ピクブラ。 人見知り、初めてpictBLand(ピクブラ)の『相互フォロー申請』をしてみた!【やり方&書き方(例文・申請~お礼まで)】

pictBLand運営事務局(@pictBLand)

ピクブラ

プレミアム会員の「自動引落」の退会にて、エラーが発生し退会できない場合が発生する事を受け、プレミアム自動引落の登録の休止をさせて頂きました。 取り急ぎとなりますが、上記、休止させていただきましたことをご報告いたします。 (続きます)— pictBLand運営事務局 pictBLand 引続き、プレミアム退会に関する専用フォームを本日中に設置し、迅速な調査をさせて頂く体制を調整して参ります。 引続き進捗があり次第、ご連絡させて頂きます。 この度はご迷惑とご心配をお掛けしておりますことを、心よりお詫び申し上げます。 大変申し訳ありませんでした。 — pictBLand運営事務局 pictBLand 自分が退会できたと思っても引き落とされ続けていた、などという現象が起こるのは恐怖でしかない。 現在はプレミアム会員に登録できないようになっているとのことだが、以前から登録していたユーザーはどうなるのだろうか。 ピクブラの運営は「プレミアム退会に関する専用フォームを本日中に設置」と宣言。 今後の対応が待たれる。 ツイートの非表示を希望される方はこちらのまでご連絡下さい。 <トレンドの新着記事>.

次の

[B! sns] イラスト・漫画・小説・夢小説 投稿SNS pictBLandの感想とか2019版

ピクブラ

今日の仕事は雑誌の撮影。 「わぁ~、可愛い~」 一番に安が食い付いた。 むしろ可愛く無い!! 「ほら、村上君もだっこしてごらん」 安のアホが小型犬を俺に向けた 「ワン!! 」 「うわぁ!! 「止めろやー!! 」 それは俺の声で無く、背後からの声だった。 「へっ?」 振り返ると、さっきまでゲームをしていたはずのヨコが、座ったままだが叫んでいた。 「ヨコ?」 「横山君?」 「雛が嫌がってるんやから、止めろや!! 」 珍しくヨコがかばってくれた… 「ヨコ…お前…」 スッと俺の横に立ち 「いじめるなら、もっと面白くやろが!! 」 「そっちかい!! 」 バシッ!! ヨコの頭を叩く。 「犬にヤられるよりましやろ」 「言葉を気ぃつけろや!! 」 バシッ!! もう一発、ド突いた。 [newpage]「ちなみに、これはなんて犬種なん?」 呑気に、丸が安に聞いた。 「ん~…トイプードルかな?」 「トイプー?」 ヨコが瞬時に反応する。 」 元気にヨコが答える。 なんだか、無理に追求した自分が切なくなり、俺はため息をついた。 「はぁ…」 「なんじゃ!! 呆れんなや!! 」 ちょうど良いタイミングでスタッフさんがやって来て… 『撮影始めまぁーす!! 』 「「はぁーい」」 俺らは今までの事が無かったかのように返事を返した。 [newpage]「じゃぁさぁ…この子村上君、連れてってあげて」 安が、犬を俺に渡した。 「うわぁ~!! 」 腕にトンッと乗っかる感触がした瞬間、俺は思わず振り払ってしまった。 「あぁ、村上君!! 危ないやろ」犬は、身軽に着地しそのまま走って行った。 「あっ、おい!! 」 「たっちょん、もぅ名前付けたん?」 逃げる犬を追いかけるメンバー ただ… ただ一人だけ、ヨコだけは、俺の側にずっといた。 「お前は追わんでええの?」 「おぅ、ええの」 「あっ、裕ちんのところに…」 丸の声で二人して足元を見ると 「ワン!! 」 「うわぁ!! 」 思わず、ヨコに抱きつく。 「ちょっ、雛!! 」 ガタガタン!! [newpage]「あらら?」 たつが驚いた様子で見ているが 一番驚いてるのは俺だ… 気がついた時には、俺はヨコにお姫様抱っこされていた。 「「………」」 見つめ合う二人 ヨコの顔が近くにあり、顔が赤くなる。 「あっ、今犬2匹連れて行きまーす。 」 みんなに変わって、ヨコが言った。 」 そのまま、お姫様抱っこのまま連行され、俺は恥ずかし思いをした。 今日の仕事は雑誌の撮影。 「わぁ~、可愛い~」 一番に安が食い付いた。 むしろ可愛く無い!! 「ほら、村上君もだっこしてごらん」 安のアホが小型犬を俺に向けた 「ワン!! 」 「うわぁ!! 「止めろやー!! 」 それは俺の声で無く、背後からの声だった。 「へっ?」 振り返ると、さっきまでゲームをしていたはずのヨコが、座ったままだが叫んでいた。 「ヨコ?」 「横山君?」 「雛が嫌がってるんやから、止めろや!! 」 珍しくヨコがかばってくれた… 「ヨコ…お前…」 スッと俺の横に立ち 「いじめるなら、もっと面白くやろが!! 」 「そっちかい!! 」 バシッ!! ヨコの頭を叩く。 「犬にヤられるよりましやろ」 「言葉を気ぃつけろや!! 」 バシッ!! もう一発、ド突いた。 [newpage]「ちなみに、これはなんて犬種なん?」 呑気に、丸が安に聞いた。 「ん~…トイプードルかな?」 「トイプー?」 ヨコが瞬時に反応する。 」 元気にヨコが答える。 なんだか、無理に追求した自分が切なくなり、俺はため息をついた。 「はぁ…」 「なんじゃ!! 呆れんなや!! 」 ちょうど良いタイミングでスタッフさんがやって来て… 『撮影始めまぁーす!! 』 「「はぁーい」」 俺らは今までの事が無かったかのように返事を返した。 [newpage]「じゃぁさぁ…この子村上君、連れてってあげて」 安が、犬を俺に渡した。 「うわぁ~!! 」 腕にトンッと乗っかる感触がした瞬間、俺は思わず振り払ってしまった。 「あぁ、村上君!! 危ないやろ」犬は、身軽に着地しそのまま走って行った。 「あっ、おい!! 」 「たっちょん、もぅ名前付けたん?」 逃げる犬を追いかけるメンバー ただ… ただ一人だけ、ヨコだけは、俺の側にずっといた。 「お前は追わんでええの?」 「おぅ、ええの」 「あっ、裕ちんのところに…」 丸の声で二人して足元を見ると 「ワン!! 」 「うわぁ!! 」 思わず、ヨコに抱きつく。 「ちょっ、雛!! 」 ガタガタン!! [newpage]「あらら?」 たつが驚いた様子で見ているが 一番驚いてるのは俺だ… 気がついた時には、俺はヨコにお姫様抱っこされていた。 「「………」」 見つめ合う二人 ヨコの顔が近くにあり、顔が赤くなる。 「あっ、今犬2匹連れて行きまーす。 」 みんなに変わって、ヨコが言った。 」 そのまま、お姫様抱っこのまま連行され、俺は恥ずかし思いをした。

次の

[B! sns] イラスト・漫画・小説・夢小説 投稿SNS pictBLandの感想とか2019版

ピクブラ

カタルニア地方の最も優れたオリーブ品種が、アルベキーナであると言われています。 オイルの品質も特性も、世界中でファンを増やし続けている品種といえるでしょう。 カサス・デ・ウアルドのアルベキーナは、風味の豊かさが特徴で、ほろ苦さとスパイシーさがフルーティーなアロマと共に、ミディアムなインテンシティで共存しています。 トマトの葉やカットされたばかりの若草の香り、アーティーチョークの青さやドライアーモンド、リンゴの香りまでもが感じられ、オイルを口に含むと、その奥深い味わい構造と上質のオイリネス 油性 が、はっきりと確認できるでしょう。 調和のとれた芳しいアロマのオイルであり、優れたオリーブの果実だからこそ出せる香りのエクスプローションは、完璧な果実の品質と非の打ち所のない製造プロセスによって生まれたものです。 、もあります。 コルニカブラは、カスティーリャ・ラ・マンチャ地方の厳しい寒さと暑い夏を耐え忍ぶ卓越したオリーブ品種として大昔から好んで栽培されてきました。 カサス・デ・ウアルド農園のコルニカブラは、最も高い標高にあるオリーブ畑で栽培されており、石灰質の軽い土壌がその栽培に選ばれています。 しっかりと管理された灌漑システムと、農園内の独特なミクロククリマ(微気象)のおかげで、理想的なオリーブオイルの原材料となる果実が生産できるのです。 丁寧な搾油プロセスを経て完成するコルニカブラのオイルは、とても高い抗酸化物質を含みます。 グリーンリーフ、リンゴのアロマが、強い苦さとスパイシーさに融合され、個性的で長期間安定している、素晴らしいオリーブオイルを生んでいます。 、もあります。 1986年、スペインで最も著名な実業家のひとりであったフランシスコ・リベラスは、エルカルピオ・デ・タホというトレド県の一角のラ・ヴェンティーリャという農園を購入し、農業ビジネスへの一歩踏み出します。 彼の才気により、農園は年を重ねるごとに広がり、小規模だった開拓地は、様々な農産物の生産をする巨大な農園に姿を変えました。 10年後の1996年には、30万本のオリーブ植栽を決意、意欲的に農園の新しい形を作り始めます。 この地域の良好な自然条件に、献身的な農作業が加わり、オリーブは見事な発育を見せ、非の打ち所のないハイクオリティのオリーブが収穫できるまでになりました。 これは自然に対する深い敬意と知識が、近代的な農業技術管理と一緒になり、数千年前から敬われる高貴な果実を理想的に実らせることに達したことを意味しています。 このオリーブオイルは、生存中リベラス氏と仕事を共にする機会に恵まれたスタッフから、このプロジェクトの完成を目にすることが出来なかったフランシスコ・リベラス氏、そして、リベラスファミリーへの感謝の念と敬意を表す、心からの贈り物なのです。 トレド県を流れるタホ川の岸部は、階段式の姿で、南側の斜面は湿地帯から山の丘陵地帯まで起伏を持っています。 オリーブ農園は、このような地形の標高400mから600mの軽い起伏のある立地条件の中に、存在します。 オリーブの栽培は、この地域では古くから実施されており、キリスト教徒とイスラム教徒が共存していた中世から栽培されていたという事実が、記録に残っています。 気候は厳しく、冬は寒くて夏は暑く、ドライで高温に達するので、オリーブなどの木には虫がつき難く、害虫や病気から自然に守られていると言われています。 雨量が少ないため、近代的な欠陥のない灌漑システムが、優れた品質の果実を育て、健康的な木の成長を促し、デリケートな風味を持つオリーブの栽培には欠かせないものになっています。 秋の到来と共に気温が下がり氷結が発生しない内に、理想的なオリーブ果実の収穫は実施されます。 ひとつひとつの木から直接摘み取られたオリーブの実は、劣化を防ぐために、すぐにアルマサラ(圧搾所)へ運ばれます。 献身的なスタッフのもとで、オリーブ栽培はより完成度を増したものとなりました。 収穫から6時間以内の粉砕 カサス・デ・ウアルドの圧搾所(スペイン語でアルマサラ)は、オリーブ農園と同じ敷地内に存在します。 オリーブの果実は、一本一本の木から直接収穫され、果実の発酵を避けるため、即時に粉砕されるよう最高の注意を払ってアルマサラに運ばれます。 (落下している実は使われません。 ) カサス・デ・ウアルドという名で販売されるオリーブオイルは、最高のコンディションの果実だけを厳選。 圧搾所での果実の受け取り段階から、ボトル詰めされる最後の行程まで、最新のテクノロジーを備えた設備の中で実施されており、オリーブの最後の一滴まで絞り出すような、一昔前の生産量重視のオイルの抽出はされません。 ハイクオリティのベストコンディションオイルを作るためだけに、圧搾所=アルマサラはデザインされています。 風味の豊かさが特徴で、ほろ苦さとスパイシーさが共存しているアルベキーナと力強くて濃厚なロングラスティングな味わいのピクアル、強い苦さとスパイシーさが融合されたコルニカブラの3本セットです。

次の