愛想 が 悪い。 愛想のない人って…

愛想がいい人がモテる理由~愛想よく振る舞うコツ~|「マイナビウーマン」

愛想 が 悪い

<目次> ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 1 愛想がいい人と悪い人の違い 愛想がいいなと感じる人には、どのような特徴があるのでしょうか? また、男女によって、愛想がいいと思われるポイントに違いはあるのでしょうか。 アンケート調査をしてみました。 高めのトーンでハキハキとしゃべる」(男性/23歳/学校・教育関連/事務系専門職) 愛想がいい女性は、年齢を問わず誰にでも話しかけられる、コミュニケーション能力が高い女性のようですね。 いつも笑顔であいさつがさわやかな、人当たりのいい感じでしょうか。 職場に元ホストの人がいて、話題も豊富だし女性を持ち上げるのが上手」(女性/36歳/農林・水産/専門職) 愛想のいい男性はというと、話し上手でノリがいい。 笑顔が絶えないといったムードメーカー的な特徴があるようですね。 文句が多い。 「でも」や「だって」など、Dで始まる言葉をよくしゃべる」(女性/35歳/学校・教育関連/その他) 愛想が悪い女性は、感情表現や表情に乏しく、何だか根暗な印象を受けます。 話す内容も否定的で、長く一緒にいると疲れてしまいそうです。 相づちを打つことすらしない人」(女性/35歳/ホテル・旅行・アミューズメント/クリエイティブ職) 愛想が悪い男性は、昭和のお父さん的なイメージでしょうか。 自分から場を盛り上げるのが苦手で、感情表現が薄く、横柄な態度を取ることもあるようです。

次の

愛想がない女の特徴17選〜デメリットが凄まじい

愛想 が 悪い

皆さんは友達いますか? 私には友達がいません。 高校まではいましたが、その友達とも次第に連絡を取り合わなくなり、現在はゼロです。 母親からは心配されます。 友達いないの?友達を作りなさいと。 そんなこと言われると焦りますよね。 友達いないって悪いことなのかな?って。 でも、人の特徴や性格をそう簡単に変えることはできないし、仕方ない部分もあると思うんです。 私は自分の性格では友達ができにくいだろうなぁって実感しています。 思い当たることが沢山あります。 そこでこの記事では友達がいない人の性格や特徴について、自身の思い当たることを紹介したいと思います。 そして友達がいないことって本当に悪いことなのかを考えてみたいと思います。 1.友達がいない人の特徴や性格 1 無愛想 友達がいない人は近寄りがたい雰囲気を持っています。 話しかけるなオーラが漂っているというか、なんかいつも怒っているような印象を持たれてしまうんですね。 無愛想で笑顔がない。 無表情で感情の起伏がなく、何を考えているのかわからない。 例えば、お店の店員さんに聞きたいことがあったとしましょう。 あなたは愛想が良さそうな店員さんと無愛想っぽい店員さんの2人がいたらどちらに話しかけますか?愛想が良さそうな店員さんに話しかけますよね? 店員さんだって常に笑顔ではありません。 話しかける前は無表情のはずです。 でもこの店員さんは愛想良さそう、無愛想そうって人は敏感に感じ取るんですよね。 同じ無表情でも愛想の良い人は口角が上がっていたり、小さな笑いジワがあったりします。 無愛想な人は逆に口角が下がっていたり、シワが全くなくて能面みたいな印象を受けたりします。 近寄りがたい雰囲気・話しかけるなオーラっていうのは、このような無表情の顔のわずかな違いを無意識に感じ取るんでしょうね。 私は何を考えているかわからない、接客業は絶対に向いていないよねって言われることがあります。 遠回しに無愛想って言われたんでしょう。 ストレートに言われたわけではないですが、ちょっと落ち込みました。 2 失敗を極端に恐れる 人は失敗を恐れる生き物です。 失敗が全く怖くないという人なんて極少数でしょう。 失敗して笑われたら恥ずかしい…だからやめておこう…多かれ少なかれ誰でも心の中に存在する感情です。 友達のいない人は失敗を極端に恐れます。 でも失敗を恐れて何も行動せず、話しかけられるのを待っているだけでは、友達はできにくいでしょう。 積極的に人に話しかける必要があります。 つまり、失敗を恐れずに挑戦する必要があります。 人に話しかけた結果、話が噛み合わないかも知れません。 うまく喋れず恥ずかしい思いをするかもしれません。 変なやつと思われて嫌われるかもしれません。 友達のいない人は話しかけた時に起こり得る失敗を極端に恐れて、話しかけることを諦めます。 プライドも極端に高いんですよね。 完璧な自分を追い求めすぎる。 完璧な人間なんていないんだから、うまく喋れなくたっていいじゃないかと割り切れない。 だからと言って「全く話しかけたくない」わけではないと思うんです。 話してかけて仲良くなりたい人もいるはずです。 しかし頭のなかで話しかけた時のことを色々考えてしまう。 考えに考えて結局話しかけない。 石橋を叩いて叩いて叩いたあげくに橋を壊してしまい、渡りたくても渡れない。 そんな感じだと思います。 3 他人に厳しい 友達がいない人は自分の失敗を極端に恐れて挑戦しないくせに、他人の失敗を許せません。 自分が当たり前にできることだから、他の人もできて当然と考える。 だから他人が失敗したらなぜできないんだと怒ってしまう。 もしくは呆れて突き放してしまう。 そんな態度をとっていたら、周りから人が離れていくのは当然の流れですよね。 友達もいなくなります。 例えば学校や会社でもそういう人が1人はいますよね?そんな人と一緒のグループになったり、仕事をしたいとは思わないはずです。 気を使って疲れますよね。 そして他人に厳しい人は、人を見下す傾向にもあると思います。 人に優劣をつけたがる。 例えば学校なら、こいつは勉強ができないからダメと決めつけて見下す。 もしかしたら絵がうまいかもしれない、歌がうまいかもしれない。 他に良い面があるかもしれない。 でもそんなことは考えようともしない。 人は色んな個性があってそれが良いのに、人の良いところを積極的に見ようとしない。 悪いところを探そうとする。 そして悪いところを責めて、自分が優位に立とうとします。 私も人に厳しい傾向があります。 あからさまに失敗した人を怒ったり責めたりはしませんが、内心はなんで失敗するの?と思ってたりします。 それが態度や表情に出てしまっているのかもしれません。 反省しないといけないですね。 4 干渉されることを嫌う 友達がいない人は頑固で自分の考えが正しいと思い込むことが少なくありません。 だから、人にあれこれ言われたり指図されることを嫌います。 人に干渉されたくないんですね。 特に自分でこだわりを持っていることに対して干渉されると、突き放す態度を取ってしまいがちです。 例えば、私だったら1日2食にこだわりを持っています。 朝ごはんは抜いて、昼と夜ごはんだけ食べます。 かれこれ15年以上、1日2食の食生活です。 体の調子も問題ないのでそれで良いと思っています。 でも、客観的に見たら1日3食しっかり食べた方が健康にも良いですよね。 朝ごはんを食べないと頭が働かないよって言われます。 他の人は良かれと思ってアドバイスしてくれるのですが、内心うるさいほっといてくれと思っています。 悪気はなくアドバイスしてくれた人に対して、うるさいと突き放したら当然離れていきますよね。 言葉に出さずとも不機嫌な態度が見え隠れしたら、もう近づかないでおこうと思われるのが普通です。 そうやって友達がいなくなっていきます。 そして干渉されるのが嫌なもんだから、そもそも人と積極的に関わろうとしない。 そうやってどんどん孤立していくわけです。 5 飽きっぽい 友達がいない人の中には飽きっぽい人もいるのではないでしょうか? 例えば飲食店に行った時に、あなたは毎回同じメニューを頼みますか?違うメニューを頼みますか?私は同じメニューばかりだと飽きてしまうので、いつも違うメニューを頼んでしまいます。 人間を物のように扱うのは間違いだとわかっているのですが、私には人間関係のリセット癖があります。 いつも同じ人間と関わってくると飽きてくるというか、なんだか疲れてくるんですよね。 別に嫌いになったわけじゃないんですが。 なので人生の節目では環境を思いっきり変えて、人間関係をリセットしたくなります。 高校や大学への進学は地元を離れることを選びましたし、転職もしました。 人間関係や周りの環境に飽きた、そして順応するのを諦めたのが理由の一つです。 そんなことでは人間関係が成熟しませんし、一生の友達はできませんよね。 2.友達いない人はつまらない人? ここまでは友達がいない人の特徴や性格を述べてきました。 自分もそうなんですが、取っつきづらくて、面倒くさい性格をしていることは否定できません。 でも友達がいない人は人間的につまらない人なのか?と考えた時に、必ずしもそうではないと言いたいです。 私の経験則なのですが、友達がいなそうだなって人の方が、実際に話してみたら面白かったり、独特で斬新な考え方をしていたりする。 前に勤めていた会社で僕がよく話していた先輩がいるんですけど、その人は普段は無愛想。 入社したばかり頃は怖くて非常に話しかけづらかった。 でも仕事の関わりで話してみたら、面白い考え方をしていて芯が通っている。 1番信頼できる先輩でしたね。 類は友を呼ぶじゃないですけど、友達いないもの同士たまたま気が合っただけなのかもしれません。 でも意外と友達いない人だって素晴らしい魅力を持ってるかもしれませんよ。 3.友達いないって悪いことなの? 世の中には「友達がいない=悪」みたいな風潮がありますよね。 友達がいて当然なのに、なんであなたは友達がいないの?悪人なの?みたいな。 友達がいないことで罪を犯しているような気分になってしまいます。 私は友達がいないことは決して悪いことではないと思っています。 確かに友達がいないのは変人で変わり者かもしれませんよ。 近寄りがたい雰囲気を出しているかもしれませんよ。 でもそんな人間がいたっていいじゃないですか。 友達がいないからって奇異な目で見ないで欲しいです。 つまらない人間、欠陥のある人間と決めつけないで欲しいです。 別に友達がいなくても普通に生きているんです。 悪いことなんてしませんから。 一人ぼっちで過ごしました。 とても辛くて大学を辞めようともしました。 でもその時の経験があるから、今は友達がいなくても何とも思いません。 むしろ気楽に楽しんでます。 確かに友達がいれば人生もっと楽しかったかもしれませんよ。 しかし友達のいない人生もそう悪いもんじゃない。 それに社会人になったら誰でも友達付き合いが減っていくものです。 気にする必要はないと思っています。 だからもし、友達いないことは悪いという風潮に流され、友達を作らないといけないと焦っている人がいたとしたら、無理しなくてもいいんじゃない?と言いたいです。 自分の性格を無理やり変えて、偽りの友達を作ったとしても疲れるだけですよ。 友達がいないことは決して悪いことではありませんから。 だからと言って開き直ってありのままに生きたら自分勝手過ぎるかもしれません。 ちょっとだけでいいので周りの人の気持ちを考えつつ、気楽に生きていけばいいんじゃないかと思います。 友達がいる・いないに振り回されないようにしたいですね。

次の

【ヤマト運輸の宅急便ドライバーへのクレーム】配達員の態度が不愛想で怖い!

愛想 が 悪い

【特徴・方法】• 人と目を合わせない 愛想の悪い人はまず人との接し方に問題がある場合が多いです。 知り合いとすれ違った時に気づかないふりをして目を合わせなかったり、 遠目で目が合ったのにそらしたり、基本的に知り合いでも気づかないふりをして目をそらしてしまいます。 相手からすると気づいたのに気づかないふりをされたと思うので愛想の悪い人だと認識されてしまいます。 本当に相手に気づいていない人と、 気づいているのに気づいていないふりをしている人の反応の違いは大人であればだいたいの人がわかります。 知らんぷりをしてしまったら相手への印象は悪くなりますので気を付けるようにしましょう。 挨拶をしない 会った時に目が合っているのにも関わらず挨拶をしないという人も愛想の悪い人の特徴です。 ただ言葉なく会釈をすればいいと思っている人もいますが、それは挨拶にはなりません。 きちんと相手に聞こえるように言ってはじめて挨拶は成立するものなので、 会釈をするだけや小さい聞こえないくらいの声でしか挨拶をすることができない人は、 愛想の悪い人だと思われてしまいます。 挨拶は社会人の基本、もっと言ってしまえば人間として子供でも厳しく言われることなので、 愛想だけではなく人間性も疑われてしまう可能性があります。 話しかけられても反応が薄い 愛想が悪いと言われてしまう人は、人と会話するときにも愛想のなさが表れてしまうものです。 誰かに話しかけられているのに、聞かれた質問にはいかいいえで答える程度でそれ以上話を広げる努力をしなかったり、 そこで話を終わらせようとしているような雰囲気を出してしまいます。 人見知りや何を話していったらいいかわからないという人も中にはいると思いますが、 そういう場合は一言最初に断っておくと勘違いを防ぐことができます。 愛想の悪い人の受け答えは相手に不快感を与えてしまい、 もうあの人とは話したくないと誤解されてしまうこともあるので注意が必要です。 はいかいいえの答えに少しでも言葉を多く添えて、話を盛り上げる努力が必要です。 表情が硬い 愛想の悪い人は話をしている時や普段の態度から表情が硬く、 あまり笑わなかったり無表情だったりして話しかけづらい雰囲気を出していることが多いです。 愛想をよく見せたい場合は、とにかく表情を明るく、 人と話をする時やあいさつをするときにはにこっと笑顔でするようにするだけで印象がパッと変わります。 笑わない人や楽しい話をしているのに表情が硬い人だと話していてもその場の雰囲気も硬くなってしまうし、 そもそも楽しい話にも感じられなくなってしまうものです。 話に入ってこない 集団で何かの話をしていても全く話題に入ってこなかったり、 話を振られてもどうでもいいというような答えしかしない人がいます。 これも愛想が悪いと言われてしまう人の特徴です。 集団にいる以上はある程度相手の話やその場の雰囲気を壊さないようにその場を取り持つという努力も必要ですが、 それをしようとしない人がいます。 確かに自分の思いや感情を偽る必要はありませんが、 その場にいる以上はできる限り輪に入り雰囲気を壊さない配慮は必要です。 ずっと黙りっぱなしで不機嫌そうな顔をしていたりする場合は、愛想の悪い人だと思われても仕方がありません。 愛想の悪い人の特徴は、誰もが感じるとっつきにくい感じの悪い人である以上のように、 愛想が悪いと言われている人は誰が付き合っていても話しづらさや雰囲気の重さを感じてしまう人です。 人見知りなどの人はうまく話ができなくてもそれをどうにかしようとする努力をしている人が多いので、 会話が続かない人しても雰囲気が重くなることはありません。 愛想の悪い人の特徴に当てはまってしまう人は、もう一度人との付き合い方について考えなおしてみましょう。

次の