ライブドア ブログ カテゴリ。 ライブドアブログ親子カテゴリの公式説明がわからず作成が進みません。

ブログのカテゴリ分けのコツと決め方を知ってアクセスアップ!

ライブドア ブログ カテゴリ

なぜか?というと何度も言っているのですが1ページ目から読む書籍と違って 検索エンジン=グーグルは 「検索したもの」に「最短で正しい答えを上位から表示させる」ように進化しており、 そのためには 、内容が短くがまとまったもの、 つまりカテゴ分けがきちんとされたものを示した方が読者に有益であると判断できるからです。 ということは サイドバーに来るカテゴリ名は抽象度の高い丸いところ、そしてカテゴリ内に入る記事が分岐してあるキーワードになります。 ちなみにたくさん枝分かれしているもの(赤丸で囲った部分)は、一つのカテゴリにたくさんまとめて記事を書かないとダメ あまり枝分かれしていないもの(青丸で囲った部分)はそれほど記事を書かなくて良いことを示しています。 初心者アフィリエイターさんにはこれが一番分かりやすいのでは? ブログのカテゴリ分けと検索ボリュームを同時に調べるツールもある 同じく、ブログのカテゴリ分けと、検索ボリュームの動向を一括で調べられる無料ツールもあります。 おむすびと同様に便利ですのでよかったら使ってみてください。 アフィリエイトブログのカテゴリ分けでおすすめの例 では、実際に、アフィリエイトブログのカテゴリ分けとしてどんなものがおすすめなのか、具体例をまとめていきます。 目的別カテゴリ・・・読者が最終的に目指す目標• タイプ別カテゴリ・・・男女や年齢別など• 利用シーン別カテゴリ・・家の中や外・利用人数など• 料金別カテゴリ・・・価格帯で分けてみる• 商品名別カテゴリ・・・具体的な商品名で• 部位別カテゴリ・・・脱毛やエステ・身体にかんするもの• 地域別カテゴリ・・・読者が住んでいる場所・来店プログラム向け カテゴリ分けの目的は読者になるべく早く、目標の記事に到達させるためですので、各ジャンルごとに分けていきましょう。 カテゴリ分けは3階層まで!深すぎると読者が迷う カテゴリ分けの階層ですが、どんなに多くても3階層までにしておきましょう。 あまりにも細かくカテゴリ分けするとこんどは引き出しが多すぎる机のように、記事が見つけにくくなってしまいます。 ワードプレスの一部のテーマややシリウスのプラグインは条件検索が可能です。 これらをサイトに入れることによって、より早く正確に読者の求める記事を発見してもらえるようになります。 フッターにカテゴリを入れておくと、読者にやさしい作りになる 後は記事のフッターですね、多くのアクセスはスマホですし、記事を読み終わった後に関連記事のカテゴリを探せるようにしておくと、読者にとって利便性が高まります。 まだ何もしていない人はフッターウィジェットにカテゴリを入れておくと良いでしょう。 コチラにあるようなで優勝するアフィリエイトサイトを分析すれば、真似したいカテゴリ分けが発見できるのではないでしょうか? 少ない記事数で上位表示しているサイトなどもこうやって分析できますよ? ライバルサイトのカテゴリ分けはツールを使えば一発で分かる 他にも自分のライバルサイト、お手本としたいサイトのカテゴリ分けを分析して構造化を見抜く無料ツールがあるのでお伝えします。 これで分析するのも一つの手です。 まずはに移動 フリープランを選択する 分析したいドメインを入れてチェック。 後はトップページからの階層わけ、カテゴリが視覚的に表示されるので参考にする。 素敵なサイトがあったらどんな構造になっているのか?ちょっと参考にさせてもらいましょう。 ブログのカテゴリとタグの違いも分かりやすく解説! シリウスにはついていませんが、無料ブログやワードプレスの中には「タグ打ち」が含まれていることがあります。 で、これとカテゴリ分けの違いは何なのか?まずは日本語にすると分かりやすいです 素人ほど英語のまま理解しようとします。 カテゴリ=分類• タグ=荷札 カテゴリはジャンルの分類。 タグはその個別記事の中でよく使われるキーワードのことです。 ですよ? 分類や種類というのは抽象度が上がると上、下がると下になります。 一方タグは、その記事がパッとわかる目印です。 荷札に書くべきことって何ですか? 何が入っているのか?(内容物)どこに行くのか?(宛先)誰か? (名前)くらいですよね? ブログでいえば、そのブログを一語で表すキーワードが内容物 後はジャンルとカテゴリ名を表すキーワーど(どこの宛先に行くのか?) これくらいを書けばいいわけです。 その他カテゴリ分けに関する質問Q&A.

次の

アダルトカテゴリについて

ライブドア ブログ カテゴリ

このコンテンツはlivedoor Blogのアダルトカテゴリーに含まれます。 livedoor Blogは、アダルトカテゴリーについて以下のように定義します。 以下の内容をご理解の上、同意される場合のみ「同意する」をクリックしてお進みください。 成人向けコンテンツについて この警告ページ以降はアダルト(成人向け)コンテンツが含まれています。 「アダルト」は、「ポルノ」のみを指すものではありません。 社会通念上、18歳未満の者が閲覧することがふさわしくないコンテンツ全般を指します。 したがって、18歳未満の者が閲覧することは禁止されます。 責任範囲について そのBlogがアダルトカテゴリーに属するものかどうか、禁止されるべき表現であるかの判断は利用者(Blogの投稿者)に全面的に委ねられており、当社は、その責任を負いません。 基本的には、利用者(Blogの投稿者)が、自らの表現物をBlogのアダルトカテゴリーに登録することをもって、その表現物にアダルトコンテンツが含まれているものとみなされます。 したがって、利用者(Blogの投稿者)の表現物が、アダルトカテゴリーにあるべきか、アダルト表現を逸脱しているか、などについてのガイドラインは設けられておりませんので、利用者(Blogの投稿者)が自己責任で判断する義務が存在します。 ただし、当社は、利用者(Blogの投稿者)に対し、Blogの閲覧者からご連絡を受けた場合、もしくは、明らかにアダルトコンテンツを含むと考えられる場合等には、強制的にカテゴリーを変更する場合もあります。 それらの場合であっても、当社は、利用者(Blogの投稿者)に対し、当社の行動についての説明義務及び一切の責任を負わないものとします。 制限について livedoor Blogではアダルトカテゴリーへのアクセスに対して以下の制限を行います。 ・最新記事• ・ランキング についてはアクセスする際に認証用ページ(当ページ)をはさみます。 「Blog検索」からのアクセスについては認証ページをはさみません。 認証は予期せず対象外のユーザーがアクセスしてしまうのを防ぐことを目的としており、利用者が、自らキーワードを入力した場合は、たとえアダルト関連でないキーワードであっても求める情報の一つとして扱うという方針とします。 禁止事項 アダルトカテゴリー内では、以下に関しては禁止します。 ・性行為、性器、その他違法行為など、利用規約1. 1の禁止事由に当てはまると判断されるもの• ・18歳未満の利用者(Blogの投稿者)がアダルトカテゴリーに自身の作成したBlogを登録すること• ・刑法175条によって規制されるわいせつ図画の公然陳列• ・その他、法律・条例・規則等に抵触する場合.

次の

ブログのカテゴリ分けのコツと決め方を知ってアクセスアップ!

ライブドア ブログ カテゴリ

ライブドアブログ親子カテゴリーの作成が前に進みません。 公式説明がわからないのです。 どなたか教えていただけないでしょうか。 この欄の過去の質問も確認しました。 具体的に説明します。 現在各県をカテゴリーとしトップ頁に宮城県(10)、栃木県(7)、茨城県(5) などと表示されています。 これに親カテゴリーA、B、Cを作ってAは宮城で5 栃木では2 茨城では3 Bは宮城で3 栃木では1 茨城では1 Cでは宮城で2 栃木で4 茨城で1などと分類したいと考えています。 公式説明 カテゴリの親子関係の作り方にあるカテゴリ管理(画像参照)がどこにも見当たりません。 したがってカテゴリの編集の頁にもたどりつけません。 親にしたいカテゴリーを新規に作成とありますが(グリーンの部分の説明)、これも方法がわかりません。 気が付いたのですが公式説明は旧管理画面をもとにしているのではないでしょうか。 ライブドアブログについて詳しい方お教え頂ければと思います。

次の