プライム会員 解約。 Amazonプライム無料体験の解約(会員資格を継続しません)を実際にやってみたぞ!

Amazonプライム会員の退会(解約)方法と返金の全手順

プライム会員 解約

アマゾンの有料会員サービスである「Amazonプライム」。 年額4900円の年間プランまたは月額500円の月間プランに加入すれば、ショッピングのお急ぎ便やプライム・ビデオ、Prime Musicなど、非常に多彩なプライム特典が利用できます。 しかし実際には、プライム特典をあまり利用しなかった、料金が割高に感じるといった理由で解約・退会を考えている人もいるでしょう。 そこで本記事では、Amazonプライム会員を解約・退会する方法を紹介。 いつ解約するのが有利なのか、解約時にどのくらい返金されるのか、といった疑問点も解決します。 さらに、Amazonプライムの無料体験期間中に解約した場合にはどうなるのかについても解説します。 次回更新日での解約• 即日解約 [(日付)特典と会員資格を終了](次回更新日での解約)を選んだ場合、次回更新のタイミングで自動的に解約となります。 [今すぐ解約する](即日解約)を選ぶと、その瞬間からプライム会員の特典を利用できなくなります。 解約時にいずれかを選択できる 「更新のタイミングまではAmazonプライムを使い続けたいけれど、それ以降は使いたくない」という人は、あらかじめ次回更新日での解約をしておくのがいいでしょう。 Amazonプライム解約時の返金 Amazonプライムの解約時には返金制度があります。 これは、Amazonプライムの特典をどれだけ利用したのかをAmazonのシステムで自動算出し、未使用分を返金するというものです。 Amazonプライムの利用規約より 1カ月間でまったくAmazonプライムの特典を利用していなければ全額が返金されるケースもありますし、たとえ1日でも特典の利用頻度が高ければ返金される金額が少なくなることも。 返金額は、あくまでもシステムが利用状況を自動で算出しており、利用日数による日割りではありません。 返金がある場合はクレジットカードに返金されます。 Amazonによる返金手続きは1〜3営業日ほどかかり、返金の期日はクレジットカード会社によって異なるようです。 なお、Amazonプライムには月額支払いと年額支払いがありますが、返金額の算出方法についてはどちらも同じです。 ちなみに、筆者が実際にAmazonプライムを解約してみたいところ、特典をまったく利用していなかったため、月額費用500円全額が返金されました。 結局、Amazonプライムはいつ解約すべき? 前述のとおり、Amazonプライムでは解約のタイミングが選択でき、利用状況に応じて返金制度があります。 これらを踏まえると、結局いつ解約するのがよいでしょうか。 ほとんどAmazonプライム特典を利用しておらず、これからも利用するつもりはない」という人は、即時解約しても問題なさそうです。 そのタイミングで解約してしまって、返金額を確保したほうが有利といえるでしょう。 反対に、 これまでそれなりにAmazonプライム特典を利用してきたという人は、次回更新日での解約のほうがベターかもしれません。 利用頻度が高いとそもそも返金額が期待できないため、契約期間ギリギリまでAmazonプライム特典を享受したほうが得策と考えられます(もちろん、特典利用でさらに返金額が減るリスクもありますが)。 Amazonプライムを解約する方法 Amazonプライム会員を解約する方法は、いくつかあります。 いずれの方法でも、即日解約するか次回更新日に解約するかを選択できます。 Amazonアプリから解約する手順 Amazonアカウントでログインした上で、トップ画面左上のメニューボタン[ ]をタップし、メニューから[アカウントサービス]を選択します。 「アカウント設定」から[プライム会員の設定・変更]を選択。 次のページで「プライム会員情報の管理」の[会員資格を終了する(特典を終了)]をタップしてください。 解約の画面で[特典と会員資格を終了]をタップし、次のページで[会員資格を終了する]をタップします。 まだ解約は完了していません。 最後のページで、次回更新日での解約か即日解約かを選択できる [(日付)特典と会員資格を終了]を選択すればその日付までAmazonプライムの利用が可能で、[今すぐ解約する]を選択すれば即時解約となります。 このいずれかを選択すると、解約手続きは完了となります。 PC(パソコン)でWebページから解約する手順 Amazonアカウントでログインした上で、トップ画面左上にある[ ]をクリックし、メニューから[アカウントサービス]を選択します。 メニューから[プライム]をクリックします。 「Amazonプライム会員情報」ページの左側にある「プライム会員情報の管理」から[会員資格を終了する(特典を終了)]をクリックしてください。 まだ解約は完了していません。 最後のページで、次回更新日での解約か即日解約かを選択できる 最後のページで[(日付)特典と会員資格を終了]を選択すればその日付で解約となり、[今すぐ解約する]を選択すれば即時解約となります。 いずれかを選択すれば解約完了です。 電話で解約する手順(カスタマーセンターから掛けてもらう) Amazonプライムは電話で解約することもできます。 カスタマーサービスの電話番号は以下の2つです。 0120-999-373(自動音声システム)• 011-330-3000(フリーダイヤルが繋がらない場合) またアプリを利用して、Amazonのカスタマーサービスから電話をかけてきてもらうことも可能です。 電話番号を入力し、[今すぐ電話がほしい]をタップするとカスタマーセンターから電話がかかってきます。 オペレーターに解約の旨を伝え、手続きをおこないましょう。 Amazonプライムの無料体験期間でも解約できる Amazonプライムには、新規加入すると30日間の無料体験を利用できます。 30日間は有料会員と同じく、お急ぎ便やプライムビデオなどの特典が無料で利用できるというものです。 無料体験期間中だけAmazonプライムを利用したい、解約を忘れて課金されてしまうのが心配といった人は、あらかじめ有料会員に自動更新されないよう設定しておくのがおすすめです。 有料会員に自動更新されないようにする設定は、有料会員が解約するときと同様の手順で進めます。 スマホアプリの場合 PCサイトの場合 解約手続きのページで[(日付)特典と会員資格を終了]をタップすれば、その日付で自動的に無料体験期間が解約となり、有料会員に移行することはありません。

次の

amazonのプライム会員、勝手に会員?年会費の請求、解約方法と返金方法は?

プライム会員 解約

Contents• Amazonプライム年会費の返金条件 Amazonプライム年会費はいつ請求されるのか、請求・引き落とし後の返金が可能なのかについて解説します。 無料期間中に解約すれば引き落としされない Amazonプライムには、30日間の無料体験期間があります。 無料期間中に解約を行えば、引き落とし自体がされないので、1円も払うことなくプライム会員を終了することができます。 ただし、Amazonプライムの無料体験は、終了後に自動で有料会員に移行するように設定されているため、うっかり日付を超えてしまわないように注意しましょう。 プライム会費引き落とし後、特典を利用していなければ全額返金 ・無料体験終了後に、自動的に有料会員になってしまった ・解約を忘れていて、さらに1年延長されてしまった という場合でも、会員更新日を過ぎてから一度もプライム会員特典を利用していなければ全額返金が可能です。 ここでいうプライム会員特典とは、単純な配送サービスだけではなく、primevideoなどの特典すべてを指します。 《プライム会員特典》 ・お急ぎ便・日時指定便 ・Prime Video ・Prime Music ・Prime Reading ・Twitch Prime ・Amazon Photos 単純に放置していたがために期限を過ぎてしまったという人には有り難いフォロー制度です。 プライム会費引き落とし後、特典を利用した場合は状況次第での返金 プライム会費の引き落としが済み、特典も利用している場合には全額返金の対象にはなりません。 利用状況に応じて、返金される場合もあれば返金がない場合もあります。 Amazonのヘルプページには「 Amazonプライムの特典をご利用いただいた場合は、利用状況に応じて一部返金を承る場合があります。 」との記載があり、返金される場合でも単純な日割り計算では返金されません。 返金の対象かどうかは、アカウントサービスの「プライム会員情報」から「プライム会員資格を終了し、特典の利用を止める」を選択すると確認できます。 返金対象の場合は、返金金額が記載されているので確認しましょう。 不安な場合は、カスタマーサービスに問い合わせることでも確認できます。 Amazonプライムの会員資格を終了&返金の手順 ここでは、Amazonプライム会員を解約する方法と返金がどのようにして行われるのかを解説します。 Amazonプライム会費の返金について Amazonプライムの特典を利用していない場合、Amazonプライムの会員資格を終了した際に、会費が全額返金されます。 返金方法は、設定した会費の支払い方法と同様の手段で行われ、現金による返金制度はありません。 クレジットカード払いであればクレジット会社への返金、Amazonギフト券であればギフト券残高に返金されるというシステムです。 会員資格のキャンセル日から、実際の返金までは数日間かかることがあります。 不安な場合はカスタマーサービスに問い合わせを行いましょう。 無料体験期間や有料会員の更新日がわからない場合は、アカウントサービスの中の「プライム」を選択することで確認できます。 特に返金の手続きは必要ないので、Amazon側の処理が終わるのを待ちましょう。 Amazonプライム年会費の返金システムと注意点 ここでは、Amazonプライム年会費の返金システムと、Amazonプライムに申し込むときに注意するべき点をお伝えします。 Amazonプライム会費の返金タイミング Amazonプライムを解約すると、自動的にAmazonから返金処理が行われますが、解約直後に返金されるわけではありません。 Amazon側で処理され次第の返金となるので、数日待ってみましょう。 また、返金は、クレジットカード払いの場合クレジット会社に、Amazonギフト券支払いの場合Amazonギフト券残高に返金されます。 クレジットカードへの反映スピードはカード会社によって異なるので、不安な場合はクレジットカード会社に問い合わせてみましょう。 年会費の日割り返金は不可能 Amazonプライム会員費は、特典を使用していない場合全額返金、特典を使用している場合Amazonの基準によって返金額が決定します。 単純な日割り計算ではなく、 どれだけ特典を利用したかが判断基準です。 明確な基準は公表されていませんが、有料会員になってから1ヶ月しか経っていなかったとしても、特典を使い込んでいれば一切返金されないこともあります。 返金の対象になっているかどうかは、アカウントサービスの「プライム」もしくはカスタマーサービスへの問い合わせで確認することができます。 返金されないのであれば、 下手に解約するよりも、次の会員更新日まで特典を使い切ってしまったほうがお得です。 また、今現在返金額があったとして、契約満了日まで解約を行わなければ当然返金はありません。 年会費よりも特典の利用金額が下回った場合も、差額分の返金はされませんので注意しましょう。 無料期間終了時は自動的に有料会員へ移行 Amazonプライム会費で注意しなければいけないことは、 無料期間終了後や会員更新日を過ぎると、自動で継続されるシステムになっていることです。 有料会員なるつもりはない、もしくは継続するつもりはないけど、更新日までは特典を使いたいという人は、メール通知をオンにしておきましょう。 もう一切使う予定がない人は、解約をしてしまっても構いません。 有料会員になっていることに気づかないのが一番問題 Amazonでは、自分からプライム会員のページに行かずとも、注文画面で簡単に無料登録ができてしまいます。 便利な半面、サービスに申し込んだという記憶がないまま登録、自動的に有料会員になり会費が引き落とされてしまったという事態になりやすいともいえます。 プライム会員になっているかどうかは、Amazonアカウントにログインすれば簡単に確認できますので、一度見てみると良いでしょう。 そして、継続しない意思があるのなら、更新日3日前のメール通知をオンにするか今すぐ解約処理をするかして対応して下さい。 ただ、自動更新に気づかずに放置していて会員特典を一切使っていなかった場合、会費の引き落とし後でも全額返金が可能です。 いくら返金されるか不安な場合は、Amazonカスタマーサービスに確認してみてください。 有料会員移行後に特典を使ってしまうと、全額返金の対象外になってしまうので注意しましょう。 Amazonプライム無料体験に申し込んだら確認すること ここでは、Amazonプライムの無料体験に申し込んだ際に、理解しておくべき2つの事柄について紹介します。 無料体験期間の把握 Amazonプライムの無料体験は2種類存在します。 一般会員が登録できるAmazonプライム: 30日間の無料体験 大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生のみが登録できるAmazonプライムstudent: 6ヶ月間の無料体験 自分がどちらのプランに申し込んだのか・体験期間はいつまでなのかを把握しておきましょう。 無料体験の終了方法を把握 《更新日3日前にメール通知が来るように設定》 (1)Amazonアカウントにログインし、「アカウントサービス」の中の「プライム」を選択 (2)プライム会員情報をクリックし、「更新前にお知らせを受け取る」にチェックを入れる 《無料体験の終了方法》 (1)Amazonアカウントにログインし、「アカウントサービス」の中の「プライム」を選択 (2)プライム会員情報をクリックし、「プライム会員資格を終了し、特典の利用を止める」を選択 (3)「特典と会員資格を終了する」を選択 Amazonプライム年会費の返金と無料体験について ここでは、Amazonプライム特典を利用したあとの解約・返金について解説します。 年会費の返金額はAmazonの采配で決められている 有料会員移行後や更新日経過後に、Amazonプライム特典を利用していた場合、全額返金は望めません。 また、一部返金される場合であっても、金額は単純な日割り計算ではなく、利用状況によってAmazon側が判断した金額で返金されます。 返金の表記がなく、対象外なのか対象内なのか不安になったら、Amazonカスタマーサービスに連絡することでも教えてもらえます。 電話で問い合わせるほか、メールやチャットでも聞くことができるので、好きな方法で尋ねてみましょう。 現金での返金には対応していない Amazonプライム年会費の返金は、クレジットカードもしくはAmazonギフト券残高へ行われます。 支払い方法に使われた方法が適用されると考えてください。 ただし、Amazon側の処理には時間がかかる場合があるので、数日待ってみると良いでしょう。 また、クレジットカードへの返金においては、クレジットカード会社によって1~2ヶ月のタイムラグが発生する場合があります。 Amazonに問い合わせて返金処理が終わっていると言われたのに、クレジットカード会社からの入金が確認できない場合、クレジットカード会社に問い合わせをおこなうようにしましょう。 無料体験を再度受けることも可能 Amazonでは、明確に期間を定めてはいないものの、 一定期間を開けることによって再度無料体験を受けることが可能です。 利用状況や、Amazon側が新規に会員を募りたいタイミングなどによって期間は変わるようですが、何度も無料体験をさせてくれる会社は少ないため、かなりありがたい仕様です。 アカウントにログインした際に「30日間無料体験に申し込む」という表示が出れば、無料体験ができます。 流石に無料体験後すぐに2回目を申し込むことはできませんが、有料会員になる決め手に欠けたらひとまず保留で次の機会を待つもの手でしょう。 無料体験申込み後、即利用終了すれば自動継続されない Amazonプライムの怖いところは、無料体験を申し込んだ後通常通り使っていると、自動的に有料会員へ移行されてしまうことです。 無料期間だけでやめようと思っていたのに、引き落としが済んでしまったという事態にならないために、自動継続の解除を行いましょう。 なお、以前まではこの作業の際に「自動移行しない」という文言が出てきたのですが、今はそういった表記がなく、少々わかりづらくなっています。 以下に手順を記載しますので参考にしてください。 しかし、会員資格を終了しても、無料体験期間である30日間は特典を利用することができ、なおかつ体験期間を過ぎても年会費が請求されることはありません。 この設定をおこなうと、Amazonに登録しているメールアドレスに「Amazonプライム自動更新の解除」というメールが送られてくるので、確認しましょう。 無料体験終了後に再度プライム会員になる方法 無料体験期間中に会員資格の解除をしたものの、やっぱり有料会員になってプライム特典を利用したいと思ったときの対処法を解説します。 「プライム会員情報の管理」からワンクリックで申し込み終了 (1)Amazonアカウントにログインし、「アカウントサービス」を選択 (2)「プライム会員情報」をクリックし、「会員資格を継続する」を選択 まとめ 通常、会員費というのは、引き落としが済んでしまったら理由に関係なく返ってこないものです。 しかし、Amazonの顧客第一精神は素晴らしく、 有料会員に移行してから特典の利用がない場合は、全額返金が可能です。 「更新日を忘れていて引き落とされてしまった、もったいないことをした……」と思っている人は、すぐに会員登録を解除して返金を受けましょう。 無料講座|アクシグ式 最新情報 資金ゼロでネット物販を成功させる全手法 物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか? 本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、• 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法• Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法• 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法• 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法• 無在庫ストアで月商1億を超えた方法• 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法• アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法• 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法 などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。 あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

次の

【2020年最新】Amazonプライム会員の特典・年会費を無料にする方法・解約返金まとめ

プライム会員 解約

最近Amazonを使わなくなったなぁ、そういえばプライム会員だったかも… 昔はよく利用してたけど、いつの間にかAmazonをすっかり使わなくなったという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか? Amazonのプライムサービスには 月額400円、もしくは 年会費3900円の プライム会員費が発生しています。 もちろんプライムサービスを頻繁に利用している方なら会員費を払うのに十分な価値のあるサービスではありますが、以前はそうだったけど最近はあんまり使ってないという方にはあまり有意義とは言えない出費です。 不必要な有料サービスは解約してしまった方が経済的でしょう。 解約とか退会とか手続きがいろいろ面倒くさそう…と思うかもしれませんが プライム会員の解約はAmazonのサイトから簡単に手続きできます。 今回の記事はAmazonプライムの解約方法についての説明です。 コンテンツ• amzonプライム解約はたった6クリックで出来る それでは早速、 Amazonの公式サイトからプライム会員を解約する方法を画像付きで説明していきましょう。 最後に会員期間終了まで利用するか、今すぐ解約して会費の返却を受けるかも選べるようになっているので利用状況に応じた方を選択すると良いでしょう。 解約手続きからサービス停止までの期間 1章では解約手続きの具体的な方法を説明してきました。 では、 実際に解約手続きをしてから、プライムサービスを利用できなくなるまではどれくらいの期間があるのか? この章ではサービスが利用できなくなるまでの期間について説明していきます。 解約手続きの最終段階で以下の 2つの選択肢がでてきます。 今すぐ解約する この2択どちらを選んでも解約手続き完了となりますが、実はこの 選択によってこれ以降のプライムサービスの 利用可能期間が変わってくるのです。 ちなみに、プライム会員期間に「お急ぎ便」や「日時指定配送」をたくさん利用していると「今すぐ解約する」の選択肢がなく、期間終了までサービスを受ける一択になることもあるようです。 また解約手続きを済ませてサービス終了期限が来るまでに、プライムサービスの利用を継続したいと心変わりした時は会員情報のページから「 会員資格を継続する」という項目ができているのでそこから簡単にプライム会員に復帰できます。 今すぐ解約すると年会費の返金がある 「 今すぐ解約する」を選択すると、文言通り その場でプライムサービスが終了します。 プライムサービスを全然使ってないという人はこちらを選択しましょう。 なぜなら、こちらを選択すれば残りの プライム会員期間に対しての年会費が日割り計算で返金されるのです! 返金金額は「今すぐ解約する」ボタンの左側で予め案内されています。 返金先は指定できず、元々のプライム会員費を払った支払い方法に返金されるのでこの点は注意しましょう。 無料体験は体験期間を過ぎると自動で有料会員になる Amazonプライムは1回に限りプライムサービスを1ヶ月間無料で利用することができます。 通常のプライムサービスと全く同じ内容を無料体験することができるお得なサービスではありますが、 利用するには一点注意が必要です。 この無料体験期間を過ぎると 自動的に有料のプライム会員に切り替わるのです。 これが原因で知らず知らずのうちに会員費を払っているという方も結構いるのではないでしょうか。 無料体験の利用は大いに結構ですが会費を払うつもりがない方は解約も忘れないようにしましょう。 逆に、無料期間利用をしてみてこれからも継続して利用したい、という方は何もしなくてもそのまま利用し続けることができるので楽チンですね。 無料体験期間は解約してもプライムサービスを利用できる お金を払ってまでプライムサービスを受けるつもりはないけど、無料期間だけちょっと利用してみようかな〜 こういう方もいらっしゃるのではないでしょうか? もちろんそういった利用の仕方もできますが解約を忘れていて自分でも気付かないうちに有料会員に…なんてことも大いに起こりえます。 そうなるのを防ぐために、 最初から無料期間のみの利用と決めている方は無料体験の申し込み後すぐに解約してしまいましょう。 実は、無料体験期間中はたとえ解約したとしてもプライムサービスを利用し続けることができるのです! 無料期間なのだから1ヶ月くらいは好きに使ってください、というAmazonの太っ腹ぶりが伺えますね。 無料体験中の解約も1章で紹介している方法と同じ手続きなので 解約を忘れてそのまま ウッカリ有料会員になってしまうのが嫌な方は早めに解約まで済ませてしましょう。 プライムサービスを利用していなければ 後から解約しても返金がある 無料体験を申し込んでいたけどすっかり忘れて有料会員になってしまった方や、昔はプライムサービスをよく使っていたけどここ数年は全く利用してないのにプライム会員のままという方は是非この章をよんでいただきたいです。 Amazon公式サイトのヘルプでこの文章を見つけました。 有料のプライム会員になってしまっていてもプライムサービスの利用さえしていなければ会費は返金されるのです! 全く使っていなかったという方は後からでも間に合うので解約して返金してもらいましょう。 プライム会員費の返金方法 返金は プライム会員費の支払い方法に直接行われます。 例えば、会員費をクレジットカードで支払っていた場合はそのクレジットカードに返金されることになります。 また、 解約手続き=返金申請となりますので、解約手続きをしてしまえばあとは返金を受けるためにすることは何もありません。 会費返金がある場合は解約の操作をして、後は待つだけで大丈夫なのです。 再度プライム会員になるのはとっても簡単 解約後に気分や都合が変わって再度プライム会員になりたい場合は解約よりもさらに 簡単にプライム会員に復帰することができます。 解約時と同様にアカウントサービスの 「 プライム」から入ります。 そして画面左側にある 「 会員資格を継続する」をクリック、たったこれだけで再度プライム会員になることができます。 まとめ 今回はAmazonプライムの解約方法について解説してきまでした。 アマゾンプライムの解約は 6クリックで簡単にできる• 解約すれば既に支払い済みの年会費も日割り計算で帰ってくる• 無料体験は解約しても期限まで利用出来る• プライムサービスを利用していなければ解約時に年会費の返金がある いかがだったでしょうか?Amazon プライムは 会費の割にかなり充実したサービスだとは思いますが 利用しないのであれば解約した方が良いですし、再度プライム会員になるのもとても簡単です。 解約を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

次の