デレステ レゾナンス 理想。 【デレステ】Daレゾナンス編成(2019/11/06/5:00時点)

デレステ スコア理想編成リスト 2020/01 Star!! MASTER+

デレステ レゾナンス 理想

そして、センター効果が レゾナンス・メイクいう、すべて違う特技アイドル5人で編成した際に、ビジュアルアピール値のみ適用し、全ての特技効果が重複時に加算されるというもの。 相性の良いアイドル あれからまたレゾナンス編成について色々調べ回っていたら、色んな人が案を練っていた。 グルーヴではゲストを呼べないため、レゾナンスをセンターにするとシナジーを2人以上入れられないので、単色編成の方がまだスコアが出そうになるが、バースト補正が効くのが大きいこともあり、何とここでもハイスコアを狙える編成が発見されている。 編成だが、 ・センターレゾナンス+フォーカス+コーデ+アンサンブル+スコア系orコンボ系 今紹介しているのはいずれもアンサンブルを十分活かせるものになっている。 アンサンブルは現時点ではほとんど7高なので、他の特技を7高で固めることでアンサンブルを更に活かせるようになる。 もはや7高は弱そうとか言う次元ではない。 また、5種類の特技の制約を満たしつつスコアとコンボの両方の倍率を上げるためにはコーデが必要になり、これまでは器用貧乏と思われていたのから一転して日の目を見るようになっている。 それにしても、新センター効果・特技が出る度に、理想編成の研究が盛り上がるのは熱い。 もっとも、必要なメンバーが揃っていなくて、フルコンできる腕前もなければ、机上の空論に終わることもあるが。 普段着が和装のイメージが強い紗枝はんだが、セーラー服姿に不意打ちを食らう。 だが、清楚でおしとやかなのは相変わらず。 特訓させると、これまでのSSRとはちょっと異なり、西洋風のオフショルのミニドレスを纏うようになるが、和の要素もしっかり残されている。 実に艶めかしい。 レゾナンスは加蓮ちゃんのフェス限のページで考察しているが、改めてまとめてみると、 1. アピール値が下がるのはレゾナンスを設定した本人のみでしかもシナジーの効果が重なるため、凄まじいファン効率になり、これまでのチャーム部屋に革新をもたらした。 なお、貢献度の計算では特殊な補正がかかるようだ。 これにより、曲の大部分の間MISSでもコンボ継続するようになる。 ホールド系の始点でMISSになり終点が消えてしまうと、たとえコンボ継続してもコンボ数不足でフルコンできなくなるため、しっかり拾うなりスキブ+パフェサポに拾ってもらう必要がある。 これまでのズルコン編成に比べスコアが出にくいのが難点か。 これまでの放置編成とは異なるキャラで組みたい場合は一考の余地あり。 特技の発動が重要になるため、特技のポテ振りが不可欠になり、また曲との相性の影響を受け易いため、試行錯誤が必要になるだろう。 カーニバルで1種類のアピール値のみが適用されるブースで ここでならセンター効果のデメリットは皆無に等しい。 同様に特技のポテ振りが重要になる。 ポテ振りし直したい場合は、時計の使用を計画的に。

次の

【デレステ】机上の空論で理想編成を考える

デレステ レゾナンス 理想

今回のレゾナンスの効果内容を振り返ってみましょう。 喜多日菜子さんのスキルの例ですが、 5種類の特技編成時、ボーカルアピール値のみ適用し、全ての特技効果が重複時に加算 はい、まずこの「 5種類の特技編成時」がなくなります。 素晴らしいですね。 ボーカル特化のシナジーアイドルで編成したら、スコアはすごい事になる訳です。 (シシレシ自) 」 この意味は、 「センターにレゾナンスを設置して、レゾナンス効果に合う特化シナジーを3人、リーダーは自由にどうぞ」 といった意味になります。 デレステ玄人プレイヤーが目指すランクSSS「アイドルマスター」 デレステには、プロデューサーランクというものがあり、 プロデューサーランクとは、「どれだけのファン数を稼いだか」で決定されます。 ランクSSまでの対応表は以下の通り。 ランク 名称 必要ファン数 F 見習いプロデューサー 0 E 駆け出しプロデューサー 1,500 D 新米プロデューサー 30,000 C 普通プロデューサー 150,000 B 中堅プロデューサー 600,000 A 敏腕プロデューサー 1,500,000 S 売れっ子プロデューサー 6,000,000 SS 超売れっ子プロデューサー 15,000,000 このように、ランクが上がるに連れ必要ファン数が指数関数的に増え、 この中のランクSS、「超売れっ子プロデューサー」がプレイヤー達の一つの目標になっています。 ですが、プロデューサーSSの更に上のランクSSSというものがあります。 このランクになる為には一ヵ月の間に全プロデューサーの中で 月間獲得ファン数ランキング1000位以内と、いった条件になっています。 ちなみに、私はまだ達成しておりません! 今回ご紹介した方法は、このランクSSSを目指す上で一番効率のいい方法だと言えます。 通常Liveでも活躍!?レゾナンス編成の可能性を解説! 冒頭では、LivePartyでのファン活を行う方法を解説しましたが、 更に調べてみると 通常の楽曲Liveでもレゾナンス編成でシナジー編成より高スコアが出せる方法が ある事が分かりました。 その方法を解説していきたいと思います。 レゾナンス編成で高スコアを出す方法 新センタースキルの効果を再度おさらいします。 5種類の特技編成時、ボーカルアピール値のみ適用し、全ての特技効果が重複時に加算 この 5種類の特技編成時といった箇所がネックとなり、 あまり使えないセンタースキルになっていましたが、 ここで今までのタブーを逆手に取る方法で高スコアが出せるようになります。 特技の秒数が同じアイドルで編成する いままでは、編成時に特技発動秒数が被る事は避けていました。 ですが、今回の編成はそれを逆手にとって全部の特技の発動時間を同じアイドルで固める、といった編成方法を取ります。 一番スコアが出る編成は以下になります。

次の

7高の逆襲 レゾナンスの可能性

デレステ レゾナンス 理想

まえおき• 「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」における自作のスコア計算プログラムによるスコア理論値、理想編成算出です。 作は校倉(twitter:) です。 スコア計算はを参考にしています。 編成・パラメータ関連• 表はレゾナンス軸シンフォニーのみ。 同秒数の特技持ちのアイドルはほぼ同様の結果となるため申し訳ないのですが割愛させていただいています。 レゾナンス軸シンフォニー編成:2番目にシンフォニー固定。 ゲストは特化のトリコロールアピールポテ振りALL10。 ポテンシャル解放(ライフスパークル無):高確率は9 98. 余りはアピール値に。 例) 高確率:Vo10 Da10 Vi6 Life0 特9 中確率:Vo10 Da10 Vi5 Life0 特10• ライフポテ振りは合計19(ライフ回復含む場合は無し)。 余ったポテンシャル解放は、特技発動率、アピールの順で振る。 サポートアピールは 113290• 特技アンコールの計算はしていません。 特訓前SSRやSRは一部のみ計算しているので漏れている場合があります。 計算結果• 目安のスコアは200回試行させた結果。 特技発動率にそれなりにポテンシャルを振った計算結果の表です。 試行回数を犠牲にしてアピール値に振れば理論値は増えます。

次の