沖縄 台風 対策。 猛烈な台風到来!<必読>沖縄離島住民の対策や備えの工夫とは?|ていさん家の島ぐらし / 沖縄西表島情報!

沖縄は台風の通り道。台風対策と準備をしっかりと!どうしたら良いか教えましょう!|MIYABLOG【ミヤブログ】

沖縄 台風 対策

こんにちは44兄さんです 今日は台風対策についてのお話。 台風やそれに伴う水害などの災害って沖縄では毎年の恒例行事ですが、内地の方にとっては一大事でしょうね。 植木鉢・固定されてない表札・子供の玩具・自転車・ゴミ箱・・・etc 地物に固定されてないものはすぐに屋内に入れる、これは絶対にやりましょう。 勢力の強い台風が直撃した場合下手すると家が飛びます。 ウチは頑丈だから大丈夫でーい、と思っていても外の看板か何かが飛んできて打ち所が悪ければ壁に穴が空いて屋外と何ら変わらない状況になります 予め自治体から避難場所が指定されると思うので、 めんどくさがらずに逃げましょう 避難の際には 避難準備リストなるものを自治体が発表しているはずなのでそれを頼りに準備しましょう。 見落としがちなのが 予備のメガネや コンタクトレンズ、予備の靴(災害時靴は超重要)などです もし避難をしない場合、家の窓や薄い外壁などは ベニヤ板で補強します ホームセンターなどで厚めの ベニヤ板、釘、番線(建築用語でワイヤーのこと)を購入し家屋の外部を補強します このベニヤ板は 外部からの飛来物により窓ガラスが割れ家屋の内外が交通するのを防ぐのが主な役割なので、ガラス窓の部分をしっかりとベニヤで覆います 家屋に釘が打てない場所ではベニヤに穴をあけ番線を通し、固定できそうな場所にベニヤを固定します。 どうしても外から覆えない場合は内側から窓を塞ぎます その場合飛来物が飛んでくると窓は割れますが内外が交通することはありません(ベニヤ板が壁になるため) 警報クラス台風時に窓が割れ内外が交通してしまうと、家の中がメチャメチャな事になりますので絶対にそれは阻止しましょう RC一戸建ての場合 立地が危険(川の側、海岸線沿い)で 高潮や洪水の恐れがある場合は迷わず 避難 避難することに慣れることは他の災害にも生かせます。 立地に問題なく避難しない場合は窓にベニヤ対策を。 特に2階や3階といった 上階へ行けば行くほど風の影響が強くなるのでそこをメインに! 余談ですがこの高所での ベニヤ板作業中に落ちて怪我をする人が多いです これは台風到来の直前に慌てて作業してしまい、風が強いため落ちるのがほとんどです。 なので高所での作業は必ず 風の弱い台風前に行ってください。 屋根付きの車庫で入口にシャッターが無い場合 車は前方駐車して道路側に車両後部を向けるようにしましょう。 飛来物が車に直撃した場合最悪後部ガラスの被害で済みますので、フロントガラスに比べるとまだ走行できます マンションの場合 窓は絶対にベニヤで覆いましょう、特に高層階 ベランダ側は外から出来ますがそれ以外は屋外作業が無理な窓が多いと思うので、そこは内側から行いましょう これは実際にあった経験談ですが 台風直撃中の暴風時。 マンション6階の部屋の窓が飛来物で割れ、中へ入ってくる凄まじい風圧(または気圧差)で玄関のドアが全く開かなくなったのを見たことがあります 大人3人がかりで開こうとしても、全く開きませんでした マンションの窓が壊れるということは、こういったことにもなるので絶対に対策が必要です それから 停電によりエレベーターが止まる。 大雨により地下駐車場が水没する。 などはありがちなので、予め想定しておきましょう 広告 ソフト面の対策は主に停電対策を 大量の水と食料を用意する、というのは都心部の場合後回しでも大丈夫かも というのも台風は2日もすれば去っていくし、交通インフラも電車・飛行機・船くらいにしか影響なく、 一般道路などは普通に使えたりする なのでお店に行けば割と手に入るので水食糧は2日分くらいあればまぁ大丈夫。 それから停電の場合はオール電化だとお湯も沸かせない 熱帯魚・爬虫類・特殊なペットなどの 空気管理、熱管理、環境管理を必要とする生き物は生死に関わります。 丸一日停電したとすると死んでしまうかもしれない。 こういったペットを飼っている方にもUPSは必要でしょうね あと忘れがちなのが冷蔵庫。 我が家では台風直撃時には予め保冷剤を冷凍しておき、停電時にはすぐに冷蔵庫の中身を 保冷剤とともにクーラーボックスに移動します。 サッとやると10分で出来ます クーラーボックスに余裕があれば冷凍物も移動。 余裕がない場合は冷凍物はそのままにしておく 停電中はヒマなので 冷蔵庫の掃除でもして時間を潰します 日頃できないことをこの際やっておくのだ。 タダでは転ばんぞ。 停電は基本的に付近一帯で同時に起こる場合がほとんどだけど、一戸建ての場合 引き込み線が飛来物で断線して停電することがある。 災害時は 共助がとても大切。 その他の対策 自分の家の周りのグレーチングや側溝などが草やゴミなどで詰まっている場合取り除いておきましょう 雨水の排水が上手くいかなくて道路が冠水するのは、この詰まりが原因です 大雨や満潮、地理的条件で起こる規模の 大きな冠水は防ぎようが無いですが家の前の 小さな道路冠水はこの詰まりを防ぐだけで解決することが多いです この作業は本来は台風通過時もこまめに行う必要があるので、 風が落ち着いた頃に安全をしっかり確保した上で行ってください。 台風のように外に出ることが危険な場合どうしても水食糧の補充などの インプット関連にばかり目がいってしまいますが、アウトプットがあることも忘れずに。 アウトプットとはゴミの事です ゴミ収集日が暴風警報と重なると収集車は来ません マンションのゴミ捨て場のようにゲージに囲まれている場合は出しても問題ないでしょうが(オーナーと相談のうえ) 沖縄に多い家の前に出しておくタイプの場合は、家庭でゴミの管理が必要となります 屋外に置くことは出来ませんので、この場合は どこか家の中で保管しておかなければなりません なので台風時にはゴミは出来るだけコンパクトにして体積を減らし、生ごみは極力出さないように生活します 生ごみが出る場合は袋を二重にするなど厳重にしましょう、これは臭いを防ぐためと虫が湧きにくくするため。 そこらへんに生ごみをポイーとすると簡単に虫が発生しますよ・・・冷凍するという方もいますが停電すると地獄を見そうなので避けた方が良いかも 台風後のゴミ収集日は 自治体HPなどで告知されるはずなので、必ず目を通しておきましょう。 特別に収集日を設ける場合があります おわりに これで以上になります。 あくまで僕の対策ですので、 他にも色んな方の対策を情報収集しておくとより良い対策になると思います 台風にも性格があって、足が速く一気に駆け抜ける台風やノロノロの台風。 風だけ強く雨が全然降らない台風、過ぎたと思ったのにまた戻ってくる台風、2つ以上の台風が合体したり・・・と様々です なのでもし 一度台風を経験したことがあっても、次も同じような台風が来るとは限りません! 前の時は大丈夫だったから今回もいけるだろ。 それから沖縄でも 台風時に海を見に行く人がホント多いです・・・ 何故こんなとをする人がいるかというと暇だから、時間があるから。 だからと言って外に出ると一気に ハードゲーになりますので、自らそんなハードルを上げることをするのは止めて下さい(洪水は別) それから台風通過後は必ず 家や車に損傷がないかをチェックしましょう、特に車の場合内部で床上浸水や雨漏りの跡もチェック。 夜寝ている間に被害に合っていた・・・てのはよくあります 入っている保険がどこまで保障されているのかも確認してた方がいいでしょう。 家の場合も同じです。 こうやって改めて考えてみると 台風ってアナドレナイ・・・ これが毎年くるんだもんなー、慣れた頃が一番危ない。 台風慣れした沖縄人ほど、今一度足元を見ないといけないのかもしれませんね。 それではまた次回。

次の

沖縄ならではの台風対策とは

沖縄 台風 対策

台風時の情報源 台風の位置や警報の発令など、重要な情報入手は必ずしましょう。 手っ取り早いのはテレビからの情報。 NHKを付けると、画面の枠部分に台風情報がずっと流れています。 飛行機や船舶、路線バスの運行状況や、避難所の紹介などが表示されます。 沖縄では、路線バスが運行をストップすると会社が休みになるそう。 バスが運休するということは、それほど外に出るのが危険ということなので、仕事も休みにするんでしょうね。 「バスなび沖縄」のサイトやアプリでは、路線バスの運行状況が確認できます。 今回の台風22号では、路線バスと、ゆいレールも止まっているようです。 私がスマホで利用している「Y! 乗換案内」では、このように運行情報もお知らせしてくれるので便利ですよ。 スーパーなどが閉店する 前回の台風では耳にしなかった、「スーパーが閉店する」情報。 確か、ラジオで言っていたかな。 りうぼうやカネヒデなどが台風22号に供えてお休みになったようです。 コンビニとかって開いてるのかな?この嵐の中、確かめに行けないのですが、たぶん開いているのでしょうね。 ご苦労様です。 コンビニが開いているとしても、外に出るのは危険なので、事前に必要なものは買いだめしておいた方がいいですね。 台風対策あれこれ ・強風で飛んでしまう危険があるので、ベランダに置いてあるものを屋内に入れるなどして片付ける。 ・物が飛んできて窓ガラスが割れてしまうことがあるので、雨戸、なければカーテンを閉めておく。 ・暴風で自転車も倒れたりするので、自転車を屋内へ入れる、固定する。 ・食料品、飲料水などの確保。 ・断水になるかもしれないので、風呂場などに水を溜めておく。 ・雨が侵入してきたときなどのために雑巾や新聞を用意する。 ・ベランダのサンの部分に雑巾や新聞紙などを詰めて水の侵入を防ぐ。 ・停電にも備え、ラジオ、携帯などの充電はしっかりしておく。 ・暴風のときにエアコンをつけると、室外機の羽根が暴風で壊れてしまうからつけない方がいいと聞いたことがあります。 ですが、台風がやってくる時期は夏で暑いので、冷風機とか、扇風機があれば暑さ対策できますね。 備えあれば患いなし。 入念に準備しておきましょう。 前日、そして迎えた台風当日 前日の晩、アプリのアラームが鳴って、那覇市に『避難準備』が発令されました。 「え?そんなにたいそうな台風なの?」と少々不安になりました。 昨晩はまだ風も強くなかったし、穏やかでしたから。 朝6時頃、玄関から吹き込む風の音が気になって早めに起きました。 玄関ののぞき穴から外を見ると、外は真っ白。 そしてちょっとだけドアの内側に雨水が吹き込んできていました。 気を付けてくださいね。 それからしばらくは玄関側の風が強い状態が続きました。 お昼前頃「なんだか静かになったなぁ?」と外を見ると青空が。 これが台風の眼か。 こんなにはっきりと台風の移動を感じたのは初めての経験。 ほぼ真上に台風が居るってことですよね。 大阪に居た時には直撃なかなかなかったので。 台風の被害 ベランダの窓 それからしばらくは怖いくらい静か~な時間が過ぎたのですが、昼頃からまた風が強くなってきて、TVの音を大きくしても聞こえないくらいの暴風音。 雨も降降り出して、ベランダは水浸し状態に。 そして15時頃、ふとベランダに近づいたときに気が付きました。 サンの端っこから噴水のように水が噴き出してきている! ピュッピュッ マジか!油断した!忘れてた! 慌てて雑巾を取ってきてサンに雑巾を詰めて床を拭きました。 台風の風、おそるべし。 今年の春頃、嵐の時にサンから水が浸入はしてきていたのにはビックリしたけど、それに暴風が伴うと、こうやって部屋の中へ水が噴き出してくるんですね。 通気口 そして、何気にベランダの上部を見たときに、目を疑う光景が。 マンションの壁によくある通気口。 これが強風に押されて外れそうになっている! い、いつからこのような状態に!? マジか!おそるべし!台風! この白いネットは、通気口からゴミが部屋に入ってこないように取り付けているものです。 台所用のゴミネットを利用してます。 ずっと手で押さえておくわけにもいかないので、ガムテで補修。 エアコン エアコンの中から「ポコポコポコポコ」と音が鳴っています。 エアコンの水を排出するホースから強風が入り、水を押し上げている音なのだそうですが、エアコンから水が滴ってきたらどうしよう・・・ なんだか、この先不安になってきました。 台風は、反時計回りに中心部分へ吹き込んでいます。 なので台風が近づいてくるときは南からの風、通り過ぎると北からの風に変わります。 また、台風自体を移動させている北へ向かう風と、台風の右側で中心へ吹き込む風が合わさるために、台風の右側の風が強いそうです。 「吹き返し」というそうで、確かに台風の眼が通り過ぎたあとのほうがすっごい強風でした。 そりゃ雨水侵入してくるわ。 台風が去ったからといって、油断してすぐに外に出たりすると危険ですよ。 強風が続く 台風が去った後も、なかなか強風は収まりません。 18:30を回った頃、ピーク時に比べると若干風も弱まりましたが、瞬間的に暴風が吹いています。 夜22:00を回り、台風は奄美大島を通り過ぎましたが、未だ暴風がおさまりません。 明日の朝までは外出は控えた方がいいですね。 台風の日の過ごし方 台風だと外に遊びにも行けないので、沖縄の人たちはよくDVDを借りてくるそうです。 レンタルショップは台風時期は売上上がるんでしょうね。 あと、手の凝った料理をするという人もいるみたい。 私も習って、おでんをことこと煮てみました。 おでんです。 手は凝っていませんが。 時間はかかっています(笑) 台風はなくてはならない自然現象 台風が来るとイベントが中止になったり、旅行に行けなくなったり、被害が出たりで困ったものですが、海水温を下げてくれることで海に生きるものたちにとってはなくてはならないもの。 今年も海水の温度が高い状態が続いていたので、海の生物にとっては恵みの嵐、といったところでしょう。 まとめ 初めての台風直撃を経験して、ちょっとビビってしまいました。 結局あれ以来、新たな被害は出ませんでした。 よかった。 ベランダからの雨水の侵入で周囲の床が湿っぽくなってしまいましたが、被害が大きくならなくてよかったです。 これって、自宅に居たから対処できたけど、台風の時期に長期間留守にするときには対策をしてから外出したほうがいいですね。 今回の経験を生かして、今後の台風対策しっかりとしていきたいと思います。

次の

沖縄ならではの台風対策とは

沖縄 台風 対策

本土とは比べ物にならないほど数多くの台風が接近・上陸する沖縄では、多少の台風では地元人はほとんど驚きません。 それには、経験から編み出された数々の台風対策スキルがあるからなのです。 沖縄の台風:窓・雨戸の対策編 沖縄に接近・上陸する台風は、すさまじい雨と風です。 ですから、窓や天戸周辺の台風対策は、しっかりとしておかなければいけません。 準備するもの 窓や天戸の台風対策では、「新聞」と「タオル」が重宝します。 なかでも、処分しやすく隙間を防ぎやすい新聞紙は、絶対に必要です。 台風シーズンに入ったら、一定量の古新聞は、リサイクルに出さずに保管しておくようにするのが、ベストです。 沖縄流・窓や天戸の台風対策法 台風対策で必要な新聞やタオルが準備出来たら、窓のサッシ部分に詰め、隙間をふさぐようにします。 隙間をふさいだとしても、実際に台風が接近するとすぐに水でべちゃべちゃになりますから、「え?こんなに?」と思うほど、大目に詰め込んでください。 実際に台風が接近したら、こまめに詰めた部分の様子を確認し、水があふれてくるなら、詰め物を新しく取り換えます。 雨戸がない家の場合 雨戸がない場合、強風によって窓ガラスが割れてしまったときの被害を最小限に抑えるために、カーテンを閉めた状態にします。 沖縄の台風:台風予報編 沖縄では、台風の進路を予測する時、気象庁の台風予報以外にも参考にするものがあります。 米軍台風情報センター 沖縄では、最新の台風情報をキャッチするために、米軍の台風情報センターの進路予想図(JTWC)を活用します。 これは、アメリカ海軍の台風情報なのですが、沖縄ではマリンレジャーのショップ関係者はもちろん、台風の進路によって売り上げが大きく変わってくる観光業の関係者の間でも、よく使われています。 だから、地元関係者の間では、「米軍の台風予報では…」なんて会話がよく聞かれます。 沖縄の台風:食料編 沖縄では、台風接近から警報解除まで数日かかることもあります。 しかも、台風が去った後も、電線に被害が出れば、復旧するまで電気が使えないということもあります。 そのため、「食料の確保」は必須です。 台風時、コンビニは開いていても食料品はない 台風警報が出てもコンビニだけは、頑張って営業しています。 だから、「何かあってもコンビニがあるからいいや」なんて思っている人もいるかもしれません。 その考えは、あまいです。 台風警報が出ると、まず県内のスーパーが閉まります。 でも、県内の企業で働くお父さん・お母さんだって、この直前まで職場で仕事をしています。 ということは、スーパーが閉まった後しか食料調達が出来ない人がいるということ。 この人たちは、わき目も降らず、確実に食料が確保できるコンビニに直行します。 まずは、いつでも食べられるパン、カップ麺、飲み物がなくなります。 その後、おにぎりや弁当がなくなり、スナック菓子などもなくなります。 そして、気が付くと店に何もなくなります。 台風の食料調達は、とりあえず食パン ウチナンチュの場合、台風時の食料といえば、まずは「食パン」です。 いつでも食べられますし、日持ちもします。 さらに、安い。 だから、台風が接近すると、スーパーのパン売り場から順に商品がなくなります。 スナック菓子は確実に買います 台風が通過するまでの間、家から何時間も出ることができません。 場合によっては、24時間または48時間こもりっきりということもあります。 そうなると、やっぱり退屈しのぎのスナック菓子は重宝します。 ウチナンチュは台風の時はビールをまとめ買いする 台風が接近している時は、家から出られないことをウチナンチュは良く知っています。 車を乗ることもできないですし、出かけることもできません。 何もやることがないまま自宅に居なければならないのなら、飲むしかない! ということで、台風対策のついでにビールをまとめて買うのが、ウチナンチュの定番です。 沖縄の台風番外編:台風が通過したら… 台風が去った後も、台風になれている沖縄では大切な財産を守るために必ずやることがあります。 台風が通過したら、必ず洗車 沖縄では、台風が通過したら、街の洗車場に行列ができます。 これは、周りが海で囲まれているだけに、台風の強風によって車についた「塩」を落としているのです。 ただでさえ塩害が多く、愛車の寿命が短い沖縄では、こうしてこまめに手入れしていかなければ、あっという間にサビだらけの車になってしまうのです。 ここまで色々な台風対策についてご紹介しましたが、沖縄情報移住ブログの「」というページでは月別に台風の接近回数などをまとめているので、旅行者はとても役に立つのではないでしょうか。 台風の基本は「外に出ない事」! 台風になれているウチナンチュでも、台風の時は外に出ません。 仕事も、基本的にはどの企業もお休みになります。 何しろ、台風の最も大切な対策法とは、無駄な外出は絶対しないということ。 命を守るためには、とってもシンプルだけど、これが一番効果がありますからね!.

次の