ウーバーイーツ ウェブ登録。 Uber Eats(ウーバーイーツ) 登録の流れ!始め方まとめ

【簡潔】Uber Eats (ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法、手順

ウーバーイーツ ウェブ登録

自転車配達パートナー必須の「赤チャリ」の登録・レンタル方法 ドコモ・バイクシェアのHPで会員登録をしよう ドコモのシェア自転車「赤チャリ」を借りるには、まずは 会員登録をするところからスタートします! まずは、から会員登録を進めましょう。 docomoのdアカウントを持っている方は簡単にログインしてすすめることができます。 持っていない方は、下にある「会員登録する」ボタンから会員登録ができます。 IDの頭には「UEATS」をつけましょう 会員登録する際には、ユーザーIDの登録をします。 このさい、配達パートナーとして専用の4,000円使い放題月額プランを利用するためには、IDの頭に「UEATS」という単語を付ける必要があります。 参照サイト: 自転車の利用時間ごとに料金がかかる1回会員は、最初の30分が150円、そしてそれ以降は30分ごとに100円が追加でかかるようになっています。 高いですね… 月額会員は、最初の30分こそ無料ですが、30分以降は1回会員と同様に30分ごとに100円がかかるようになっています。 長時間利用するの配達パートナーには向いていないですね。 1日パスは、1日毎に1,500円かかります。 高いですね。 しかし、 の配達パートナーは特別に、プランが用意されています。 実はとドコモ・バイクシェアは提携をしています。 配達パートナーに登録している人限定で、ドコモ・バイクシェアには月額4,000円で使い放題ができるプランがあります。 この月額4,000円のプランに加入すれば、契約期間内であればどれだけ使っても月額料金が4,000円から増えることはありません。 電池が切れたら何回でも乗り替えられる の記事でもご紹介しましたが、東京都内、特にのエリア内には赤チャリ(ドコモ・バイクシェア)の駐輪場、いわゆるポートがたくさんあります。 <赤チャリ(ドコモバイクシェア)マップ> さらに、赤チャリのポートはドコモ・バイクシェアのアプリで現在地に近いポートやそのポートに現在何台の自転車が駐輪されているか?ということも見ることができます。 ドコモ・バイクシェアの赤チャリは電動自転車ですが、バッテリーは数時間しか持ちません。 の配達をしていると、一日に何台もの自転車を乗り換えすることになります。 (私は平均して一日およそ8時間〜10時間の配達に3台〜4台の乗り換えをしています。 ) そんな時でも、の会員プランであれば自分で好きなだけ自転車の交換をすることができます。 の赤チャリ配達パートナーにとって、自転車のバッテリーは命です。 (バッテリーがなくなったら電動自転車はクソほど重くなります) 躊躇なくバッテリーを交換するためにも、配達パートナーは4,000円の限定乗り放題プランに申し込むのが良いでしょう。 電動自転車は楽!勾配の多い東京都内では電動自転車は大きなアドバンテージ 「自転車に乗ってをやろう!」と考えている方は多いかと思いますが、の配達パートナーとして自転車を使って活躍するためには、電動自転車は非常に大きなアドバンテージになります。 というより、は長時間自転車を漕ぎ続けることになるため、ママチャリでやろう!と考えている方、 結構きついと思うので赤チャリを借りたほうが良いと思います(笑)東京都内、特にエリア内は坂道が多く、アップダウンが激しいので電動自転車や軽いロードバイクなり、移動に体力を消耗しないような自転車を選ぶべきです。 特に、一日1万円以上稼ぎたい場合には自転車の場合、10時間以上自転車を漕ぎ続けることが必要になることが多いです。 そう考えると、やはりアシストの付いている電動自転車は大きな助けとなります。 まとめ 今回は「赤チャリ」の会員登録方法、レンタル方法をご紹介しました。 自転車配達パートナーにとって、赤チャリの存在は切っても切り離せないものだと思います。 この記事を読んで、皆さんも赤チャリで快適なライフを送ることが出来ることをお祈りいたします!.

次の

UberEats(ウーバーイーツ) 銀行口座が登録できない!エラーの対処法

ウーバーイーツ ウェブ登録

普通自動車免許があれば、50cc以下の原付は運転できます 登録費用はもちろん無料! ウーバーイーツ配達パートナーになるのに、費用はもちろんかかりません! 登録センターに行くまでの交通費くらいです。 なので、とりあえず 登録だけしておくのもOKです!😆 配達する自転車・原付バイクも用意しよう もう1つ、配達に使う車両(自転車または原付バイク)も必要です。 自分で自転車や原付バイクをお持ちの方は、 自分のを使えばOKです。 自分で持っていなくても、ウーバーイーツの登録会に行くと、使い放題の レンタル自転車(月4千円くらい)や レンタル原付(月1. 2万円くらい)の案内もありますので、ウーバーイーツの係員さんに聞いてみてください。 が、心配な方はさらに追加で自分で保険に入っておくのがベストです。 特に原付の方は保険に入っておきましょう。 自転車は月4千円、原付は月1. 6万円くらいでレンタル可能です 法的な同意(就労資格を確認) 次に、日本での就労資格があるかどうかについて同意します。 日本国籍を持っている人(ふつうの日本人)なら、 同意してOKです。 外国人留学生の方などは、就労資格があるかどうか確認しましょう。 写真と身分証明書のアップロード 次に、自分の写真と身分証など、各書類をアップロードします。 スマホで写真に撮って送ればOK。 原付バイクで配達する方は、「自賠責証明書」「ナンバープレートの写真」などもアップロードする必要があります。 プロフィール画像のアップロード プロフィール画像はこのような感じで撮影します。 プロフィール写真はきちんと条件に合った写真を撮りましょう。 まっすぐ正面を向く• 肩から上の顔全体を写す• サングラス・帽子・マスクはNG 身分証のアップロード:学生は学生証でOK! 続いて身分証のアップロードです。 ウーバー指定の身分証を写真に撮って、アップロードします。 運転免許証• 自賠責保険の証書• もちろん面接なんてありません。 身分証などの確認作業• 配達パートナー用アプリのダウンロード• 銀行口座の登録• 働き方・報酬の説明(ビデオを見る)• 配達パートナー用バッグ、「ウーバーイーツ配達パートナーガイド」というパンフレットなどの受け取り• 説明会で配達パートナーアプリの案内がありますので、「オンライン」にすればすぐに仕事が可能です。

次の

ウーバーイーツで注文する方法【困った時の対処方法も解説】

ウーバーイーツ ウェブ登録

こんにちは、現役ウーバーイーツ配達員のピムリコです。 \/ 今回は、ウーバーイーツの配達員登録の方法を徹底解説していきます。 現在、ウーバーイーツの対象都市は、 東京、横浜、川崎、さいたま、千葉、名古屋、大阪、京都、神戸、福岡がありますが、どの都市で働く場合でも登録方法は同じなので、以下のやり方通りにやればweb登録は完璧です。 画像付きでわかりやすさ重視で頑張って書いていきますので、ぜひ参考にしてください! ちなみに、以下、登録方法を解説していきますが、もしかしたらスマホ・パソコンの機種によって操作がちがったりするかもしれませんし、なんらかの理由でエラーが出る可能性もあります。 そんな場合は、 後日パートナーセンターへ行く時に直接スタッフの方に修正してもらえるので、web登録自体はざっくりと入力しておけば大丈夫ですのでご安心を。 もくじ• Uber Eats ウーバーイーツ 配達員登録のやり方を解説していくよ ウーバーイーツ配達員の登録の流れは、まず ウェブ登録をし、その後に パートナーセンターで本登録という流れになっています。 2ステップあるので、めんどくさいと思われるかもしれませんが、どちらも今回紹介する方法に沿ってやってもらえば簡単に完了しますので安心してください。 というか、普通のバイトをする場合に必要な履歴書や面接もないので、よりシンプルかつ簡単なので働くまでスムーズですし、今までのバイトがいかに手間だったかということを感じると思いますよ。 笑 Uber Eats ウーバーイーツ web登録の仕方 まずは、web登録の仕方から書いていきたいと思います。 早ければ、5分もかからず終わります! バイクの場合は、やることが少し増えますが基本簡単なので以下を参考に登録してくださいね。 メールアドレス、名前、都市などを入力 Uber Eats(ウーバーイーツ)の公式ページに飛ぶと以下のようなページになると思います。 この画面の右側にある部分を入力していくことになります。 >> 参考:画像付きの詳しい。 スマホの場合、「メールアドレス入力エリア」と「次へ」だけ出てくる場合がありますが、その場合はメールアドレスを入力するところから始めます。 基本同じなので安心してください!) 入力する部分は以下の5つです。 このパスワードは、自分で自由にこの時点で作れるのですが、 アルファベットと数字を組み合わせる必要があります。 入力部分にはそんな注意事項は書いていませんが、アルファベットだけだと「 1文字以上のパスワードを入力してください」という謎のエラーが出て進めませんので、 必ずアルファベットと数字を組み合わせてパスワードを作ってください。 すると、「私はロボットではありません」というチェックボックスが表示されますので、こちらをクリックし、また「次へ」を押します。 配達手段(バイクか自転車か)を選択 すると、「Uberとのパートナー契約方法をお選びください」という画面になります。 これは、自分がどの乗り物で配達するかということを選択するということですね。 基本的には、 原付バイク 125 CC以下 か 自転車を選びましょう。 一応、軽自動車や125CC越えのバイクも配達に使えるのですが、その場合ナンバーを事業用のものに変更したりしなきゃいけないので面倒ですし、特に軽自動車の場合はあまりメリットがないので、原付バイクか自転車でやるのがオススメです。 書類と言っても、スマホの場合だったらカメラで撮影すればアップロードできますし、パソコンの場合でも、データのやり取りだけなのでめちゃくちゃ簡単です。 完全ペーパーレスなので手間が省けていいですね! 自転車の場合は、アップロードするのは、 身分証明書とプロフィール写真だけなので簡単です。 どちらもスマホのカメラでその場で撮影したもので大丈夫です。 プロフィール写真は後から変えることができるので、この場でそこまでこだわらなくても大丈夫ですよ。 バイクで登録する場合は、身分証とプロフィールのほかに、 バイクのナンバープレートの写真と 自賠責保険の紙を写真で撮影する必要があります。 撮影ができればそれらをアップロードすれば完了です。 この時点で、登録したメールアドレスに「Uber Eats配達パートナーの登録が開始されました。 パートナーセンターで登録を完了させましょう。 」というメールが来ているはずです。 (少し承認に時間がかかる場合もあるようです。 一応この場で当日必要なものを書いておくと、 ・ 運転免許証 ・自賠責保険の証明書 ナンバープレートの情報が記載されているもの ・銀行カード こんな感じです。 履歴書が必要ないのは、ありがたいですよね。 その他、現金払いを受け付ける場合は、 クレジットカード(デビットカード)を持っていくといいですが、これは任意なので後からでもいいと思います。 パートナーセンターでの登録時間を短縮するためのコツ これまでの内容を、その通りやってもらえばウェブでの登録は完了です。 このまま登録会場に行っても大丈夫ですが、あらかじめできることをやっておくと登録会場での作業がスムーズになり時間を短縮することができます。 おそらく20分もかからないくらいで終えることも可能なので、時間を節約したい人は以下のことをやってから パートナーセンターへ行くと良いですよ。 Uber Eats ウーバーイーツ パートナーセンターでの登録方法 web登録が終わり、「パートナーセンターで登録を完了させましょう」と言うメールが来たら近くのパートナーセンターに行きます。 所要時間は、混んでなければ20分ほどで終了です。 ちなみに、このパートナーセンター訪問は、 予約の必要はありません。 これもかなり便利ですよね! 営業日はそれぞれの都市で違っているので、そこは気をつける必要がありますが、 営業時間内であれば好きな時間に行くことができます。 さらに、何度も書いてますが、志望動機などを聞かれる煩わしい面接や履歴書のチェックも必要ありませんので、緊張しながら会場に行く必要はありませんよ! 登録会場で具体的にすることといえば、 ・webで登録した情報の確認と修正 ・仕事の流れやアプリの使い方などの解説 ・バッグの受け渡し くらいです。 もちろん、この登録会場にいるスタッフの人に疑問点等があればその場で質問しておくと、回答してくれます。 実際に稼働する前に、不安な部分はなるべく解消しておいたほうがいいので、何か気になることがあれば質問しておきましょう。 この登録会場での本登録は、前述した「登録会での時間を短縮するコツ」をあらかじめしておけば、20分くらいでスムーズに終えることができます。 実際に、僕自身が京都でウーバーイーツの配達員登録をしたときは、この登録のシンプルさに驚いたのを覚えています。 登録会場を出てすぐに稼働することも可能 そして、登録登録解除で配達用のバックをもらうことができれば、最短その会場を出てすぐに稼働することも可能です。 これすごいですよね。 ただ、この登録会場を後にした直後のタイミングでブーストがついてるかどうかはわからないので、もしブーストがついてないのであれば、試しに1、2回やるくらいにしておいたほうがいいですよ。 東京ならブースト無しでもある程度稼げるので大丈夫ですが、東京以外の都市でブーストなしだと全然稼げませんので。 実際に登録までして稼働してみると「こんな簡単に働けるの?」と驚くと思います。 実際僕がそうでしたw ほんとに「今までやってきた数々のバイトの履歴書や面接などの手間ひまは、なんだったのか?」と思いますね。 苦笑 これからの副業時代において、シェアリングエコノミーを代表する「ウーバーイーツ」の新しい働き方というのは主流になっていくのではないかと思います。 興味を持った方は、ぜひ新しい働き方をさくっと体験してみてくださいね! \自由な働き方をいち早く体験しよう/.

次の