楽天カード 口コミ。 【口コミ】楽天カードの評判は?? 3年使ってわかったメリット9選とデメリット4選

楽天カードの評判が悪い理由はなぜ?強制解約された僕が本音を語る

楽天カード 口コミ

とにかく広告メールが多い コールセンターに全く繋がらない 強制解約させられた 勝手にリボ払いにされてしまい、 借金を作らされてしまった! などの理由が並んでいます。 特に「 強制解約」や「 勝手にリボ払いにされた」などは穏やかではないことで、これが本当であれば楽天カードの口コミの評判が悪いことも納得です。 それでは、楽天カードのこれらの評判が真実なのか?ここからはさらに詳しく調べていきましょう。 楽天カードがネットで嫌われてしまっている理由 楽天カードの噂の真偽の前に、なぜ楽天カードがネットで嫌われてしまっているのかを分析していきましょう。 まず、楽天カードの公式発表によると、 2016年現在での楽天カードの会員数は1200万人を突破したことが発表されています。 まさに 日本の人口の10人に1人、クレジットカードを作ることが出来る年代の方だけを考えると、さらに多くのシェアを誇っていることが分かります。 それでは、なぜこれほど楽天カードを支持する方が多いのか? 当然、楽天ポイントの還元などの、クレジットカードとしてのサービスも人気の理由になっているでしょう。 ですので、楽天カードの会員には他社で審査に落ちてしまった層の会員の方も多数居ると言うことが予想されます。 そのことから、次のような「楽天カードがネットで嫌われてしまっている理由」が予想されます。 楽天カードは本当に強制解約されるのか? 楽天カードが嫌われてしまう理由として挙げられている口コミとして、最もセンセーショナルな口コミと言えば 「強制解約される」と言う点。 調べてみると、確かに楽天カードは他社のクレジットカードと比べて強制解約されるケースは少なくない、と言うことです。 しかし、理由なく強制解約をされることは無く、楽天カードを強制解約されてしまうのには理由があります。 一括払いで買い物をしたつもりで支払いを続けていたのに、 勝手にリボ払いにされていた。 リボ払いにされていたことを気づかずに利用を続けていたので、気づいた頃にはカードの限度額がいっぱいになってしまった! と言うものです。 勝手にリボ払いにされた、と言う点を予想すると 「自動リボ払いサービス」が適用されているのだろうと考えられます。 しかし、楽天カードでは 勝手に自動リボ払いサービスに登録されることはありません。 ポイント還元サービスがウリの楽天カードでは「自動リボ払いサービス」に登録するとポイントプレゼント、と言ったキャンペーンも開催されることがあります。 恐らく、 キャンペーンにエントリーしたことを忘れてしまった方が「自動リボ払いサービス」に勝手に登録された、と勘違いをしてしまっているのではないでしょうか? そもそも、一括払いとリボ払いの金額の違いには気付いてもよさそうなものです。 請求書を確認すれば、支払い方法が一括になっているかリボ払いになっているかは一目でわかるようになっていますので、毎月の支出を知る為にも確認をするようにしても良いでしょう。 楽天カードの本当の口コミは? 以上のことから推測をすると、 楽天カードのバッドなイメージは「カードの利用の仕方に不適切な点があった方」の口コミ情報であることが予想されます。 匿名性の高いインターネットの口コミ情報サイトでは、言ってみれば好きなことを書き込むことが出来ます。 また、口コミ情報の中には、カードを実際に利用していない方が他の口コミで見かけた情報を口コミとして投稿しているケースもあります。 そうした 伝言ゲームのような状況の中で「カードの未払いで強制解約された」が「何もしていないのに強制解約された」と変化したことは想像できますね。 インターネットの口コミ情報と言うのは非常に便利なもので、特にクレジットカードを選択する際には非常に参考になるものです。 しかし、口コミ情報の内容の真偽については、信用できるものなのかを自分で判断して取捨選択する必要があるのですね。 本当はJCBと並び、信用されている楽天カード 楽天カードは 公益財団法人日本生産性本部の行う顧客満足度調査で、 10年間連続で顧客満足度ナンバーワンと言う実績を誇っています。 この数字は、楽天カードが展開されてから、ほぼ毎年連続で顧客満足度1位を獲得し続けてきた、と言うことを示しています。 また、他の民間のマーケティング会社の調査でも 「信頼できるクレジットカード」のアンケート結果で、楽天カードはJCBに並び信頼できるクレジットカードであると言う結果が出ています。 匿名のネットでのバッドなイメージの口コミ情報と、調査機関の調べた裏付けのある情報。 どちらを信じるのも、あなた次第です。 楽天カードの詳細 年会費 無料 ETC年会費 税別500円 ポイント還元率 1% 旅行保険 最高2000万円 国際ブランド VISA・MASTER・JCB 楽天グループのサービスで、大きなメリットを受けることが出来る「楽天カード」。 テレビCMでもおなじみの方も多いかも知れませんね。 楽天カードのメリットのひとつともなっているのが、入会でポイントをもらうことができるキャンペーンです。 現在ではカードの入会と、 1回以上のカード利用で5000円分のポイントがもらえるキャンペーンを開催中、お得にカードを作ることが出来ます。 当然キャンペーンだけでは無く、カード構成も年会費無料のカードとは思えないほど充実していることが人気の裏付けとなっています。 通常還元率1%のポイント還元率は、楽天市場や楽天ブックスと言った 楽天のサービスの利用では優遇され、2倍のポイント還元を受けることが出来ます。 それだけでは無く、最大2000万円までの旅行保険が付帯しているなど、顧客満足度1位も納得のカード構成となっているのです。 楽天カードと楽天ゴールドカード、作るならどっち? 楽天カードには、上位カードとして「 楽天ゴールドカード」が発行されています。 年会費2000円の格安ゴールドカードとしてラインナップされている楽天ゴールドカードは、他社のゴールドカードと比較しても「楽天の利用に特化したカード」となっています。 旅行保険は最大2000万円と少し物足りないものの、楽天のサービス利用でのポイント優遇や「 商品未着補償」などの インターネットサービス利用に嬉しい補償が充実しています。 それだけではなく、国内主要空港とハワイ・韓国の空港のラウンジの無料利用なども付帯しており、ゴールドカードとしてのサービスも用意されています。 20歳以上であれば作れるゴールドカードと言うことで、ヤングゴールドカードとしても人気の高いカードとなっているのです。 楽天カードと楽天ゴールドカードの最も大きな違いは、楽天のサービスを利用した際のポイント還元率の違いです。 特に大きな違いがあるのは「楽天市場」での利用に対するポイント還元。 楽天カードが通常の2倍・2%であるのに対し、 楽天ゴールドカードでは5倍・5%のポイント還元を受けることが可能です。 楽天ゴールドカードでは2000円の年会費が必要となっていますが、年間7万円弱の楽天市場の利用がある方なら楽天市場の利用だけで年会費をペイできることになります。 楽天市場だけではなく、楽天ポイント加盟店での利用などでも優遇がありますので、損益分岐点はさらに少なくなるでしょう。 本当は優秀な楽天カード その会員数の多さから、ネット上ではバッドな口コミ情報も散見出来る楽天カード。 しかし、ネットで見ることが出来る楽天カードのイメージには、真実ではない部分も多く見受けられます。 匿名性が高いネットの世界ですので、おもしろおかしく口コミを投稿している方も少なくは無いのですね。 ネット上では、楽天カードの悪い口コミも見ることが出来ますが、それ以上にやはり良い口コミも投稿されています。 どちらを信じるのか、は自分自身で判断をしていく必要があると言えるのですね。

次の

価格.com

楽天カード 口コミ

楽天カードを7年使って不満に感じたこと それでは早速、楽天カードを7年使い続けて不満に感じたことを挙げていきたいと思います。 オペレーターに繋がりにくいとか、そんな他の人が書いているようなことは書きません(笑) 一度も支払い遅延したことがなかったのに楽天カードを解約された 厳密にいうと、楽天カードを更新できませんでした。 有効期限日が近づくのに、全然カードが届かないな〜と思って問い合わせたら、更新時の審査で落ちていたようです。 僕が使っていたのは楽天銀行カードで、引越しをしたあと、楽天カードのマイページでは住所変更をしたものの、楽天銀行のマイページでは住所変更を忘れていました。 それで更新のカードは楽天銀行に登録されていた旧住所に届き、僕が住んでいないので楽天へ戻った。 楽天は住所更新をきちんとしていないので審査から落としたということです。 もっと悔しいのは、ETCカードの更新分は届いて、楽天市場では2年以上ずっとダイアモンド会員を継続しているっていう超優良顧客のはずなのに、更新分の審査落ちだということです。 あまりにも意味がわかりません。 わざと一度解約させてでも楽天ゴールドカードを僕に作らせたいのでしょうか?今まで楽天のサービスを総合的にふんだんに使ってきたのに、ちょっとひどいなと思います。 1ヶ月後、楽天では無い他のカードは転送されて自分の元へ届いた ちなみに僕が楽天カードの有効期限が切れた翌月は、別のオリコ系列のクレカの更新日でした。 このカードはあまり利用していなかったのですっかり頭から忘れ去られていたのですが、前の住所からしっかり転送されて自分の元へ届きました。 楽天カードが強制解約になった後で、他のカードが更新できたことからも、信用情報に何かあったわけではないようです。 とすると、やはり楽天カード住所変更をきちんとしていないと更新の審査に落ちるようです。 系列会社感の提携が多すぎてどこに連絡すればいいのかわかりにくい 僕が使っている楽天銀行カードは楽天カードと楽天銀行の両方を使えるカードです。 しかし、楽天カードと楽天銀行カードで受付が別で、対応をたらいまわしにされました(市役所か(笑))。 楽天銀行ほホームページで表示された連絡先に電話したら、 電話が行った先は楽天カードで、楽天銀行に電話して聞いてくれとか意味わかんないですよね(笑) 挙句には一度も滞納もせず、そもそも無職でも作れるカードのはずなのに、更新の審査でなぜか落とされたりと意味がわからないことが多々あります。 最近は楽天カードをメインにつかっていなかったので、被害は最小限におさまりました。 (と言っても、ETCカードが使えなくなったのは痛いです) ダイアモンド会員からも落とされた 僕は楽天市場のダイアモンド会員制度ができてからはずっとダイアモンド会員を保ち続けていました。 それぐらい楽天にとってもずっと優良顧客であったはずです。 しかし、楽天カードの登録住所の変更の届けを忘れていただで、連絡もよこさず、勝手に解約し、挙句ダイアモンド会員からも落とされました。 これは単純にショックです。 メッセージボックスに更新のお知らせも審査のことも何もない 楽天カードの管理画面であるe-naviにも、楽天銀行の管理画面でも、クレジットカードの更新のお知らせはどこにも見当たりません。 メールを見ても何もありません。 リボ払いにすればポイントたっぷりもらえますよという悪魔の誘いメールばっかりです。 なぜでしょう?更新に関することを一言でも話が欲しいところですが、何もないのは寂しいです。 楽天銀行のアカウントを見ても、メールを見ても外貨預金など楽天銀行の他のサービスの宣伝ばかりです。 決して楽天カードと楽天銀行で登録されている住所が違うから、確認してくださいなんていうことはきませんでした。 僕は楽天銀行のキャッシュカードと楽天カードを一つにまとめた楽天銀行カードがとても魅力的だと思って使っていたのですが・・・・・ 楽天銀行カードの審査に落ちてしまったようなので、仕方がありません。 新生銀行に乗り換えます(笑) 問い合わせをしたら楽天銀行と楽天カードをたらい回しにされた 先ほどたらい回しの話をしましたが、そのことについてもっと詳しくお話ししようと思います。 僕が検索して問い合わせをした順番はこうです。 【楽天カード 更新 届かない】で検索し、楽天銀行のHPのよくある質問のところから、楽天カードと楽天銀行両方の住所変更をする必要があることを知る。 楽天銀行の住所変更を行い、それで新しいカードが届くのかどうかわからないから、楽天銀行の管理画面に出ていた問い合わせページに電話する。 電話先はなぜか楽天カードのオペレーターで、「一度新しいカードを発行して郵送したが戻ってきたこと」を教えてもらい、楽天銀行の電話番号を教えるから詳しいことはそっちに聞いてくれと言われました。 その後楽天銀行に電話したら「更新で再審査をしたら落ちてしまったので、あなたのカードは有効期限まで使えて更新はされない」ということを伝えられました。 なんだそれ(笑) 楽天カードに聞いた時は、一回カードが戻ってきたとはっきり言われたのでそれは確かだと思うんですよ。 それで楽天銀行が審査落ちしたというので、それも事実だと思います。 すると、一度は審査が通ったけど、住所が変わって受け取れないならこいつは別に解約でもいいやと思われたということでしょう。 ここ最近は楽天カードでの支払いよりも、dカードGOLDの方をメインに使っていました。 楽天カードは限度額100万あったのに、ここ最近は月2万円も使えばいい方でした。 楽天に限らず、年会費無料系のクレジットカードは使ってくれない顧客は解約するという口コミもありましたし、これが原因なんでしょうか? 強制解約の後、楽天銀行のキャッシュカードを申し込んだら3週間かかる とりあえず楽天銀行からコンビにでお金を引き出せないと困ります。 楽天銀行とクレジットカード一体型のカードはカードの有効期限が切れたらカードも使えないとのこと。 仕方ないのでキャッシュカード単体を申し込みました。 すると、 届くまで3週間かかるということです・・・・・その期間どうやってお金おろせというんですか? 仕方ないので他の銀行に振り込んでおろすことにしますが、それでも1日のタイムタグはありますよね? 強制解約になったのは仕方がありませんが、カードが解約になったのなら即時にキャッシュカードが届くようなシステムにして欲しかったです。 リボ払いの勧誘メールはあくどい? 楽天カードからは何度目の迷惑メールかと言わんばかりに、リボ払いにすると2万ポイントプレゼントしますよ!というメールが届きます。 しかし、賢いあなたが知っての通り、リボ払いは破産への道の第一歩なので僕は絶対に使いません。 だから基本的に楽天カードから「2万ポイントプレゼント」というタイトルできたら、これはリボ払いだと即時に反応できるようになり、結果として完全にメールをスルー、または読まずにゴミ箱へ送るテクニックが身につきました。 しかし、何も知らずにリボ払いの手数料もよく考えずに申し込んでしまう人もいるはずです。 僕の彼女も危うく餌食になりかけたので全力で止めました。 アメリカではリボ払いが主流らしいですが、日本では一括が主流なのでリボよりもキャッシングに力を入れた方が良いんじゃないかと思うんですが、違うのでしょうか(笑) しかし、僕から言わせてみれば楽天カードはまだ良い方です。 リクルートカードプラスはダイレクトに電話をかけてリボ払いの勧誘をしてきました。 しかも 「初回手数料無料で、〇〇ポイントついて、期間限定の大変お得なキャンペーンです」みたいな言い方するんですよ! 「それ、初回手数料が無料なだけで2回目以降は手数料かかるから!なんで10万円のものを買ったのに、10万円以上払わなくちゃいけないんですか!こっちは節約のためにクレジットカード払いにしてるのに、なんでリボ払いで手数料払って総額で多く支払わなきゃいけないんですか。 こっちは別にお金に困っているわけじゃないんだから、しつこく何度も電話してこないで!!」 って言いたくなるぐらい、リクルートカードプラスを使っていた時は電話がしつこかったです(笑) しかも、電話だとその場で判断を迫られるあげく「初回手数料無料です」とか、「一定額以下の利用であれば問題ありませんよ」なんてそそのかされることがあるので要注意です。 挙句には「特別に選ばれた方だけにご案内していた大変お得なキャンペーン」なんて言って電話かけてくるからそっちの方が個人的にはあくどいと思います。 ということで、楽天カードのリボ払いの斡旋メールなんてぬるい方ですよ。 まだメールなだけ優しいです。 楽天カードを7年使い続けて良かったと思ったこと 楽天カードへの鬱憤・不満はこれぐらいにして、7年お世話になった楽天カードの良いところを挙げていきたいと思います。 7年も持ち続けてきたからには、やはり何かしらの理由がありました。 管理画面が見やすかった 楽天カードの管理画面のe-naviはめちゃめちゃ見やすくて使いやすかったです。 自分の利用した金額も、来月以降の請求の目安も、自分の利用限度額も1クリックすれば一目でわかります。 僕が持っているオリコやJCBよりもデザインにも凝っていて、WEBで明細を確認したくなる作りになっていました。 これはJCBの管理画面ですが、なんとなく楽天よりも寂しい感じがしませんか? 僕は楽天の方がパッと見たときのデザインが好きです。 ただ、それだけですが(笑) 新規入会でポイントがもらえるのが良かった 何と言っても楽天カードを作る理由といえば新規入会ポイントがもらえたことです。 もし楽天カードの新規入会特典が1000円分しかないのであれば違うカードを作っていたかもしれません。 7年前なので、何ポイントもらったかはあまり覚えていません。 多分8000ポイントだったと思います。 当時大学生だった僕はそのポイントで服を買って喜んでいました。 使いまくれば楽天ポイントがたまって嬉しかった 楽天カードは街のお店でも、携帯電話の支払いでもポイントが1%たまるので、一時はできるものは全て楽天カードで支払うようにしてとポイントを貯めていました。 その結果、旅行に行く時のホテルは楽天ポイントで支払えば無料になったので、とても嬉しかったです。 ポイントで泊まったホテルのバイキングはめちゃめちゃ美味しかったです(笑) ETCカードも無料で使えて良かったのに ETCカードは通常年会費が500円かかりますが、ダイアモンド会員は無料で使うことができます。 僕は楽天のダイアモンド会員の制度ができた時からずっとキープし続けていました。 それぐらいの優良顧客なはずなのに、楽天カードを解約されてしまってショックです。 サイドビジネスがあるので、これからはアメックスの法人カードを申し込んでETCカードはそれを使おうかと思っています。 今回の強制解約で学んだこと 実は僕がまさか楽天カードを強制解約させられるなんて思いもしなかったので、非常に困惑しています。 このようにブログにあったことをありのまま書くことによって、徐々に気持ちを落ち着かせています。 さて、今回の強制解約でいくつか学んだことがあるので、最後にそれをまとめておきます。 カードは複数持っておくべき クレジットカードを作りすぎると良くないと言われますが、逆に数種類は持っておくべきです。 今回の僕のように解約になって困らないようにするためにも、何枚か持っておいた方が良いです。 そして、1枚が年会費無料のカードだったら、もう1枚は年会費が有料のものを作っておくことをオススメします。 色々調べたところ、年会費無料系のカードは、利用が少ないと会社都合で勝手に解約させられるなんてこともあるようです。 僕は年会費がかかるクレジットカードを3枚持っていて、2枚は解約しようと思っていたのですが、怖くて解約できなくなってきました(笑) ETCカードも複数枚持っておくべき 先ほどクレジットカードを複数枚持っておくべきという話をしましたが、ETCも複数枚必要です。 僕のように強制解約になってしまって、ETCカードがなくなってしまったら困りますからね。 今までETCは別に1枚あればいいや、絶対使わないしと思っていましたが、やはり念のために2枚持っておくことをオススメします。 銀行とクレジットカードは別にすべき 僕は楽天カードとクレジットカードが1枚になっていることが便利だと思って楽天銀行カードを申し込みました。 しかし、今回楽天銀行の住所変更を怠っていたせいで解約されてしまっていた可能性もあります。 それだったら、本来は銀行のキャッシュカードとクレジットカードが一体になると非常に便利なんですが、頻繁に転勤して歩く方にとっては毎回毎回銀行の住所変更なんて面倒臭いでしょう(本当はやらなきゃいけませんが、ゆうちょの住所変更等も僕はやっていません) そんなズボラな人はとりあえず銀行口座とクレジットカードが一緒になっているものは作らず、別々にしておいた方が良さそうです。 楽天銀行はとりあえずキャッシュカードを新たに作る予定ですが、これから銀行は新生銀行をメインに使っていこうかとも考えています。 クレジットカードのことをもっと勉強しておくべきだった 僕は今まで、店員さんに勧められるがままにカードを作ったり、優待券がもらえるからとか、ポイントがもらえるからという理由だけでカードを作ってきました。 しかし、最近知ったのですが、アメックスゴールドにはお高いレストランのコースを2名分予約すると1名分無料になるサービスがあったりするなど、年会費がかかっても魅力的なサービスを多数展開しているところがありました。 JCBも最上級のブラックカードまでたどり着けばそのようなサービスがありました。 JCBにあればきっと三井住友VISAカードにもあるのでしょう。 そろそろそういう大人のカードが欲しいなと思う今日この頃です。 しかし、JCBでブラックカードまでたどり着くのは大変です今からJCB一般カードを作っても何年かかるかわかりません。 それよりかは申し込みだけで特典を受けられるアメックスゴールドを申し込んでETCカードを新たに手に入れようかなと思っています。 あなたも僕と同じ状況であるならば、せっかくのいい機会です。 ちょっと年会費高めだけど、背伸びをしてアメックスゴールドを作ってみませんか? 以下のリンクからのお申し込みで、最大で450万円分のお買い物をした時のポイントがもらえるキャンペーンがあります。 公式サイトから申し込むと、何一つ特典がないので、必ず以下のリンクから申し込むようにしましょう! いつのまにか限度額が減らされていました。 一度も延滞したことはないです。 頭にきたので電話しましたが、理由を聞いても自分ではわからない、というのでわかる人に代わってくれというと、折り返し電話しますとのこと。 数分後電話があり、定期的な審査の結果云々言い出したので、なぜなのか聞いても、お答えできませんの一点張り。 一度も延滞はしていないので、考えられることは収入の低さ。 私は低所得者なので、これ以上こいつにカードを使わせて、支払いが滞ったらマズイぞ、っていう判断でしょうかね。 それしか考えられないです。 そもそも、一度増額を申し込んで承認されてるんですがね…。 とにかく、らちがあかないので、うちが収入低いから下げたんでしょ、はっきり言いなさいよ!とまで言いましたが、お答えできませんのみ。 当分使えないので、もう使うのは諦めて電話を切りました。 支払いが終わっても、二度と使うつもりはないです。

次の

楽天ビジネスカードの口コミ&評判!審査に通りやすいって本当?限度額は?

楽天カード 口コミ

コマーシャルでもよく見るため、登録するだけで7000ポイントGETという時にカードを作りました。 登録も簡単で、年会費無料、カードもすぐ手元に届きました。 7000ポイントはそのまま楽天市場で7000円として買い物が出来るので非常にお得でした。 そして何より、楽天カードはポイント還元率が高い。 普通に買い物に使えば1%還元ですが楽天市場で楽天カード決済をすれば還元率は3パーセントとなり、更に楽天アプリやモバイルを使えば還元率は更にアップします。 その他にも加盟店でカードにポイントがつきます。 ミスタードーナツに行ったり、ガソリンを入れる時にも加盟店で入れたりすれば楽天ポイントをGETできちゃいます。 そこでカード払いにすれば二重でポイントがついて、普通に生活しているだけで知らぬうちに結構なポイントが貯まり、とても嬉しかったです。 今ではポイント貯まったかな?と確認するのが楽しみです。 楽天市場でよく買い物する!という方には必須のカードではないでしょうか。 申込時にポイントがもらえることを機にカードを作りました。 私は運転免許を持っていないので普段の生活では時々不便がありますが、身分証明書の準備も簡単でスムーズに加入することができました。 公共料金の支払いなどに利用していれば、自然と多くのポイントが貯まるので、それを使うためにネットショッピングの大半を楽天市場で行うことになりますが、お店が豊富なうえにポイント還元の条件も良いので助かります。 カード情報も連携されているので、端数をポイントで支払い、残りはカード払いという風にすると、数字が苦手な私ですが利用額の管理が簡単になりました。 還元率の良さはもちろんですが、カードを利用すると利用の速報メールが届くことも利用価値と言えると思います。 カードが手放せない生活ではあるものの悪用のリスクもはらんでいることを考えれば、安全が第一です。 速報で確認でき、明細もwebで簡単に確認できるので、クレジットカード利用の初心者の方も比較的安心して利用できると思います。

次の