モトローラ 折りたたみ。 折り畳みスマートフォンとして復活したモトローラ「Razr」は、技術の成熟を待つべきだった:製品レヴュー

MotorolaのRazrは10万回折りたためなかった

モトローラ 折りたたみ

中国北京にて、レノボグループの新しい取り組みやプロダクトをメディアに紹介する「2019 Lenovo Tech World and Innovation Tour」が、2019年11月15日に開催されます。 それに先だって、レノボグループの米モトローラは、新作の折りたたみスマートフォン「razr v3」を発表、北京で説明会を開きました。 縦に折りたためるモトローラの「razr v3」• 折りたたんだ状態。 手のひらに収まるサイズでポケットにも手軽に入ります• 説明会の会場は、北京郊外にあるレノボ本社 razr v3は、モトローラの二つ折りフィーチャーフォンとして人気の高かった「razr」のデザインを踏襲したスマートフォンです。 内側に、6. 本体中央部には新開発のヒンジがあり、ディスプレイに負担をかけずに折りたためるといいます。 フィーチャーフォンの「razr」と。 デザインが似ているのがわかります• ディスプレイ保護のため、ヒンジは2段階になっています 背面には、2. 本体を折りたたむと、このディスプレイが表(おもて)面に来て、メールの着信通知や時刻といった情報を表示します。 ディスプレイの開閉にボタンはなく、指で引っかけて開くスタイルです。 何度か試すうちに、かつての折りたたみフィーチャーフォンのように片手で開閉できるようになりました。 開閉はそれほど硬くなく、スムーズな印象です。 開いた状態では、一般的なスマートフォンと同じ感覚で使えます。 ディスプレイ表面はわずかに柔らかさがあり、とくにヒンジ部分は、背面のヒンジ構造が指で感じられました。 個人的にはそれほど気にならないレベル。 すぐに慣れそうです。 広げた状態。 アスペクト比21:9で広く情報を表示• 折りたたんだときにディスプレイに負担が発生せず、さらに開いたときにたわまないよう、独自構造のヒンジを開発しています 折りたたみ時は、メインカメラが前面に位置します。 この状態で本体をシェイクするとカメラが起動。 Quick View displayを見ながら、メインカメラでセルフィー撮影が可能です。 メインカメラは1,600万画素、レンズの明るさはF1. 7となり、フロントにも500万画素でF2. 0のカメラを備えています。 折りたたんだとき、メインカメラでセルフィーを撮れます• 暗視モードで夜景も明るく撮影できるメインカメラ。 OSにはAndroid 9 Pieを採用。 SoCはQualcommのSnapdragon 710、メモリは6GB、ストレージは128GBを搭載しています。 バッテリーは本体の上下に分けて内蔵しており、容量は2,510mAh。 コネクタはUSB Type-Cで、15WのTurboPower充電が可能です。 なお、ワイヤレス充電機能は搭載していません。 2019年11月から、アメリカとヨーロッパの一部で販売を開始。 アメリカでの販売価格は1,499ドル。 日本市場での販売は未定とのことです。 背面下部は、モトローラらしいメッシュデザイン• 予めご了承ください。 関連記事•

次の

ガラケー風? 縦の折りたたみスマホ、モトローラ「razr」

モトローラ 折りたたみ

【目次】 クリックでジャンプ• 折りたためるフォルタブルスマートフォン 「razr」 レーザー 公式発表! 2019年11月14日、モトローラ(Motorola)がかねてよりうわさやリーク情報のあった、 縦型折りたたみスマートフォン 「 razr」 レーザー を、ついに公式発表しました! 2019年12月26日より先行予約を開始し、 2020年1月9日にアメリカで発売されます。 キャリアは、アメリカ最大手のVerizonになります。 価格は日本円で 16万3,000円と推定されています。 これまで数々のリーク情報が交錯した本製品ですが、このたび満を持して登場しました。 現状日本での発売は予定されていませんが、 他社のフォルタブルスマホが進出されていたり、部位的なテクノロジーが導入されるなど、追従した動きは活発化していて、今後の展開に期待したいところです。 最大の特徴はやはり、 ガラケーのような 縦型の折りたたみディスプレイでしょう! 現在発売されていたり、発表されている折りたたみスマホは、 本や手帳のような横型の折りたたみタイプです(サムスンのGalaxy FoldやファーウェイのMate Xなど)。 razrは、縦に折りたたむことで、 よりコンパクトにスマホを持ち歩くことができるのが、大きな特徴ですね! また折りたたみスマホならではの デュアルディスプレイも大きな特徴です! デバイスの 内側と外側に、サイズの異なるディスプレイを搭載。 これにより通常時と折り畳み時のシーンに合わせて 画面を使い分けることができます。 また、razrは 折り畳み時の薄さ・コンパクト感も徹底的に追求されています! 連結部には ゼロギャップヒンジを採用し、 折り畳んだ際のかさばりや、ヒンジ部の すき間を極限まで抑えたスリムなフォルムに仕上がっています! すでに発売されているサムスンのGalaxy Foldは折りたたんだ時に、ヒンジ部分に隙間があるので、その差は大きいですね。 それでは、そんな革新的アイディアがふんだんに詰まった 「 razr」のスペックについて、詳しく見ていきましょう! razrのスペック 「razr」のスペックを表にしました! 項目 スペック SoC Snapdragon 710 2. 2GHz(オクタコア) ディスプレイ 内側 メイン画面 :6. 2インチ 有機EL 外側:2. 7インチ 解像度 内側 メイン画面 :2142 x 876ピクセル 373ppi 外側:600 x 800ピクセル メモリ(RAM) 6GB ストレージ(ROM) 128GB OS Android 9(Pie) カメラ(フロント) 約500万画素 カメラ(リア) 約1600万画素 生体認証 指紋認証 サイズ 通常時:72 x 172 x 6. 9mm 折り畳み時:72 x 94 x 14mm 重量 205g バッテリー 2510 mAh 駆動時間:最大36時間 ワイヤレス充電 なし 防水・防滴加工 撥水ナノコーティング Bluetooth Bluetooth 5. 0 ポート端子 USB3. 0 Type-C その他機能 GPS、速度計、コンパス機能など チップセットは、2018年製の 「 Snapdragon 710」。 ハイスペックほどではありませんが、ミドルスペックの中でも高性能なチップです! メモリは 6GB、ストレージは 128GBで、こちらも普通に使用される分には不自由ない内容です。 背面カメラは約 1600万画素で、前面カメラは約 500万画素。 いずれも標準仕様といったところで通常使用には特に不満はないでしょう。 アウト・イン問わず、カメラは 折り畳み時にも使用することができます。 さらに物体認識・検索も可能な 「 Googleレンズ」とも連携しており、使い勝手のよいカメラ機能が追求されています! デュアルディスプレイの画面は、内側(メイン画面)の方が、アスペクト比 21:9の、 6. 2インチの 超 ワイド画面。 動画・ストリーム再生にはうってつけのサイズです。 一方外側の画面は 2. 7インチと小さく、折り畳み時の利用を想定した設計になっています。 対応OSは最新の 「Android 9 Pie」、アプリ動作の不具合にも心配はなし。 Bluetooth5. 0にも対応しているので、オーディオ周りも快適に利用することができます! 防水・防滴加工としては 撥水ナノコーティングを実装。 これらのタイプは、 「 普段はスマホの大きさ、広げるとタブレットのような広さ」というのがコンセプトです。 つまり「 折りたためるタブレット」といえますね。 Galaxy Foldなどは、タブレットのように画面が大きくなるのが売り。 一方、モトローラ「razr」は、 「 スマホを折りたたんで、もっとコンパクトにする」というのがコンセプトになります! 同じ折りたたみ式でも、そもそものコンセプトが違うんですよね。 razrは、折りたたんでコンパクトになるのが売り。 アスペクト比 21:9といえば、ソニーのXperiaですね! Xperia 5が 6. 1インチなので、razerの広げた時 6. 2インチ にかなり近そうです。 つまりイメージとしては、 Xperia 5を縦に折りたたむ感じでしょうか。 左:Xperia 5(6. 2型)右: razr(6. 1型) アスペクト比が同じ(21:9)なので、広げたときはXperia5に近い 「razr」のもう一つの特徴が、内外側に搭載された デュアルディスプレイです! 内側と外側で、画面サイズや素材が異なり、それぞれ用途に合わせて使い分けることができます。 内側の画面(スマホを開いた時のメイン画面)は「 フレックスビューディスプレイ」と呼ばれ、 有機EL素材を利用した、 6. 2インチのワイド画面。 ピクセル数も大きく、色彩表示も繊細です。 基本的なスマホの操作、ゲーム、動画・ストリーミング再生などにはこちらが便利ですね。 一方外側の画面「 クイックビューディスプレイ」は、折り畳み時に使うことを想定した設計。 画面は小型の 2. 7インチ! もちろんタッチ可能で、 プッシュ通知によるアプリの起動、 音楽の再生、 時間確認などちょっとした軽動作には最適です! 二つのディスプレイは 連携も可能で、利用自由度はかなり高め! じっくり使いたいときはワイド画面で、人気の多い場所や操作をサクッと済ませたいときには折り畳んだまま使うなど、自分のスタイルに合わせたスマホライフが楽しめますね! 「ゼロギャップヒンジ」を導入したスリムなフォルム フォルダブルスマートフォンの課題として、開発会社各社が頭を悩ませているのが、「いかにスリムな形状にするか?」ということ。 その至上命題の解答となっているのが、 「ヒンジ」(折り畳む際のいわゆる蝶番の部分)の改良だと言われています。 razrと同じようにディスプレイを内側に折りたたむGalaxy Foldのヒンジには、若干のすき間があります。 Galaxy Foldは折りた たんだ時、ヒンジ部にすき間がある。 Image: しかし、携帯企業大手のモトローラは、「razr」の開発にあたり、業界初の 「ゼロギャップヒンジ」を開発! Galaxy Foldと比べてみても、 ぴったりと閉じているのが分かります! 本技術はすでに特許取得済みで、これにより、折り畳んだ際にディスプレイ同士を完全にピタリと重ねられるようになり、 ディスプレイの防護面と機材そのもののスリムさを獲得しました! しかしここまでディスプレイを折りたたむと、画面に「 折り目」が付くような気がします。 早く実機を見て、確かめてみたいですね! razrの発売日・価格 アメリカでは 2019年12月26日より先行予約を開始、 2020年1月9日に発売開始となります。 価格は 1499. 99ドル(日本円で約 16万3,000円)です! 残念なことに 日本では販売予定がないとのことですが、類似モデルの日本進出の事情もあり、今後の展開に期待したいところです! Galaxy Foldがauで24万5,000円、Mate Xは29万円とうわさされていますから、折りたたみスマホと考えれば、かなり安いです。 (もちろんGalaxy FoldやMate Xは、スペックも超ハイスペックですが) 【まとめ】折りたためる新世代フォルダブルスマートフォン 「razr」公式発表! 2019年11月14日、 モトローラ社とVerisonが、 フォルタブルスマートフォン 「razr(レーザー)」 を公式発表しました! 製品の特徴は下記のとおりです。 ガラケーのような 縦型折りたたみディスプレイ!• 内・外側に実装された、 デュアルディスプレイ!• 「ゼロギャップヒンジ」技術を導入した、 折り畳んでもスリムなフォルム!• カメラには 「Googleレンズ」を搭載! 今年のトレンドにもなっているフォルダブル(折りたたみ)スマートフォン。 ユーザー利用の一般化に向けて、各社商品展開が活発化しています。 最新のITガジェットに興味がある方はいち早くトレンドに乗っておきたいところです。 日本での普及はまだ時間がかかるかと思いますが、今後は 「iPhone」などにもフォルダブルの波が押し寄せる可能性もありますね。 モトローラの折りたたみスマホ「razr」、注目です!!.

次の

2020年、絶対『買っちゃいけないスマホ』はこれ

モトローラ 折りたたみ

同製品は、画面を縦折りすると半分のサイズになり、物理的なスペースを縮小しつつ画面サイズを最大化するという折りたたみスマートフォンの概念を、初めて実証するものだ。 昔の折りたたみ式携帯電話の魅力の1つは、簡単に壊れないという点だった。 それらの端末は、落としてもぶつけても投げても壊れにくかった。 しかし、Razrをいち早くレビューしたある人物によると、同端末は「悪夢」だという。 InputmagのスタッフであるRaymond Wong氏は、Razrの折りたたみ部分に剥離が生じたと報告している。 ディスプレイパネルとそれを覆うラミネートフィルムの間に、大きな気泡が水平に入って両者が分離しているという。 この損傷は、厳しい耐久性テストを実施した結果ではなく、ジーンズの前ポケットに入れてニューヨークの地下鉄に45分間乗っている間に起きたと、Wong氏は記している。 Wong氏は、端末を取り出して写真を撮ろうとした時点で、気泡に気づいたという。 「画面は、ヒンジからヒンジまで完全にたわみ、上層は、貼り付けに失敗した画面保護フィルムのように盛り上がっている」と、Wong氏は記している。 米CNETは、Razrと、折りたたみスマートフォンとしてそれに競合するサムスンの「Galaxy Z Fold」に対し、実際に一連のを実施した。 Razrは、閉じた状態で3フィート(約0. 9m)の高さから落下させると、ガラスに細いひびが入った。 開いた状態で5フィート(約1. 5m)の高さから落下させると、前面にもう少し多く亀裂が入ったが、タッチスクリーンは正常に機能し、内側の画面も正常に機能した。 ただし、端末背面を覆うメタルグリルが緩くなり始めた。 Motorolaにコメントを求めたが、回答をすぐには得られなかった。

次の