あれ から カラオケ。 【美空ひばり(AI)】あれから【感動】(feed.partizan.com)

あれから(AI美空ひばりの新曲)の歌詞や発売日!リアルな歌声に感動の声!

あれ から カラオケ

12月18日に『あれから』のCD盤がリリースされる。 番組では、没後30年を迎えた美空ひばりの音声データを用いて、ヤマハが開発を進めているAI技術によってその声を蘇らせ、「AI美空ひばり」として新曲を歌唱するという試みに挑んだ。 作詞とプロデュースは美空ひばり生前最後のシングル『川の流れのように』を手掛けた秋元康が担当。 美空ひばりの新曲としては約30年ぶりとなる。 今回のリリースは、番組の反響を受けたもの。 亡くなったアーティストの歌声をAIによって蘇らせ、新曲としてリリースされるのは世界初になるという。 加藤和也(ひばりプロダクション)のコメント このたび「あれから」が商品化されるとのことで、多くの人に美空ひばりの新曲という形で聞いてもらえることは感慨もひとしおです。 美空ひばりはこの世には戻りませんが、最先端の技術で、ここまで空いた隙間の時間を埋めてもらえるAIの素晴らしい側面を感じさせていただきました。 秋元康のコメント 「A. によって、美空ひばりさんが甦ったら、どんな歌を歌って欲しいですか?」 そんなNHKスペシャルのスタッフからの質問から始まった企画でした。 もし、今、美空ひばりさんに新曲を書くとしたら、何をテーマに書くだろう? わくわくしながら考えました。 美空ひばりさんが亡くなってから30年。 当時、30歳の若造だった僕も還暦になりました。 そこには、30年の「あれから」があります。 その募った思いを「あれから」という歌に込めました。 「あれから」という歌に多くの方々から大きな反響をいただいたと聞いて嬉しく思います。 もう一度会いたいというみなさんの思いを、一夜だけの夢として企画したものですが、「あれから」は、美空ひばりさんが僕たちにくださった「これから」なのかもしれません。

次の

美空ひばり「あれから

あれ から カラオケ

解説 [ ] 本曲は2019年9月29日に放送された『 AIでよみがえる美空ひばり』の企画として制作された。 番組内では過去の膨大な映像や音源を元に、ひばりのライブを再現する試みが行われた。 本曲の制作に際し、ひばりの過去の音源をに学習させ、それを元ににより歌声を再現するの最新歌声合成技術「」を用いて「AI美空ひばり」が制作された。 作詞はひばり生前最後のシングル『』を手掛けたによる。 当初はCD化の予定はなかったが、視聴者やファンからの要望が多かったことから、CD化が実現。 故人の歌手の歌声を人工知能で甦らせ、新曲としてCDを発売するのは世界初である。 CDには番組で放送された「NHKスペシャル・バージョン」に加え、新たに制作された「シングル・バージョン」が収録された。 また、カセットテープも同時発売された。 本CDの発売に先立ち、11月27日には「NHKスペシャル・バージョン」が配信開始された。 評価 [ ] 番組の放送終了後、視聴者からは「凄かった」「感動した」「涙が止まらなかった」と称賛が相次いだ。 また、メモリアル映像では・・・・・が本曲を視聴。 生前からひばりと親交があった北野は「美空さんの最高傑作かと思うぐらい、いい歌」、指原は「今は近くにいない人を思って聴くと、涙が出ちゃうんじゃないかな」と絶賛した。 その一方で、「故人に対する冒涜なのではないか」という意見も見られた。 漫画家のはブログ上で「美空ひばりを侮辱してはいかん」「美空ひばりの歌はあんな平板なものではない。 コンピュータの再現なんかダメだ」と批判。 元NHKアナウンサーのは、毎日新聞のインタビューで「僕はああいうの、反対だな」「声色はだいぶ近づけることができたようだけど、映像の出来栄えは『あの程度』でしょ」と批判している。 また、生前ひばりと親交があったは『』で「一番単純な言い方をすると『嫌だ』」「あの人を亡くしてから『全部嘘であって欲しい。 まだ生きている』って思ってきた。 収録曲 [ ] 作詞:、作曲:、編曲:• あれから -シングル・バージョン-• あれから -NHKスペシャル・バージョン-• あれから -シングル・バージョン- オリジナル・カラオケ 脚注 [ ] - びっくり5人男 - - - - - - 左近捕物帖 鮮血の手型 - 鞍馬天狗 角兵衛獅子 - 鞍馬天狗 鞍馬の火祭 - 陽気な渡り鳥 - 鞍馬天狗 天狗廻状 - リンゴ園の少女 - ひばり姫初夢道中 - お嬢さん社長 - - 若き日は悲し - - - - - 銭形平次捕物控 まだら蛇 - - - ひばり捕物帖 かんざし小判 - 花笠若衆 - 女ざむらい只今参上 - - - - - べらんめえ芸者 - ひばり十八番 弁天小僧 - ひばりの森の石松 - 天竜母恋い笠 - ひばり・チエミのおしどり千両傘 - - 新蛇姫様 お島千太郎 - - 美空ひばり・の花と涙と炎 - ひばりのすべて - 女の花道 詳細はを参照。 テレビ番組.

次の

美空ひばり(AI歌唱)新曲 「あれから」CD NHK紅白直前に発売!

あれ から カラオケ

AIによって歌声を蘇らせた世界初の試みとして話題になっているAIの新曲「あれから -NHKスペシャル・バージョン-」が11月27日より、各配信サイトにて配信スタート。 また、全国のラジオ局では「あれから -シングル・バージョン-」(12月18日CD発売)のオンエアが一斉に解禁された。 さらに、40年ぶりに「NHK紅白歌合戦」で美空ひばりの歌声が披露されることを記念して、Apple MusicとSpotifyでは美空ひばりがこれまで紅白のステージで歌ってきた名曲のプレイリストが公開された。 よみがえったあの歌声「AI美空ひばり」新曲「あれから」は、9月29日に放送されたテレビ番組・NHKスペシャル「AIでよみがえる美空ひばり」内の企画から生まれた楽曲で、作詞とプロデュースを美空ひばり生前最後のシングルである「川の流れのように」を手がけた氏が担当している。 番組では美空ひばりの過去の膨大な音声データから、ヤマハ株式会社が開発を進めている最新の人工知能(AI)技術によって、ひばりの声を現代によみがえらせ、AI美空ひばりとして新曲を歌唱し、人の心を揺さぶらせることができるのかという試みに挑んだ。 放送後には大きな反響を呼び、大晦日に放送される第70回「NHK紅白歌合戦」で美空ひばりの歌声が復活することも発表された。 さらに、平成元年1月に発売された美空ひばりの生前ラストシングル「川の流れのように」以来30年ぶりに新曲CDとしてリリースされることも決定し、大きな話題を呼んでいる。 CD発売を前に、本日11月27日より「あれから- NHKスペシャル・バージョン-」が各配信サイトでの配信がスタート。 NHKスペシャル・バージョンはNHKスペシャルで披露されたライブの音源をそのまま収録したものとなっている。 また、今年の「NHK紅白歌合戦」で40年ぶりにその歌声を披露することが決定したことを記念し、Apple MusicとSpotifyでは、1954年の初出場以来18回出演している紅白で美空ひばりが歌唱した全楽曲のプレイリストの公開が始まった。 「美空ひばりが紅白で歌う名曲のすべて」と題されたプレイリストには、今年の紅白で披露される「あれから」を含め「柔」「悲しい酒」「人生一路」等の名曲が19曲並ぶ。

次の