。 コウモリが落としたバナナの欠片を食べた豚が食肉として香港へと運ばれ、その肉を調理した料理人が手を洗わずにベスと握手をし、その際にベスにウイルスが感染したのでした。 以上、映画「コンテイジョン」のあらすじと結末でした。

次の

映画『コンテイジョン』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。新型ウイルス発生と感染の危機的状況を描く

コンテ イジョン 結末

どーも、スルメ です。 今回は久しぶりに旧作レビューになります!普段から映画は観ているのですが、なかなか感想を書く気にはなれないんですね。 しかし!この記事で取り上げる 『コンテイジョン』に関しては書く意味があるのではないかと。 というか自分が書きたいだけなんだけど。 というのも最近武漢市で発生したコロナウイルスが世界で猛威を振るっているじゃないですか。 日本でも二次感染が起きていますし、クルーズ船で大量感染が予想されるなどかなり深刻な状況になっています。 『コンテイジョン』はそんなパンデミックが起きた世界を描いた作品であり、今観るからこそ真に迫るものがあるんじゃないかと考えたんです。 ってことでそこそこ古い映画だし、この記事を読んでくれる人も少ないでしょうが、レビューを書きたいと思います。 感染は瞬く間に世界中に拡大していく。 見えないウィルスの脅威に人々はパニックに襲われ、その恐怖の中で生き残るための道を探っていく。 監督 本作のメガホンを取ったのは 『オーシャンズ』シリーズでおなじみの スティーブン・ソダーバーグ。 『オーシャンズ』同様に本作でもかなり多くの大物俳優が共演しており、豪華な顔ぶれが揃っています。 製作費が多いだけじゃこんなに揃わないんで、ソダーバーグなりの方法があるのでしょうか。 同じシーンに登場することはないのですが、なかなか共演が珍しい二人だと思います。 共演するのも99年の 『リブリー』以来だったとか。 そもそもマット・デイモンはソダーバーグ監督作の常連でしたね。 本作ではウイルスの危険に晒される父親役で、『オーシャンズ』とは違った演技が見どころ。 その他の出演者は ローレンス・フィッシュバーン、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレットなどなど。 落ち着いてと言われてもね。 パンデミックが起きたらみんな命がけ。 これに尽きますね。 不謹慎かもしれないけどコロナウイルスが蔓延している今だからこそ、現実感があるというかさ。 もちろん本作はフィクションだから現実との関連性はありませんし、実際にここまでのパニックになるとは思えませんが、ウイルスが広がっていく様はリンクするんじゃないかと。 そしてこの映画を公開当時 2011 年に観ていたらどうだっただろう。 その年は東日本大震災が起きていて、私自身も全然映画を観られなかった時期だったんだけど……。 少なくとも災害後だとしても今とは違った印象を持ったことは確かでしょう。 私としては大学時代からかなり多くの国に旅行に行くようになったんで、感染症に関しての知識も2011年とは段違いですからね。 さらに日本にはないような感染症が流行る国とかも訪れて現地の雰囲気も堪能しているんで、コロナを抜きにしても私個人の状態が全然違う。 『アウトブレイク』とかも今観たら全然違う印象を持つんだろうな。 ここから先は『コンテイジョン』のネタバレを含みます! まだご覧になっていない方はご注意を!! 感想 ネタバレ 劇中のウイルス ウイルスについては詳しくありませんが、劇中に登場するのは致死率30%以上で感染力も非常に高いもの。 韓国や中東で流行したMARSが致死率30%前後だったので、それがさらに感染力強くなったと思えばわかりやすいかもしれない。 そんな凶悪なウイルスがアメリカ中で蔓延してしまうものだから、国民は大パニック。 怪しいブロガーの信用ならない情報が拡散され、街では薬局を襲う人が現れるほどパニックに。 一方香港ではアメリカの優秀な学者を誘拐。 人質を取り、自分の村の人たちにワクチン接種を要求する人まで現れます。 そもそもフィクションだからかワクチン開発までの時間が短すぎるっていうのもある。 それによって予想以上に早く終焉を迎えるんだけど。 そういえばネット上で今回のコロナウイルスと 『コンテイジョン』が共通点多い的な記事を見つけたのですが、それはラストシーンにあると思います。 本作のラストはウイルスがどのようにして人間に広まっていったのかを解説しているのです。 まずはウイルスを持っているコウモリがバナナを食べ、口に咥えたまま豚小屋の天井に。 そして咥えたバナナを豚小屋に落としてしまい、豚が食べてしまいます。 その豚を買い付けに来た業者が購入し、ホテルの厨房で解体。 シェフが豚の血を付けたまま、グウィネス・パルトロー演じるベスと握手し、そこから感染が広まっていく……というもの。 コウモリは非常に多くのウイルスを保有していることで知られていますから、劇中のウイルスもコウモリ由来であることは納得。 武漢で流行っているコロナもコウモリが感染源ではないかとの情報もありますし、SARSも元を辿ればコウモリが原因でした。 なので今回のウイルスとの共通点というよりは、SARSに影響を受けて架空のウイルスを作り出したのではないかと。 どちらにしろ東アジアの国が感染源となってしまうのはSARSもコロナも架空のウイルスも同じですね。 ウイルスに怯える恐怖 身近に迫るウイルスに怯えたことってありますでしょうか? インフルエンザやノロウイルス、それこそ今回のコロナウイルス。 ちょっと前なら日本に入ってくるかもしれなかったSARSやMARS。 日本に住んでいてもウイルスはごく身近に存在しているし、ある程度の危機感を持ったことは誰しもあると思います。 私も小さい頃は病気しがちな子供だったんで、ノロウイルスで点滴したり、毎年訪れるインフルエンザの予防接種に怯えたりと幼いときから病気に対する恐怖が人一倍ありました。 そして今。 毎年多くの国へ旅行に行くのですが、その度に毎回恐れているのが飛行機と伝染病。 「そんなに怖いならば行かなければいいじゃないか」との声が聞こえてきそうですが、その恐怖以上に行くべき目的があるんで毎年少なくとも3回以上は海外に行くことにしています。 で、日本にはない伝染病の中で最も怖いのが狂犬病です。 あれは主に犬に噛まれて感染する病気で、発症したらほぼ確実に死にます。 30%とか10%とかそんな話じゃないです。 100%です。 助かった人はこの長い歴史の中で10人以下しか確認されていません。 幸いなことに発症まで数ヶ月、もしかしたら1年以上かかるので、その間にワクチンを打てば発症せずに済むそうですが……。 そんな恐怖を味わいたくはありません。 日本ならば野良犬をみかけることはありませんが、海外なら野良犬がたくさんいる国は結構あるのよ。 特にタイとかインドとか。 そういう国は野良犬を放置しているんですね。 飼い犬にも狂犬病ワクチンを打たない人も多かったりと、狂犬病の心配がない日本とは完全に意識が違います。 私そんなわけで犬が本当に嫌いなんですよ。 ネコもアレルギーで嫌いなんですけどね。 日本でも殺処分とかが問題になっていますが、保健所がキチンと機能してくれていて、狂犬病がない国にいるのは本当に幸運です。 道を歩ていて野良犬とすれ違うだけでビクビクしなきゃいけないなんて……。 現地の人なら慣れちゃうだろうけどさ。 という経験があるんで、たぶん『コンテイジョン』のようなパンデミックが起きたら、マット・デイモンのようになっていると思う。 現在のコロナウイルスも日本で感染が拡大してから電車乗らなくなったしね。 とにかく心配性なスルメなのでした。 『コンテイジョン』を無料で観るなら では映画やアニメ、ドラマなど多数の作品を配信しています! 登録が初めての方なら31日間のお試し期間が付くので、 レンタルするよりもお得に観ることができるのです。 『コンテイジョン』は見放題作品に分類されているので、クレジットカードさえ持っていれば追加料金なしで鑑賞することが出来ます! 観終わって追 加契約が必要なければ期限内に解約してくださいね。 翌月以降は料金が発生してしまうので。

次の

コロナを予測した映画「コンテイジョン」見どころや結末を紹介!(ネタバレ含む)

コンテ イジョン 結末

上映日 2011年 上映時間 106分 制作国 アメリカ 監督 スティーヴン・ソダーバーグ 脚本 スコット・Z・バーンズ 音楽 クリフ・マルティネス 出演 マリオン・コティヤール/マット・デイモン/ローレンス・フィッシュバーン/ジュード・ロウ/グウィネス・パルトロー/ケイト・ウィンスレット 『コンテイジョン』は第68回ヴェネツィア国際映画祭で初上映された作品。 その後、アメリカとカナダでの公開では、週末3日間で約2,240万ドルを売り上げてランキング1位となった。 豪華なキャストによる迫真の演技に注目。 『コンテイジョン』のあらすじ この先、『コンテイジョン』のストーリーを結末まで解説しています。 ネタバレを含んでいるためご注意ください。 最初の感染 ベス・エムホフはシカゴで、昔付き合っていた男と不倫をしていた。 その後、帰国してすぐに自宅で気絶する。 夫のミッチ・エムホフは 彼女を病院に連れて行くが、息絶えてしまった。 死因は不明である。 自宅に戻ると継子のクラークが、ベスと同じ症状で死亡していた。 家族の感染により、ミッチは隔離されることになった。 そのとき不在であった娘のジョリーだけが安全であった。 その後、ベスは謎の病気に対して免疫を持っていたことが分かり、解放される。 パンデミック 正体不明のウイルスは、徐々に広まっていった。 人々の間では、この病気が感謝祭の休暇を狙った生物兵器ではないか、という説を唱える者も出てきた。 「病気の探偵」のエリン・ミアーズは、感染者をベスまで辿り、調査を進めていたが、その途中で例のウイルスに感染し、死亡する。 この頃には、 世界中でとても多くの人々がウイルスにより亡くなっていた。 世界各地で治安が乱れ始めた。 店のガラスを割り、強盗をする者が現れた。 放置した車は盗まれることもあった。 真理に迫る 必死の研究により、ウイルスがブタ由来の遺伝物質とコウモリウイルスの合成物であることまでは判明した。 何度か壁にはぶつかったものの、研究は順調に進んでいく。 研究が進むにつれ、ウイルスの感染力が非常に高く、全世界で12人に1人が感染し、致死率は25-30%になるという予測がされた。 また、感染は等比数列的に増加していくため、 世界中がウイルスに侵される日も遠くない、ということもわかった。 陰謀論者アラン・クラムウィディ 陰謀論者アラン・クラムウィディは、ウイルスについて自身のブログで記事を書いていた。 その中に、彼は自分がウイルスに感染したとき、レンギョウ(植物の一つ。 薬に使われる)の服用により治ったという記事があった。 この記事により、人々はレンギョウを求め薬局に押し掛けた。 だが、アランが レンギョウの売り上げを伸ばすために、嘘をついていたことが判明する。 これにより、彼は逮捕されるのだが、支援者による寄付により保釈金が払われ、解放される。 ワクチンの完成 ついに、 ウイルスに有効とされるワクチンが完成した。 このときにはすでに、全世界で2600万人が死亡していた。 医師のヘクストールは、自らがワクチンを接種し、感染者の父親に接触した。 ヘクストールに症状に見られなかったことから、ワクチンの有効性を証明したのだ。 ワクチンの接種は、抽選により出た、誕生日順ということになった。 事の発端 回想シーンになり、ベスの発症の原因が明かされる。 ベスの経営する会社のブルドーザーが木をなぎ倒したときに、木の上にいたコウモリが飛び、豚小屋の中に入る。 そのとき落ちたバナナを豚が食べた。 やがて、その豚は調理されるのだが、その際調理をしたコックが、 カジノにてベスと握手をしたのだ。 こうして、ウイルスは感染した。 『コンテイジョン』の感想 ウイルスによる恐怖と混乱を描く映画『コンテイジョン』は、新型コロナウイルスの流行に伴い、話題になりました。 実際、映画の中では現在の世界を予見したかのようなシーンが多く出てきます。 家族を養わなければならない親や、緊急事態であっても働かなければならない公務員や医療関係者、大切な青春の日々を奪われた学生など、映画ではさまざまな人たちの混乱がリアルに描かれています。 私はこれを観て、このような 騒動は自分だけに降りかかるものではない、ということを再認識しました。 このような時こそ、落ち着いて、自分以外の人のこともよく考え、長期的な視点で問題と向き合うべきなのではないでしょうか。

次の