ボストン クラム チャウダー。 ボストン名物「クラムチャウダー」のおすすめレストランを、現地滞在経験者がご紹介

ボストンの名物料理5選!お勧めグルメ旅

ボストン クラム チャウダー

あさりや魚介のうまみがたっぷり!寒い季節にぴったりのあったか~いスープといえば、クラムチャウダーです。 クラムチャウダーには、「ボストン」と「マンハッタン」アメリカにある地名がついた2種類があるということは知っていましたか?「ボストン」は東海岸に位置し、アメリカの起源ともいえる最も歴史の古い街で、ハーバード大学やMITなど、世界的に知られる大学がある学園都市です。 「マンハッタン」はご存知の通り、ニューヨークの中心部・高層ビルが立ち並ぶトレンド最先端のエリアです。 バターで野菜をじっくり炒め、ミルクが入った濃厚な白いクラムチャウダー「ボストン」。 そして、トマトピューレの酸味が爽やかなトマトベースの赤いクラムチャウダーが「マンハッタン」です。 それぞれ、各都市で親しまれている味を象徴しているようです。 トレンドファッションに身を包んだニューヨーカーが、レストランで赤いクラムチャウダーを味わっているイメージ、かたやアメリカを開拓したピューリタン達が港町の食堂で暖を取っているイメージ。 なんだかワクワクしてきます。 今週末の朝食は、あなた好みのクラムチャウダーを作ってみませんか? トロッとクリーミーなボストン風 クラムチャウダーといったらコレでしょ!まずは王道のボストン風をお試しあれ。 爽やかトマトベースのマンハッタン風 トマトの赤がビビッドでおしゃれ!ニューヨーカーの冬の味覚といえば、これです。 圧力鍋でカンタン!あのモスバーガーのクラムチャウダーを再現! 野菜が溶け込んだ深~い味わいが、なんと圧力鍋でスピーディーに。 お豆も入って、食べ応えアリ! トマトと筆頭に、沢山の野菜のビタミンがたっぷり摂れるまさに「食べる」スープです。 具だくさんがうれしい、時短調理のクラムチャウダー 炒めたベーコンのダシがきいているから、スピーディーでも満足な仕上がりです。 ハイブリッドなクラムチャウダーはいかが? トマトとクリーム、両方の味が一度に楽しめます。 分離しないように弱火で煮込むのがポイントです。

次の

ローソン「ボストンクラムチャウダー(298円) 」の人気・おすすめ度

ボストン クラム チャウダー

といっても、道なき道を進むような山奥や孤島、極地などの本格的な秘境への冒険はまた別の話。 連載「ちょっと冒険ひとり旅」は、飛行機やバスを乗り継いで比較的簡単に行ける、旅しがいのあるスポットをご紹介していきます。 バックナンバーは ボストンを拠点に東海岸を歩く 2016年秋、所用でニューヨークに行ったあと、数日間の休暇が残っていたのでひとりボストンに向かった。 お目当ては前に行ったとき食べ損ねた、ボストン名物クラムチャウダーである。 前回といっても10年以上前の話なのだが、その無念がいまだに忘れられないのだから、旅では「おいしそうなものはその場で食べ、欲しいものはその場で買う」が鉄則である。 さて、目的がクラムチャウダーだけだとすると、1時間もあれば用は済んでしまう。 これを機会にアメリカ東海岸を巡ってもいいのだが、今回はボストンに5日間滞在し、ここを拠点に周辺の町を歩くことにした。 狭いエリアを旅するときは、こんな風に1カ所に滞在し周辺の町を訪れるスタイルもおすすめだ。 拠点の町で暮らしているような気分も味わえるし、荷物は宿に置きっぱなしなので体力的にも楽。 宿によっては、連泊割引価格の設定もある。 ボストンにもある、チャイナタウン。 中国料理以外にも、アジア系エスニック料理の店が立ち並ぶ まずはボストンの街歩き。 見どころが多い素敵な町だが、なかでも気に入ったスポットを二つ、紹介しよう。 ボストン茶会事件を追体験 「もう我慢ならん! 我々は立ち上がるべきだ!」 「そうよ! 子どものミルク代も払えないのよ!」 18世紀の衣装に身を包んだガイドが、イギリスの圧政がいかに市民を苦しめているかを熱く語り、博物館の来館者たちは入場時に渡された羽根飾りを振り上げ、一斉に怒りの声を上げ(させられ)る。 「君はどう思うんだ? ジョン!」 名指しされた「ジョン」は立ち上がって、重税による生活の苦しさを訴える。 ちなみにこの「ジョン」も来館者。 「ジョン」というのは、入場時に羽根飾りと一緒に全員に手渡されるカードに書かれた名前だ。 実在の人物で、プロフィルも記されている。 私は「ウィリアム・ピアス」、1744年12月25日生まれ、マーシャル通りで床屋を営む男だ。 ガイドに名指しされた客は立ち上がって意見を言わないといけないので、英語に自信がない自分はドキドキである。 ガイドツアーに参加すると、まず全員が着席し、イギリスの非道を訴えるスピーチを聞き、自分たちも渡された名刺に従って役を演じることになる。 全員楽しそう 世界史の教科書に必ず出てくる「」。 1773年、イギリス政府に反発した市民が東インド会社の船に乗り込み茶箱を海に投げ込んだ、という事件だ。 この事件をきっかけにしたアメリカ独立への道のりを紹介するのが「ボストン茶会事件の船と博物館 Boston Tea Party Ships and Museum 」。 来館者はガイドツアーに参加し、時にはガイドが臨場感たっぷりに演じる再現ドラマの登場人物として、近代アメリカ史を追体験する。 クライマックスは、博物館に横付けされた船から茶箱を海に投げ込むアトラクションだ。 「イギリスをやっつけろー!」 ガイドにあおられながら茶箱を海に放り込むと、特にイギリスに恨みはないがなんだかスッキリ。 来館者もみんなノリノリで、さすがディズニーランド発祥の国、などと感心したくなる、愉快な体験型博物館だ。 クインシー・マーケットは、建物もアメリカ合衆国国定歴史建造物に指定されている 滞在中毎日のように通ったのが。 そもそも、ここのクラムチャウダーが食べたくてボストンにやって来たのだ。  1826年開業のこの古いマーケットは、ファッション、雑貨、土産物、レストランなど多様な店が集まり、周辺には野菜市場や露天商なども軒を連ねている。

次の

トリップアドバイザーに掲載された、ボストンで最高のクラムチャウダー: ボストン, マサチューセッツ州で人気のクラムチャウダーを探す

ボストン クラム チャウダー

日本でも身近な野菜の具だくさんスープ、クラムチャウダー。 二枚貝や玉ねぎ、じゃがいも、セロリなどの野菜を加えたクラムチャウダーはボストンの名物料理のひとつなのです。 その成り立ちやマンハッタンのクラムチャウダーとの違いなどをご紹介します。 まずはクラムチャウダーって? 1620年、メイフラワー号に乗ってきたイギリスの清教徒たちは、ボストン周辺の地域を「ニューイングランド」と名づけました。 清教徒たちが持ち込んだ野菜や現地の魚介類を使って作ったスープがクラムチャウダーです。 チャウダーの語源はフランス語で煮込みを意味するchaudiereという言葉から呼ばれるようになったと言われています。 基本はテイクアウトが中心でイートインの席は5席程度です。 美味しいと評判のクラムチャウダーパンはすごいボリュームなのでシェアするのがいいかも。 おつまみはボストンらしくシーフードを使ったもので、チャウダーは特にボリュームがあって人気です。 赤いクラムチャウダー?マンハッタンのクラムチャウダーとの違い よく見かけるクリームベースのクラムチャウダーは「ニューイングランドクラムチャウダーと呼ばれるスープで、ボストンクラムチャウダーとも呼ばれます。 それに対して、「マンハッタンクラムチャウダー」と呼ばれるマンハッタン風、あるいはニューヨーク風と呼ばれるクラムチャウダーはトマト入のスープです。 クラムチャウダーを食べながら、ボストンの歴史を感じよう アメリカで最も歴史のある街、ボストン。 クラムチャウダーにも清教徒が持ち込んだ野菜と現地の二枚貝を活用した、というアメリカの歴史がとけこんでいます。

次の