性器ヘルペス 軟膏。 【医師監修】性器ヘルペスの薬の種類について

性器ヘルペスとは?女性に多い症状、治療、再発予防について

性器ヘルペス 軟膏

病因 [ ] に属するの単純ヘルペスウイルスが原因となる。 単純ヘルペスウイルスには1型 HSV-1 と2型 HSV-2 があり、は1型で性器ヘルペスは2型に分類されるがオーラルセックスの一般化により必ずしも分類はされない。 単純ヘルペスウイルスの形状は電子顕微鏡で観察すると、まるでのような形態をしている。 症状 [ ] 感染をすると、潜伏期 2日-10日間 を経て、を形成する。 初回の感染時では、水疱は数日でつぶれ、男性では状になり病変から1週間後が症状のピークとなる。 女性では痛みが強く、2-3週間で症状は自然治癒する。 男性では、亀頭、陰茎、男性の同性愛では肛門周囲や直腸に、女性では陰唇や、膣前庭、会陰で、子宮や膀胱に達することもある。 女性の初感染では38度以上の高熱が出ることがある。 感染したウイルスの排除はできないため再発しやすく、再発時はより症状が軽く、病変も少なく、1週間以内で治癒し短い傾向がある。 高齢や免疫不全ではその限りではない。 また、患部近くの神経麻痺を起こす可能性があり、排尿障害や排便障害などの機能障害を来たすことがある。 男女比の感染者割合は女性感染者の割合が多い傾向にある。 予防 [ ] 性器ヘルペスではコンドームの使用。 HSV-2の感染は、抗ウイルスの使用によって感染率が低下する。 なお、例えば錠剤型抗ウイルス薬バラシクロビルの添付文書では、「使用上の注意」に薬使用中でも感染リスクはあるため、コンドームなどの使用が推奨されると記されている。 診断 [ ] 性器周辺に特有の水泡と発疹や浅い潰瘍による痛みや痒みの違和感があり診断は容易である。 水泡内のウイルス細胞検査がある。 の場合は単純ヘルペス抗体血液検査で判断する。 治療 [ ] 女性では、初回の2-3週間の症状は抗ウイルス薬によって1-2週間となる。 初発ではや、の5-10日の内服薬や、重症ではその注射薬。 再発では、1日以内の服用の開始で効果があるため、前駆症状の違和感のうちに内服できるようにするとよく、また軽症ではアシクロビルの軟膏となる。 2004年の唇8名、性器8名での小規模な比較試験では、同じ人で再発ごとに(1日4回塗布)とアシクロビル(1日6回塗布)を比較し、蜂蜜の方が平均治癒期間、例えば性器ヘルペスの治療期間の指標ではアシクロビルで6. 38日、蜂蜜で3. 89日など、発疹の予防、副作用の点で成績が良かった。 再発抑制療法 抗ウイルス薬を1年間、毎日定期内服することで再発を抑制する。 ウイルスの排除は2018年時点ではできない。 再発予防やセックスパートナーへの感染リスクを有効に抑えられる事が研究で確認されている。 また単純ヘルペスワクチン及び分娩時に性器ヘルペス感染者の発症母体から新生児の感染を阻止する為の局所感染予防薬や完治薬が研究開発中である。 日本国内での研究では、東京大学や大阪大学で単純ヘルペス感染の仕組みが解明されており、完治薬開発に向けての新しい治療法や感染予防法の研究開発に生かされている。 最近の研究成果では、東京大学で薬剤ML-7により、単純ヘルペス感染予防のマウスによる動物実験に成功している。 抗ウイルス薬の長期的な使用は、ウイルスが出現する可能性がある。 予後 [ ] 単純ヘルペスウイルスの特徴として、所属神経節にして風邪や疲労等の免疫力低下により発症を繰り返す。 現時点の治療では単純ヘルペスウイルスの再発治療や再発予防治療が主体である。 なお、単純ヘルペスウイルスが身体から排除される完治薬はまだ出来てはいないが、研究開発はおこなわれている。 性器ヘルペスウイルスの場合は、骨盤内仙髄神経節に潜む。 特にの場合には、が来る度に性器ヘルペスが発症し肉体的、精神的に追い込まれる患者もいる。 患者も医師も根気強い治療が必要である。 8割が感染に気付いていない。 出典 [ ]• 64-68. Human Herpesviruses: Biology, Therapy, and Immunoprophylaxis. Cambridge University Press. Al-Waili NS August 2004. Med. Sci. Monit. 10 8 : MT94—8. Piret J, Boivin G December 2016. Curr. Opin. Infect. Dis. 6 : 654—662. Allen, JoAnne 2010年3月9日. Reuters. 2013年5月3日閲覧。 2013年6月3日閲覧。 参考文献 [ ]• 日本性感染症学会「 」 『日本性感染症学会誌』第27巻1 Supplement、2016年11月。 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

性器ヘルペスの原因-写真・画像で見る性器ヘルペスや帯状疱疹の症状、性器ヘルペスの再発を抑える再発抑制療法、性器ヘルペスにならないためにはどうしたらいいの?

性器ヘルペス 軟膏

3日ほど前から排尿時に痛みがあり、念のため…と、 鏡で性器を見てみたところ、小陰唇から 膣の入り口に掛けてのピンク色の部分に 引っかき傷のようなものが数箇所あったのです…。 痛みが出る数日前に、日中、汗をかき、 デリケートゾーンの蒸れも感じていましたが 家に帰ってお風呂に入るまで、 どうすることも出来ずにいたので、それでかぶれて、 無意識に掻き毟ってしまったのかな…と、思ったのです。 肌が弱いので蒸れて痒くなることは多々あります 今日は重要な授業が夕方まであったため 病院に行けなかったのですが、排尿時の痛みが辛く、 薬局に飛び込みました。 薬剤師さんに相談したところ、 最初はフェミニーナ軟膏を薦められ、 それは納得しました。 二次感染の防止にはなっても、治りが遅いのでは 逆にトイレを我慢してしまって 膀胱炎になってしまうと心配になってきました…。 更に、もしかしたら明日頃から生理が来てしまうので 月経血にしみるのでは…と心配です。 月曜には病院に行こうと思うのですが、 とりあえず、薬剤師さんが進めた理由、 皆さんの意見等を詳しく説明していただけないでしょうか…?? よろしくお願いいたします。 こんにちは。 薬剤師さんがそう考えた理由はおそらくこうだと思います。 フェミニーナ軟膏は、早い話が痒み止めです。 抗ヒスタミン剤と麻酔薬成分で刺激を食い止める物です。 クロマイ軟膏は、抗生物質ですので細菌を殺す薬です。 炎症を抑える為には抗ヒスタミン剤ではなく、ステロイドが使われています。 「傷がある」と言われたので、傷を直すには、細菌感染を防ぐ事が重要と考えたのでしょう。 しかも抗ヒスタミン剤とステロイドでは炎症を抑えるにはステロイドの方が効果が大きいのが普通です。 以上より、その薬剤師さんの考えには私も同意できます。 気をつけるのは、抗生物質もステロイドも乱用してはいけない代物なので、直ったらすぐやめる事です。 早速の回答、感謝いたします! お礼と新たな質問を書かせていただきます。 説明、とても良く分かりました!! 成分はバッチリ的を得ているのですね!! そうですね。 今は痒みは全く無く、鋭い痛みばかりです。 と、すると、フェミニーナ軟膏の方が、 私の症状とは違っていたのですね~。 効能だけを読んでいるとフェミニーナ軟膏の方が 合っているように感じられたのに…。 やはり薬を買うときは薬剤師さんに聞くのが一番ですね。 質問なのですが、 今、排尿時にティッシュでキレイにふき取った後、 必ず軟膏を塗るようにしているのですが、 それは使いすぎているでしょうか…? トイレに行く回数は1日平均5回くらいです 説明書には1日数回、傷の状態に合わせて… と書いてあって、どれくらいが適量かわかりません… これについてもお答えしていただけると嬉しいです! だいたい、答えがでていますが、薬はそれで良いですよ。 傷になっているという貴方の説明から、「二次感染するといけない」(私も、同じ言葉をつかうだろうなぁ)と、クロマイーPを選択したのですね。 つまりは、傷薬ですね。 で、なおるものなら、2~3日で痛みも取れてくると思いますので、様子をみるとよいでしょう。 使用量と回数ですが、「トイレの後に、傷にいきわたる程度に、つかう」でよいです。 それから、フェミニーナ軟膏は非ステロイド性のかゆみ止めで、生理時などのムレなんかで、買いに見える方が多いですね。 掻いて傷にしてしまう前に、ちょこちょこ使うにはよいです。 (尚、他にも、カンジダとか、感染性のトラブルの場合もあり、その場合は使う薬が違いますので、2~3日使用しても、改善しないようであれば、病院に行くことをお勧めします) お尋ねですね。 使用量は塗った時にまわり中にべたべたつかない程度、感じとしては擦り込んだら消えるくらいって感じでしょうか。 使用法はそれでいいと思います。 塗る範囲ですが、できるだけ局限的に用いるべきですが、傷の周囲は十分カバーしないといけません。 ですので、傷が小陰唇の内側だけなら、小陰唇内側全面程度でしょうか。 もちろん大陰唇の内側にもあるのなら、大陰唇の内側? 大体傷のまわり一センチ程度と思っていいと思います。 それでは小さ過ぎて塗りにくいなら、多少広がってもかまいません。 それほど厳密な話じゃないです。 むしろ、気をつけるのは、これが全く効かない場合です。 「傷」と思っていたのが実は「傷」じゃなくて、口内炎のような物だったりする場合があります。 この場合、原因はウィルスなのですが、種類によってステロイドを用いてはいけない場合があります。 その場合は効かないばかりか悪化する事が多いです。 なので、二日しても痛みが消えないような場合は使用を中止して医者にかかってください。 Q よろしくお願いします。 毎回生理前になると陰部に出来物(にきび)ができるのですが 今回は小陰茎にできてしまいました。 それも以前にあったので すぐに破れて治るだろうと軽く考えていたのですが 今回はかなり深い部分で膿んでしまったのか 破れずにかなり腫れあがってしまいました。 今も腫れているためかなり痛みがありまいっています。 こうなる前に病院に行けばよかったのですが いつものことだからと安易に考えてしまっていました。 月曜日に婦人科に行こうとは思うのですが それまで痛みを押えておくのにずっと鎮痛剤を飲むより 出来れば鎮痛剤の入った軟膏があればと思ったのですが 市販薬で痛み止めの入った軟膏は売っているでしょうか? その辺のドラックストアで購入できるのがいいのですが 何かご存知の方おられましたらご助力お願いします。 A ベストアンサー ご心配なことでしょう。 お気持ち、お察しします。 わたしは以前、外陰部に同じような物ができて、皮膚科を受診しました。 場所が場所なので、女医さんがいる皮膚科を受診して、下記の軟膏をもらいました。 もしご希望なら、ドラッグストアに薬剤師さんが常駐しておられるはずですから、同じ成分のものはないか、お尋ねになってください。 下記の写真と全く同じものです。 わかりやすくいうと、化のう止めになるかと思いますが、腫れと痛みが徐々に引いていきました。 qlife. html ただし、このサイトでは医療行為と同等のアドバイスは禁止されていますし、質問者様の症状と同じとは限りません。 これはあくまで、ご参考程度の回答になりますこと、ご了承ください。 どうぞお大事に… Q 20歳くらいの頃から、陰部が痒くなるようになりました。 痒くなるたびに、婦人科へ行って検査をしてもらうんですが、毎回異常はありません。 「菌はいないから、湿疹だね」と言われます。 普通の湿疹なら婦人科にしようと思い、途中から皮膚科に切り替えて、 ステロイド入りの塗り薬と、軽いステロイドの入った飲み薬を処方され、それを飲むとほんとに1週間ほどで改善して、薬が無くなる頃には痒みも無くなります。 ですが、薬が切れてまた1カ月ほどすると痒くなりだし、 さらに1カ月ほど放っておくと、夜も寝れないくらい痒くて死にそうな状態になり、また皮膚科で薬をもらって治す・・・という繰り返しで10年ほど過ぎてきました。 長年慢性的にステロイドを使用してきたため、体が慣れてしまったのか、最近では量も増やして処方されているのに、それでも効かなくなってきました。 久しぶりに婦人科へ行きまた検査してもらいましたが、やっぱり「菌はいないねえ」とのこと。 念の為、血液と子宮の検査もしてもらいましたが、全く異常なしでした。 皮膚科でもらっていた薬が効かなくなってしまったということを婦人科で話したのですが、 「皮膚科では出せない婦人科の薬と組み合わせて、様子を見よう」と言われ、 1週間ごとに通い、そのたび薬を変更したり1カ月試してみましたが、やはり改善しません。 診察料もばかにならないし、ないよりもうステロイドと縁を切りたいので、 もう通っていませが、どんどん悪化してきて、過去最悪な状態です。 股のつけ根、毛の生えている部分、割れ目の内側(粘膜の部分)、肛門までぜんぶ異常な痒さです。 我慢できないので、素手でかきまくっているため、血が出て、ずっとひりひりしており、 トイレやお風呂の時はしみて痛いし、普通にしてても、しゃがんだりして、服が陰部をこすると激痛です。 もう触っただけでも痛いので、かかないように我慢しても、あまりの痒さにどうしてもかいてしまいます。 なぜ私だけ、こんな湿疹になってしまうのでしょうか? カンジダとかのがましです。 皮膚科でも「これは体質だから。 治らないよ。 こうやって薬と併用してうまく付き合っていくしかない」って言われてきました。 その薬も効かなくなってきた私は、 いったいどうすればいいのでしょうか?とてもつらいです。 それに、陰部のステロイド吸収率がものすごく高いということを、つい最近まで知らなくて、 ステロイドを陰部の割れ目の中(粘膜の部分)まで慢性的に塗っていました。 皮膚科の先生は、女性のくせに全くそういうことは教えてくれませんでした。 将来赤ちゃんができたときに、奇形児にならないかとても心配です。 だから、もうステロイドは使いたくないです。 近所の皮膚科へ行くと、絶対ステロイドの量を増やされるだけなので、もう嫌です。 どなたか助けてください。 20歳くらいの頃から、陰部が痒くなるようになりました。 痒くなるたびに、婦人科へ行って検査をしてもらうんですが、毎回異常はありません。 「菌はいないから、湿疹だね」と言われます。 普通の湿疹なら婦人科にしようと思い、途中から皮膚科に切り替えて、 ステロイド入りの塗り薬と、軽いステロイドの入った飲み薬を処方され、それを飲むとほんとに1週間ほどで改善して、薬が無くなる頃には痒みも無くなります。 ですが、薬が切れてまた1カ月ほどすると痒くなりだし、 さらに1カ月ほど放っておくと、夜も寝れ... A ベストアンサー リンデロンは、ステロイド剤に抗生物質のゲンタマイシンを添加したもの。 ゲンタシン軟膏はゲンタマイシンが主成分でステロイド剤が入っていません。 殺菌効果の抗生物質ゲンタシン軟膏に、即効性の消炎作用をもたせたものがリンデロン-VGだと思ってください。 ステロイド剤はテキメンの効果がありますが、副作用や習慣性や後遺症など問題が多くあり、他の薬と併用の禁忌の場合もよくあります。 だから長期使用に向かず、短期間で一気に完治させる必要がある。 なので、ニキビとか、慢性鼻炎とか、長期間の使用が考えられるときは、ゲンタシン軟膏が処方されます。 使い分けの目安ですが、一時的な傷や強いかゆみを抑えたい時はリンデロン-VG。 虫さされや火傷、切り傷、ヘルペスなど。 あせもやとびひなど化膿や患部の拡散を抑えたいときには、ゲンタシン軟膏が殺菌力が高く効果的です。 ただし、あくまで自己責任。 医師の指導のもと使ってください。 Q 半年ほど前から、膣がヒリヒリします。 毎日ではありませんが、週2回くらいでしょうか。 大きさも波があり、ヒリヒリして、おしっこのあとや拭いたとき痛かったり(結構多い) 酷いときは夜もじっとしてられないくらいヒリヒリします。 症状は、とにかく膣がヒリヒリする! 膣の痒みはまったくありませんが、外陰部はよくかゆくなります。 アトピー持ちなので、そのせいだと思います。 おりものもなく、ガンジダ特有の白いポロポロしたものなどもありません。 性行為をしたあとは、かなりヒリヒリして痛いです。 最初は、十分に濡れてないせいで擦れて痛いのかと思ってたのですが 痛みがひいた数日後、性行為もしてないのにヒリヒリと痛むことがよくあるので 原因は他にあるのかと思いました。 ちなみに毎回中出しです(精液アレルギー?みたいなものもあると聞いたので念のため) 半年前、産婦人科でエコーしたり血液検査や膣内を診てもらったのですが 見た感じ異常もなかったです。 消毒しますね~ で終わりました・・・ 何か心当たりあるかたおられますか? A ベストアンサー こんにちは。 何かはわかりませんが・・・・。 私も腟がタンポンを入れた途端痛くて、生理が終わっても違和感があったので婦人科の先生にみてもらいました。 不正出血もあったのですがそれはピルのせいで、腟内特に問題なく消毒ではなくクロマイ腟錠を入れてもらったら抗生物質が効いて痛みがなくなりました。 その時念のためクラミジアなども検査をしていますが異常なしでした。 私の場合、カンジダや細菌性膣炎を繰り返していますし、性行為が苦痛なため様々な原因もあるかもしれないですが、質問者さんが、ヒリヒリが気になるなら何かしら傷がついてたり細菌がいたりするかもしれないので、再度受診したほうがいいと思います。 私は炎症が酷い時は婦人科の先生にリンデロンローションやフエナゾールクリーム等を処方してもらって対処してます Q 一週間位前に気がついたのですが、外陰部のところにプクッとしたものができました。 最初気がついた時は、すぐに無くなるかな・・・と思い、あまり気にしていなかったのですが、少し大きくなってきたような気がするので困っています。 別に痛いとか痒いなどの症状はないのですが、さわると固い小さな丸いものが中に入っている・・・という感じのできものです。 体調も熱が出たり、だるいなどの症状もなくいつもと変わりません。 できものの症状の場所が陰部なので、チョットはずかしくて病院に行くのもためらってしまいます。 症状を上手に説明出来ませんでしたが、何か良いアドバイスがありましたら教えて下さい。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー わたしも大陰唇にぷくっとしたできものができたことが何度もあります。 最初は小さいのですが、どんどん大きくなって、たぶん直径5ミリくらいにはなったと思います。 メンソレータムを何日か頻繁に塗って、触ると痛くてフニャフニャになってきたころ、ティッシュをあててこすると、血と膿がでました。 やっぱりニキビみたいだなと思いました。 特に病院で見てもらったことはありませんが、病院で診てもらったほうが安心できると思います。 男性の先生が多いですが、医者はもう何人もの女性の陰部 というか患部 を見ているのです。 私も恥ずかしいので行くのをかなりためらいましたが、行ったら「なぁんだ、こんなもんか」って思いました。 大丈夫ですよ^^ Q 質問させていただきます。 初体験から1ヶ月半ほど経ち、初体験を入れて10回ほど性交渉を経験しました。 初体験は少しの苦痛も出血もなく、挿入されていないのかと思うほどまったく痛みのない破瓜でした。 それから二週間ほど経ってまた性交渉をしたのですが、このときは挿入時に皮膚の裂けるような痛みがあり、二・三日の間お風呂やトイレでしみたり、何気ない普通の動作によって痛むこともありました。 それからは毎回、裂けるような感覚はなくとも常に挿入時に痛みを感じ、彼の動くのに伴って挿入中も多少の痛みを感じます。 先日、性交渉の後同じように痛むので、鏡で膣周辺を見てみたところ、小陰唇(膣口)の下端が切れて赤くなっているのが分かりました。 初体験後も、十分に濡れてから挿入しています。 性行為自体は嫌ではなく、オーガズムに達せます。 このことにはどのような理由が考えられるのでしょうか。 初体験から日の浅いことによる不慣れや、彼の大きさ(ほかの人のものや標準値を知らないので大小は分からないのですが)などが原因かと考えたのですが、 初体験時に痛みがなかったので考えあぐねています。 理由と、解決法などを知りたいと思っております。 よろしくお願いいたします。 質問させていただきます。 初体験から1ヶ月半ほど経ち、初体験を入れて10回ほど性交渉を経験しました。 初体験は少しの苦痛も出血もなく、挿入されていないのかと思うほどまったく痛みのない破瓜でした。 それから二週間ほど経ってまた性交渉をしたのですが、このときは挿入時に皮膚の裂けるような痛みがあり、二・三日の間お風呂やトイレでしみたり、何気ない普通の動作によって痛むこともありました。 それからは毎回、裂けるような感覚はなくとも常に挿入時に痛みを感じ、彼の動くのに伴って挿入中も多... Q 30代の女性です。 肛門と性器の調度中間辺りに、トイレットペーパにつくくらいの 出血がある傷ができてしまいました。 しばらくずっとかゆかったので、急場しのぎにステロイド 軟膏をつけていたら2週間ほどかゆみも治まり赤みもひいていったのですが、 2年位前に皮膚科で肛門の痒みでもらった物と同系統 忘れかけた頃にかゆさが戻り、やたらしみるので見てみた結果です。 あかぎれや擦り傷のように皮膚が切れていて、 傷が開くととても痛いです。 皮膚科は女性の先生が選べるのでそこにしたのですが、 婦人科はどうにも抵抗があります。 まだ掛かったことがないのです。 年齢不相応な性の悩みもあるので、婦人科には興味はありますが 皮膚の異常ということで、皮膚科が良いのか婦人科がいいのか 非常に悩みます。 どちらが良いのでしょうか? A ベストアンサー 市販薬で治るというか症状は改善される事はあります。 完全に治るというのは素人には言えません。 おりものと痒みは原因によって改善策は異なりますから、今の薬だけで安心はしないで下さい。 専門医に診てもらうのは必要かと思います。 診察代は確かに安くはありませんので考える気持ちは十分わかりますが 陰部や子宮は女性にとって大切な所です。 綺麗ではない指で触ったりして、そこに気付かない程の傷があって 菌が入り込んで痒みが出る場合もありますし、おりもののせいで、かぶれて痒みが出る場合もあります。 症状が悪化していくならカンジタなどになる可能性も出てきますので、受診するまで清潔にして、 不規則な生活も正し、様子をみてみて下さい。

次の

女性が性器ヘルペスになってしまったら塗り薬や内服薬は何を使う

性器ヘルペス 軟膏

市販の外用薬が使用できるのは、医師の診察により「口唇ヘルペスである」との診断を受けたことがあり、再発したケースに限られます。 口唇ヘルペスの市販薬はすべて【第1類医薬品】ですので、薬剤師の対面販売で購入することができます。 再発でない場合などは、ドラッグストアの店頭に行っても購入できないケースもあります。 口唇ヘルペスの初期症状は、 唇や口元に「なんとなく違和感を覚える」という段階から、ピリピリ、チクチクしたような痛みに近い感覚、少し重い腫れてきたかな? という感覚があります。 初期レベルで市販の抗ウィルス軟膏を塗れば、発疹にまで至らず、発症しないですむことも少なくありません。 初期レベルを放置した場合、赤いプツプツした発疹から、小さな水ぶくれになり、水ぶくれが合体して大きくなったりします。 発症してしまった場合でも、市販の抗ウィルス軟膏を塗ることによって患部の拡大や症状の悪化を防ぐことができます。 ただ、できるだけ初期段階での治療の方が効果的で、峠を過ぎてからではあまり効果は見られませんが、広めに塗っておくことによって周囲への感染拡大を防ぐことはできます。 使用前には、よく手を洗って清潔にしてください。 1日数回、患部に適量を塗ってください。 こすらず、患部の上に軽くのせるように塗ってください。 使用後も、よく手を洗ってください。 手を洗う前に、他の部位を触らないようにしてください。 万が一、目に入った場合にはすぐに目を洗ってください。 再発を繰り返して慣れた口唇ヘルペスであっても、いつもより症状が悪化していると感じたら、まずは「皮膚科」を受診してください。 風邪をひいていたり、他の病気や体力が落ちている場合などは、合併症もありますので「内科」が良いでしょう。 妊娠中の妊婦であれば、かかっている「産婦人科」で相談してください。 口唇ヘルペス以外の「性器ヘルペス」や「帯状疱疹」なとの場合は、内服治療を受けるために医療機関への受診をおすすめします。 性器ヘルペスの場合は抗ウイルス軟膏ではなく、ヘルペス治療薬のバルトレックスやゾビラックスの服用を行います。 ヘルペス治療に効果のある市販薬の口コミ• 佐藤製薬の「アラセナS」• 大正製薬の「ヘルペシア」• グラクソ・スミスクライン株式会社の「アクチビア」 使用前には、添付の説明書を必ず確認してください。 ヘルペスはヘルペスウィルスの感染症で、一度感染すると体内の神経節にウィルスが隠れ潜み、体調を崩すと再発します。 風邪をひいたり、熱が出たり、疲れが溜まったりすると、口唇ヘルペスを頻繁に繰り返すという人もいます。 以前は、抗ウィルス薬は医療機関でしか処方されませんでしたが、最近は抗ウィルス軟膏が市販されています。 初期段階での口唇ヘルペスの場合は、市販の抗ウィルス軟膏を塗って対応しておけば悪化させずにすみます。 頻繁に再発を繰り返している人は、体調管理とともに市販の抗ウィルス軟膏を常備しておくと良いでしょう。 口唇ヘルペスへの有効成分は、アシクロビル、ビタラビンです。 「アクチビア軟膏」は、マクロゴールというベースのクリームにアシクロビルを混ぜた、至ってシンプルな薬です。 「アラセナS」は、アシクロビルの他に、ビタラビンという抗ウィルス薬が入っていて、有効成分が2種類です。 ビタラビンは少量でもより効果を発揮するので、特におすすめです。 軟膏タイプとクリームタイプもあり、外出時はクリームタイプで薄く塗り、就寝時は軟膏タイプでしっかり塗るという、使い分けが可能なのが便利です。 「ヘルペシア」は、アシクロビルの他に添加物が他の2種類と比べて多いのでメリットもあるのですが、アレルギー等がある方にはおすすめできません。 外用薬には、軟膏タイプやクリームタイプとあります。 一般的に有効成分や配合量は同じでも、ベースとなる基剤と呼ばれるモノが異なっていて、使い勝手やテクスチャアが違います。 クリームタイプは薄く伸びやすいテクスチャアで、軟膏タイプはしっかり厚めに塗ることが出来るという感覚です。 化粧品などの肌触りとか、皮膚に乗せた時の感覚や伸び、吸収の時間差のようなイメージが分かりやすいかもしれません。 口唇ヘルペスの場合、唇や口元にガッツリ薬を塗っている状態は、あまり見栄えの良いものではないですから、外出時は薄く伸びるクリームタイプにしておいて、自宅でのリラックス時や寝る前などには軟膏タイプで、しっかり厚めに塗るという人もいます。 市販されている抗ウィルス剤は、外用薬だけです。 内服薬は医師の処方が必要ですし、点滴治療は医療機関で実施されます。 内服薬で有名なヘルペス治療薬はバルトレックスとゾビラックスです。 性器ヘルペスは、主に抗ウイルス薬 ウイルスの増殖を抑える を用いた治療を行うことが有効です。 外用薬だけの使用は、あまりメリットがありませんので、症状や体質に合わせた専門医の適切な治療をおすすめします。 ヘルペス治療薬のバルトレックス個人輸入.

次の