空 から 降る 一 億 の 星 あらすじ 日本。 【ソイングク】主演韓国版「空から降る一億の星」1話あらすじ感想*ネタバレ │ おもろいドラマBLOG♡

空から降る一億の星

空 から 降る 一 億 の 星 あらすじ 日本

スポンサーリンク 空から降る一億の星【韓国ドラマ】紹介 本作は2002年に日本で放送された北川悦吏子さん脚本の大ヒットドラマを韓国リメイクした作品です。 傷を抱える男女が運命の出会いを果たし、衝撃的な結末を迎えるミステリーメロドラマで主演を演じたのは「君を憶えてる」、「ショッピング王ルイ」などシリアスな役からコミカルな役まで自由自在に役になりきれるカメレオン俳優ソ・イングクさん。 鋭い目つきをし、心にどこか闇を抱えているのを感じさせる神秘的な青年、キム・ムヨンを熱演しました。 ヒロインにはチョン・ソミンさんが抜擢され、実の兄妹ではないと知りながらも名一杯、兄からの愛情を受け育ったジンガン役として、最初はムヨンに対して嫌悪感を抱き遠ざけるもいつの間にか彼に惹かれていく複雑な心情をきめ細かい表情で表しとても美しく演じられています。 またジンガンの兄であるジンググ役を実力派俳優のパク・ソンウンさんが演じ、ストーリーに切迫感や焦燥感が加わり魅力を増しています。 暗く悲劇的な要素が際立つ印象ですが、ロマンティックな情景や心温まるシーンもしっかり組み込まれ重すぎない内容となっています。 スポンサーリンク 空から降る一億の星【韓国ドラマ】あらすじ 広告店のデザイナーとして働くユ・ジンガン チョン・ソミン は20歳年の離れた刑事である兄ユ・ジンググ パク・ソンウン と2人で暮らしていました。 ある日、陶芸家のお嬢様ペク・スンア ソ・ウンス が開く個展で開場を訪れたジンガンはビール会社で勤務するキム・ムヨン ソ・インググ と偶然出会います。 会場で行われるパーティーの準備中にスンアの秘密を知ったムヨンは秘密を隠すことを望むスンアを助け、2人の距離は急接近します。 婚約者がいる身であったスンアが怪物と呼ばれる危険な男ムヨンによって傷つけられるのではないかと心配するジンガンでした。 一方、事件の捜査を進めていたジンググはある殺人事件の容疑者としてムヨンの関与を追っていました。 またムヨンの肩にある大きなやけどの傷を見たジンググは25年前の事件を思い出し、ジンガンとムヨンが接近することに強い警戒心を持っていました。 ジンググが隠している真実、ジンガンやムヨンの出生の秘密、事件の真相が明らかになるにつれ事態は思わぬ方向へ・・・。 スポンサーリンク 空から降る一億の星日本版との違いは!? 原作の「空から降る一億の星」主なキャストを比較してみました。 ソ・インググ 木村拓哉 チョン・ソミン 深津絵里 パク・ソンウン 明石家さんま コ・ミンシ 柴咲コウ ソ・ウンス 井川遥 ソ・インググが語る「空から降る一億の星」秘話 まず、本作に出演することを決めた理由を 「原作があまりにも有名な作品なのでプレッシャーは大きかったですが、台本が面白く、原作とは異なる点もあり、ユ・ジェウォン監督のもと挑戦したという気持ちになりました。 」 と原作を楽しんで視聴したうえで韓国版ならではの魅力を届けようと作品に臨んだことを明かしました。 撮影雰囲気について 「撮影現場に早くついても共演者やスタッフに挨拶をしてみんなで冗談を言いながら楽しく進みました。 現場にいる各自がとても明るくて、それぞれに合った役割をこなしていたので全員がムードメーカーのようでした。 」 と物語の雰囲気はとは異なる明るく幸せな現場であったことを語りました。 スポンサーリンク 空から降る一億の星【韓国ドラマ】感想・評価 原作である日本版のドラマを見ていないのですが、主演のソ・インググさんが演じていたムヨンというキャラクターはピッタリはまり役で、ミステリアスでつかみどころのない孤独な雰囲気を存分に発揮されていてとても素敵だと思いました。 ドラマの内容に合わせていろんな役になりきれる天性の才能は素晴らしいですね。 チョン・ソミンさんとの恋愛模様も悲しくも美しい2人の関係が儚くて引き込まれました。 パク・ソンウンさんの妹を思う兄の優しさがにじみでた演技も心がジーンとしました。 哀しさや苦しさが伝わる場面が多いのですが、それにともなう背景やOSTの効果もありより一層切なさが増し美しく表現されていて良かったです。 視聴率は残念な結果となりましたが、最後まで視聴された方の感想には、強烈な余韻が残る感動的な作品、ストーリーと演技力が素晴らしすぎる、原作を超える脚色で良かったなどといった称賛のコメントが相次ぎました。 最後に 韓国語ドラマは、最近ではリメイク版が活発化され様々なジャンルが出ていますが、やはりどの作品でも原作を超える人気を得るのが難しく成功例は多くない印象です。 本作も同様で原作とは異なるエンディングなど話題性や完成度は十分にありましたが、視聴率の低迷から抜け出すことができませんでした。 比べるのではなく完全にオリジナルドラマとして、実力のある俳優陣の演技と独特の世界観を楽しんでいただきたいなと思いました。

次の

空から降る一億の星【韓国ドラマ】キャスト・視聴率・感想・評判!

空 から 降る 一 億 の 星 あらすじ 日本

もくじ• 空から降る一億の星 韓国版作品情報 放送 2018年 韓国tvN 全16話 原作・オリジナルドラマ 北川悦吏子「空から降る一億の星」(2002) 演出・脚本・キャスト 演出:ユ・ジェウォン ナイショの恋していいですか(2014) ああ、私の幽霊さま(2015) 明日あなたと(2017) 脚本:ソン・ヘジン キャスト ソ・イングク(キム・ムヨン) チョン・ソミン(ユ・ジンガン) パク・ソンウン(ユ・ジングク) ペク・スンア(ソ・ウンス) クォン・スヒョン(オム・チョロン) 監督&ソ・イングク再タッグ作 ユ・ジェウォン監督とソ・イングク君は2014年「ナイショの恋していいですか?(原題:高校世渡り王)でタッグを組んでいます。 あちらはロマコメ、今回はミステリーロマンスと、それぞれタイプの違う作品ですが 登場人物の深みや魅力がどちらもよくでていました。 あらすじ 広告デザイナーのジンガンは刑事の兄ジングクと仲睦まじく暮らしていた。 しかし二人は実の兄妹ではなく、幼いころ妹としてジンガンを戸籍に入れていた。 ジンガンは仕事先でブリューワーのムヨンと出会う。 ムヨンはNJグループ御曹司の婚約者スンアの心をつかみ奪う形で付き合い始めたが、ジンガンは親友のスンアが傷つきそうで不安がつのるばかり。 一方でムヨンはジンガンに惹かれるものを感じていた。 ジングクは捜査中の殺人事件にムヨンが関わっていると確信を持っていた。 そのうえ、ムヨンの肩から腕にかけて大きなやけどの痕があるのを知り、25年前のある事件の時に姿を消して以降探し続けていた男の子ではないかとの思いが頭から離れない。 ジングクはジンガンがムヨンと関わることに警戒心を強めていた・・・。 本国放送時のイメージティーザーとティーザーメイキングに字幕を付けてくださっている動画があったので共有させていただきます。 さんより (*音量にご注意ください) 字幕の表示は画面タップで右下に出てくるアイコンで操作してみてください。 PCだと四角の中に点がいくつかあるアイコンで、スマホだと縦に3つの点が並んでいる部分がそうでした。 ブラウザによって違うかもしれません ソ・イングクが演じるムヨン 暗闇の中から孤独に世界を見つめ、人の心の動きが面白くて弄ぶ、 そんな子供のような残酷さを持つムヨンを演じたのはソ・イングク。 青春ものからラブコメ、今回のようなラブサスペンスまで見事にこなし、しかも、 人物像に人間臭さと奥深さも加えられる表現力を持っていて常々評価している俳優さん。 今作では 悪びれることもなく他人を弄ぶ悪い男から、癒される人に出会い心をとりもどし、そして知らずにはいられない過去にたどり着き苦悩するという、感情の揺れが多い役どころを見事に演じていました。 柔らかで親しみやすいチョン・ソミン 純粋で暖かな陽だまりのような女性ジンガンを演じたのはチョン・ソミン。 デビューの頃は「赤と黒」で裕福な家の末娘を、「イタズラなKISS」では明るくて一途なヒロインなど、天真爛漫なイメージがあった女優さん。 純粋でまっすぐなイメージはそのままですが、今では彼女から 慈愛のようなものをほのかに感じます。 本作では大切に思う相手を信じ守り抜こうとする女性を演じていてとてもはまり役でした。 印象に残った助演さんたち ネタバレあらすじ この物語は複雑に絡んだ四面楚歌な状況を巧みな構成で見せ切るミステリーでした。 少し長くなりますが、 じっくりとストーリーの経緯を書き記したいと思います。 感想はそのあとに書いています。 ムヨンが失っていた5歳以前の記憶 子どもには抱えきれないほどのショッキングな事件を目の当たりにしていたムヨン。 それはお父さんが射殺された現場にいたことでした。 そしてお父さんを撃ったのは若き日のジングクさんでした。 ジングクさんが背負ってきた十字架 ジングクさんはいち早く犯人逮捕に向かった現場で、すでに3人を殺害していた犯人と鉢合わせし、手にしていた武器を動かした犯人を射殺しました。 現場では明らかに正当防衛が成立する状況でした。 けれど、ジングクさんは自分の死角に子供がいたことを後で知り、犯人が必ずしも自分を襲おうとしていたとは限らなかったと感じ、発砲という対処を悔やみ続けていました。 ミスで人を殺めたという思い、この十字架に耐えられたのはその時現場で保護された子どもの一人ジンガンが妹としてそばにいてくれたから。 ジングクにとってジンガンを育てることは、もはや生きる支えでした。 病院の敷地内でさまよい出てきたムヨンを発見したけれどそのまま行かせたのが、当時その病院で勤務していたヤン医師でした。 今は有名な精神科医のヤン医師。 当時ムヨンが置かれていた状況を知って 彼を自由にしてやれる最後のチャンスと思い新たな人生を祈って行かせたそうです。 ヤン医師自身が殺人者の息子として生きた辛さがそうさせたとの事でした。 25年前の事件の真相 ムヨンの父は、新興宗教に傾倒し子供を連れて家を出たあげく財産までつぎこみだした妻と、妻を宗教に引き込んだ友人夫婦を惨殺した犯人でした。 ムヨンが思い出したシーンは父が撃たれるシーンとストーブの上のやかんが沸騰している様子。 ムヨンの肩のやけどはその時にできたものでした。 ムヨンが大切にしていたきょうだい ムヨンは幼いころ描いた唯一の4人家族の絵を大切にしていました。 両親と自分、そして記憶の中でユンと呼んでいた可愛い弟。 過去の事件に行きついたムヨンが詳細な調査を頼んだ大企業NJグループの二世重役セランは確信に似た疑いを確認しに来たムヨンを弄ぶように、 ムヨンの過去とつながったジンガンがユンと呼んでいた妹だとうなずきました。 ムヨンの絶望 世界にたった一人の、心が通じる誰よりも愛してほしい愛したい女性ジンガン。 彼女が妹だった…。 男女として愛し合うことはできない絶望感で胸が押しつぶされるムヨン。 ジンガンが知ることになってはならないという思いだけで、必死でジンガンを遠ざける。 そんなムヨンを弄ぶセランはムヨンが自分の元を去ると言ったことでジンガンに接触しようとしました。 永遠にセランの口を噤ませる方法としてムヨンは銃殺という方法をとりました。 ムヨンの更なる絶望 指名手配中逃亡先でムヨンが連絡したのはジングクさん。 そこで、 ジンガンがムヨンの実妹ではないと知らされるのですが、父親が殺害した信者夫婦がジンガンの両親だと知ってやはりジンガンとの未来はないことには変わりないと感じたムヨン・・・。 自首を勧めるジングクに3日の猶予をくれという。 けれど罪を償ったとしてそして・・・。 ムヨンの選択はすべてに別れを告げることでした。 因縁の事件現場で ムヨンの居場所に気づいたジンガンが向かった先、そこは二人が幼いころ大人たちに放置され身を寄せあって過ごした教会でした。 事件の経緯を知ったうえで一緒に生きたいと言ってくれたジンガンの手を取ったムヨン。 けれど、二人には予想もしなかった報復が待っていました。 NJグループの後継者二人が短期間に死亡、その死に直接関わっていたムヨンを会長が放っておくことはありませんでした…。 ムヨンをかばいジンガンが銃弾に倒れ、そして目的通り刺客はムヨンを殺害。 ジンガンを追ってやってきたジングクは、こと切れた二人を発見するのです・・・。 感想 身動きの取れない状況にたどり着くしかなかった主人公ムヨンの絶望に胸が焼け付く思いで見ました。 実のところその感覚は最初からずーっとあって、ラストに向かって徐々に徐々にシミが広がるように大きくなっていく。 父親が殺人者だったと知り、孤独から永遠に抜け出せない絶望を目の当たりにしてしまったムヨンが 「生まれ直したい」 とジンガンにしがみつくように抱きついたシーンがすべてを物語っていたように思えるんです。 けれど、 ジンガンとの再会がなければ、ムヨンの人生の輝く温かい瞬間はなかった。 罪を償い、再スタートするならきっとジングクは全力を尽くして手を貸すだろうし、そのほうがジングクを救うことにもなった。 けれど悲劇を自らが呼び込んでしまったムヨン。 彼の生きざまが、ずっと薄氷の上を歩くような危うく命知らずなものだった証。 ムヨンは誰よりも感受性豊かとヤン医師は言いました。 彼の才能ともいえる記憶力や豊かな感受性を守り抜いてくれる大人に出会ってほしかった。 あの時、ムン医師がムヨンを行かせず、ジングクに見守られて育っていたら? ジンガンと離れ離れになっていなければ? 悔やまれる。 ソ・イングク、チョン・ソミン、パク・ソンウンはもともと大好きな俳優さん。 後半に進むに従って複雑で感情の揺れ幅が苦しいほうへと振れていく中で、ブレずに人物を演じきっていて引き込まれました。 さいごにOSTをご紹介 歌声が流れるたび、あ~いい声やな~と毎回感じていた曲がイ・スンヨルさんの「Someday」なのですが、私が大好きな「未生」のOST曲「Fly」を歌っている方でした。 こちらの「Someday」はなつかしくて恋しい感じが伝わってくる曲調で、シーンによってはムヨンの孤独が逆に際立つようで切ない感覚になる曲でした。 イ・スンヨル「Someday」.

次の

空から降る一億の星/最終回・結末の感想ネタバレ注意!あらすじ・さんまと深津絵里の兄妹役での掛け合いが、なんとも言えないほどはまり役…。 #テレビドラマ

空 から 降る 一 億 の 星 あらすじ 日本

2018. 投稿者: 空から降る一億の星 3話・4話 あらすじと感想 チョン・ソミン ユ・ジンカン役 【PR】 しまった!第〇話を見逃してしまった! そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル! 空から降る一億の星 하늘에서 내리는 일억개의 별 全16話 第3話 視聴率2. チョロン達は、拘置所で元恋人サンフンを夜通し尋問しますが、自白に追い込むのは難しい状況。 アーツ醸造所ロゴ制作の為、顔合わせに行くジンガン達。 制作チームの一員として醸造所第一助手ムヨンに紹介されます。 見学が終わった後、彼女は、一人作業をしていたムヨンに近づき、今後、怪しまれる行動をしないようにと警告します。 そして帰ろうとすると、悲鳴が聞こえ、ムヨンが機会に手を挟まれた!?走って引き返すジンガン…しかし、その「事故」が冗談だと分かると、憤然と仕事場を出ていくのでした。 凶器となったトロフィーの所存を聞き出すため、ユリを呼び出すチョロン。 知らない、と冷淡な返事をするユリですが、部屋へ戻ると、床に落ちていたトロフィーの飾り部分を踏みそうになったことを思い出し、ムヨンに電話をします。 「サンフンが持ってきたんだろうけど、寝ていて全然分からなかったんだ。 」 デートの後、スンアを家まで送るムヨン。 母親のことを聞かれ、とても厳しかったし、叔母も沢山いて、いつも同じ服を着ていた、と言います。 父は熱血警察官だった、とも。 スンアは、ジンガンを「両親を亡くして、警官の兄に育てられた、とても可哀そうな人」と説明します。 家の前で、ムヨンを抱締めるスンア。 CCTVでそれを見た母親は、一瞬憤りますが、ウサンが結婚を急ぐ理由だと悟り、今度は大笑いします。 その頃、ムヨンの調査報告を受けるウサン。 6歳から15歳まで孤児院で育ったこと、仕事熱心なこと、女性関係は続かず、家には連れて行かないこと… カフェにやって来たユリの首に入れ墨がある事に気付いたジングクは、署に走って帰り、殺人課に貼ってある写真を確認します。 あの娘だ!ユリと被害者はアメリカで同じ学校に通っていた、と言うチョロン。 再び醸造所に来たジンガンは、袖無しシャツから覗くムヨンの右腕に釘付けになります。 雨が降ってきて、ムヨンのトラックで帰宅したジンガンに、彼と関わるな、と警告するジングク。 サンフンのスーツケースの中からスノードームの手土産を見つけたジングクは、その並び順についてサンフンに訪ね、何の話か判らない彼の様子から、犯人ではないと推測します。 そして家に帰り、アーツ醸造所が前に使用したロゴをみて愕然とします。 更にジンガンから、スンアのブレスレットを元通りにしたムヨンの話を聞いて、ムヨンに対する疑惑を深めるのでした。 意思に反して、ウサンの家族の食事会へ行かされたスンアは、交差点で車が止まった時に逃亡し、アーツへ。 結婚したくない、と訴えるスンアを作業場へ導き、キスをしながら服を脱がせるのでした。 翌朝、家に戻ってきたムヨンを待ち伏せしていたジングク。 「人を殺すってどんな気分だ?」 第3話 感想 たった3話のうちに、ありとあらゆる事が起こった感じで、単純なあらすじでは、細かいニュアンスがカバーできません。 実際に観るしかない。 ジングク、ムヨン、ユリは、それぞれとても複雑なキャラクターです。 なぜジングクは、殺人3課に在籍しながらも無視されているのか。 ユ兄妹とムヨンはヘサンの出身で、ムヨンの父が警官だったらしいことから、恐らく過去に関わりがあったと窺えます。 ムヨンとジンガンは幼過ぎて、覚えているのはジングクだけ。 でも、ずっと会っていないので、ムヨンが、その時の子供なのかはっきりしないのでしょう。 ソ・イングクの演技はとても魅力的で引き付けられるものがあります。 役所のムヨンは「人の心を弄ぶ悪」ですが、実は修復できないほど心が折れていて、そこに悲哀を感じます。 是非、子供の時のトラウマを克服して、人生を立て直して欲しいと思います。 ムヨンは殺人犯ではないけれど、 誰がやったかを知っている可能性が出てきました。 彼が後始末をしたのだとすれば、犯人は、彼の人生に少なからぬ影響を与えた人物のはずですが、今はまだ見当がつきません。 スンアがなぜムヨンに惹かれるか。 母やウサンと違って、ムヨンは彼女に何も要求しません。 相手に何も望まないが故、いずれ離れていくのです。 でも、ジンガンに対しては興味を持ちました。 ムヨンとジングクの対立が深まりそうです。 空から降る一億の星 하늘에서 내리는 일억개의 별 全16話 第4話 視聴率3. 「おじさん頑張って!」と背を向けるムヨンの顔からは、笑みが消えていました。 車に戻ったジングクは、ジンガンに、スンアはムヨンと別れるべきだと言います。 ムヨンとの関係がウサンにバレて、追い込まれるスンア。 ジングクの忠告が気になるジンガンはスンアに電話しますが、スンアは「助けて、監禁されているの」とジンガンにSMSします。 アーツ醸造所の会議に出たジンガンは、会議に集中出来ず、終わるとすぐにヒジュンからムヨンの電話番号を聞き出し、SMSを転送するのでした。 シスターの葬儀にそっと参列するムヨン。 そこにはヤン精神科医の姿もありました。 誰にも合わずにその場を去るムヨン。 バス停で、ジンガンからSMSを受け取ります。 ユリのバイト先を訪ねたジングクは、被害者とムヨンが知り合いではない事を聞き出します。 そして、ユリがムヨンにイカレテいるのを見て、ムヨンは容疑者だ、と伝えるのでした。 一方、チョロンには、2人だけで事件の再調査をするべきだと持ち掛けます。 週末、デート中のチョロンを見つけた3課の人達は、車を止めてちょっかいを出しますが、女性がジングクの妹だと分かると、顔がこわばります。 署に帰ると、ジングクに向かって、わざわざ兄妹に見えるよう、似たような名前にしたんだな、というリーダー。 会話のすべてを聞いていたソジュンは、こだわりすぎ、とジングクに言うのでした。 スンアをムヨンの所に送り届け、決めた時間に再び迎えにきたジンガン。 やって来たスンアの母親に頬をぶたれ、スンアは無理やり車に乗せられます。 「あんたのせいよ。 あっちへ行って!!」とムヨンに叫ぶジンガン… スンアから2度目のSMSを受け取った時、ジンガンはムヨンに直接会いに行きます。 以前の態度を謝り、食事をする2人。 2人は両親がいない事や、虐められたことなど、共通点が多いことが分かり、親しくなります。 それを蔭から聞いていたユリは、心を開くムヨンに腹を立てるのでした。 次の日、ヤン精神科医を訪ねるユリ。 それを尾行したジングクは、ネットでヤン・ギョンモを調べ、著書を購入します。 ユリはヤン医師にムヨンの事を話し始めますが、彼が好きなのかと聞かれると、また本の題材にする気だろう、薬をくれ!と叫びます。 雨の中、猫に餌をやろうとユ・ジンガンと呼ぶムヨン。 猫の鳴き声に笑顔になりますが、猫が倒したクーラーボックスの中にトロフィーが入っているのを見ると凍り付きます。 酒を飲んだジングクを、傘を持って迎えに行くジンガン。 赤い車が猛スピードでジンガンに突進し、脅かそうと隠れていたジングクは、体当たりでジンガンを助けます。 そして、車のドアを開けると、意識不明のユリが! 第4話 感想 リーダーの一言で、ジングクとジンガンが本当の兄妹でないことが分かりました。 リーダーは刑事として、これら人々の過去を知っているわけですね。 ジングクがチームから疎外される理由は これでしょう。 ユリは危険な存在です。 彼女はムヨンにイカレテいる。 初めに彼女に手を差し伸べたのは、ムヨンでした。 でも、ムヨンが彼女に何も求めていない事をどこかで分かっているからこそ、ジンガンに嫉妬するのだと思います。 今の状況からすると、この娘が殺人犯と思えるのですが、そうだとしたら、なぜムヨンの所にトロフィーを置いたの?ジンガンと仲良くするムヨンが癪にさわったから? 1話以来出てこなかったヤン医師ですが、彼はユリとムヨンが現在のような人間になったことに、一役買っているようです。 ジングクが見ていた彼の著書。 目次の1番目は、「殺人犯の息子」でした。 ムヨンは、父が警官だと 教えられて育った可能性がありますね。 医師は主役ではありませんが、今後の彼に注目したいと思います。 ジンガンとムヨンがやっと少し馴染んできました。 イングクとソミンのケミがとても良さそうなので、個人的には、2人でトラウマを克服する話になればよいな、と思っています。 オリジナルのラストは今や乱暴且つ非現実的に感じられますが、皆さんはどうでしょうか。 チョン・ソミン 정소민 ユ・ジンカン役 出典: 生年月日1989年3月16日 モデル、女優。 身長165cm。 韓国芸術総合学校演技科に首席で入学。 2010年ドラマ『赤と黒(原題:悪い男)』ホン・モネ役でデビュー。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し.

次の