イチジク の 育て 方。 イチジクの木の育て方は?地植え・鉢植え、剪定方法や肥料が分かる!

【初心者】いちじくの栽培・育て方のコツ(剪定・一本仕立てなど)|【簡単】家庭菜園の始め方と初心者におすすめグッズ

イチジク の 育て 方

イチジクの育て方は、歴史ある果物のイメージとは違い、決して難しくありません。 初めての果樹栽培にチャレンジする、園芸初心者向け植物。 しかく地植えでなく 鉢植えで立派に栽培できると聞けば、一度は自分の手で育てて収穫してみたくなりますよね。 コロンとした可愛い外見とプチプチした不思議な食感のイチジク、なんと 紀元前2000年以上も前から栽培され愛されている果物! イチジクは漢字では無花果と書きますが、その理由はイチジクの花が、 実の中の見えない所に咲くことから付くため。 まるで花を咲かせずに結実するかのような、 変わった生態のイチジクの育て方、ますます興味が湧いてきますよね。 そこで今回は、鉢植えでのイチジクの育て方の基本と、 おいしい実を収穫するためポイントをお伝えします。 まずは苗と鉢選びからスタート イチジクの育て方の手順として、まず手を付けるのが 苗選び。 イチジクは実の収穫まで2年はかかりますので、早く収穫したい方はあらかじめ 2年生の苗を購入して、1年だけ収穫まで待つという手もアリ。 そして次に決めるのが イチジクの品種。 イチジクには夏果専用種と秋果専用種、夏秋兼用種というものがありますが、初心者の方には9月から10月に収穫できる 秋果専用種がおすすめ。 大きさは8号、できれば10号以上の鉢にしておけば間違いありません。 ・ 好きなデザインの鉢を購入すれば、イチジク栽培への気持ちも高まってきそうです。 植え付けに適した時期と場所 イチジクの苗を購入したら次は鉢への植え付け! 植え付けは時期は12月から春までが目安ですが、寒い地域にお住いの場合は 3月頃の植え付けがおすすめです。 その年によっても寒さの加減は違いますので、若い苗を植え付ける際には 気温に気を配っておくことも、イチジクの育て方では大切。 そして苗はなるべく 鉢の浅めの位置に植えるようにします。 ・ 鉢の置き場所は 日当たりが良く、強い風にさらされない場所を選ぶのがベスト。 大きさは1メートル程度に育つので、 成長後の高さも含めて置き場所を決めれば安心です。 また鉢植えには台風・大雪などの荒れた天候時や、風の強い日にはその 風向き次第で場所移動できるという利点があります。 大きく育ってからの鉢移動は重くて大変なので、便利な キャスター付きの台に乗せておくのも、良いかもしれません。 水やりはこまめに イチジクの育て方の中でも重要なのが水やり。 特に 夏場の水切れは禁物で、収穫の前に実が割れてしまうなど、大きなダメージを生み出しかねません。 ・ イチジクはその大きな葉からも どんどん水分が蒸発してしまうので、そういった事も考慮して マメに水を与えるのが収穫へのコツ! しかし、あまりにも気温が高い日の日中にお水を与えると、 苗を傷めてしまうことに…。 そういう時間帯は水やりを避けてください。 その間にも水分は蒸発してしまうので、真夏には イチジクの根元を水苔でおおって、苗を守るようにするのが賢明です。 収穫のために大事な芽かき・剪定 おいしいイチジクの収穫の為には 芽かき・剪定の作業が必要。 その他にも根が張りすぎていないか、などもチェックしておくべき項目です。 鉢植えでのイチジクの育て方では、 「一文字仕立て」という植え方が一般的ですが、これは植木鉢にイチジクの苗を 1本植え、切り戻しなどをしつつコンパクトに仕上げるやり方。 ・ 2年後にはこれに加えて 細い枝・弱い枝もバッサリ。 これがイチジクの切り戻し作業です。 芽かきとは、主に伸びている枝の 新芽以外の芽を摘み取る作業、そうして 伸ばしたい枝にたっぷり栄養が届くよう、手助けをしてあげることがポイント。 そして、鉢底をチェックして根が回りすぎているようなら、 余裕のある大きさの鉢に植え替えます。 これもイチジクの育て方には欠かせない手間のひとつ、鉢に余裕が生まれれば イチジクもノビノビと成長してくれます。 イチジクの追肥と収穫のタイミング イチジクの育て方で結実のためにやっておきたいのが追肥。 追肥のタイミングは12月~1月、与えるのは油かす・固形の配合肥料が扱いやすいのでおすすめです。 そして 9月頃にも肥料を与えますが、ここで与えるのは化成肥料などがベスト。 ・ 傷んだ実や 小さいままで成長しない実などは早めに摘果し、その分の栄養を 大きなしっかりした実に回すようにお手入れをしてあげるのです。 この辺りはおいしいイチジクの育て方の中でも、 収穫を想像できる作業!ここまでの作業を越えればあとは実が熟すのを待つだけ、 実を触ってやわらかく感じたら美味しいイチジクの食べごろ! また、イチジクは追熟しない果物なので、 完熟した実をその都度採って食べるのが一番贅沢で、おいしい食べ方です。 いかがでしたでしょうか、イチジクの育て方は特に 難しい作業をしなくてもいいのが嬉しいポイント。 果実酒やジャムにしても良いし、 そのまま食べても美味しいイチジク。 食べ頃の完熟の状態で収穫することを考えたらワクワクしてきます。 イチジクは 人工授粉しなくても結実する嬉しい果物なので、実がなるかどうかの心配もしなくて大丈夫。 鉢植えでしっかり育ってくれて、 好きなタイミングで獲れたてを味わえるとなると、栽培しないでいるのは勿体ない! イチジクは冷凍できるので、完熟のタイミングを逃さずに収穫して フリーザーバッグに入れて保存するのがおいしく食べるコツ。 食べやすい大きさにカットしておけば、 好きな料理やデザートに活かすことができます。 解凍する時は全て溶かしてしまうと 水っぽくなるので、シャーベット状の溶け加減の時にミキサーにかけて、 ジュースやシェイクにすると最高に美味しいです。 スーパーで見られない品種を味わえるのも、自宅栽培の魅力。 好きな品種、 食べてみたい品種を探してみるのも楽しそう…。 初心者にも易しいイチジクの育て方、いくつかのコツを押さえて、 収穫を成功させちゃいましょう! まとめ イチジクの育て方のポイント ・園芸初心者なら、秋果専用種がおすすめ ・苗は、鉢の浅めの位置に植える ・夏の水やりでは、水切れは大敵 ・タイミングを見て、大きな鉢に植え替え ・美味しい果実収穫には、摘果も必要.

次の

イチジク

イチジク の 育て 方

基本情報• 科名属名:クワ科イチジク属(フィクス属)• 原産地:アラビア半島南部、地中海沿岸地方• 分類:半耐寒性,木本(落葉)• 栽培のスタート:苗木から• 日照条件:日なた• 水やり:過湿に弱いので、乾いたらやる程度でよい• 樹高:低木、高木 2~5m• 植えつけ期:12~3月• 開花期 不明(果実(花托)の内部に無数の花がつくため、外からは見えない)• 収穫期 夏果 6月下旬~7月下旬 秋果 8月下旬~10月下旬• 植えつけから収穫までの期間 2~3年 まめ知識 鉢やコンテナで育てるときは イチジクは、関東地方以北でも、鉢栽培ならば十分に栽培することができます。 鉢栽培では、10号(直径30cm)鉢程度の大きさの鉢を使用し、用土には赤玉土3、鹿沼土3、腐葉土3,砂1を使います。 植えつけ後はしっかりと水やりし、樹高30cm程度で切り詰めましょう。 置き場所は、日当たりがよく、風が直接当たらないところがよいでしょう。

次の

家庭でも手軽に栽培できる! 簡単フルーツ・イチジクの育て方

イチジク の 育て 方

イチジクの小果の品種での鉢植えに取り組んでいます。 イチジクといえば、「桝井ドーフィン」に 代表される大果が浮かんできます。 育てやすくて、完熟した果実の美味は格別です。 それにしては家庭果樹としてあまり人気が ないように思われます 我が家でも植えていますが、株が横に広がるのと、 雑木林に接しているので害虫 特にカミキリムシの 幼虫(樹皮や木質部を食害)の被害が多く、 つい庭の隅に置かれていました。 ところが偶然「ビオレッタ」という小果の品種を手に入れました。 この品種は節間が短いので、鉢植えに適しています。 早速12cmくらいの鉢に植えておいた所、結実しているので あわてて一回り大きい現在の鉢に移植しました。 時期的に秋果ですが、露地植えしたものはこの夏に賞味でき、 さらに新梢には秋果が育っています。 果実は小さいのですが、皮ごと食べられますし 味も平均点以上でした イチジクは夏果中心の品種と、夏と秋に収穫できる品種が ありますが、ありがたいことに「ビオレッタ」は 特に処理をしなくても夏果と秋果が楽しめそうです。 探してみますと、挿木した苗木がいくつか見つかりました。 しかし放任してあったので、写真のように徒長しており このままの姿で鉢栽培はできません。 一番てっとり早いのは花芽をつけている枝を取木して、 コンパクトな苗木を作ることです。 適期としては来春でしょうが、思い立ったが吉日で 早速取木をすることにしました。 イチジクは挿木・取木で容易に発根してくれますので、 特別な処理はしません。 発根させたい部分に接した所を幅1cmくらいに環状剥皮します まず上下に切り込みを入れ・・・ ナイフなどで間に切り込みを入れます。 あとはペリペリと皮をむいていきます。 完成! 茎が細いので、環状剥皮部から折れるのを防ぐために 支柱を添えておきます。 切り口の保護と発根してきた根が乾燥しないように、 湿った水苔で包んでやります。 発根の状態を確認するためには透明なビニールで包みたい ところですが、根は光を嫌いますので、有色のビニールにします。 中心の枝の勢いが強く、他の枝の充実を妨げそうなので、 芯を摘み取っておきます。 これは先ほどの実をつけている方のビオレッタ。 2箇所芯を摘み取りました。 よく観察してみますと、果実をつけていました。 盃状仕立てにした枝でそれぞれ育成に変化がみられます。 向かって右側、一番傾斜を大きく倒した枝は徒長せず 十分実に栄養がいっているようです。 左側の枝もそうですね。 真ん中の直立した枝は徒長し、果実はあまり育っていません。 仕立て方によってかなり生長に変化がみられおもしろいですね。 ユスラウメの枝が発根しているのを見つけました。 この木は今春にすでに2箇所、取木をしているのですが、 せっかく根が出てきたのでこちらも取木することにしました。 作業は同じです。 すでに発根しているので、水苔をまわりに巻いてやり、 有色のビニールで保護してやります。 先に取木していたものをそろそろ鉢上げしてやりたいところですが、 まだ根が白く細い可能性があります。 この状態は根が傷つきやすいので、もうしばらく待つことにします。 本日の作業はこれで終了です。 刃先の切れ味が抜群です、万能にお使いいただけます。 今回の作業では環状剥皮、取木のビニール袋のカットなど さまざまに活躍してくれました! グリップカラーは全部で6種類。 お好きな色をお選びください。 クラフトチョキ 刃の表面にはハードクロームをコーティングすることで、ヤニがつきにくく、さびを防ぎます。 また、磨耗に強く、耐久力があり、切れ味が持続します。 今回テーマだったイチジクですが、昨年プランターに植え替えたものが 実をつけているのを見つけたとき、とても嬉しい気持ちになりました! 実際にお世話をしているのは西先生なのですが・・・。 前々から取木しているユスラウメ、今日取木したビオレッタなど 鉢上げして自分で収穫するのがいまの目標です レモンも育てたいな~ カテゴリー• 月別アーカイブ•

次の