米粉 バナナブレッド なかしましほ。 ほぼ日刊イトイ新聞

なかしましほさんの「おやつミックス」でバナナブレッド

米粉 バナナブレッド なかしましほ

子供を乗せて自転車を漕げば道を聞かれ、 子供を抱っこして小走りしていても道を聞かれ、 子供と川べりでお弁当を食べていたら 「これ食べられるんですかね?」と野草を持って聞かれ、 なんていうか、春で暖かくなってきて、 人がたくさん外出しているんだなと感じたここ数日です。 私が道を聞いても断らなさそうな、 野草に詳しそうな顔してるんでしょうか。 詳しくないよ! むしろ疎いよ! しかし、わかる範囲でつい答えてしまうので、 間違った人選ではないように思います。 ほぼ日の「生活のたのしみ展」で買った なかしましほさん監修の「おやつミックス」を使って、 バナナブレッドを作りました。 私は箱の注意書きを事前に読まず、 卵やバナナを混ぜたところに入れそうになりました。 混ぜる、天板にのせて焼く、切る。 それだけ。 簡単~ 作り方は『スール』に掲載されています。 ただ奥様、お値段、気になりますよね~ ちょっとお高く感じませんか? 私はこの「おやつミックス」を当初買う気がなく、 値段を見て「高っ!」と思いました。 普通のと比較すると 約5倍くらい値段が違うんじゃないでしょうか。 しかし、長津姉妹店に1時間半も並んだし、 後から気になってほぼ日ストアで買うと送料もかかるし、 1箱買っておくか・・・くらいの気持ちでしたが、 結果買ってみて良かったと思ってます。 原材料名がシンプルなので余計なものが入っていないと分かるし、 なかしましほさんが監修していて、ほぼ日が販売するとなると この価格になってしまうのはなんとなく納得できます。 全粒粉とかベーキングパウダーとか、 普段から作ってないと余りがちな材料も 「おやつミックス」を使えば無駄がなくていいかも。 なにより出来上がったバナナブレッドはおいしかったので、 機会があったら一度お試しいただきたいと思います。 hirayamachie.

次の

[B!] 太白ごま油を使ってなかしましほさんのレシピでバナナブレッド

米粉 バナナブレッド なかしましほ

そもそもバナナブレッドって? バナナブレッドとは、もともとアメリカのホームメイドのお菓子。 ずっしり、どっしりしたバナナケーキとはちょっと異なり、朝食にもいただけるような イメージです。 アメリカのママがガラス製のパウンド型とかに入れて作ってそうなイメージ! 通常はバターを使いますが、なかしまさんのレシピはどちらもバナー不使用。 植物油で作っています。 なかしまさんのレシピは、どちらもバナナは2本使用しています。 2つのレシピ、どう違うの? 使う材料はどちらも同じです。 でも、分量が違います。 あとは、砂糖と卵の混ぜ具合が違います。 砂糖と卵を、湯煎にかけてしっかり泡立てるのでふわふわで高さもあります。 ハンドミキサーやブレンダーがないと、泡立てるのが大変です。。 あとは混ぜるだけなので、卵さえクリアすれば簡単。 バナナを使ったお菓子はずっしり重たいイメージですが、これはふんわり食感。 生地のふんわり感は、冷めたあとも続きます。 バナナは2本ですが、小麦粉が120gと多め。 油は少なめなので、ほぼ日のレシピと比べると生地が固いです。 なので、型なしでオーブンシートに直接のせて焼き上げます。 焼くと横に広がるので、高さはありません。 大きい! このレシピは、砂糖と卵を混ぜ合わせるのは1分です。 泡立て器でぐるぐる混ぜるだけ! その後も、材料を入れてどんどん混ぜるだけなのでめっちゃ簡単でした。 オマケに型もいらないし、あっという間に完成です。 ほぼ日レシピよりも、粉が多いのでどうかなあと思ったのですがどっしりというほどでもなく。 外はかり、でも中はふわっとしていてとても美味しいです。 冷めたあとはそのままでも美味しいですが、オーブントースターで温めるとカリッとした食感が復活して美味しくいただけました! 2つのバナナブレッド、同時に作ってみて 使う材料は同じでも、分量や混ぜ方によって、こうも違いが出るのかと思いました。 カットしたものの断面図。 卵の泡立て方によって、こうも違いがでるとは。 お菓子づくりは奥が深いです。 個人的には、右のきょうの料理の方が好きでした。 カリッとした食感が良かったのと、作るのがとても簡単! こっちの方が、ホームメイドおやつって感じです。 ほぼ日の方は、ふんわり軽めのケーキで、 きょうの料理は、朝ごはんにもなるワッフルのような・・・ 型がないので、おもたせやおもてなしには不向きかも。 その場合は、ほぼ日レシピがいいですね。 コーヒーにも合うし、午後のティータイムに合うふんわりバナナブレッドです。 作ってみての感想 お菓子を日常に作るようになってまだ4年。 料理と違って、手順や分量の大切さをより一層実感できました。 普段は何気なく、レシピ本をみて作っているだけですが、たまには 作り比べて実験してみるのも面白いなあと思いました! 何がどういう役割をしているか知っていると、レシピのアレンジにも役立ちそうです。 なかしましほさんのおすすめレシピ本.

次の

太白ごま油を使ってなかしましほさんのレシピでバナナブレッド

米粉 バナナブレッド なかしましほ

えもじょわさんのレシピは材料の分量がわかりやすい えもじょわさんのレシピには、スクエア型、丸ケーキ型、パウンドケーキ型とそれぞれの材料が親切に表記されています。 それに、 材料の分量が同じでとてもわかりやすいです。 注意事項も書かれているので確認して作ることができます。 画像の最後の方に、えもじょわさんの失敗作も登場しています。 この動画をアップするために納得いくまで何度も作られたそうです。 プロの方でも1回で成功するわけではないんですね。 私は18cmパウンドケーキ型(100均で購入)の材料で、無塩バターを太白ごま油に変えて作りました。 バニラエッセンスはなしで、砂糖はきび砂糖を使いました。 パウンドケーキ型で台湾カステラを作ってみました 今回は動画を見ながら初めて作りましたが、次回作る時にスムーズに作れるように私なりの手順で記述します。 卵(2個)を卵黄と卵白(泡立て用のボールに入れる)に分ける。 薄力粉(35g)をボールにふるっておく。 薄力粉の入ったボールに温めた太白ごま油と牛乳を入れ、泡立て器で混ぜる。 卵黄を入れ、さらに泡立て器で混ぜる。

次の