硫化水素自殺。 木村花|検視結果は硫化水素中毒で自殺の詳細が明らかに!楽して綺麗に死ねるは嘘?

硫化水素自殺とは?綺麗に楽に死ねるは嘘?真実は残酷。

硫化水素自殺

花さんの部屋に突入した際の救急隊員の状況をマンション住人が話しています。 救急隊員は慌てた様子で下に向かって 『水! 水!』と叫んでいました。 (近隣住民) ハシゴを使って消防隊員が3階のベランダから入り、 窓を開けたタイミングで 少し異臭が漂いました。 中からは『ピピピー』という 警報音が鳴っていた。 隊員らの会話から 『硫化水素』という言葉が聞こえました。 jiji. ではこの『硫化水素』とはどんなガスなのでしょうか? 【木村花】硫化水素ガスの中毒症状とは?温泉で事故も? 硫化水素ガスは、 温泉地にただよう独特の匂いのもとで「卵の腐った臭い」のする無色のガスです。 ですが、 高濃度になると「強烈な異臭」を放ち、 可燃性ガスなため引火性がある危険なガスになります。 その結果、細胞が呼吸できなくなり、 「 窒息死」のような状態で死に至ります。 肺は動くのに息苦しいという状態になるので、本当に怖い中毒です。 2013~14年にも、北海道の温泉旅館で「硫化水素中毒事故」が起き、入浴客2名が死亡しています。 温泉怖い!と思ってしまいますが、入浴施設は環境省が定めた基準値のガイドラインもとで安全対策を行っており、このような事故が起きないようになっているので安心してください。 では、過去に「硫化水素」を使った自殺はあったのでしょうか? 「硫化水素自殺」が2008年に日本で多発していた? ある種の洗剤などを混ぜて硫化水素を発生させて自殺する方法 「硫化水素自殺」が2008年に多発しました。 「硫化水素で自殺するとキレイに死ぬ」とネット上で拡散され、警察庁は 2008年1~11月の間で1007名の方が自殺で亡くなったと発表しています。 ここでしっかり伝えたいことは 「硫化水素自殺」で苦しまずにキレイに死ぬことはできません。 また、周囲の人を巻き込む危険性もあります。 その理由は3つあります。 家や温泉地で硫黄の強い異臭を感じたら、すぐにその場を離れましょう。 家庭で硫化水素事故を起こさないために、 洗剤などを混ぜないように注意し、強い洗剤を使う場合は換気をしていきましょう。 html 花さんが直前のインスタの投稿した際にも映っていた飼い猫の「からあげくん」は無事だったのでしょうか? 実は、花さん自ら亡くなる直前に所属していた「スターダム」の事務所前へ猫をかごに入れて、そっと置いていったそうです。 飼い猫のからあげくんは無事で、事務所で可愛がられているそうです。 このことは、「スターダム」のロッシー小川さんがツイートで明かしています。 花は飼っていた子猫をカゴに入れ事務所のドア外にそっと置いて旅立ってしまった。 この子猫は花の形見のようだ。 yahoo. 木村花さん訃報への世間の声は? 出典元:木村花Instagram 硫化水素自殺で息子を亡くした母の手記(心理学総合案内こころの散歩道) … より 木村花ちゃんの影響で硫化水素自殺を考えてる人は見て欲しいな 今は現場に向かって色んなものを見たえみかちゃんが心配 自分もつらい筈なのに、ビビの心配をしていて — まいみ maimi2525pu 自殺の噂が本当であれば 別の部屋に隔離していても 子猫は巻き添えになる。 親族が拒否したら、警察から保健所直行(子猫だから数日執行猶予はあるにしても犬と違い猫の処分は早い) 譲渡してたとしても、保護猫貰ってからたったの1週間らしいで、全部無責任。 12時間前まではインスタもTwitterも更新してたのに。 最後まで優しかった花さんのご冥福をお祈り申し上げます。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

自殺に使われた「ムトウハップ」製造中止 「やめないで」存続望む声続々: J

硫化水素自殺

周りの人たちを巻き添えにしかねない硫化水素自殺が相次ぐ。 「第1号」は昨春の香川大生。 1年後、また香川大生が同じ道をたどった。 編集部 大重史朗、西谷格 香川県高松市内にある5階建てマンションの3階に住む女子大生 18 が「異臭」に気づいたのは、4月28日の夜8時か9時ごろだった。 卵が腐ったようなにおいが部屋に漂ってきた。 「ガス漏れかな」とも一瞬思ったが、そのまま寝た。 真っ青になったのは、翌29日の昼前だ。 通報を受けて駆けつけたガス会社の職員に、外に非難するよう指示された。 その後、消防車や救急車、さらに警察車両が次々に駆けつけた。 隣の部屋に住んでいる香川大3年生 20 が、室内で硫化水素を発生させて自殺していたのだ。 周辺に一晩漏れ続け 警察などによると、男子学生は内側から粘着テープで目張りしたトイレの中で倒れており、そばに洗剤と入浴剤を混ぜた液体が入ったバケツが置いてあった。 玄関の壁には「硫化水素発生中」という張り紙があり、警察が付近の住民約40人を避難させる騒ぎとなった。 死亡したのは28日の夜とみられ、女子大生が異臭に気づいた時刻とほぼ重なる。 つまり、猛毒の硫化水素が一晩中マンション周辺に漏れていたのだ。 女子大生は複雑な表情でこう語った。 「4月に引っ越してきたばかりなので、男子学生の顔も知らないけれど、巻き添えになったらと思うと、怖い。 生きててよかった。 」 硫化水素を使った自殺が、全国で相次いでいる。 特に今年3月から急増し、新聞各紙の報道などによると、4月だけで少なくともほぼ60人に上り、1日に、3件連続することも珍しくなくなった。 そして、こうした連鎖の起点となったのが、昨年3月6日、くしくも冒頭のケースと同じ香川大の4年生だった男子学生 24 の自殺とみられるのである。 香川大にとっては、学生の硫化水素自殺が2年連続で起きてしまったことになる。 安倍文雄副学長は、「ショックを受けています。 ただ今回のケースは去年の自殺と直接関係があるというよりも、全国で発生している自殺の連鎖反応ではないでしょうか」 と話した。 学内の保健管理センターの相談員を増やすことなどを検討するという。 その「第一号」の現場となった高松市内の2階建てアパートは、JR高松駅から南へ約5キロの住宅街にある。 男子学生は工学部知能機械システム工学科に所属していた。 大学関係者によると、愛媛県松山市内の高校を卒業して同大に入学。 2年留年したが、指導教授は「ゼミにはきちんと出席していました」と話す。 動機は不明だが、卒論も仕上がり、3月末に卒業できるめどがついた中での自殺だった。 サイトが自殺方法紹介 当時アパートの周りには硫黄のようなにおいが立ち込め、ガスマスクを装着した消防隊員がベランダの窓ガラスを割って部屋に突入した。 男子学生が風呂場で倒れており、部屋中に高濃度の硫化水素が充満していた。 「近所の人は家に入って、窓を閉めてください」 ガスマスクをした消防隊員やレスキュー隊まで出動するなど騒然とした中、警察は付近の住民に大声で呼びかけた。 アパートの前が通学路になっている近くの小学校では、子どもを外に出さないように教室で待機させる事態にまで発展した。 男子学生の部屋の玄関には鍵がかけられ、中にはトイレ用洗剤と入浴剤を混ぜて硫化水素を発生させた形跡があった。 ドアには、危険を知らせる張り紙がしてあった。 その後各地で続発する硫化水素自殺と同じやり方なのだ。 だが、この男子学生が自分でこうした方法を編み出したわけではなさそうだ。 地元の警察署は自殺を確認した数時間後、ある資料を入手していた。 いろいろな自殺の方法を紹介するインターネットのサイトをプリントアウトしたものだ。 警察は、男子学生がこのサイトの影響を受けて自殺にいたったのではないかとみていたようなのだ。 「練炭とちがう自己顕示」 そのサイトを改めてインターネットで検索してみた。 首吊り自殺や練炭自殺の方法などを紹介した後に、「硫化水素による自殺」という項目が設けられている。 「トイレ用洗剤と入浴剤を混ぜる」「目張りをする」「張り紙を張る」などと説明されている。 さらに化学式まで使って硫化水素の発生方法を解説している。 また、05年12月に秋田県湯沢市の泥湯温泉で、一家4人が中毒しした事故も紹介されている。 当時大きく報道され、硫化水素ガスの恐ろしさを広く知らしめた事故だ。 「第1号」の男子学生がこのサイトを見ていたとすれば、硫化水素の威力を十分認識したうえで、ことに及んだはずだ。 このサイトは今年4月半ばまで内容が更新されていた。 どんな人物がどういう目的でサイトを作ったかは定かでないが、硫化水素自殺をした人たちのほとんどがこうしたサイトを参考にしたことは疑いがない。 自殺の連鎖でほかに思い当たるのは、練炭による自殺だ。 ここ数年で増え、ネットで道連れの仲間を募るケースなども後を絶たない。 しかし、東京都足立区のヒガノクリニック院長で、精神科医の日向野春総さんは、ネットで知り合った者どうしが林の中などでひっそりと死ぬ練炭自殺と、硫化水素自殺は明らかに性質が異なる、と指摘する。 「硫化水素自殺をする人は、ネットを参考にしながら自分なりに硫化水素を合成させ、『知的な作業をしているんだ』と自己顕示欲を一段高いところから見せつけている。 『注意してください』と張り紙をしてはいるが、周囲で生活をしている人がどうなるか、真剣に心配しているわけではない」 自殺の敷居低くなった 4月25日には東京・有楽町にある外資系高級ホテル「ザ・ベニンシュラ東京」の宿泊客が硫化水素自殺を図り、多数の宿泊客が避難する騒ぎになった。 なぜ大都会の真ん中の高級ホテルを死に場所にするのか。 不可解にも思えるが、これこそ自己顕示欲を見せつけた一例なのかもしれない。 発生直後に現場を通りかかった50代の男性会社員は「人を巻き込まないでほしい」と迷惑顔で憤ったが、結果的に新聞やテレビで大きく報じられ、「自己顕示」という意味では有効な死に場所だった。 「各地で連鎖する盛り上がりは異常ですね。 まるで高層ビルの大規模火災で、一人の宿泊客が窓から飛び降りると、次々と飛び降りる人が増えるような感じと似ています」 自殺の流行はこれまでにもあった。 かつては北関東の著名な滝や都内の団地が「自殺の名所」になった。 そしてネットで出会った者どうしが自殺を図る練炭自殺に次いで、今回の硫化水素自殺が出現した。 「自殺の敷居が低くなってきている」という碓井教授は、 「『他人の迷惑も考えないで』と怒りたくなるのは同感ですが、まじめに死と直面している人にとっては、自分が責められているように感じるので逆効果。 家族や宿泊客が巻き添えになるなど決して 自殺は 美しいことではないことを伝えることが大事です」 とアドバイスする。 また、インターネット事情に詳しいフリーライターの百舌鳥伶人 もずれいと さんは、 「何でも情報が得られることを『知る権利』と言えるか疑問になってきた。 自殺サイトのはんらんはインターネットが手助けしている側面もある。 検索してもサイトがでないように検索サイト側の対策も必要だ」 と具体策を提言する。 硫化水素は、色が無色で卵が腐ったようなにおいがあり、空気より重いのが特徴で、濃度が高くなるにつれてにおいを感じなくなる。 吸い込むと、のどや目の粘膜などに刺激を感じ、昏睡状態に陥り死亡する。 密室の中など高濃度だといきなり倒れることもあるという。 昭和大学教授で毒物学が専門の吉田武美教授は、 「少しでもそれらしいにおいを感じたら、部屋の中に入るようなことはせず、すぐにその場を離れることが第一です」 と巻き添えにならないための自衛の注意を呼びかける。 AERA 2008. 12号 硫化水素などで検索すると自殺サイトが多数見つかります。 張り紙はサイトの画像をプリントアウト、市販品のような張り紙ができます。 六一〇ハップが手に入らない場合は,農薬の石灰硫黄合剤で代用可能で、石灰硫黄合剤はホームセンターの園芸コーナーで購入できると紹介されていました。 練炭とちがう自己顕示の自殺と述べているが、そうとは言えないと思う。 数十年前都市ガス自殺が多発したため、都市ガスは一酸化炭素を含まないガスになった。 練炭自殺は一酸化炭素ガスを利用したものであるが、乗用車など密室の狭い空間が必要であり手法が容易とはいえない。 硫化水素ガス自殺は一酸化炭素ではないが、ガスの発生が簡単で1人でも実施できる。 練炭自殺と同路線、進化したものと思える。 10年以上前データハウスの「完全自殺マニュアル」がベストセラーになった。 わら人形や丑三つ時のお百度参りの方法を書いた日本文芸社の図解マニュアル本が図解のため分かりやすかった。 自殺サイトの図解説明とにているように思う。

次の

木村花|検視結果は硫化水素中毒で自殺の詳細が明らかに!楽して綺麗に死ねるは嘘?

硫化水素自殺

こんなものにも流行が? 一時期、練炭自殺がニュースに取り上げられていた事がありました。 今度は、硫化水素を発生させる自殺が、はやっているようです。 硫化水素? なんじゃい、その専門用語 早い話が、『混ぜるな危険』自殺です。 あの、洗剤だったかな? 違う種類を混ぜたら、ガスが発生するやん。 それで、自殺しようって話らしいです。 記事によると、この自殺によって、周りにも被害がでているようです。 なんと、迷惑な話でしょうか。 ところで、この硫化水素ですが、私も発生させた事があります。 もちろん、自殺をしようとした訳ではありません。 まだ、あの頃は私も若く、未来に希望があると信じていましたから・・・ それは、私の高校時代です。 私は、寮に入っていました。 その日は、天気もよく、絶好の洗濯びよりでした。 そこで、洗濯機に、白いジージャンを入れました。 う~ん、懐かしいな~、白いジージャン。 ジージャンとは、ジーパンの生地で出来たジャンパーの事です。 普通は、ジーパンと同じ青色なんですが、あの頃は、白のジージャンもありました。 私は、おしゃれさんのため、その白をキープしたくて、洗剤と一緒に漂白剤も入れました。 しかし、思ったほど、漂白剤がありませんでした。 そこで、お風呂やトイレを洗う洗剤を入れました。 あの頃、私たちの間では、ジーパンを自分で漂白する事が流行っていました。 そこで、後輩のジーパンを、そのお風呂などを洗う洗剤で漂白した事があります。 かなり強力で、青いジーパンが、真っ白になったぐらいでした。 その洗剤を入れると、見る見るうちに、水がオレンジ色になりました。 「あら~」 と思っていると、変なにおいがします。 そして、頭がくらくらしてきました。 すかさず、私は逃げました。 運がいいことに、寮の洗濯場は屋外にありました。 また、寮のみんなは天気が良かったので、遊びに行ってていませんでした。 確か、テスト期間中だったと思います。 私は、少しだけそのガスを吸っただけでしたが、吐き気とめまいがしました。 その時、初めて、 「これが混ぜるな危険か~」 と、身をもって学習しました。 匂いも無くなり、後で白いジージャンを取り出してみると、オレンジ色に染まっていました。 そのオレンジ色は、いくら洗濯しても落ちませんでした。 しかし、オレンジ色のジージャンは、おしゃれさんの私には恥ずかしく、後輩にあげました。 後輩は、かなりオレンジ色のジージャンが気に入ったようで、いつも着ていました。 今思い起こせば、もうちょっとで、殺人犯になるところでした。 硫化水素による自殺、後絶たず 周囲巻き込む危険も 家庭用洗剤などから硫化水素を発生させる自殺がまた起きた。 27日、神戸市でアルバイトの男性が図った自殺は家族も巻き込む惨事に発展。 インターネット上では「新しい方法」「簡単に逝ける」と紹介され、昨年1年間に少なくとも6人、今年に入ってからはこれまでに9人が命を落としている。 男性は浴室の扉に「開けるな」と張り紙をしており、過去のケースを模倣した可能性が高い。 医療関係者は「家族や消防隊員、警察官までも危険にさらす。 一命を取りとめても後遺症が出る恐れがある危険な手段だ」と警告している。 「練炭自殺に代わる、新しい自殺方法が開発された。 火をおこす必要はない。 練炭よりも簡単」 こんな言葉がネット上で若者を扇動している。 硫化水素を使った自殺の方法を紹介する内容が複数の掲示板に書き込まれ、「目張りや注意書きも行い、遺書を残すべきだ」と殺人事件と間違えられないためのアドバイスまで書かれている。 「有毒ガスが発生中。 硫化水素。 警察を呼べ」。 実際にこんな注意書きを張った上での自殺が今年2月末、大阪市内であった。 注意書きは民家の大学院生(24)の部屋に張られていた。 警察や消防が出動、半径約50メートルを交通規制する騒ぎになった。 今回も「有毒ガス発生開けるな」と張り紙があったが、家族を巻き込む結果になった。 過去にも巻き添えが相次いでいる。 3月に岡山市で高校2年の男子生徒(17)が自殺した際には母親も死亡。 昨年7月には神奈川県で自殺した大学生=当時(21)=は「遺書に「家族への不満はない」と記していたが、母親=同(49)=と兄=同(23)=が死亡、妹(18)が重体になった。 家族だけではない。 今年2月に東京都のアパートで起きた男性(27)の自殺未遂では、近所の女性と乳児2人が病院に搬送。 駆け付けた警察官が自殺者を助けようと突入し、搬送されたケースもあるという。 消防庁によると、一昨年の硫化水素にからむ事故・自殺の認知件数は4件で、下水管内での作業中などの事故がほとんどだった。 ネット掲示板に自殺方法として書き込まれ、増えだしたのは昨年からとみられる。 「原料」とされる洗剤は届け出が必要な毒劇物ではなく、あくまでただの日用品。 ネット上の書き込みすべてを削除するのは難しく、抑止に向けて打つ手がないのが現状だ。 洗剤の製造元は「困惑している。 従来から『混ぜるな危険』と表示しているが、『これと混ぜるな』と書くと逆に自殺の手法を宣伝することになりかねない」。 大阪大学医学部法医学教室の的場梁次教授は「濃度が高ければ1分もせずに死亡するが、それは近くにいる人も同じ。 どの程度のガスが発生するか素人には予測がつかず、他人を巻き込む可能性が非常に高い」と警告している。 Related posts:• アイデアは面白いです。 中国のある学校が、クラスの命名権を売るようです。 「クラス?よくわからんぞ!」 あの、1組、2組ってやつです。 それに、幼稚園みたいに、ばら組みたいに名前が付けられるみたいです。 ところで、なんぼ […]... ソウルで、トム・クルーズの映画、「ミッション:インポッシブル」をまねて宝石泥棒を働こうとした男が、警報システムに引っかかって、あえなく逮捕されたそうです。 ま~、現実って、そんなもんでしょう。 ところで、映画の世界って、 […]... 新潟県出雲崎町は、黒人演歌歌手ジェロのデビュー曲「海雪」のCDを購入する場合、購入費の一部500円(定価1200円)を町民に補助することを決めたそうです。 何で、そんな事を? 記事によると、「海雪」の歌詞に登場するからだ […]... 埼玉県秩父市の羊山公園の、芝桜が見ごろを迎えているそうです。 桜? 桜の時期にしては、遅いのでは・・・ この記事に、画像がありました。 これです。 あれ、この桜、木になっていないぞ! そこで、芝桜について、ちょこっと調べ […]... 今日は、祭日で仕事が休みなので、出かけることにしました。 目的は、本を買いに行くためです。 家の近くにも、本屋はありますが、私のほしい本は売っていません。 だから、電車にのって、都会の大きな本屋に行くことにしました。 と […]...

次の