重曹 うがい 虫歯。 「重曹うがい」が虫歯予防に効果あり?正しい重曹うがいのやり方 | 歯科オンライン

【重曹歯磨き】一年続けた結果が凄かった!(検証結果あり)

重曹 うがい 虫歯

歯を白くする、初期虫歯を治す、口臭予防、歯石予防、歯槽膿漏予防などオーラルケアの万能薬。 重曹には洗濯屋さんがしみ抜きなどの際に用いるものや、黒豆を煮る時などの調理に使われるものなどがあります。 食用または薬用として販売されているものを使用すれば、飲んでも害はありません。 最近ではオーガニック重曹なども販売されていますから、できたらこれらを用いたほうが良いかもしれません。 なぜ「重曹うがい」や「重曹を用いた歯磨き」が良いのでしょうか? はじめになぜ重曹が良いか、口腔内の細菌(善玉菌や悪玉菌)に着目してみましょう。 成人のお口の中(口腔内)には、100〜300種もの細菌が存在します。 この細菌は、虫歯菌や歯周病原菌等の悪い作用を及ぼす菌種以外にも、善玉菌と呼ばれる共生細菌が存在し、口腔内環境の維持を行っています。 口内のバイ菌を全て調べてみて解ってきている事があります。 それは悪玉菌が繁殖し、多く口腔内に住みつくためには口腔内が酸性である必要があるという事です。 PH(ペーハー)が7. 0であれば中性で、水はこの数値が7. この数値が7よりも低いと酸性で高いとアルカリ性になります。 この中でPHが6. 6以下であると、悪玉菌が繁殖する事が解っています。 そしてこの数値を上げれば上げるほど、悪玉菌は繁殖できなくなり減少してゆきます。 虫歯のもととなる悪玉菌は口内が酸性である事を好みます。 口内のPHを6. 6よりも上げるためには「重曹」の使用が有効です。 アメリカでは1970年後半に歯磨きの使用にとても良いという説が出ております。 私自身の感覚ではアメリカに居る時に販売されている重曹入り歯磨き粉を使用していると、なぜか日本に居る時より口腔内がすっきりしている感じがしていました。 酸性を中和する、もしくはアルカリ性に変えるという役目を考えると重曹はとても良い素材になります。 PHは8. 3あたりでちょうど口腔内のPHが6. 6、またはそれより低い場合うまく中和する役目をしてくれます。 悪玉菌の住みにくい口内環境を作るので、重曹の使用は理にかなっています。 プロフェッショナルケアとの組み合わせでまず、市販されている食用またはオーガニックな重曹を用いて歯磨きをする際、歯ブラシに歯磨き粉(ペースト)を付け、それに重曹の粉をまぶして、そのまま普通に歯を磨いて下さい。 これを毎日普通に2回朝晩するだけでも、その際にPHが上がり虫歯菌を減らす事に役立ちます。 重曹がすでに入っている歯磨き粉を使う事もできますが、この場合その量がはっきりしないという難点があります。 もうひとつは、重曹を用いたうがいです。 500mlのペットボトルに水とティースプーン1杯ほどの重曹を入れ、よく振ってかき混ぜます。 使う水は水道水です。 ミネラルウォーターだと保存がきかない恐れがあります。 作った重曹をコップに入れ、30秒ほどクチュクチュするだけです。 うがいと言うと、喉でガラガラのイメージがしますが、オーラルケアの意味での重曹うがいは、頬の筋肉で強めにクチュクチュすることです。 歯磨きの前に重曹うがいをすると歯垢が取れやすくなり、また歯磨き後に重曹うがいをすれば口の中に重曹の効果が残り、口の中の酸性を中和し虫歯を予防しやすくなります。 歯磨き前に数分くらいじっくりと口でクチュクチュ、歯磨き後に30秒程度クチュクチュが理想的です。 しかしながら一番大切なことは毎日の歯磨きとフロスを用いての清掃です。 どんなに重曹の効果が優れていてもお口が汚れていたり歯石がついていたのではその効果を生かすことができません。 また重曹だけを用いて歯ブラシをするとヤニが取れたり、歯が白くなったりしますが、長く使用しているとエナメル質の表面に傷をつけてしまう危険性もあります。 それらを防ぐために、定期的に歯科医院でのプロフェッショナルケアを組み合わせて行い、より良い口腔内の環境を構築し、快適な食生活を送り、全身の健康を維持されることをお勧めいたします。

次の

重曹うがいで虫歯が治った?銀歯の場合は?重曹うがいの危険性は?

重曹 うがい 虫歯

インターネットが普及して、検索機能ができたこともあり、 最近は、歯科医院でも直接は(患者様が遠慮して?)あまり聞けない、患者様の本当の気持ちや、思いを多く知ることが出来るようになりました。 その一つに、 「虫歯にならないように、良く歯を磨いて気をつけていたのに、虫歯にかかってしまった」というものがあります。 確かに、虫歯菌のない方は虫歯になりませんし、いつも「(虫歯菌のいる)歯垢」の残りやすいところから、虫歯になることを考えると、 「よく歯を磨いて、虫歯予防をしましょう」ということ自体は間違っていないと思いますが、 あるレベル以上きれいに磨けている患者様に、それ以上を求めることで虫歯予防を完璧にしようとするのは、現実的に無理があるのかな、という気がしています。 歯科では、 こうすれば虫歯になるリスクが減ります、ということをお知らせはしていますが、 (こちらの記事をごらんください。 ) 例えば、甘党の方が日々甘い物を食べないようにするのには、ダイエットのような難しさがあります。 正直、この他にも有効で容易に実践可能な、虫歯予防の対策はないかな、と考えてしまいます。 そこでふと思い出したのが、ウチにある「アルカリイオン整水器」 引っ越ししてからずっと使っていませんでしたが、ここのサイトで虫歯に関しての記事を書いていて思い出しました。 「口の中が酸性になる時間が長いこと」が虫歯の原因なら、アルカリイオン整水器の水でうがいして中和すればどうなんだろうか? と単純に思い浮かんだわけです。 で、検索したのですが、それらしい歯科医師の記事は見あたらず、 誰でも手軽に手に入る同じアルカリ性の「重曹」で検索したら…、 思いがけず、たくさんの記事がヒット。 民間療法てきな記事が多く、歯科医師の書いている記事は少ないのですが、それでも 数少ない歯科医院がヒット。 (ずーーっと見ていけばもっとあるかもしれませんが、歯科関係者以外の方の書いた記事の方が圧倒的に多い。 ) え? と驚くのは、歯科医院の数がコンビニ以上に多いと言われるだけあって、いつも歯科情報を検索すると、オニのように多い歯科医院の記事がヒットするから。 なので(歯科医院の記事の件数が少なかったことを)ものすご~く、意外に思いながら、読ませて頂きました。 () 先生のブログでは、毎食後と就寝前の歯磨きの後、 食事をして酸性(虫歯になりやすい)になってしまった口の中を「重曹うがい」で中性に戻すことをお勧めされていました。 「重曹うがい」の、やり方は簡単。 小さじ一杯(3g)の重曹(食用)を500mlのペットボトルの水に溶かし、それで「うがい」してグジュグジュ、ペッ、とはき出すだけ。 飲食後なるべく速やかにうがいすると、酸性に傾いていた口の中が一気に中和されて中性に戻ってくるのだそうです。 実際やってみると、500mlの水で薄めるため、もう「すごくしょっぱい」とかいうことはないです。 とても楽ですし、うがい後長い時間さっぱりしています。 もちろんこれだけで虫歯予防をすることは難しいので、歯を磨いて歯垢を落とすなど、他の対策にプラスして実践することが大切になります。 (虫歯予防対策はこちらの記事をごらんください。 ) 酸性になった口の中を中性に戻すこの「重曹うがい」の方法は、安価でとても手軽だと思います。 今のところ歯科の教科書で、重曹を用いての予防を大きく取り上げているということはないようなのですが、 民間療法でも根強い人気があります。 ただ塩分が微量ながらも摂れてしまうことがあるので、疾患にかかられている方などは、そこに注意したほうがいいかも知れません。 とりあえず我が家では、子供も楽しんで「重曹うがい」をしていたので、まだ虫歯のない子供の歯を守れるように続けてみたいと思います。 他の「重曹」の記事はこちらです。 ・ ・ よろしければこちらの記事などもご覧下さい。 (^^) 関連記事:• 歯ブラシの毛の硬さには様々なものがありますが、「やわらかめ」、「普通」、「かため」などで選べるようになっていることがあります。 今回はこの選び方を書いてみたいと思います。 歯周病での抜歯は、40歳代で目立ち始め、50~60歳代で抜歯数のピーク…、 ということで、つまり、歯周病はどちらかというと中年以降の病気。 そのため、若い頃に歯磨きをする意味を見いだせない方も意外と多い。 歯ブラシを怠ったときなどに、歯の根本に付く「白い歯カス」。 これを歯垢(プラーク)といいます。 』 歯は「酸」に溶けるという性質を持っています。 虫歯予防の話は、「歯科衛生士さん、お得意でしょ?」と、言われそうなところなのですが、いやはや、これがですね…、あまり得意ではないです。 虫歯(う蝕)とは、日本人の約9割の方がかかると言われる大変罹患率の高い病気です。 今日は、この虫歯とはどのようなものかをお知らせするため、あえて、虫歯を治療せずに、放置してみたいと思います。 虫歯予防の主な方法。 1, 歯垢(細菌)を減らす。 2, 酸性の物、糖質のものなどの摂取の仕方に気を付ける。 3, フッ素などの薬品等を使う。 4, 他、シーラントなど。 今日は、「3, フッ素などの薬品等を使う」。 赤ちゃんの歯磨きはいつからするのでしょうか? これは、「虫歯菌がつく時期」 と関係しています。 赤ちゃんの歯磨きの目的は、「虫歯を防ぐ」ことだからです。 ネットで、「重曹うがい」や「重曹はみがき」は人気があるようです。

次の

重曹水【兵庫県高砂市の歯医者 藤原歯科医院】インプラント 歯周病治療 入れ歯/義歯 |加古川市 姫路市

重曹 うがい 虫歯

重曹うがいとは? 重曹とは、天然の無機物質で「炭酸水素ナトリウム」です。 人間の体内にもある物質なので、身体に安全、と言われています。 これまでは、掃除に使う程度の知識しかなかったのですが・・ 食品用のベーキングパウダーも、重曹が主成分と聞いて、食品にも使用されていることが! ただ、掃除などの生活用と食品用の重曹は、種類が違います。 重曹うがいには、「 食品用」を使用します。 重曹うがいをスタート! 100均にも重曹はありますが、食品用は無かったのでスーパーへ。 うがい水の作り方は、 100mlの水に、小さじ1の重曹を混ぜ合わせる。 なので、帰宅後すぐにうがい水を作り、 痛い右側に、水を溜めてぶくぶくしました。 2~3回ほど。 ついでに喉をガラガラしたら、 ややヒリヒリしたので、喉も弱っていることが判明~ この間、30秒ほどです。 その日は夜寝る前に、もう一度、同じようにうがいし、その後、歯ブラシだけで歯磨きしました。 この2回目のとき、 喉のヒリヒリはもう治まっていました。 たった1日で、痛みが消えた! 翌日、食事をするときに、 歯痛が激減しているのにびっくり! その日も、うがいは昼、夜の2回。 その後は、夜の1度きりしか続けていませんが、 歯医者に行くことも無く、痛みはすっかり治まりました! (ただ、虫歯の進行の程度で、個人差はあると思いますが。 ) なぜ、痛みが取れるのかというと、虫歯菌は砂糖などを取り込み、歯に穴を開けるための酸を放出します。 重曹はその 酸を中和させるそうです。 「参考URL」 フッ素は殺鼠剤の主原料なので、危険がありますが、天然の重曹なら安心です。 重曹歯磨きという方法もあり、重曹を練り状にして、 直接に歯につけて磨くのですが、刺激が強いと言われており、重曹うがいでも十分効果があるので、こちらをおすすめします。 私のように、虫歯になってからだけではなく、虫歯予防になりますよ。 重曹うがいは他にもこんな効能が!猫にも? 重曹は、ほかにも、 1 歯のホワイトニング効果 2 歯石が取れて、つるつるになる という効果が、期待できます。 重曹は食器の茶しぶを取る際にも、活躍します。 紅茶やコーヒーなどで、歯についた黒ずみを取り去ることにより、歯が白くなっていくのですね。 毎晩30秒だけで、 これだけの効能があるのですから、まさに魔法の粉!毎日でなくても、1週間に一度だけでもいいと思います。 味もニオイもほとんどありませんので、ぜひ、試してみてください。 花粉症の方は、 帰宅後の重曹うがいをおすすめします。 また、重曹を飲む、という健康習慣もあるそうで、その中に「猫に与える」という記事を見つけました。 毎日与えると、血流が良くなって健康になる、また糞尿の臭いが激減するそうです。 うちでは2匹の猫が居ますので、試してみたら、本当に糞尿の臭いはかなり消えます。 トイレは部屋に置いていますが、デオドランドの猫砂を買わなくても、気にならなくなりました。 与えてすぐに臭いは軽減しましたので、これも即効です。 ただ、2匹とも元気なので、健康になるという感じはわかりませんが、病気予防にもなるそうですよ。

次の