ヒカル youtube。 ヒカル(Hikaru)

ヒカル(Hikaru)の最新動画|YouTubeランキング

ヒカル youtube

《ヒカルの動画に低評価を押しまくって広告収入を0にしよう!! 》 現在Twitterでかなり拡散されているのがこちらの画像です。 最近のヒカルの炎上騒動に乗じてアンチが作成した画像だと思われますが、それにしてもクオリティが高いですね(笑) キャッチーなデザインとは裏腹に内容はかなり悪質なものになっていて、既にオワコン状態であるヒカルにさらに追い打ちをかけるイベントになっています。 ご存知の方も多いと思いますが、YouTuberが収入を得ることができるのは動画などで表示される広告の宣伝費のためです。 なので動画が再生されればされるほど広告の表示回数も上がり、収入の金額も大きくなるというわけですね。 この条件を利用して、高評価率を下げることで広告を表示させなくし収入を0にしてやろうというのが今回の運動の目論見です。 画像にある通りですが、VALU騒動で炎上してからというものヒカルのチャンネルの高評価率は一気に下がり、この画像が作成された時点でわずか30%…。 目標の20%まで既にあと一歩というところまで迫っていますね。 Twitterでどんどん拡散されていますが、もしこの運動の目標が達成されてしまうとヒカルがYouTube活動を引退してしまう可能性も十分あるでしょう。 しかし実はこのような運動は初めてではなく、先日もヒカルのチャンネル登録解除運動というものが実施されました! その件について知らない人のためにも次に解説しておきます! 《ヒカルのチャンネル登録解除運動》 こちらが先日実施された別の運動ですね。 実際に運動が実施された8月31日21時頃にはヒカルのチャンネルの登録者はみるみるうちに減少していき、最終的には8月31日だけでなんと10万人以上の人がチャンネル登録を解除。 【速報】 カリスマYoutuberヒカルさん 1時間、24時間、7日間のチャンネル登録者減少数で3冠を達成 日本一どころか世界一の称号を手にした模様 その勢いは留まることを知らず、今後にも期待がかかる — エンゼルフレンチ maedakarisuma それまでもVALU騒動以降、8月後半はほぼ毎日チャンネル登録者がマイナスになっていましたが、それまでのペースを大きく上回るほどの減少数になってしまいました。 ヒカルにとってはまさに地獄を見た8月でしたが、最後の最後にとんでもないダメージを食らってしまいましたね…。 《高評価率は収入額に影響するのか?》 既にかなり拡散されている今回のヒカルの動画低評価運動ですが、一つの疑問が浮上します。 拡散されている画像にははっきりと広告を流すことができなくなると記載されていますが、調べて見たところ特にそのような規則は見当たりません。 こちらはYouTubeヘルプに実際に記載されているものです。 他にもネットで軽く検索してみてもこれという情報を探し出すことはできませんでした…。 もしかすると筆者の調査不足なだけかもしれないので、もしそうなら申し訳ないです。 収入が0になると記載しておけば拡散もされやすくなると思いますし。 まあ収入が本当に0になってしまうとしても悪質な嫌がらせであることは変わりないのですが、そうなるとやはり単純に低評価を増やしたいだけという説が有力だと思います。 実際YouTube規約を理解している人の中ではそのような意見を持っている人も多いです。 《現在の高評価率推移は?》 気になる高評価率の推移は現在どうなっているのでしょうか? こちらがヒカルのチャンネルの高評価率推移です。 この画像だとまだかなりアバウトですが、これだけ見てもヒカルの人気の落ちっぷりが見て取れますね。 アップにした画像がこちらになります。 画像が拡散され始めた頃は30%でしたが、9月2日時点では何と25. 9%まで下がっていますね! 収入が0になってしまうかはわかりませんが、このままのペースで行くと本当に高評価率は20%を下回ってしまいます! そうなるといよいよヒカルも引退を考えるのではないでしょうか…。 《今回の感想》 今回ヒカルの動画低評価運動の件についてまとめて見ましたが、いかがでしたでしょうか? 以前のチャンネル登録解除運動に引き続き、これまた悪質な内容になっていますね。 もし本当であれば、高評価率が20%を下回ってしまった場合ヒカルはYouTube引退もリアルに考えるでしょう。 また仮に活動を続けるにしても現在のチャンネルは捨てて、また別で新しく作り直す必要があるのではないでしょうか。 ともかくヒカルの今後の対応に注目です。 プライドが高いヒカルのことなので普通に謝罪するというのは考えにくいですが、もしするとしてもかなり今更ですよね。 ここ数日は動画投稿も休止しているので何とも言えませんが、どんな形であれ一刻も早く現状に対応する必要があるでしょう。

次の

ヒカル(Hikaru)の最新動画|YouTubeランキング

ヒカル youtube

概要 高速トークを操るのが特徴の一つとされる。 というブランドを創立している。 過去には小嶌宣輝と「」というも結成し音楽活動もしていた。 略歴 での活動を始める前はを行っていた。 2013年6月1日、チャンネル「Hikaru Games」を開設。 動画投稿を始めたのは人気がほしかったためだとしている。 2016年3月18日、チャンネル「ヒカル(Hikaru)」を開設。 2017年4月3日、の春祭りでのを大量に買う動画を公開し、15万円分のくじを買っても当たりが出なかったことが話題となった。 8月20日、YouTuberの、と炎上軍というユニットを結成した。 8月23日、で価値が上昇した自身の仮想株式(VA)を一気に売り出し、購入者が多くの含み損を抱える騒動が起き、騒動となった。 9月4日、VALUに関する一連の騒動の責任を取り、株式会社VAZ執行役員の辞任、無期限活動休止などを発表した。 その後、11月、活動を再開した。 2020年1月以降、とのYouTube上でのコラボレーションを実施、話題となった。 出演 CM 2020年• 「」-と共演。 脚注 [] 出典• YouTuberの本 October 2017』、、2017年9月1日、 25頁。 日刊サイゾー サイゾー. 2017年9月6日. 2018年10月5日閲覧。 YouTube. 2017年10月1日閲覧。 「SPECIAL INTERVIEW 06 ヒカル」『Next Stage オフィシャルファンブック』、コスミック出版、2017年8月5日、 58頁。 YouTube. 2017年4月6日閲覧。 ライブドアニュース. 2017年4月4日. 2017年4月6日閲覧。 日本経済新聞. 2017年8月29日. 2017年10月1日閲覧。 2017年10月1日閲覧。 AERA dot. 2017年9月2日. 2017年10月1日閲覧。 ハフィントンポスト 2017年9月5日. 2017年10月1日閲覧。 公式動画.

次の

ヒカル(YouTube)の本名や年齢は?出身やWikiをまとめてみた!

ヒカル youtube

概要 高速トークを操るのが特徴の一つとされる。 というブランドを創立している。 過去には小嶌宣輝と「」というも結成し音楽活動もしていた。 略歴 での活動を始める前はを行っていた。 2013年6月1日、チャンネル「Hikaru Games」を開設。 動画投稿を始めたのは人気がほしかったためだとしている。 2016年3月18日、チャンネル「ヒカル(Hikaru)」を開設。 2017年4月3日、の春祭りでのを大量に買う動画を公開し、15万円分のくじを買っても当たりが出なかったことが話題となった。 8月20日、YouTuberの、と炎上軍というユニットを結成した。 8月23日、で価値が上昇した自身の仮想株式(VA)を一気に売り出し、購入者が多くの含み損を抱える騒動が起き、騒動となった。 9月4日、VALUに関する一連の騒動の責任を取り、株式会社VAZ執行役員の辞任、無期限活動休止などを発表した。 その後、11月、活動を再開した。 2020年1月以降、とのYouTube上でのコラボレーションを実施、話題となった。 出演 CM 2020年• 「」-と共演。 脚注 [] 出典• YouTuberの本 October 2017』、、2017年9月1日、 25頁。 日刊サイゾー サイゾー. 2017年9月6日. 2018年10月5日閲覧。 YouTube. 2017年10月1日閲覧。 「SPECIAL INTERVIEW 06 ヒカル」『Next Stage オフィシャルファンブック』、コスミック出版、2017年8月5日、 58頁。 YouTube. 2017年4月6日閲覧。 ライブドアニュース. 2017年4月4日. 2017年4月6日閲覧。 日本経済新聞. 2017年8月29日. 2017年10月1日閲覧。 2017年10月1日閲覧。 AERA dot. 2017年9月2日. 2017年10月1日閲覧。 ハフィントンポスト 2017年9月5日. 2017年10月1日閲覧。 公式動画.

次の