足利フラワーパーク イルミ 渋滞。 足利フラワーパーク・イルミネーション2019の期間や時間・混雑予想!

あしかがフラワーパークイルミネーション2019年の混雑状況は?駐車場や周辺施設はあるのか

足利フラワーパーク イルミ 渋滞

日本三大イルミネーションの一つ、あしかがフラワーパークの「光の花の庭」。 入場者数50万人を突破すれば上々という植物園業界において、あしかがフラワーパーク が150万人もの入場者数を誇るのにはここでしか見ることのできないイルミネーション が理由の一つでしょう。 (当然、イルミネーションだけが理由ではないですよ^^) まだ、行ったことのない方、行こうかどうか悩んでいる方、 間違いなく一見の価値はありますよ。 今やイルミネーションでは全国的に有名なあしかがフラワーパーク、 当然広大な駐車場が用意してあります。 基本的には大型バス40台、普通車300台が入る駐車場がメインゲート付近の 正門駐車場がありますが、イベント開催期間中の混雑時は道にズラ~っと車が並んで渋滞し てしまうので、西口ゲート前の駐車場や臨時駐車場が開放されます。 その数なんと6000台、しかも無料です! (ちなみにあのUSJですら駐車場5000台なのですからかなりの広さですね^^) その上、 民間の方が空き地を利用して有料駐車場として開放される場所もあります。 そのような民間の有料駐車場は大体が一日500円の所が多く、駐車場内で売っているお花を 買うとタダになる場所もあります。 赤線枠が無料駐車場 黒線枠が有料駐車場 それでは、どこの駐車場がおすすめかというと 西口ゲート前の駐車場です。 本来は正門駐車場がいいのですが、近年遠方からのバスツアーなどの観光客も増加した為 日によっては正門駐車場が観光バス専用になり普通車が入れないことがあります。 そういうことで 基本的には誘導員の方たちがいますので、その指示に従って駐車して頂くの が無難でしょう。 タイミングが悪いと広大な駐車場の外れの方に案内される事があり、 ゲートまで10分以上歩く事がありますが、 「停められただけマシ!」 と考えたほうがいいです。 民間の有料駐車場についてはその時の渋滞の状態で判断した方がいいです。 本当に混雑するときは渋滞もかなりひどいので悩むくらいだったら……… 私でしたら停めちゃいます^^ あしかがフラワーパークのイルミネーション混雑状況を紹介! まずあしかがフラワーパークのイルミネーションについての 基本情報について紹介します。 スポンサーリンク 閉演時間になっても並んでいた車が駐車場に入ることができずに、園の配慮で閉演を1時間 遅らせた時もあったとか……… 当然ながら22時過ぎても付近は渋滞だったそうです。 また通常の混雑時でさえ車を駐車場に入れるのに時間がかかり、 普通なら5分もあれば到着する1キロほどの道のりを1時間かけて 進まなければならないこともあります。 混雑を逃れたいのでしたら10月・2月がおすすめ イルミネーションの開催直後の10月と終了間際の2月は比較的すいています。 人混みや渋滞がどうしても嫌だと言う方はここを目指して行くのがいいでしょう。 11月と1月は平日が狙い目?土・日・祝日は早めに出発を! この時期ですと時間帯によっては平日でもやや混み合う事もあります。 できれば18時前後はやめた方がいいかもしれません。 土・日・祝日は夜の部の開演の15:30に合わせて行かれた方がいいでしょう。 ライトアップはまだですが入園の最大の難関である駐車だけでも できていればとりあえず一安心です^^ 12月は更に早い行動を!ピーク時は覚悟が必要です。 12月は平日でも開演前の15時からやや混み合い、18時くらいにはかなりの 混雑が予想されます。 そんな方は混雑、渋滞を覚悟して上で尚且つより早めの到着を心掛けましょう。 補足情報 ・6000台以上の駐車場ということは当然 帰りも渋滞があります。 その後に予定がある方は帰宅時間を計算して行動した方がいいです。 ・園内は結構広いです。 駐車場の渋滞さえ抜ければ園内は比較的ゆっくり見れます。 ただ食事処は時間帯にもよりますがかなり混んでました。 1時間だと本当に観賞だけで、撮影や食事している時間なんてなくなります。 ・まわりに山くらいしかないせいか かなり寒いです>< ゆっくり2時間以上かけて回りたいのでしたら、かなり厚着したほうがいいですよ。 ・ 園内は禁煙です。 いちおう園外に喫煙所があるので愛煙家の方は入園の前に一服を! あしかがフラワーパークのイルミネーション抜け道ってあるの? 結論から言いますと抜け道はあてにしないほうがいいです。 混雑時には抜け道すら渋滞しかえって時間が掛かってしまうことも……… あえて言えば、佐野藤岡インターでは近隣の佐野プレミアムアウトレットへ向かう 観光客とバッティングし、大渋滞になることがあるので、佐野藤岡インターは使わずに 手前(東京寄り)の館林(たてばやし)インターを使うといいでしょう。 そして、抜け道らしい抜け道と言うならば、あしかがフラワーパークに向かう車は フラワーパークの南側にある国道128号線を使って公園内に入ろうとする車が多いので 国道128号線は使用せずに北側の国道67号線(旧50号とも呼ばれます)を通って 公園内に向かうルートがあります。 要は混み合う南側のルートを避けて北側からまわって入るというものです。 ただ、こちらのルートは混雑時には交通規制がはいり、フラワーパークに抜ける道へ 入れないことがあります。 もしこのルートを使われる時は必ずを確認してください。 では、どうしても渋滞を回避することはできないのかというと、 ちょっとした裏技があります。 それが 電車を使う方法です! なんと2018年4月に新駅 「あしかがフラワーパーク駅」が開業したのです。 それまでは最寄りの駅が「富田駅」でかなりの距離を歩かなければならなかったのですが 新駅ができたおかげで徒歩3分で着くようになりました。 ですので、近隣の駅の使くに車を停めてそこから電車を使って来るということが 大分気軽にできるようになったのです。 たとえば隣の「足利駅」でも駅の近くに1日200円の駐車場や、ちょっと離れれば無料駐車場 もあります。 電車代が掛かってしまいますがピーク時の渋滞が予想される時間に行きたい時などは この手段も検討してみてはいかがですか。 まとめ 基本的に混雑を避けたいのでしたら早い時間に行く、これに限ると思います。 実際に混んでるかどうかは行ってみないと分からないですからね。 当日の時間や天気、タイミングで週末でもすんなり入れる時もあれば、 テレビで特集など放映された直後などは平日でも混雑する日もあります。 ただ変に分からない道を抜け道だと思って、冒険するのはやめた方がいいです。 その道が地元の住民の生活道路でしたら迷惑かかってしまいますからね。 路上駐車など言語道断ですよ^^.

次の

【2020年最新】あしかがフラワーパークの渋滞や駐車場の混雑を回避する方法

足利フラワーパーク イルミ 渋滞

規模は関東でも最大級となります。 イルミネーションで使う電球球は 450万球なんですよ。 都内で有名な六本木ヒルズでも120万球、丸の内で103万球、表参道でも50万球ですので、その規模の大きさがわかりますよね。 ここでは、 足利フラワーパークイルミネーションの開催期間や点灯時間、そのほか見どころからシーズン中の混雑状況までを大特集。 混雑を避ける3つのポイントもあわせてお伝えしていくので、ぜひ参考にしてくださいね。 それでは、早速みていきましょう。 足利フラワーパークのイルミネーション開催期間と点灯時間 足利フラワーパークのイルミネーションは、毎年10月から開催されます。 関東の他のイルミネーションスポットの中でも、一足先の10月から開催されるのは、嬉しいですよね。 10月はまだまだ暖かい日もあるので、イルミネーションを見るにも最高の季節ですよ。 2018年の開催期間は… 10月27日(土)〜19年2月5日(火) 点灯時間は… 16:30〜21:00 点灯時間は、天気や日没等により多少前後します。 また、土日、祝日は点灯時間が21:30まで延長されるので、思う存分イルミネーションを楽しめますよ。 10月からイルミネーションが楽しめるのはいいですよ。 真冬ほどの冷え込みがないので、ちょっとした防寒具を着ていけばOKです。 足利フラワーパークの見どころ 毎年スケールアップしている足利フラワーパークのイルミネーション。 2017年開催時の動画を見つけましたので、まずはご覧ください。 2018年は450万球に増量しているので、より幻想的な空間が広がっていますよ。 ローズガーデンではきらめくバラが広がり、特大ツリーや光で描いた絵のようなイルミネーションが目に飛び込んできますよ。 足利フラワーパークは開催時期を3つに分けており、それぞれ別のテーマで花や一部のイルミネーションを変更するため、時期をずらすリピーターが多いのも特徴です。 1シーズンで3回楽しめるので、時期ずらして行ってみるのもいいですよ。 夜景鑑賞士が 2014年のイルミネーション全国1位に選んだのもわかります。 ぜひ今年は足を運んでみましょう。 足利フラワーパークイルミの入園料金 足利フラワーパークイルミネーションの入場料金は… 大人 900円(中学生以上) 小人 500円(4歳〜小学生) 入園料金は良心的な金額になっていますね。 都内のスポットでは1000円以上するイルミネーションスポットも多いですからね。 足利フラワーパークの駐車場料金 足利フラワーパークの駐車場料金は 無料です。 イルミネーションシーズンには、臨時駐車場もありますよ。 足利フラワーパーク行かれた方はわかると思いますが、この臨時駐車場、パークまで相当歩くんですよね。 歩いて10分以上はかかります。 近くに駐車したい場合は、早めに来園するのがポイントです。 ちなみに、イルミネーションシーズンは周辺道路は大渋滞です。 曜日や時間を選ばないと大変なことになるので注意しましょう。 さいごに、混雑を避けるポイントもお伝えするので、ぜひ参考にしてくださいね。 足利フラワーパークへのアクセス 足利フラワーパークへのアクセスは、車の方が便利ですよ。 最寄りの高速IC4つから20分以内なので、どの方面から来られてもアクセスは便利です。 首都圏からも近いので、車でのアクセスは便利ですよ。 電車でアクセス JR両毛線あしかがフラワーパーク駅より徒歩3分 以前は富田駅から徒歩13分でしたが、あしかがフラワーパーク駅ができたおかげで徒歩3分で着けるようになりました。 イルミネーションシーズンは大渋滞が発生するので、実は電車での断然アクセスがおすすめです。 最寄り駅のあしかがフラワーパーク駅から1〜2駅離れた場所に駐車して、電車でアクセスした方が渋滞は避けられます。 シーズン中の渋滞は想像以上ですので、電車でのアクセスを検討してもいいですね。 足利フラワーパークイルミネーションの混雑回避3つのポイント 足利フラワーパークのイルミネーションは、全国各地からのツアーが組まれるぐらいの人気を誇ります。 特に12月のクリスマスシーズンの混雑は半端ないです。 入場までに長蛇の列ができていることも。 さいごに、足利フラワーパークイルミネーションの混雑回避3つのポイントをお伝えしていきます。 シーズン中の混雑は想像以上ですので、ぜひ参考にしてくださいね。 ポイント1 土曜日の来園は避けましょう イルミネーションのピークは12月のクリスマス前後ですが、開催期間中の週末、土曜日の混雑も半端ないです。 金曜日、日曜日も混雑しますが、土曜日の混雑はダントツです。 土曜日にどうしても行きたい場合は、12月は避けましょう。 10月から2月まで開催されているので、できれば10月から11月中旬、年が明けて1月下旬以降に来園するのがおすすめです。 その期間であれば混雑も少ないですよ。 12月の土曜日は絶対に避けましょう! ポイント2 点灯時間16:30頃は絶対に避けましょう 足利フラワーパークイルミネーションの点灯時間は16:30ですが、その時間帯は避けましょう。 点灯時間をめざして来園される方が多いので、混雑はピークを迎えます。 早めの来園、できれば14:00頃までに来園して、園内で点灯時間を待つのがおすすめです。 16:30頃に来園するのは絶対に避けましょう! ポイント3 晴れの日を避ける! イルミネーションの魅力は雨で一段と増すと思っていて、個人的には雨の日のイルミネーションが好きです。 雨に濡れたイルミネーションは、より幻想的になりますし、さらにいいところは人が少ない! これにつきます。 雨だと出掛ける人が圧倒的に少ないので、ゆっくりイルミネーションを楽しむなら雨の日ですよ。 あえて晴れの日を避けて、雨の日を狙っていくのがおすすめです。 神秘的な雰囲気を味わうにも雨の日がベストです。 できれば晴れの日を避けましょう! 足利フラワーパークイルミネーションは毎年スケールアップしているので、今年も皆さんの期待を裏切ることはないでしょう。 年々来園者が多くなっていて混雑もひどくなっていますが、今回紹介した混雑回避ポイントをおさえておけば、ゆったりした気分でイルミネーションを楽しめますよ。 ・土曜日は絶対に避けましょう ・16:30頃に来園するのは避けましょう ・できれば晴れの日は避けましょう 3つのポイントをおさえて、足利フラワーパークのイルミネーションを思う存分楽しんでくださいね。

次の

あしかがフラワーパークの割引券

足利フラワーパーク イルミ 渋滞

上も下も紫色のイルミでいっぱいなので 晴れの日よりもさらに幻想的で より思い出深い体験ができます。 晴れている日に見た時の 綺麗な感じとはまったく違い イルミに挟まれる体験をすることで めちゃくちゃ感動します。 光のトンネルでも同じように イルミの光に包まれますが こちらは永遠に続くと思っちゃうほど まばゆい光で藤の花よりも テンションが上がっちゃいます。 傘をさすのはとても 煩わしいですができる限り 透明な傘をさしたほうが 光に包まれている感が上がります。 上も下も綺麗に見たいならば 黒い傘なんかでは 上も足元も暗くなっちゃって 雨の良さが半減しちゃうと思います。 足利フラワーパーク イルミネーションの雨天時の混雑について 先ほどの動画でもわかるように こんなに素敵な体験をできるのに 混雑はまったくないんですよね。 駐車場も近くに駐車できますし 渋滞だってそうそう起こりません。 たぶん混むといっても クリスマスや元旦に行われる ニューイヤーイルミネーションの 場合のみでしょう。 それでも雨脚が強ければ いつも以上の混み具合に なることはありません。 — 志庵 iorisuke このようにほとんどの方は雨が降ったら 行かないという選択を取りがちなので はっきり言って空いてます。 土日でもわざわざ遠くに止めて バスで入場することは少なく 楽に入場しやすいのも 雨ならではかもしれませんね。 ポケモンGOのレアモンが出現する ポケスポットとして 再燃する可能性は否定できませんが 夜中までそんな人がいることは イルミ期間ではまずないでしょう。 だってめちゃくちゃ寒いんだもん。 足利フラワーパーク イルミネーション雨の日の感想 雨が降るとめちゃくちゃ綺麗ですが めちゃくちゃ寒いです。 晴れた日でも寒いですが 雨の日はその倍は寒いですね。 防寒対策がしっかりできていないと イルミネーションを楽しむ前に ぜんぜん我慢できなくて 帰りたくなっちゃうこともあります。 スポンサードリンク ちなみに私はちょっとでも寒いと すぐ帰りたくなっちゃうんですが 園内にはレストランもあるし それ以外のお店も暖かいので そちらで暖をとるのも良いですよ。 あと大変なのが足元です。 園内は地面が土の場所も あるので雨の日はぬかるみもあります。 お気に入りの靴を履くよりも 汚れても良い靴を履いたほうがよく できれば長靴みたいに 防水タイプが良いと思います。 普通に水たまりもあるし 藤の花のイルミネーションで 私は思いっきり靴下を濡らして 大変な思いをしたこともあります。 足元が冷たいと余計寒いし テンション落ちちゃうし 靴の中も臭くなっちゃいます。 もしも濡れそうな靴しかないなら 防水スプレーをかけるだけでも 汚れ方もかなり違いますね。 関連記事 足利フラワーパーク 雨の日のイルミネーションは綺麗?雨天時の混雑と感想のまとめ 今回は雨の日の足利イルミネーションの 素敵な魅力と注意点を私の感想も 踏まえてお伝えしてみました。 メリットだけじゃなくデメリットも 正直にお伝えしましたが特に雨の日は 個人的にメリットのほうが とても大きいと思います。 通常の晴れた日の駐車場や雰囲気、 足利フラワーパークも含めた デートスポットなど関連記事でも 紹介していますのでそちらも含めて 参考になれば幸いです。

次の