今年 平成 なら。 流行語大賞で見る平成の30年…テレビ発の言葉もネットから話題化へ (1) 高視聴率=流行ではない

今年で最後?失礼にならない年賀状じまいの例文5選!!

今年 平成 なら

「年」と「年度」を混同して回答されている方が多いようです。 年度の呼び方に法的な根拠はないようですが、一般には(慣例では)その年度が始まる日の年号に「度」をつけたものが年度になります。 事業年度が4月始まりなら、2019年4月1日は平成31年なので、この日から始まる1年間は「平成31年度」です。 途中で改元があっても年度の呼び方は変わりません。 翌年2020年4月1日は令和2年になっているので、この日から始まる1年間は「令和2年度」です。 慣例のとおりなら、「令和元年度」はありません。 ところが、政府は4月2日、国の会計年度の名称については、改元日以降は、当年度全体を通じて「令和元年度」とする旨の方針を示しました。 「当年度全体を通じて」ということは、年度の初日である4月1日にさかのぼって、ということになります。 国がこのように決めたのだから、多くの自治体や企業は「上に倣え」で同じようにすることになるのでしょう。 結論として、慣例とは異なりますが、2019年4月1日から2020年3月31日までは「令和元年度」ということになります。 慣例のとおりなら来年(令和2年)の2月、3月も「平成31年度」ですが、それでは違和感があるということなら、政府の方針に従うのがいいのかもしれません。

次の

いまならレアチャンス!? 「平成36年」か、新元号「令和」か 免許証の元号表記いつ変わる?

今年 平成 なら

もくじ• スポンサーリンク 機械装置費における「改良・修繕」の定義について 公募要領P15 改良や修繕の対象は「本事業で購入した機械設備」の機能を高める等のものという制限がつきました。 既設の設備に、新たな機能を付加するような機器の取り付けは対象外なのか?と思い中小企業庁と兵庫県中小企業団体中央会にも確認しましたが「対象外」と回答をもらいました。 これまで僕は、既存設備と組み合わせて新たな価値を発揮する設備の導入は数件採択されたことがありますが、そういうものは今後対象にならないようですね。 なぜこんな制限がついたのか理由は不明 なぜこんな制限がついたのか、理由はわかりませんでした。 誰かが悪用したのかもしれませんし、既存設備の機能向上というのは本来のこの制度の趣旨とは異なるのかもしれません。 もし既存設備に追加設備をつけて申請をしたらどうなるか? もし既存設備に追加設備をつけて申請をしたらどう扱われるでしょうか。 公募要領にも書いていることですので、条件を満たさないということで差し戻しになるものと思われます。 差し戻しにならず採択されたとしても、中間監査で機器の現物を中央会の担当者が確認に来ます。 その際に、既存設備と一体的に運用していることが発覚すれば、交付決定の取り消しもありうるかもしれませんね。 いずれにしても心配な方は、最寄りの中央会もしくは中小企業庁に確認をしてください。

次の

日本ダービー コントレイル→サリオスなら実は「平成以降初」

今年 平成 なら

こんにちは 池上です。 梅雨に入り、コロナの影響もあり、家で過ごす時間が多くなると思いますが、そんなご自宅を素敵に改修されたお客様の事例をご紹介します。 北欧風の家具が似合う素敵な空間に生まれ変わったS様のご自宅 S様のお宅は、木造の築27年。 普通に住みながらメンテナンスしていれば それ程大掛かりなリフォームをする必要は無いのですが、憧れのマイホームを新築して間もなく・・・・海外転勤をする事になったそうで、20年以上 賃貸物件として 人に貸していた経緯がありました。 当然、不動産屋さんが入って 入居者が困らない程度のメンテナンスは行うのですが、建物を長く持たせようという視点のメンテナンスは行っていませんでした。 当然借主も 快適に住めれば良いので、建物の事は頓着無い訳で・・・・ 特に外壁の痛みが激しく 外装は全て改修する必要がありました。 1階の間取りは 独立したキッチンと リビングダイニング・・・・ 続きの和室には、雨が滲んでいる形跡がありました・・・ 水まわり 30年前の一般的な間取り構成です。 S様の要望というと・・・・ リタイア後を楽しむ住まいとして、あと30年は十分住める住宅にすること。 その為には・・・・ 暖かい住宅にするための断熱改修(主にサッシ交換) 雨漏りを含め外壁まわり構造部の総点検 対面キッチンがある広々としたLDK 段差を出来る限り無くすこと 北欧風の家具が似合うオシャレな内装 などなど・・・ さて、どの様に改修したのか 次回 ご紹介していきますね。 こんにちは、武井です。 先日発刊された「リフォームセールスマガジン6月号」 リフォーム業界では超メジャーな 「リフォーム産業新聞社」さん発刊の月刊誌ですが、 こちらに弊社リフォーム部の掲載されました! しかも巻頭企画の一番最初に載っています。 (パチパチ) 【お施主様を工事うつにさせない現場の処方箋】 という企画です!! リフォームだとお施主様が住みながらの工事もあります。 その中で工事のストレスを感じないよう、 いろいろな工夫や配慮していることなどが インタビューとして掲載されています。 これは私、個人的な見解ですが・・・ リフォーム部の監督さんたちはみんな綺麗好きだと思います。 人によっては棚に秩序なくガサッと入れるところも みんなきちんと整理整頓しています。 やはり監督さんは(現場を)『管理』する職業ですから 自分の身の回りの物もきちんと管理している人が多いのでしょうか?! 事務の私が「整理整頓してください!」って 怒らなくて済みます 笑 スバラシイ! 平成建設リフォーム部は几帳面できれい好きの精鋭揃いです!!! こんにちは! 社会人2年目になりました中山です^^ この1年本当に早いもので勉強、勉強、勉強、勉強… の、毎日でとっても充実してました。 笑 (分かりやすそうなクロスを選んだつもりが写真だとわかりにくい^^;) 同じ白いクロスでも微妙に色も模様も違います。 お客様も目を近づけてよ~~~く見たあと、「全部少しずつ違う!」 とおっしゃられていました。 笑 こちらはタイル調のクロスです。 木目のクロスも白系、ブラウン系、黒系、質感など様々なクロスがあるので 選ぶのが大変ですね。 今年はこれ 表 裏 今年は、足袋人(たびびと)が、「山登りにチャレンジする」というテーマです。 拡大するとヘルメットを被って足袋を履いた職人が山(かき氷山)を登っています! 隠れた平成建設のロゴも。 詳細をご覧になりたい方は、各拠点のショールームまでお越しください!! 新築・リフォーム相談をしています。 お待ちしております! 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30•

次の