年下彼氏 5話 ネタバレ。 ドラマ「年下彼氏」17話ネタバレ感想!アナログなトシカレに胸キュン♪

「年下彼氏」5話&6話あらすじ!3話&4話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

年下彼氏 5話 ネタバレ

『年下彼氏』3話・4話のあらすじネタバレ 第3話「チェーン」 高校1年生の八木篤史(道枝駿佑/なにわ男子)は、毎朝同じ時間に起き、同じ朝食を食べ、同じ道を自転車で学校まで通う、といった変わらぬ日々を過ごし、退屈を感じていました。 そんなある日、工事を迂回するため、かなり急な坂道を走っていると、後ろから同じ学校の制服を着た女子高生・咲(田鍋梨々花)に颯爽と追い抜かれてしまいます。 見ると、咲の自転車は電動自転車。 なんとなく悔しい思いをする篤史でした。 そして翌日も咲に抜かれてしまい、「明日こそは俺が絶対に追い抜く!」と気合を入れる篤史。 坂道を必死にこいで咲を追い抜きます。 けれどまた咲に追い抜かれて…といった攻防が繰り返され、なんとか力を振り絞り、坂を登りきった時点で勝利。 篤史は大喜びして、咲を振り返ります。 すると、咲の自転車チェーンが外れてしまっていて、咲が途方に暮れていました。 そこで篤史は咲に声をかけ、チェーンを直してあげることに。 咲は、チェーンを直してくれた篤史に「一緒に学校サボっちゃおうか」と誘います。 咲は、篤史のひとつ上の高校2年生。 もうすぐ交換留学で、1年間、イギリスに行くとのこと。 これは厳格な親が勝手に決めたことで、本当は乗り気じゃないという。 そんな咲に、「行けるところがあるってなんかいいじゃん。 俺なんてこの町から出たことないし」と羨ましさを滲ませた篤史。 その言葉に、留学を前向きに捉えようと思えた咲は、高台のモニュメントに登ろうと誘いました。 そこから見る景色は、いつもの退屈な町とは思えぬ綺麗な景色で、「特別なことなんて何も起こらないと思っていた…でもそれは、俺が特別な景色を見ようとしていなかっただけかもしれない」と気付く篤史でした。 1年後。 いつもの日常を送っていたある日。 坂道で、颯爽と女子高生に追い抜かれます。 それは、留学から帰ってきた咲でした。 「ただいま」 「おかえり」 そう言葉を交わし、当たり前の景色がまた特別な景色に変わるのを感じる篤史でした。 第4話「論理的な彼女」 大学生の皆川真吾(福本大晴/Aぇ! group)は、凛とした美しさと抜群の知性を誇る先輩・佐伯香織(浅川梨奈)に恋をしていました。 けれど香織は、高嶺の花のような存在。 真吾のほかにも香織に惚れ込む男性は多く、それらをことごとく振っているという。 それがあまりにも容赦なく、振られた男性は恋愛恐怖症に陥るという噂も。 けれど、熱血漢である真吾はそれに怖気付くことなく、当たって砕けろの精神で告白を決意。 結果、まさに当たって砕け散りました。 香織は「わたしが年下の男性と付き合うメリットってなに?」と問い掛け、デートにかかる出費と時間の浪費、それに見合う価値を年下男性が提供できるとは思えないと、理路整然と語ったのです。 香織にフラれ、失意の真吾。 そんな真吾の前に、偶然告白シーンを目撃してしまった財津教授(斉木しげる)が現れました。 「恋愛なんて利害じゃないのに…」とぼやく真吾に、財津は「功利は、あらゆる道徳問題に対する究極の決意基準である」という哲学者ジョン・スチュアート・ミルの『自由論』の一説を唱え、「今度は、年下の男と恋愛するメリットを、君が論理的に説明すればいい」と背中を押します。 そして、財津自らそれに協力すると、カメラとインカム機能が内蔵された眼鏡を手渡しました。 そうして、財津指示のもと、また香織を呼び出した真吾。 年下男性と付き合うメリットをディベートします。 女性のほうが平均寿命が長いから寿命のバランスがいいとか、稼ぎについても生涯年収を考えれば年下年上関係ないとか、家事や育児への参加率は年下のほうが高い(20代のほうが40代より15%高い。 総務省統計局の調査より)とか。 これらに香織は少し納得した様子を見せ、真吾は手ごたえを感じます。 しかしあと一歩といったところで、突然、財津が腹痛を訴えトイレへ。 ここまで全て財津の言葉(指示)に従っていた真吾は困り果てます。 そんな中、香織から「年下の夫のほうが離婚率が高いというデータもある。 今は年上が良くても、将来的に年下の女性と浮気したくなるんじゃないの」と問い詰められました。 これに真吾は「年上とか年下とか、そんなことどうだっていいんですよ!そんなこと関係なく、好きなんです!」と反論。 情に訴えかけました。 これが功を奏し、香織は「1回デートしてみよう」と言ってくれたのでした。 香織が去った後、財津が「見事なV字回復。 ケルトの虎(1995年~2007年のアイルランドの急速な経済成長を指す表現)のようだな」と称えながらやってきました。 「人から借りた言葉じゃ、結局人の心は動かせないからね」という財津は、わざと腹痛を訴え席を外したという。 まんまと財津の作戦にかかったことがちょっと悔しい真吾でしたが、結果的に、香織から認められたと満足。 しかし香織から「あなたへの評価は、初デートで決めます。 しっかり自分のこと、プレゼンしてね」というメッセージがきて、また財津に「どうしましょう」と泣きつく真吾でした。 スポンサーリンク 『年下彼氏』3話・4話のネタバレ感想 舌戦が繰り広げられた第4話では、ちょっとした豆知識も散りばめられていて勉強になりました。 「年下男性と付き合うメリット」を議論する展開もおもしろい。 年取った今となっては、議論するまでもなく年下男性いいじゃない~と思えますが、学生時代の若かりし頃を考えると、たしかに年上男性のほうが魅力的に感じたなぁとしみじみ思ったり。 きっと男性も同じなんでしょうね。 自分が年を取れば取るほど年下女性のほうが良く見える、と…くぅ。 「年齢なんて関係ない!」と断言した真吾くん。 20年後も、それと同じ台詞を言ってほしいものです。 第3話で主演した道枝駿佑くんは、去年の日テレドラマ『俺のスカート、どこ行った?』でメインどころの東条を演じていたのが記憶に新しい。 ちなみに今季(初回放送未定)のテレ朝ドラマ『BG 身辺警護人』にも出演予定。 はじめて彼を見たとき、なんてキレイな顔立ちの子だろうと感心しましたが(女装も見事にハマってましたし!)、今回もそのキレイな可愛さに見惚れちゃいました。 美男美女!活躍が楽しみな主人公・ヒロイン勢揃い ウブな感じが最高すぎて、道枝くんの良さが最大限に出てたなあ。。 年上〜!って感じの強い女の子じゃなかったのもよかった。。 3話では昨今、ドラマで見る機会も多い道枝駿佑さんが登場。 何気ない出会いが青春って感じでした。 そして、自転車のチェーンが外れて手が真っ黒になるという展開が良かった! 自転車を押し歩く姿が絵になる2人でした。 道枝駿佑さんは今期、『BG 身辺警護人』にも出演するので、先輩の木村拓哉さんとの絡みはあるのか?注目ですね。 4話では、教授役で斉木しげるさんが出ていることがツボでした。 また、眼鏡姿の浅川梨奈さんが可愛かった!多くのドラマに出演してきているし、更なる飛躍に期待しています。 『年下彼氏』5話・6話のあらすじ 公式サイトが発表している『年下彼氏』5話・6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。 雲雀友也(西畑大吾)は19歳の若き天才小説家。 しかし、新しい担当編集者の佐倉美晴(天野はな)に依頼された恋愛小説に手こずり、極度のスランプ状態にある。 全青春を執筆に傾け恋愛経験は無いに等しい雲雀に、リアルな恋愛描写など無理なのだ。 そこで佐倉は自分との擬似デートを提案。 初めはデートに気乗りしない雲雀だが…。 学級委員長の白鳥(西村拓哉)は自他ともに認める優等生。 その白鳥が、臨時担任の桜庭(小島藤子)に一目ぼれしてしまう!桜庭の気を引こうと、優等生ぶりに磨きをかける白鳥。 ところがある日、桜庭が不良達と自分よりも親しげに話す姿を目撃。 ショックを受けた白鳥は、誰よりも悪い男になると決意するが…。 asahi.

次の

『年下彼氏』9話&10話ネタバレあらすじと感想│もっとギャップのある話も観てみたい!

年下彼氏 5話 ネタバレ

さっそく部屋に招き入れるミツルまじでカワイイ。 両親が3日前に海外出張に行ったので地道に準備をしていたという部屋は、 かわいらしいバースデー仕様に。 両親ともに海外出張なんていいところのお坊ちゃんでしょうか。 地元にいたときはすぐにこれていたのに・・・なんて 遠距離の切なさを噛みしめながら、両者は近況報告。 仕事がなかなか忙しそうな彼女に対し、 「飲み会に・・・サークルの旅行に・・・麻雀の約束・・・」と遊びの予定でバタバタしているミツルくん。 バースデーソングを歌いながら、 パテシェさながらの豪華ケーキに火をつけるミツル君ですが、彼女の携帯に着信。 そこには「 部長」の2文字が・・・ 電話を終えた彼女ですが、振り返った時には パチパチと綺麗に咲いていた花火はもう終わってしまっていました・・・。 喜ぶと思ったんでしょうね。 切ないです。 部長空気読んで。 次々と起こるアクシデントに険悪ムード 2人は 思い出の写真を見返してラブラブな雰囲気。 ブラック起業か?有給中に電話かけてくんな。 これにはミツルくんも不満そうです。 その後部屋でなぜかプラネタリウムを始めるミツル君。 「宇宙って広いよなあ~」とのびのびしている隣で彼女はパソコンをカチャカチャ。 上の空で話は聞こえていません。 部長よ。 有給中に仕事させるな。 ブラック起業か。 その後 ミツル君が一生懸命準備したプレゼント探しゲーム。 部屋中を楽しみながら探している彼女ですがまたもや 彼女の携帯に部長から電話が・・・ 部長空気よめ。 ブラック起業というかブラック上司です。 しかし、 電話が途中で切れてしまいました。 携帯は圏外に。 ミツル君の携帯も圏外です。 テレビをつけると 「電波障害が起こっている」という速報が・・・。 最初はミツルくんが電波障害でも引き起こしたのかと思ってました。 疑ってゴメンねミツル。 決定的なハプニングにすれ違いが加速 速報を見て 彼女は激焦りです。 そりゃそうです。 電話の向こうで部長はガチギレしていたし、無理やり有給を取ったくせに!みたいな文句の途中に電話がガチャ切りですからね。 そもそも有給中に電話かけてくる方が悪いんですけどね。 しかし ミツルくんはちょっとうれしそう。 ノンキなもんです。 「ちゃんと休みをとっているんだからもうよくね?」的なミツルくんに、「そうだけど・・・」と不満そうな彼女。 プレゼントはどうしたんでしょうね。 アクシデント続きがついに喧嘩に発展 ミツルくんは、 彼女の為に作った料理を披露しご満悦です。 彼女の生まれ年のワインを買ったエピソードを話しますが、彼女はどこか上の空・・・。 ミツルくんは彼女を励ますつもりで、 「今日のことは神様からもらったプレゼントだって思おうよ」と言ってしまいます。 そんなミツルくんに彼女は「ミツルに私のことが分かるわけない!だってまだ学生じゃん!」 「社会に出て働くって本当に大変なんだよ!」 と 怒鳴ってしまいます・・・。 ミツル君はめげずに「今日は仕事の事は忘れて」となだめようとしますが、 彼女を余計怒らせることになってしまったのでした。 「昔の私たちとは違う」と彼女が口走ってしまうと、 ミツル君は出ていってしまいます・・・。 秒で帰ってきて仲直り 彼女は冷静になりミツルに電話しようとしますが、 携帯電話は電波障害の影響で繋がりません。 「私、フラれちゃうのかなあ・・・」と思った矢先、 秒でミツルくんは帰ってきます。 そして彼女が謝るより先に、ミツル君は彼女に謝り 「怒らせた上司のなだめ方」などの本を3冊、プレゼントしました。 「社会人のこと、俺にはわからないから」と、本を買ってきたのですね・・・。 本屋さん近くにあったのかな。 経験がないことはわからないから、 タメになるものをプレゼントするミツルくん・・・イイ子・・・。 そこの最後には「怒っている上司には飴をプレゼントしましょう」という文があり、ミツルくんは一つ、飴をプレゼントしました。 彼女は拍子抜けして笑顔になり、謝りました。 2人はもう一度パーティを再開。 ミツル君は改めて彼女に 2000ピースのジグソーパズルをプレゼントしました。 次の日の朝、出来上がったジグソーパズルの横で寄り添い合って眠る2人。 健全ですね。 ジグソーパズルには、 初めてデートしたときの写真が描かれていました。 それにしても彼女も忍耐強いです。 私なら多分電波障害が起こったら帰りますね。 上司が怖いですもん。 そして怒っている上司に飴をそっと渡すのはやめた方がいいと思います。 多分もっと怒られます。 顔がいいし。 照れて耳真っ赤にしながら 下唇噛んじゃう丈くん可愛すぎやろ。 — わ い。

次の

年下彼氏12話ネタバレ感想!伊藤篤志(伊藤兄弟)の演技や表情が上手と好評!|movie journey

年下彼氏 5話 ネタバレ

末澤誠也と秋元才加の年下彼氏ネタバレ 観月律(末澤誠也)は半人前のテレビ番組AD。 ある日、観月律が弁当の発注を間違えたことで職場に大量に届いてしまう。 説教される観月律のもとに先輩プロデューサーの祥子(秋元才加)がやってくると、上司の説教を軽くいなしてみんなに弁当をすすめるといったフォローをしてくれた。 祥子は仕事もでき尊敬されていると同時に実はひそかに観月律の彼女でもあった。 祥子がフォローにつかれて休んでいると後ろから写真をとられたことに気づく。 観月律だった。 観月律は缶コーヒーを差し入れし、弁当のフォローの際に上司の前で観月律のことを「みずくん」と呼んでいたことをうちあける。 内緒で付き合ってる祥子は上司が気付いたか気にしたものの観月律はあっけらかん。 観月律と祥子は一年前、会社のクリスマスパーティーの準備を二人でしている時に告白して交際がはじまった。 バックハグからの告白・・・そんな記憶をふと思い出していた。 このままじゃディレクターになれないとみずくんに活を入れる祥子だったが、新人が入れば下っ端じゃなくなると観月律は楽観的。 しかし後日、観月律と大学の同期だった浦坂健太(木戸邑弥)が格上のディレクターとして転職してくる。 新人なのに一瞬でチームに馴染み、あっという間に先を越される観月律。 大学時代からできるやつで、同期だから比べられると内心焦りまくる観月律。 そんな観月律のもとに浦坂健太がやってきて、祥子に彼氏がいるかと問いかける。 返事に困っていると通りかかった上司が「あいつは仕事一筋だけど年下が好きらしい」という情報を伝える。 それに喜んだ浦坂健太は祥子を探しにその場を飛び出していく。 困惑している観月律のところに祥子が訪れて浦坂健太を絶賛。 それを聞いて祥子が浦坂健太を気に入っていると思い込み、仲良さそうに仕事をする二人の姿も見かけてしまいすっかり消沈。 観月律のミスはつづき、取材先のアポを取り忘れるという重大なミスをしてしまう。 それにもすかさずフォローを入れて対応してみせた浦坂健太は、さらにその場に居合わせた祥子に食事の約束をとりつける。 落ち込む観月律を祥子は会議室に呼び出し、失敗続きの観月律を戒める。 観月律も浦坂健太と2人で食事に行くのか気になって祥子に聞いてみたものの、このままじゃいつまで経っても浦坂健太には勝てないと言われてしまう。 祥子と浦坂健太が食事に良き、観月律は残業していると、浦坂健太から「これから告白する」といった旨のメールが届く。 気が気じゃない観月律は大急ぎで仕事を終わらせ、祥子と浦坂健太が向かったバーへと全力ダッシュ! 浦坂健太が祥子に告白しようとその手を握りかけたぎりぎりのタイミングで観月律がかけつけ、自分が祥子の彼氏であることをうちあける。 そして祥子の手を引き、店から連れ出していく。 外に連れ出された祥子は、浦坂健太になびくと思ったかの問いかけると自信がなさそうにしている観月律。 でも祥子はドキドキしたことを伝え、見直した、かっこよかったと観月律を褒めちぎる。 すっごく嬉しそうに笑う観月律の手を取り、家路に向かう二人。 帰り道にも祥子に「好き」と何度も伝える観月律。 一生好きと仲良く言い合いながらハッピーエンド。 末澤誠也と秋元才加の年下彼氏ロケ地 — 2020年 3月月28日午後11時06分PDT 末澤誠也くんと秋元才加さんが出演する14話「できる彼女、できない彼氏」では、東京都港区の六本木駅近くにある「東京ミッドタウン」の辺りがロケ地になっていることが分かっています。 末澤誠也くんが秋元才加さんのいるバーへ向かうために全力疾走した場面は「東京ミッドタウン」のあたりで撮影が行われていました。 末澤誠也が秋元才加のロケ地の東京ミッドタウンの行き方は? 大晴「あの最後のシーン良かった。 年下彼氏っぽくて」 末澤「あ〜あれアドリブやねん。 」 私「えっ…………….. アドリブ….. いずれも東京ミッドタウン南側の都道319号の外苑東通りです。 東京ミッドタウン南側の都道319号の外苑東通りは都営大江戸線の7番出口を出てすぐです。 全力疾走1 全力疾走2 全力疾走3 全力疾走4• 東京ミッドタウン• 住所:〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-1• 電話:03-3475-3100 10:00〜21:00• 営業時間 ショップ:11:00〜21:00 レストラン:11:00〜24:00 スポンサーリンク 年下彼氏14話ネタバレロケ地!末澤誠也が走ったバーまでの道!まとめ! 今回は 年下彼氏14話ネタバレロケ地!末澤誠也が走ったバーまでの道!と題し、 末澤誠也くん、秋元才加さんが出演する14話「できる彼女、できない彼氏」のネタバレとロケ地についてまとめました。 末澤誠也くんは笑顔がとてもかわいく、また落ち込んだ時のしょんぼりもかわいくて全体を通してみても子犬のようにかわいかったです。 また秋元才加さんの姉御感にマッチしていて年下彼氏感が強く感じられるように思いました! 末澤誠也くんと秋元才加さんロケ地は都営大江戸線の六本木駅7番出口を出てすぐのところなのでとっても行きやすいです。 ドラマ「年下彼氏」は1話ごとに主演の関西Jr. 、相手役の女優、ストーリーなどが変わるオムニバス作品なのでロケ地もきっといろんな場所が使われていることと思います。 他の回のロケ地はこちらにまとめています。 それでは今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の