飯田祐馬。 音信不通のカナブーン飯田 清水富美加をダマした“嘘つき”手口

カナブーン飯田祐馬の結婚や嫁と子供&清水富美加との不倫~ブサイクとの声も総まとめ

飯田祐馬

ロックバンド「KANA-BOON(カナブーン)」が6月15日に予定していたライブが急遽中止となり、メンバーの飯田祐馬が音信不通の状態になっていることがわかった。 公式サイトには、「僕達の元へも、めしだの現在の状況は届いておらず」「事故に遭ったのではないか、なにかトラブルに巻き込まれたのではないか、という可能性も頭をよぎってしまいます」と他のメンバーが連名でメッセージを掲載している。 飯田をめぐっては、過去に女優・清水富美加(現・千眼美子)との不倫トラブルが話題となっていた。 記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。 「報道を見て驚きました。 まさかあの飯田が女優とお付き合いできたとは。 でも、彼の謝罪文には納得。 彼が報道各社へ送信した謝罪文にはこう記されていた。 修学旅行先のシンガポールで 「不良が多い学校なのですが、飯田は進学クラスにいて、学校内では頭のいい方だった」(同前) 軽音部に入っていたという飯田。 放課後は部室に入り浸り、ベースを弾く毎日を送っていたという。 「いつも長い前髪を顔の前に垂らし、ベースを肩に担いで登校していました。 BUMP OF CHICKENや、RADWIMPSが好きでよく聴いていた。 学園祭で曲を披露したこともあったけど、全くモテるタイプではなかったですね。 そのくせ、男友達と女の子の話をしても、『俺、女に興味ないから』と場を白けさせる。 不良にはヘコヘコするけど、進学クラスの大人しい男子には偉そうで、突然暴力をふるうこともあった。 休み時間に同級生をドアに挟んで虐めているのを見たことがあります」(同前).

次の

飯田祐馬の結婚した嫁がヤバイ!子供や清水富美加との不倫騒動まとめ!

飯田祐馬

人気ロックバンドKANA-BOONのベース・飯田祐馬が、無事に帰宅したことが同バンド公式HPで明らかになった。 飯田は憔悴してはいるものの外傷などはなく、警察に報告済みらしい。 同バンドは「本人の体調をみつつ、メンバーとともに話し合いを進めたいと考えております。 改めてこの度は、多大なるご心配、ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます」とファンに向けメッセージを発信した。 飯田は今月途中から音信不通状態となり、家族が捜索願を出した。 ファンの間でも「失踪」と心配の声が相次いでいたが、無事に帰宅したのは何より、といえるだろう。 ただ、その影響、そしてなぜこのような事態が起こったのかを説明する必要はあるのかもしれない。 今回の騒動で、KANA-BOONのZeppダイバーシティで開催予定だった5周年企画ライブは中止。 メディアでも多数報じられるなど影響は相当だった。 音信不通の最中だった14日には「とにかく無事に戻ってくることを信じながら、KANA-BOONとしての活動を休止せずに続けていきたいと思っています」ともバンドメンバーは語っていたが、内外に影響が大きかったのは事実である。

次の

カナブーン飯田祐馬の結婚や嫁と子供&清水富美加との不倫~ブサイクとの声も総まとめ

飯田祐馬

ロックバンド「KANA-BOON(カナブーン)」が6月15日に予定していたライブが急遽中止となり、メンバーの飯田祐馬が音信不通の状態になっていることがわかった。 公式サイトには、「僕達の元へも、めしだの現在の状況は届いておらず」「事故に遭ったのではないか、なにかトラブルに巻き込まれたのではないか、という可能性も頭をよぎってしまいます」と他のメンバーが連名でメッセージを掲載している。 飯田をめぐっては、過去に女優・清水富美加(現・千眼美子)との不倫トラブルが話題となっていた。 記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。 「報道を見て驚きました。 まさかあの飯田が女優とお付き合いできたとは。 でも、彼の謝罪文には納得。 彼が報道各社へ送信した謝罪文にはこう記されていた。 修学旅行先のシンガポールで 「不良が多い学校なのですが、飯田は進学クラスにいて、学校内では頭のいい方だった」(同前) 軽音部に入っていたという飯田。 放課後は部室に入り浸り、ベースを弾く毎日を送っていたという。 「いつも長い前髪を顔の前に垂らし、ベースを肩に担いで登校していました。 BUMP OF CHICKENや、RADWIMPSが好きでよく聴いていた。 学園祭で曲を披露したこともあったけど、全くモテるタイプではなかったですね。 そのくせ、男友達と女の子の話をしても、『俺、女に興味ないから』と場を白けさせる。 不良にはヘコヘコするけど、進学クラスの大人しい男子には偉そうで、突然暴力をふるうこともあった。 休み時間に同級生をドアに挟んで虐めているのを見たことがあります」(同前).

次の