コロギス。 鳴く虫研究社

コロギスってどんな虫?

コロギス

[広告] 同園に初めてオバケコロギスが来たのは2012年12月。 展示を始めて2週間ほどは、ほぼ毎日レイアウト変更を余儀なくされたという。 「日本の森に生息している『コロギス』と『クロギリス』という昆虫の生活を参考にして石や枝などを配置した立体感のあるレイアウトで展示を始めたが、枝につかまるどころか隙間に隠れてしまったり、地面に無理やり潜ろうとしてレイアウトを破壊したりと散々だった。 朝になるといつも空き巣に入られた民家のようになっていたが、ある程度対策ができてからは週1回程度のレイアウト変更で済むようになった」と外国の昆虫コーナーの飼育を担当する渡辺良平さん。 その後2カ月ほどでオバケコロギスが死に、展示は中止となった。 その後、昨年12月にオバケコロギスが再び来園。 前回の飼育経験を生かし、展示ケースは、掘られたり隠れられたりしてもよいようあらかじめ潜りやすい位置を限定、高低差も無くし、造花を設置するなどの工夫を施した。 しかし、展示開始の翌朝、展示ケース内には切り刻まれた造花の姿が。 「その翌日、巣らしきものを作り始め、落ち葉や床材としてケースの底に敷いたヤシガラチップを、器用に大顎でくわえて引き込んでいる現場にも遭遇。 造花は落ち葉と同様、巣材として周辺の壁代わりにするには大きくて使いづらいため切り刻んだのでは。 オバケコロギス側も住みよい居住空間形成のために試行錯誤していたようだ」と渡辺さん。 現在は、「水分を欲しがるのに、必ずと言っていいほど底に敷いている木のチップなどの床材で水入れ皿を毎日埋めてしまうことに頭を悩ませている」という。 「オバケコロギスの魅力は、日本の昆虫界の常識を超える大きさと、意外に愛嬌(あいきょう)のある顔つき、そしておもちゃのような質感。 物に挟まって過ごしていることが多いので、造花の下やアクリル板の下などに注目して見てほしい。 全く動いていないように見えるが、ちゃんと腹部が動いて呼吸している。 基本的に日中は動き回らない昆虫だが、おなかがすくと突如動き始めるので、運が良ければ食事シーンにも遭遇できることも」 「21世紀になっても、まだまだ人間が知らないことはたくさんある。 昆虫好きの方も嫌いな方も、日本のコオロギからは想像もつかない『オバケコロギス』の実物を見て、世界の広さを実感いただければ」とも。 開園時間は9時30分~17時。 入園料は、一般=600円、中学生=200円、65歳以上300円。 小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料。

次の

コロギスってどんな昆虫?レアな昆虫?巣を作る!?

コロギス

コロギス…北摂の生き物 コロギス 2016年6月29日…大阪府池田市 飼育 コロギスは、コロギス科コロギス属の昆虫でおもに樹上で生活をします。 ふつうに生息しているのですが、比較的木の高い場所にすんでいるためか見る機会は多くありません。 同じコロギス亜科のハネナシコロギスよりも肉食の傾向が強く、特に終齢近くのものはイモムシなどの小さな虫をよく食べます。 刺激をすると翅や口を開いて威嚇をします。 交尾をするコロギス 2016年7月2日…大阪府池田市 飼育 コロギスは樹上で生活をします。 交尾の生態写真の撮影はわたしには無理かなと思います。 飼育下でのコロギスの交尾の写真です。 コロギスのオスとメス 雌雄 2016年7月2日…大阪府池田市 飼育 コロギスのオスとメスの写真です。 上の写真がコロギスのオス、下の写真がコロギスのメスです。 メスの成虫には長い産卵管があります。 産卵するコロギス 2016年7月9日…大阪府池田市 飼育 2016年7月9日午前2時ごろにコロギスのケースを見ると2ひきが産卵をしていました。 2016年7月12日…大阪府池田市 飼育 この日もコロギスが産卵をしていました。 コロギスの卵 2016年7月28日…大阪府池田市 飼育 コロギスが産卵を始めてから1週間ほどたった朽ち木を別のケースに入れていました。 7月20日のことです。 ところが28日になっても孵化をする気配がありません。 心配になって朽ち木を少し開いてみました。 すると上の写真のようなコロギスの卵がいくつもありました。 まだ孵化をする気配はありません。 大きさは、6mm少しでした。 暑さにやられなければ発生のすすむようすが分かると思います。 コロギスの巣 2016年7月9日…大阪府池田市 飼育 巣の中にコロギスのオスがいます。 ただし、飼育下での撮影です。 2016年3月31日…大阪府池田市 飼育 冬を越して活発に活動を始めたコロギスです。 1回脱皮すると亜終齢になると思います。 2016年5月23日…大阪府池田市 飼育 コロギスの亜終齢幼虫です。 クリックすると大きな画像で見ることができます。 威嚇するコロギス 2016年7月12日…大阪府池田市 飼育 コロギスの成虫はオスもメスも激しく威嚇をします。 翅を開き強く体を震わせます。 2016年7月24日…兵庫県三田市藍本 コロギスは樹上性なのでなかなか姿を見ることができません。 生きているものは光にやって来ているものなどを見つけることがまれにあります。 こちらもたまにある道路に落ちていたコロギスです。 人や車で「せんべい」のような状態で死んでいます。 2006年4月2日…大阪府池田市五月山 幼虫での越冬後のコロギスが水辺に水分の補給にやってきていました。 昼に活動をするコロギスを見ることはほとんどありません。 この時期の夜は活動するのに気温が低すぎるのかもしれません。 2019年5月5日…茨城県太子町 撮影-H. 氏 越冬後のコロギスの幼虫の写真を撮影されたので使わせていただきました。 累代飼育しているものよりも一回り大きく育っているようです。 適切な昆虫等を食べているからではないかと思います。 2017年…大阪府池田市五月山 大阪府池田市五月山で久しぶりに野外でコロギスを見ました。 まだ亜成虫のオスです。 葉の間に隠れてしまいました。 残念…!!! たくさんいると思われるのですがなかなか出会えません。 コロギスの初齢幼虫 2016年8月18日…大阪府池田市 飼育 コロギスの初齢幼虫が3びきもいました。 昨日も確認したので孵化は2016年8月17日から18日にかけてです。 ネット等で調べて孵化は来年2017年の7月くらいではと考えていました。 この幼虫の卵は2016年7月上旬から中旬に産卵されたものです。 ただし、産卵木は煮沸等していないので先に卵が入っていた可能性がないわけではありません。 もし今年産卵されたものなら、孵化には約1か月少しかかっています。 念のために1卵を観察用に取り出したものがありますが、そちらは変化がありません。 昨日19日には、午前4時から5時の間に孵化をした灰色のコロギス初齢幼虫が1ぴきいました。 今日20日も下の写真のように真っ白な孵化直後のコロギス初齢幼虫がいました。 午前5時40分でした。 早朝に孵化することが多いようです。 2016年8月20日…大阪府池田市 飼育 コロギスの初齢幼虫 1齢幼虫 から2齢幼虫への脱皮 2016年9月16日…大阪府池田市 飼育 16日午前7時半ごろにコロギスが脱皮をして、初齢幼虫から2齢幼虫になっていました。 もちろん2齢幼虫は白い色をしています。 コロギスの2齢幼虫 2016年8月31日…大阪府池田市 飼育 8月30日、2-3日巣から出てこなかったコロギスの幼虫が出てきました。 色がすっかり変わって緑色になっていました。 脱皮をして2齢幼虫になりました。 2016年9月9日…大阪府池田市 飼育 コロギスの2齢幼虫が写真を撮りやすい場所に出てきたので撮影しておきました。 今年 2016年 産卵され、孵化後最もよく成長している個体です。 2016年9月15日…大阪府池田市 飼育 9日の2齢幼虫の1週間ほどたったコロギスの写真です。 体全体ががっしりとなってきているようです。 下の写真は脱皮をして2日ほど経過をしたコロギスの幼虫です。 色もうすく弱々しい感じがします。 2017年2月18日…大阪府池田市 飼育 越冬中のコロギスのメスの幼虫がゆっくりと歩いていました。 越冬期のコロギス幼虫は、気温が低くてもときどき動くことがあります。 越冬中に活動するのは体力を消耗するのであまりよくないと思うのですが。 越冬幼虫は産卵管が見えるので容易に雌雄の区別ができます。 上下の写真は同じ個体でメスです。 2017年6月23日…大阪府池田市 飼育 飼育を続けているコロギスが終齢幼虫になっています。 体も十分大きくなってきたのでまもなく成虫になると思います 北摂地域にすむコロギスも10日ほど前に成虫になっています。 2017年6月30日…大阪府池田市 飼育 コロギスの初齢幼虫が孵化後1週間ほどたった写真です。 これくらいの時期までに死んでしまうことが多いので、お腹がこの程度大きくなってくると順調に育ちそうです。 2019年4月13日…大阪府池田市 飼育 越冬後のコロギス幼虫が歩いていました。 例年この時期前後に動き始めます。 越冬前途はほとんど大きさは変わりはありません。

次の

コロギスとは

コロギス

今の昆虫愛好家の採集手腕はすごいです。 筆者はクツワムシやウマオイを採集しただけで有頂天になってましたが、ディープなマニアは啼きもしない本種をほいこら捕まえてきてペアでネットオークションに出したりするわけです。 今年は豊作なのでしょうか、今の時期、何件かオークションに出ていました。 葉を巻いて巣作りすることは図鑑等で知っていましたが、餌用に投入した小松菜がこのとおり巣になってしまいました。 本種が肉食動物であることは解っていましたが、もしかすると水分補給に菜っ葉をかじったりしないかなと思って入れておいたものです。 そーっと中を暴いてみました。 入ってますね。 可愛いです。 飼育ケースに入れた時には落ち着かずに長時間走り回っていましたが、こうして巣作りを終えるとかなり落ち着いたようで、中を覗いてもいきなり逃げ出すようなことはありませんでした。 とてもみずみずしい緑色です。 美しいです。 前肢と中肢の脛節には鋭い棘が並んでいます。 本種が優れたハンターであることが判ります。 模造の葉に巣を作った個体ですが、ちと葉が小さすぎたようですね。 それでも落ち着いた様子です。 また別の模造の葉に巣作りした個体。 こちらも中を覗いても動こうとしません。 ケージに投入したばかりの時のバタつきようがウソのようです。 このメスは、プリンカップのフタをケージの壁面に器用に貼り付けて巣にしています。 丈夫でゆとりのあるサイズで素晴らしい巣ではありますが、ご覧のように透き通っていて隠遁効果はありません。 夜間に巣作りしたので、素材が透明であることに気づかなかったのでしょうか。 それとも夜行性の虫にとっては素材の色なんてどうでもよいのでしょうか。 申し訳ないのですが、プリンカップのフタをケージの壁面から引き剥がして見ました。 ……動きませんねぇ。 おかげでじっくりと観察ができます。 コロギスの名称には、コオロギとキリギリスの中間的な虫という意味が、なるほど的を得たネーミングだと思いました。 体型はキリギリスのような感じで、前中肢脛節の大きな棘もキリギリスの仲間に見られる特徴ですが、翅を水平に畳むこと、後肢が長くなく大きな距離をジャンプしないこと、ゴキブリのように走行することが特異なことはコオロギ的です。 餌用にレッドローチと昆虫ゼリーを入れてやりました。 野生では小さな虫を捕食するほか、樹液にも集まるということなので、食べ物はこれでバッチリだと思います。 あと、クワガタムシの繁殖に用いる朽木も入れておきました。 朽木に産卵すると聞いたからです。 ただ、ブナの木に集まることが多いとのことで、市販のクヌギ材しか用意できなかったので、産卵床として利用してくれるかどうかは、はなはだ疑問なのですが、万一繁殖に成功したら、ドヤ顔で本項の続きを記述しますし、敗北の時は何もなかったように沈黙するだけです。 卑怯者か。

次の