中国 韓国 の 反応 アンテナ。 韓国の反応「韓国との経済戦争で日本が勝つことはほぼ確定事項だ、中国駐韓大使、日本の経済報復は成功しないと述べる」

韓国の反応 総合アンテナ

中国 韓国 の 反応 アンテナ

中央日報 過去最大の武器開発事業となる韓国型戦闘機(KFX)事業が本軌道に入った。 戦闘機の開発に8兆6000億ウォン、120機の生産に10兆ウォンが投入される計18兆6000億ウォンの超大型事業だ。 防衛事業庁は24日から3日間、KFX事業に対する詳細設計検討(CDR)会議を開き、最終合格判定を出した。 これを受け、10月から試験用戦闘機の製作に入る。 2016年1月に開発に着手してから3年9カ月目だ。 KFXを製作する韓国航空宇宙産業(KAI)のリュ・グァンスKFX事業本部長は「KFX開発に必要な詳細設計図面1万2000枚のうち9300枚を完成した」とし「戦闘機の核心装置と構造を含めて詳細設計の78%を終えた」と述べた。 KFXは近く退役するF4、F5戦闘機の代替用だ。 F16以上の性能を持つ双発エンジン戦闘機となる。 この戦闘機が2026年から配備されれば韓国空軍の戦闘力は急上昇する。 開発目標は第5世代級ステルス戦闘機F35より低い第4. 5世代だが、性能は期待以上だ。 開発機関はKFXのステルス機能の公開を避けているが、レーダーに0. 5平方メートルの大きさの飛行物体に見えるという。 005平方メートルに見える。 KAIはこのためにKFXの胴体構造をF22と類似のステルスの形に設計した。 ほとんどのセンサーを機体の中に入れ、胴体の下の中央に搭載する4発の中距離空対空ミサイルも半分ほど埋まっている。 ステルス機の特徴である内部武装槽を追加できるよう設計に反映した。 KAIはステルス材料と技術も開発中という。 KAI関係者は「今後KFXのステルス機能を改良すれば(F35より優秀な) F117水準になるだろう」と語った。 KFXは急旋回および機動など飛行能力が高く、最先端装置で武装する。 世界の一般戦闘機(非ステルス機)のうち最強性能を予感させる。 北朝鮮の戦闘機は比較にならず、中国や日本の一般戦闘機よりも優秀だ。 したがって北東アジアで空中戦になれば、空軍のF35Aがまず相手のステルス機を相手にし、続いて一般戦闘機はKFXとF15Kが制圧できるということだ。 さらに改良されたステルスKFXが登場すれば、北東アジアでは韓国の空を狙うのは難しいとみられる。 自主国防の核心だ。 防衛事業庁のチョン・グァンソンKFX事業団長は「仏ラファールや米国のF35などは開発当時、新しい技術であるため莫大な費用がかかり、難関も多かった」とし「KFXは先進国の技術と開発過程を参考にしたため開発に有利だった」と述べた。 KFXは最初から輸出を考慮し、核心装置をはじめ65%を国産化したという。 生産単価は1機あたり800億ウォンだが、生産規模によって価格が下がる可能性もある。 戦闘機と核心部品の輸出も可能になった。 KFX事業を完了すれば、空対空および空対地ミサイル国産化のさまざまな機会も開かれる。 胴体開発を担当するKAIのイ・イルウ常務は「今回の事業で韓国の戦闘機開発能力が英国やフランスを凌駕することになった」と評価した。 しかしKFXは着手から数多くのヤマを越えなければならなかった。 金大中大統領が2001年3月の空軍士官学校の卒業式で最新鋭国産戦闘機の開発を約束してから13年以上も足踏みした。 専門機関の妥当性検討を5回もしたが、天文学的な予算と先端技術の障害に誰もが責任を避けようとした。 2015年にはF35導入の見返りに米ロッキードマーチンが韓国に提供することにした25件の技術のうち、多機能位相配列(AESA)レーダーなど4件を米政府が拒否した。 当時、KFX事業はまたも絶体絶命の危機に直面した。 実際、開発過程は困難が続いた。 戦闘機を独自で開発した経験がない韓国としては厳しい兆戦だった。 特に米政府が技術提供を拒否したAESAレーダーと赤外線追跡装備(IRST)、電子光学標的追跡装備(EOTGP)、統合電子電装費の国内開発は最大のカギだった。 このうち戦闘機の目に該当するAESAレーダー技術は先進国が流出を厳禁している。 AESAレーダー以外の3件はすでに開発したことがあり、困難は比較的少なかった。 各モジュールがレーダー波を出してそれぞれ標的を探知する。 目が1088個あるということだ。 米国のF35のAESAレーダーは約1200個のモジュールで構成されている。 このレーダーはF15Kの機械式回転レーダーとは違って電子的にレーダービームを照射する。 それで数十個の標的を同時に速かに探知・追跡できる。 探知距離は110キロ以上という。 空中のほか地上と海上の移動標的まで追跡し、KFXに搭載されたミサイルで打撃するのを助ける。 国防科学研究所(ADD)で会ったシン・ヒョンイク航空機レーダー体系開発団長は「ADDは技術は保有しているが、企業(ハンファシステム)が製造したことがなく心配だった」とし「世界で11番目にAESAを開発することになった」と話した。 国産AESAレーダーを試験評価したイスラエルのエルタ社はイスラエルよりも優秀だと評価した。 モジュールの素材も先端だ。 拳より小さいが4500万ウォンである 18日に訪問したハンファシステム龍仁研究所で公開したAESAレーダーを構成する16個のモジュールセットは拳の大きさの3分の2ほどだった。 単価は4500万ウォンと、ジェネシスの自動車1台分だ。 海外から輸入すれば8000万ウォン以上もする。 2026年までに3658億ウォンを投入するAESAレーダーは開発から3年目でハードウェアの85%を製作した。 来年は完全に国産化する計画だ。 今年春にイスラエルで地上・空中試験を終え、11月から韓国で空中試験に入る。 2023年からはKFX試製機にも搭載して最終テストをする予定だ。 KAIが担当しているKFXの胴体の開発と体系総合も難しい作業だった。 柳本部長は「ADDは探索開発で出したKFXの形状を9回も修正した」とし「今は立派な最終形態が出ている」と伝えた。 しかし戦闘機の重量を減らすのに困難が多かった。 柳本部長は「KFXの目標重量は12. 1トンだが、追加要求に備えて500キロの減量がカギだった」とし「1キロ減量する研究員に10万ウォンずつインセンティブを与えた」と語った。 エンジンを除いた23万個の部品をすべて設計に反映するのも複雑だった。 自動車部品は2、3万個だ。 現在、KAI泗川工場では1250人の研究員とエンジニアがKFX開発に専念している。 この人材でKFXのステルス化と英国やフランスのように第6世代戦闘機の開発準備も進められる。 KAIは2021年4月に最初の試作機を出庫し、試験飛行を経て2026年に第1次として戦闘機8機を空軍に納品する計画だ。 しかし先進国の5-8年より短い4年の飛行試験に対する懸念の声も上がっている。 2026年まで他国が遊んでいるわけではない。 KFXの開発が何の問題もなく進行する保証がない。 何か一つ開発するだけでも数多くの変数が存在する。 韓国はそれを修正するための絶対的な時間が不足している。 共感403非共感22 攻撃用無人ドローン開発も非常に重要です。 戦闘機の開発ももちろん非常に重要な問題ですが、今後は有人と無人を合わせて戦うことで、より勝算を期待することができます。 有人は1人1台の機体を作動させますが、無人の場合1人で可能な最大量まで使用することができるので、むしろ無人攻撃機が必要です。 無人攻撃機も作っているよ。 共感4非共感0 米国産の戦闘機よりも性能が落ち単価も差がないとしても、自分自身を守るために必ず行わなければならない。 安保は単純なコストの問題ではない。 共感54非共感6 空母に搭載することができる艦載機や垂直離着陸技術にも挑戦して、F-35Bに代わる戦闘機となることを心から願っています。 共感29非共感6 北朝鮮にハッキングされて設計図面を盗まれないようセキュリティに万全を払ってください。 共感14非共感0 北朝鮮に技術流出させる邪悪な集団に注意しなければならない。 共感12非共感0 応援します。 この国を脅かすものから私たちを守ることができるモンスターにして下さい。 共感11非共感0 朴槿恵の業績。 共感3非共感0 日本は5. 5~6世代の機体を開発中である。 共感7非共感0 久しぶりに温かい記事です。 しかし海軍力もちょっとは育てていただきたいですね。 共感4非共感0 上手く開発してムン・ジェインを爆撃しよう。 共感7非共感4 ムン・ジェインが民族の平和のためと言って1機8億で北に売ったら笑うね。 共感4非共感1 ところでこのような良質な戦闘機の生産を金正恩が許してくださるでしょうか? 共感3非共感0 国防改革はアカと言われる金大中、盧武鉉、文在寅が行い、防衛産業不正は自称愛国者である李明博、朴槿恵の時がピークというwwww 共感1非共感4 F-16クラスのパフォーマンスで価格はF-35(笑) 研究開発費が無駄だね。 俺なら20兆ウォンでF-35を100機買うよ。 共感0非共感1 国民の血税を無駄にせず、世界最高性能の戦闘機、核、ミサイルでも買ってください。 韓国人が得意なのはお金を稼ぐことくらいです。 武器を作る能力は2100年になっても子供のおもちゃレベルです。 共感0非共感5 お金を無駄にしている。 共感3非共感9 戦闘機の開発は戦車のそれより要求レベルが2桁は高いぞ、30年かけてもっさりした戦車をようやく作り上げることができたらしいが、戦闘機はエンジンが止まると墜落するもんだぜ。 重要なパーツの一つでも開発できなかったらそこで止まる、たぶん半分くらい開発して開発率50%とか言い出しそう。 それに航空機用AESAレーダーは日本が30年前に開発したのより劣っている、対空モードは飛行機からのレーダー反射波を検出するだけでいいが、対地・対艦モードは目標周囲からの反射波を上手に処理する必要がある、果たして韓国にできるのか? AESAレーダーに関しては日本も一切情報を漏洩させていないから、AESAを本当に使いこなしてる国は今現在でも日米だけの状況。 2019-09-27 16:52 :• Anonymous.

次の

韓国あんてな

中国 韓国 の 反応 アンテナ

中央日報 過去最大の武器開発事業となる韓国型戦闘機(KFX)事業が本軌道に入った。 戦闘機の開発に8兆6000億ウォン、120機の生産に10兆ウォンが投入される計18兆6000億ウォンの超大型事業だ。 防衛事業庁は24日から3日間、KFX事業に対する詳細設計検討(CDR)会議を開き、最終合格判定を出した。 これを受け、10月から試験用戦闘機の製作に入る。 2016年1月に開発に着手してから3年9カ月目だ。 KFXを製作する韓国航空宇宙産業(KAI)のリュ・グァンスKFX事業本部長は「KFX開発に必要な詳細設計図面1万2000枚のうち9300枚を完成した」とし「戦闘機の核心装置と構造を含めて詳細設計の78%を終えた」と述べた。 KFXは近く退役するF4、F5戦闘機の代替用だ。 F16以上の性能を持つ双発エンジン戦闘機となる。 この戦闘機が2026年から配備されれば韓国空軍の戦闘力は急上昇する。 開発目標は第5世代級ステルス戦闘機F35より低い第4. 5世代だが、性能は期待以上だ。 開発機関はKFXのステルス機能の公開を避けているが、レーダーに0. 5平方メートルの大きさの飛行物体に見えるという。 005平方メートルに見える。 KAIはこのためにKFXの胴体構造をF22と類似のステルスの形に設計した。 ほとんどのセンサーを機体の中に入れ、胴体の下の中央に搭載する4発の中距離空対空ミサイルも半分ほど埋まっている。 ステルス機の特徴である内部武装槽を追加できるよう設計に反映した。 KAIはステルス材料と技術も開発中という。 KAI関係者は「今後KFXのステルス機能を改良すれば(F35より優秀な) F117水準になるだろう」と語った。 KFXは急旋回および機動など飛行能力が高く、最先端装置で武装する。 世界の一般戦闘機(非ステルス機)のうち最強性能を予感させる。 北朝鮮の戦闘機は比較にならず、中国や日本の一般戦闘機よりも優秀だ。 したがって北東アジアで空中戦になれば、空軍のF35Aがまず相手のステルス機を相手にし、続いて一般戦闘機はKFXとF15Kが制圧できるということだ。 さらに改良されたステルスKFXが登場すれば、北東アジアでは韓国の空を狙うのは難しいとみられる。 自主国防の核心だ。 防衛事業庁のチョン・グァンソンKFX事業団長は「仏ラファールや米国のF35などは開発当時、新しい技術であるため莫大な費用がかかり、難関も多かった」とし「KFXは先進国の技術と開発過程を参考にしたため開発に有利だった」と述べた。 KFXは最初から輸出を考慮し、核心装置をはじめ65%を国産化したという。 生産単価は1機あたり800億ウォンだが、生産規模によって価格が下がる可能性もある。 戦闘機と核心部品の輸出も可能になった。 KFX事業を完了すれば、空対空および空対地ミサイル国産化のさまざまな機会も開かれる。 胴体開発を担当するKAIのイ・イルウ常務は「今回の事業で韓国の戦闘機開発能力が英国やフランスを凌駕することになった」と評価した。 しかしKFXは着手から数多くのヤマを越えなければならなかった。 金大中大統領が2001年3月の空軍士官学校の卒業式で最新鋭国産戦闘機の開発を約束してから13年以上も足踏みした。 専門機関の妥当性検討を5回もしたが、天文学的な予算と先端技術の障害に誰もが責任を避けようとした。 2015年にはF35導入の見返りに米ロッキードマーチンが韓国に提供することにした25件の技術のうち、多機能位相配列(AESA)レーダーなど4件を米政府が拒否した。 当時、KFX事業はまたも絶体絶命の危機に直面した。 実際、開発過程は困難が続いた。 戦闘機を独自で開発した経験がない韓国としては厳しい兆戦だった。 特に米政府が技術提供を拒否したAESAレーダーと赤外線追跡装備(IRST)、電子光学標的追跡装備(EOTGP)、統合電子電装費の国内開発は最大のカギだった。 このうち戦闘機の目に該当するAESAレーダー技術は先進国が流出を厳禁している。 AESAレーダー以外の3件はすでに開発したことがあり、困難は比較的少なかった。 各モジュールがレーダー波を出してそれぞれ標的を探知する。 目が1088個あるということだ。 米国のF35のAESAレーダーは約1200個のモジュールで構成されている。 このレーダーはF15Kの機械式回転レーダーとは違って電子的にレーダービームを照射する。 それで数十個の標的を同時に速かに探知・追跡できる。 探知距離は110キロ以上という。 空中のほか地上と海上の移動標的まで追跡し、KFXに搭載されたミサイルで打撃するのを助ける。 国防科学研究所(ADD)で会ったシン・ヒョンイク航空機レーダー体系開発団長は「ADDは技術は保有しているが、企業(ハンファシステム)が製造したことがなく心配だった」とし「世界で11番目にAESAを開発することになった」と話した。 国産AESAレーダーを試験評価したイスラエルのエルタ社はイスラエルよりも優秀だと評価した。 モジュールの素材も先端だ。 拳より小さいが4500万ウォンである 18日に訪問したハンファシステム龍仁研究所で公開したAESAレーダーを構成する16個のモジュールセットは拳の大きさの3分の2ほどだった。 単価は4500万ウォンと、ジェネシスの自動車1台分だ。 海外から輸入すれば8000万ウォン以上もする。 2026年までに3658億ウォンを投入するAESAレーダーは開発から3年目でハードウェアの85%を製作した。 来年は完全に国産化する計画だ。 今年春にイスラエルで地上・空中試験を終え、11月から韓国で空中試験に入る。 2023年からはKFX試製機にも搭載して最終テストをする予定だ。 KAIが担当しているKFXの胴体の開発と体系総合も難しい作業だった。 柳本部長は「ADDは探索開発で出したKFXの形状を9回も修正した」とし「今は立派な最終形態が出ている」と伝えた。 しかし戦闘機の重量を減らすのに困難が多かった。 柳本部長は「KFXの目標重量は12. 1トンだが、追加要求に備えて500キロの減量がカギだった」とし「1キロ減量する研究員に10万ウォンずつインセンティブを与えた」と語った。 エンジンを除いた23万個の部品をすべて設計に反映するのも複雑だった。 自動車部品は2、3万個だ。 現在、KAI泗川工場では1250人の研究員とエンジニアがKFX開発に専念している。 この人材でKFXのステルス化と英国やフランスのように第6世代戦闘機の開発準備も進められる。 KAIは2021年4月に最初の試作機を出庫し、試験飛行を経て2026年に第1次として戦闘機8機を空軍に納品する計画だ。 しかし先進国の5-8年より短い4年の飛行試験に対する懸念の声も上がっている。 2026年まで他国が遊んでいるわけではない。 KFXの開発が何の問題もなく進行する保証がない。 何か一つ開発するだけでも数多くの変数が存在する。 韓国はそれを修正するための絶対的な時間が不足している。 共感403非共感22 攻撃用無人ドローン開発も非常に重要です。 戦闘機の開発ももちろん非常に重要な問題ですが、今後は有人と無人を合わせて戦うことで、より勝算を期待することができます。 有人は1人1台の機体を作動させますが、無人の場合1人で可能な最大量まで使用することができるので、むしろ無人攻撃機が必要です。 無人攻撃機も作っているよ。 共感4非共感0 米国産の戦闘機よりも性能が落ち単価も差がないとしても、自分自身を守るために必ず行わなければならない。 安保は単純なコストの問題ではない。 共感54非共感6 空母に搭載することができる艦載機や垂直離着陸技術にも挑戦して、F-35Bに代わる戦闘機となることを心から願っています。 共感29非共感6 北朝鮮にハッキングされて設計図面を盗まれないようセキュリティに万全を払ってください。 共感14非共感0 北朝鮮に技術流出させる邪悪な集団に注意しなければならない。 共感12非共感0 応援します。 この国を脅かすものから私たちを守ることができるモンスターにして下さい。 共感11非共感0 朴槿恵の業績。 共感3非共感0 日本は5. 5~6世代の機体を開発中である。 共感7非共感0 久しぶりに温かい記事です。 しかし海軍力もちょっとは育てていただきたいですね。 共感4非共感0 上手く開発してムン・ジェインを爆撃しよう。 共感7非共感4 ムン・ジェインが民族の平和のためと言って1機8億で北に売ったら笑うね。 共感4非共感1 ところでこのような良質な戦闘機の生産を金正恩が許してくださるでしょうか? 共感3非共感0 国防改革はアカと言われる金大中、盧武鉉、文在寅が行い、防衛産業不正は自称愛国者である李明博、朴槿恵の時がピークというwwww 共感1非共感4 F-16クラスのパフォーマンスで価格はF-35(笑) 研究開発費が無駄だね。 俺なら20兆ウォンでF-35を100機買うよ。 共感0非共感1 国民の血税を無駄にせず、世界最高性能の戦闘機、核、ミサイルでも買ってください。 韓国人が得意なのはお金を稼ぐことくらいです。 武器を作る能力は2100年になっても子供のおもちゃレベルです。 共感0非共感5 お金を無駄にしている。 共感3非共感9 戦闘機の開発は戦車のそれより要求レベルが2桁は高いぞ、30年かけてもっさりした戦車をようやく作り上げることができたらしいが、戦闘機はエンジンが止まると墜落するもんだぜ。 重要なパーツの一つでも開発できなかったらそこで止まる、たぶん半分くらい開発して開発率50%とか言い出しそう。 それに航空機用AESAレーダーは日本が30年前に開発したのより劣っている、対空モードは飛行機からのレーダー反射波を検出するだけでいいが、対地・対艦モードは目標周囲からの反射波を上手に処理する必要がある、果たして韓国にできるのか? AESAレーダーに関しては日本も一切情報を漏洩させていないから、AESAを本当に使いこなしてる国は今現在でも日米だけの状況。 2019-09-27 16:52 :• Anonymous.

次の

韓国あんてな

中国 韓国 の 反応 アンテナ

RSS新着(アンテナ)のTOPページは です まとめブログ界隈で話題のを読んだ所感です。 さて、アンテナ管理人の端くれとして月間1億2000万pvのまとめサイト管理人が出した本を読まないわけにはいきません。 普段は知りたい内容が明確に書いてあるか目次やレビューなどを吟味して買います。 が、今回は中身によらず、とりあえず読もうと決めていたので何も調べずに買いました。 ノウハウ観点での所感 本のタイトルには「ノウハウ」とありますが、結論から言うと、既にまとめサイトを管理している人にとって目新しいノウハウは書かれていないと言えます。 これからまとめサイトを始める人にとっても、ノウハウ本としての意味はあまり無いと思います。 ノウハウ目的であれば、Googleで検索したほうが有益な情報が得られます。 何を期待して買うかにもよりますが、もしアフィリエイトなどで儲けることを期待しているのであれば のほうが良いですね。 中の人の生い立ちや、プライベートで起きた事件なども含まれていますので。 スポーツ新聞がやっているからまとめブログでもやって良いという考えは少し疑問。 オリジナル記事を書くための考え方なんかは多少参考になった気もしますが、 検索すれば同じようなレベルの内容はすぐに見つかります。 ということで、無料で読めるブログのタイトルならいざしらず、 お金を払って買うこの本のタイトルに「ノウハウ」を含めたことには違和感があります。 あくまで個人的な感想なので、Amazonのレビューでも確認してみてください。 他の観点での所感 ノウハウ観点の否定から入ってしまいましたが、全否定するわけでもありません。 とくに私はノウハウを期待して買ったわけではなかったので、読み終わった後に Amazonのに書かれているような嫌悪感はありませんでした。 というよりも個人的にはノウハウより大切なことが書いてあったと思います。 それは、人気サイトになったと感じるまでに、少なくとも2年以上、1日18時間ブログ中心の生活を過ごしたという部分です。 あと、続けるのに最も大切なのはお金ではなくて情熱だという部分も。 これはキレイ事ではなくて、私も一部正しいと思っています。 私は、この世界で儲けるという意味で成功するのは、18時間・2年以上も熱中できるような狂気じみた人か、 ビジネスとして成功させるセンスを持った人だと思います。 後者は、はちま起稿をはじめ大手が行っている複数人管理、 記事作成代行などを取り入れて仕事として効率よくクールにやるべきですが、 前者に必要な狂気のことを情熱と呼ぶのかもしれません。 また、この狂気が人を惹きつける文章の元になるのだと思っています。 なんにせよ、駆け出したばかりのまとめサイト管理人や、これから始める人たちに、こんな生々しい経験を語ってくれる人は居ません。 私も管理人の端くれとして感じていたことではありましたが、それを確信できました。 贅沢を言えばもう少し早い時期に読みたかった本です。 まとめ ということで、覚悟を決めたい人・感じたい人には一読の価値はあれど、ノウハウ本としてはお薦めできないかなという感じでした。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 今回紹介した本 清水 鉄平 SBクリエイティブ株式会社 売り上げランキング : 370 応援・共有してもらえると、 韓国あんてなを続ける力になります。

次の