魔法戦争 キャラ。 FFBE幻影戦争、新キャラ「スカール」「マリアル」強さ評価

魔法戦争

魔法戦争 キャラ

SSランクキャラ詳細 キャラ 強い点 UR 属性 役割斬撃物理アタッカー• ・防御ダウン付きの範囲攻撃が可能• ・長射程攻撃や光属性キラー攻撃を持つ• ・回避性能が高い UR 属性 役割物理アタッカー• ・必中のさみだれ射ちが強力• ・パラディンジョブで耐久が高い• ・射撃攻撃の選択肢が豊富 UR 属性 役割刺突物理アタッカー• ・機動力が高く周回性能に優れる UR 属性 役割斬撃物理アタッカー• ・防御ダウン効果付きの攻撃が強力• ・回避性能が高い• ・範囲攻撃の手段が非常に豊富 UR 【入手不可】 属性 役割タンク• ・優秀な耐性と防御を持つタンク• ・ストップストライクでストップ付与• ・ブレイブプレゼンスでヘイトを維持 UR 属性 役割斬撃アタッカー• ・ドレインイヴォークが強力• ・複数の貫通効果を持つ• ・白魔道士でヒーラー運用可能 UR 属性 役割魔法アタッカー• ・耐久力が高い魔法アタッカー• ・白魔道士運用で回復も可能• ・前衛に混乱付与、スタン付与で妨害 UR 【入手不可】 属性 役割斬撃物理アタッカー• ・複数の長射程攻撃アビを習得• ・高い火力と耐久力を両立• ・高い回復性能を持つヒーラー• ・魔法アタッカーとして通用する火力 属性 役割斬撃アタッカー• ・断絶の鎧で高い耐久性能• ・Lv80以上で真価を発揮 破滅の騎士シュテルは高い火力を持ち、ハザードクラッシュで広範囲に大ダメージを与える強力なアタッカーです。 ヴィネラは複数の範囲攻撃を使えることに加え回避能力が高く、必中攻撃を持たない相手であれば一方的に倒してしまうことも可能なアタッカーです。 役割別最強ランキング 順位 物理AT 魔法AT タンク ヒーラー サポーター 1位 UR UR UR UR UR 2位 UR UR UR UR UR 3位 UR UR SSR UR UR 4位 UR UR UR SSR SSR 5位 UR SSR UR SR UR 物理アタッカー最強キャラ 順位 キャラ 強い点 1位 UR 属性• ・防御ダウン付きの範囲攻撃が可能• ・長射程攻撃や光属性キラー攻撃を持つ• ・回避性能が高い 2位 UR 【限定キャラ】 属性• ・必中のさみだれ射ちが強力• ・パラディンジョブで耐久が高い• ・射撃攻撃の選択肢が豊富 3位 UR 【限定キャラ】 属性• ・攻撃アビがいずれも長射程• ・捨て身と同性能のアビを持ち攻撃が高い• ・耐久力も高く倒されにくい 4位 UR 属性• ・防御ダウン効果付きの攻撃が強力• ・回避性能が高い• ・範囲攻撃の手段が非常に豊富 5位 UR 属性• ・攻守ともに優れたステータスを持つ• ・必中アビで回避キャラに強い• ・防御貫通でタンクに強い アタッカー最強は破滅の騎士シュテルです。 長射程アビと広範囲攻撃を持ち、防御貫通も備えている最強アタッカーです。 リリシュ 水着 は、必中のさみだれ射ちと防御貫通効果を持つ超強力な性能です。 しかし、さみだれ射ちは消費APが大きく、幻音の鈴を装備しないと真価を発揮できないため2位としています。 魔法アタッカー最強キャラ 順位 キャラ 強い点 1位 UR 属性• ・耐久力が高い魔法アタッカー• ・白魔道士運用で回復も可能• ・必中の高威力範囲攻撃が可能 2位 UR 属性• ・魔力依存の斬撃攻撃が可能• ・精神貫通効果で魔法タンクに強い• ・白魔道士で回復も可能 3位 UR 属性• ・魔法アタッカートップクラスの性能• ・初手に広範囲高威力のLBが使える• ・素材高速収集に最適 4位 UR 属性• ・詠唱なしの広範囲魔法を使うアタッカー• ・即発動の回復魔法も優秀• ・LBで範囲疑似クイックも行える 5位 SSR 属性• ・URを凌駕する魔法火力を持つSSR• ・移動性能が高く周回性能に優れる• ・属性攻撃を使い分けられる 魔法アタッカー最強はキルフェです。 威力倍率が非常に高い範囲攻撃魔法や、ホーリーで光属性必中魔法を使えることに加え、耐久力が他の魔法アタッカーとは桁違いに高い点が優秀です。 ハウレットは、高い魔力と精神貫通で高威力の魔法攻撃が可能です。 攻撃面だけでは魔法アタッカー1位の性能を誇りますが、HP消費系のアビで耐久力に不安があるため現状2位としています。 タンク最強キャラ 順位 キャラ 強い点 1位 UR 【入手不可】 属性• ・幅広い耐性を持つタンク• ・シフトアタックで最大6マス移動• ・ビジョン編成の自由度が高い 2位 UR 属性• ・トップクラスの耐久力を持つタンク• ・愛の誓いで敵の攻撃を引き付ける• ・スタン付与攻撃や範囲攻撃も可能 3位 SSR 属性• ・高いHPを持つ魔法攻撃タンク• ・「縮地」で機動力が保てる• ・「チキン剣」で相手のBraveダウン 4位 UR 属性• ・魔法耐久に特化したタンク• ・「ジャマースラスト」で長射程魔法攻撃 5位 UR 属性• ・HPと魔法耐性が高い• ・精神を大幅アップして味方を守れる• ・アトラクトブレードでタゲ取り タンクは、幅広い耐性と機動力を持つ光の戦士が最強です。 光の戦士はビジョンカードの自由度という点も踏まえ、タンクとして1つ頭の抜けた性能です。 ・高い回復性能と高速詠唱を持つヒーラー• ・アレイズで完全蘇生可能 2位 UR 属性• ・即発動の広範囲回復魔法を使える• ・魔法アタッカーとしても優秀• ・範囲攻撃耐性を持ち巻き込まれ事故しにくい 3位 UR 属性• ・ケアルガ、レイズを使用可能• ・魔力が高く回復量が多い• ・攻撃面でも活躍できる 4位 SSR 属性• ・耐性が非常に高く装備を整えれば倒されにくい• ・単体回復、範囲回復、蘇生を一通り習得• ・サブジョブの緑魔道士でサポートも可能 5位 SSR 属性• ・ケアルガ、レイズを使用可能• ・魔力が高く回復量が多い• ・メインアビで全属性耐性ダウンも可能 ヒーラーではアビリティとリミットバーストの2方面から回復が行えるアヤカが強力です。 アビリティのONOFF機能により、魔法アタッカーを兼任することも可能になりました。 サポーター最強キャラ 順位 キャラ 強い点 1位 UR 属性• ・味方にリジェネや魔法バリアを貼れる• ・敵にストップやドンアクを付与• ・ステータスダウンデバフも使用可能 2位 UR 属性• ・さけぶで広範囲の味方を強化• ・本人の戦闘力が高い• ・おまじないで味方の回復も可能 3位 UR 属性• ・射程やクリティカルの補助が可能• ・遠距離からドンアクを付与できる• ・狩人のアビリティで戦闘能力が高い 4位 SSR 属性• ・高確率のドンアク付与が強力• ・石化で敵を戦闘できなくする• ・暗闇とドンムブの付与率も高い 5位 UR 属性• ・クイックとヘイストで味方を補助できる• ・魔法アタッカーとしても非常に優秀• ・回復も可能 サポートだけで勝つことはできないため、サポーターは「強力なバフデバフが使えること」「サポート後の戦闘能力が高いこと」が重要です。 1位のアグリアスは魔法バリアのバフや、HPを削りつつストップやドンアクを付与する状態異常付き攻撃が非常に強力です。 ・幅広い耐性を持つタンク• ・遠距離攻撃などアタッカー性能も高い• ・ビジョン編成の自由度が高い 2位 UR 属性 役割物理アタッカー• ・防御ダウン付きの範囲攻撃が可能• ・長射程攻撃や光属性キラー攻撃を持つ• ・回避性能が高い 3位 UR 属性 役割魔法アタッカー• ・複数の必中アビで回避キャラに強い• ・防御が高く倒れにくい• ・白魔道士で味方の回復も可能 4位 UR 属性 役割物理アタッカー• ・ぶんしんで最大2回ダメージを0にできる• ・タンクと組み合わせて性能を発揮するヒーラー• 1位の光の戦士は極めて高い耐久力とヘイトを取る能力を持っており、対人では必須と呼べるほどに強力なキャラクターです。 属性別最強キャラランキング 属性 1位 2位 3位 UR UR UR UR UR UR UR UR UR UR UR UR UR SSR UR UR UR UR UR UR UR UR UR UR キャラの強化や覚醒には多くの素材を必要とし、素材が不足しがちです。 キャラの属性が被った場合、ステータスや役割に応じた優先順位をつけて育成することをおすすめします。 ・ソウルプロミネンスの威力アップアビ持ち• ・タンクやデバフの役割もこなせる 2位 UR 役割射撃物理アタッカー• ・高い火力で遠距離から攻撃が強力• ・4連射でチェインを繋げやすい• ・防御貫通でタンクに強い 3位 UR 役割斬撃物理アタッカー• ・攻撃と耐久が高水準• ・AP消費を減らす瞑想が強力• ・多様な役割をこなせる万能キャラ• ・捨て身と虎徹で高い火力と射程を両立• ・クイックやヘイストでサポートもできる 2位 UR 役割魔法アタッカー• ・高い周回性能を持つ魔法アタッカー• ・素早さと移動力も高い• ・アリーナやギルドバトルでも活躍 3位 UR 役割物理アタッカー• ・高い防御貫通率を誇る物理アタッカー• ・命中率が高く回避キャラに強い• ・ぶんしんで被ダメを0にできる 風属性最強ランキング 順位 キャラ 強い点 1位 UR 役割斬撃アタッカー• ・ドレインイヴォークが強力• ・複数の貫通効果を持つ• ・白魔道士でヒーラー運用可能 2位 UR 役割射撃物理アタッカー• ・防御貫通でタンクに強い• ・範囲と射程の長い攻撃を持つ• ・LBで範囲大回復ができるヒーラー• ・攻撃魔法で攻撃参加も可能• ・補助アビ習得によるオートの劣化に注意 土属性最強ランキング 順位 キャラ 強い点 1位 UR 属性物理アタッカー• ・必中のさみだれ射ちが強力• ・パラディンジョブで耐久が高い• ・射撃攻撃の選択肢が豊富 2位 役割魔法アタッカー• ・耐久力が高い魔法アタッカー• ・白魔道士運用で回復も可能• ・前衛に混乱付与、スタン付与で妨害 2位 UR 役割物理アタッカー• ・全キャラでもトップクラスの機動力• ・捨て身で火力を大幅に上げられる• ・素早さが高く攻撃の試行回数が多い 雷属性最強ランキング 順位 キャラ 強い点 1位 UR 【入手不可】 役割斬撃物理アタッカー• ・長射程アビリティを多く習得• ・捨て身と同等効果のアビリティを習得• ・耐久力も高め 2位 SSR 役割魔法アタッカー• ・URを凌駕する魔法火力を持つSSR• ・移動性能が高く周回性能に優れる• ・属性攻撃を使い分けられる 3位 UR 役割射撃物理アタッカー• ・長射程で攻撃できる遠距離アタッカー• ・暗闇やドンムブなどのデバフ付与• ・PvPコンテンツで特に活躍 水属性最強ランキング 順位 キャラ 強い点 1位 UR 属性刺突物理アタッカー• ・攻守共に高水準の刺突アタッカー• ・機動力が高く周回性能に優れる• ・即発動の広範囲回復魔法を使える• ・魔法アタッカーとしても優秀• ・ジャマースラストで長射程魔法攻撃• ・クイックで補助も可能• ・耐久性能が高く死ににくい 光属性最強ランキング 順位 キャラ 強い点 1位 UR 役割タンク• ・優秀な耐性と防御を持つタンク• ・ブレイブホーリーで遠距離攻撃可能• ・高いMoveとJumpを持つ• ・高い耐久力を持つタンク兼アタッカー• ・愛の誓いをつけて敵の攻撃を引き受ける• ・飛竜纏いで移動力を補える 闇属性最強ランキング 順位 キャラ 強い点 1位 UR 役割斬撃物理アタッカー• ・防御ダウン付きの範囲攻撃が可能• ・長射程攻撃や光属性キラー攻撃を持つ• ・回避性能が高い 2位 UR 役割斬撃物理アタッカー• ・防御ダウン効果付きの攻撃あり• ・回避性能が高い• ・捨て身で火力を大幅にアップ• ・手裏剣で燃費の良い遠距離攻撃 SSRの最強キャラランキング 順位 物理AT 魔法AT タンク ヒーラー サポーター 1位 2位 3位 SSRキャラは、URキャラよりステータスは低いものの限界突破がしやすいです。 特にURすら凌駕するほどの攻撃性能を持つガフガリオンや、アリーナで強いモントは育成することをおすすめします。 最強キャラランキングの評価基準 優先して育成すべきキャラを高評価 現状のFFBE幻影戦争は育成素材が不足しており、一点集中型の育成になりがちです。 そのため総合ランキングでは、優先して育成することで幅広く使えるキャラクターを高評価しています。 育成することで周回にも、ボス戦にも、ギルドバトルにもと多くの場面で活躍できるキャラクターが総合最強キャラです。

次の

魔法戦争

魔法戦争 キャラ

『千年戦争アイギスってゲームを始めたいんだけど最強キャラってぶっちゃけどれなんですか?あと、初心者がゲームを進めるために特におすすめなキャラとかも知ってたら教えてください。 』 こんな悩みに答えます。 筆者は アイギス歴およそ5年ほど。 毎日欠かさずにプレイし、課金額は50万円を超えています。 モチベーションも衰えず、日々楽しく遊ばせていただいております。 千年戦争アイギスの最強キャラに関する記事が少ないのと、古いままの情報が多く見受けられるため、本記事を書いてみようと思いました。 「千年戦争アイギスをプレイ始めてみたいけど、どのキャラが強いんだろう。 」 「既にプレイしているけど行き詰まってしまった。 強いキャラが欲しいなあ。 」 そんな方はぜひこの記事をご覧ください。 ブラックユニットの最強キャラランキング 1位:金光聖菩 近接ユニットですが 常時単体魔法攻撃をします。 覚醒スキル「五光天烈」は 10秒間超射程の5体まで同時攻撃となっています。 このスキルが凶悪で、数多くのマップ攻略を楽にするほど。 また、自身の分身となるトークンを使用することができ、 トークンの配置1体までは出撃人数に含まれない つまり1体多くユニット配置ができる ため、有利にマップ攻略を進めることができます。 さらに、 トークンの配置数に応じて自身の攻撃力がアップします。 5体まで累積加算されるため最大2倍の攻撃力となります。 トークンの数には限りがありますが、先のスキルにより所持数を1回復することができます。 スキルはガンガン使用しても良いでしょう。 しかもこのユニット「まだを残している」点が素晴らしいです。 つまり、まだまだ強くなるということ。 これ以上強くなってしまったらこのゲームはどうなってしまうのでしょうか。。。 気を付けるべき点としてはブロック数が0のため、地中に潜む敵やブロックしなければ攻撃が通じない敵には注意が必要となります。 「金光聖母」1体で多くの状況に対応することができ、魔神級でも活躍できることから文句なしの1位としました。 筆者自身、編成から外れたことはなく必ずと言ってよいほど出撃させております。 余談ですが、このユニットは敵キャラとして登場しており、何度もプレイヤーと敵対してきました。 得意の分身で苦しめられたプレイヤーも多いのではないでしょうか。 人気投票では2位を獲得しており、性能・イラストともに人気が非常に高いユニットです。 2位:刻詠の風水士リンネ 遠距離ユニットの回復キャラです。 千年戦争アイギス5周年生放送にてブラック交換チケットで最も交換されたユニットとなっています。 「リンネ」の強い点は 圧倒的な射程範囲と、範囲内の味方を3体同時に回復できることです。 第二覚醒で 「八門風水導士」選択した場合、 敵の遠 距離攻撃の対象とならなくなります。 安心して回復役を任せることができます。 純ヒーラーが編成に入らないのは大体このユニットのせいです。 また、「身代わりトークン」を1体使役することができます。 トークンを配置しておくと味方ユニット死亡時に1度だけ身代わりとなってくれます。 しかもこのトークンは 出撃人数に含まれないため、「とりあえず出しておく」という使い方ができます。 初代ブラック交換チケットでは「こいつを選んでおけ」と言われたほどです。 人気投票では3位を獲得しており、さらに別バージョンの「刻詠の花嫁リンネ」も実装されるなど、なかなか優遇されたユニットです。 回復役として申し分ない性能を誇るユニットのためランクインさせていただきました。 そもそも金光聖母とは用途が違うためカテゴリ分けをすれば同率1位なのですが。。。 3位:屍仙道士スーシェン 3位は悩みましたがこちらのキャラを選定しました。 「金光聖母」と同じく、近接ユニットで遠距離攻撃ができます。 金光聖母との違いは 防御・魔法耐性無視の貫通攻撃である点です。 どれほど防御・魔法耐性が高い敵でもダメージを与えることができる貴重なユニットとなっています。 しかも覚醒スキルにより 攻撃力上昇及び、広範囲の敵を3体まで同時に攻撃できます。 また、 自身が死亡時は撤退扱いとなり周囲の敵の動きを止めます。 「キョンシートークン」を2体まで使役することができ、トークン自身も敵の動きを止める能力持っています。 高レベルの魔神級でも時さえ止めてしまえば敵はタコ殴りされるしかありません。 デメリットは 覚醒スキル発動時にHPが永続で半分となってしまう点と 回復が受けられないという点です。 毒など、回復が必要となるマップでは活躍が難しくなります。 デメリットを補って余りある能力を持つユニットですが、活躍の場を選ぶという点で3位としました。 初心者の方におすすめのブラックユニット 光の守護者アルティア 序盤のコスト稼ぎに最適な近接ユニット。 配置5秒後にコストを10回復しその後は 徐々にコストを回復し続けます。 安定したステータスのため、序盤を見事にしのぎ切ってくれます。 また、「アルティア」を配置後、後述の「ディエーラ」を配置することにより 出撃コストに困ることは一切なくなります。 筆者はほぼすべてのマップでこの戦法を使います。 隊商長ディエーラ 「アルティア」に続き、コスト稼ぎ要因の遠距離ユニットです。 「傭兵トークン」を使役することができ、トークン自身はゴールドのソルジャー並みのステータスを持っています。 このゲームはゴールドの消費が激しいため、大変ありがたいアビリティです。 魔物使いモルテナ 防御・魔法耐性無視の貫通攻撃を持つ遠距離ユニットです。 「魔獣トークン」を使役することができます。 第二覚醒で「魔獣調教師」を選択した場合、超絶高性能の魔獣トークンを使役可能です。 一時期は初心者救済のユニットとしておすすめされていましたが、「金光聖母」の登場で少し肩身が狭くなったユニットです。 しかし、「金光聖母」はランク報酬のブラック交換チケットで入手不可のため、 初心者の方でストーリーをスムーズに進めたい場合にはおすすめです。 ランク10・25到達でもらえるブラック交換チケットの対象 ランク10と25になったときにそれぞれ「ブラック交換チケット」がもらえます。 下記のリストから好きなユニットを選んで入手することができます。 自分自身は一切攻撃をしない遠距離配置の完全支援ユニットとなっています。 最大の特徴は 近接ユニット死亡時に撤退扱いとし、一定時間後 40秒後 に再出撃可能状態とします。 さらに覚醒アビリティ「水魚の交わり」により、 3回目以降のスキル効果時間が永続となります。 このキャラが活躍するのは大討伐のような戦闘時間が長いマップや、火力が必要となる高レベルの魔神級ミッションです。 2019年2月現在は入手不可となっているため、再度コラボしてほしいものです。 まとめ:2019年2月現在の最強ブラックユニットを紹介&評価 長年千年戦争アイギスをプレイしている筆者が記事をまとめてみました。 最強キャラについてはほぼ皆さんと同じ結果になったかもしれません。 ブラックユニットはどのキャラも強いため、迷ったら見た目で選ぶのも良いかと思います。 ここまで読んでいただきありがとうございます。 皆さん、良き王子ライフを。 それではまたお会いしましょう。 ではでは~。

次の

魔法戦争

魔法戦争 キャラ

要約; 自分のTL上で大人気だったアニメのを全話見て、原作と照らし合わしつつ問題点を考える話。 前提; ・元々アニメは1話で切ってたが、盛り上がってたので見た。 ・この手の作品はよく見ている。 、弁魔士セシル、、脳コメ、などなど。 脳コメは後半凄く良かった 良い意味で。 ・原作の作品はリネア様の評判を聞いてタザ国物語を全部読んでいる 打ち切りになったが非常に面白かった。 はアニメを見た後に、原作全巻読んだ。 というかが原作だと知って驚いた。 アニメのの問題点 アニメのは視聴者に絶大なトを与えて終わった。  『』12話(最終回)感想 来週もまだ放送する気がしてしまう最終回だった 第1話からツッコミネタ厨二アニメとして注目され、その後多くの脱落者をだしながら、投げっぱなしエンドという凄まじいありようの本作品は果たして何が問題だったのか。 スリーと表現の2つの面で見てみる。 スリー のスリーで問題となっているのは下記4点である。 スリーの各要素は面白い要素がありつつも、詰め込みすぎて失敗している。 ・投げっぱなしの終わり方:ラストバトル後に主人公が過去の世界に飛ばされ、そこで過去の知り合いと仲良くする弟に愕然とし、「んだよ 意味が分かんねぇ」との台詞でおわる。 それは視聴者の台詞だ。 ・スリーの根幹が解決されずに終わる:が起こった原因の解決、主人公と弟の対立 と過去の事故の真相 など、作品の根幹の問題が解決されずに終わる。 ・タイトルの「」とスリー規模のズレ:タイトルに反して中々戦争が始まらないうえに、戦争の規模が魔法士数十人が戦う代表戦と規模が小さく局所的。 ラストレクイエムの魔法範囲は広いのに。。。 ・MF的金太郎飴作品:MF作品にありがちな、売れた作品のコピー要素が多い。 異世界、魔法、魔剣など。 表現の表現には多くの問題があり、それが画面を滑稽なものにしている。 ・戦闘の表現・テンポがおかしい:竹刀がやたら頑丈だったり、目隠ししての剣道、「バカな!他人の魔力を使えるのか」と驚いて攻撃を避けないプロ魔法士など。 学院長とメガネの戦いは凄く良かったが。。。 ・技名のダサさ ラストレクイエム等 、分類の不適切さ:ラストレクイエム、メルトプロジェクション、ブラックドアなど捻りのなさ過ぎる英語技名、回避魔法・高速魔法などの分かり辛い分類。 ・予告の・魔女っ子マホ子の寒さ:すいません嘘です。 の良い点 とはいえ、にも色々良い点はあり、特にヒロインの可愛さはMFらしく安定して高い。 ・ヒロインがどのキャラも可愛い:ブラコンで小動物的な六、焼き餅と依存を中心としたが可愛い、銀髪幼女、金髪ロングお姉さん 十の元カノ 、そしてそうしたキャラのコスプレや脱衣やロリ化などヒロインはどれも可愛い。 僕が単に長髪好きとも言える。 ・作画はだいたい良かった:たまに変な中割はあったが、基本的に作画は安定していた。 ・OP・ED・BGMが良い:最近のアニメは音周りだいたい良いよね。 ・スリーのテンポは良い:異世界転移からバトルなり試験なりやって世界の根幹を説明して戦争で締める流れの速さは良い。 ・魔女っ子マホ子:アニメオリジナルキャラのマホ子は視聴者に一時の安らぎを与え、このアニメの見方を教えてくれた。 すだち。 アニメのと原作との対比 スリーおそらく一番驚かれる部分だが、アニメのは原作1〜6巻に該当する。 特に1,4巻は1巻を1話にまとめており非常に早い進行となっている。 アニメから入った身としては、もしあの1巻が3話かけて作られていたら作品の方向性が分かる前に視聴をやめていたと思うので良いアニメ脚本だったと思う。 4巻の永遠の話についても、アニメでは後々特にフォローされない話なので1話でよかったと思う 飛ばしても良かった。 また、アニメでは5巻以降のペンドラゴン本部への避難を描写せずに終わらせている。 これは話を圧縮するために措置だと予想される。 予想外だったのは、圧縮しても話が終わらなかったことか。 正直なところ、アニメのの脚本は原作の範囲内でかなりよくまとめられており、良く考えられた脚本だと思う。 アニメののスリーについての問題は、殆ど原作が原因となっている。 キャラクター殆どのキャラクターに大きな変更はないが、唯一磯島だけかなりマイルドに調整が加えられている。 原作の磯島はタザ国物語のリネア様を彷彿とされる即キレ残虐嗜好 でも手は出さない のきついヒロインだったが、さすがに不味いと思ったのかアニメでは軽い嫉妬程度の描写だった。 見てください、この今にも六を階段から突き落としそうな磯島さんを!!! 原作ではいつ武の脚を切り落とすかヒヤヒヤしました。 原作のの問題点 原作のはそれぞれの1巻1巻は面白いが、全体の構成に大きな問題を抱えている。 話の前提として、まずアニメ以降の7巻以降は武の過去世界の話と、ちょっとした現代の話 戦争の後始末など になっている 7巻:過去で月光に保護監禁された武 月光の行動はわけがわからない が、ウイザードブレスのの偉い人 ブレイブ に救出されてその家にお世話になる。 娘のソフィアと出会い、未来知識で和馬の戦争を防ごうとする話。 8巻:永遠がソフィアの母親だったということが発覚する。 武の行動もむなしく第一次が勃発し、以前同様に武の両親が死亡する。 ウイザードブレスのでブレイブ家が襲撃され、ソフィア以外が死亡する。 現代で磯島や六が合流。 アニメの世界からの消失エンドの後にこの展開となっているため、既刊の中で話を区切る場所がどこにもない。 また、多く貼られた伏線や問題 月光の事故の理由、和馬の正体・目的、永遠の今後、磯島との関係 は現在も回収されずに謎のままになっている。 これは著者の前作のタザ国物語でもあった問題で「話は大きく進むが、問題が何一つ解決されないまま状況だけ動く」物語が連続しているのだ。 でも異世界への移動、十の奪還、魔法試験、、過去の学園と状況や物語は進んでいるが、問題は殆ど解決していない。 アニメはどうすれば良かったのか こうした原作を踏まえると、アニメはオリジナル展開をした方が良かったのではないかと思う。 原作のどこで切っても中途半端な終わり方となり、また謎が解決されないのでは、アニメの視聴者に対してそれをそのまま見せるのでは大きなストレスを与える。 であれば、の1期や一週間フレンズのように原作からある程度のつまみ食いとオリジナル補完を行ってもよかったのではないか。 月光を倒し、母親から事故の真相と謝罪を聞いて、回避魔法の本来の意味を知るといった話で終われば、アニメ視聴者もある程度は納得できたのではないのだろうか。 原作ファンのオリジナル展開批判が発生することは仕方ないが、アニメはアニメとして完成していてほしい。 そしてそれは、商業的な問題も孕んでいる。 以下、余計な話; 商業性を考えたの書き方 3つの話を前提としておきたい。 ・はアニメ化によって大きく売上 部数 が伸びる。 それがどんな作品でどんなアニメ化であれ、アニメ化の影響は大きい 例えば5分アニメのニャルアニでも原作部数はよく伸びていた ・アニメ化の売上に達していないは1,3〜5巻程度で打ち切りとなる場合が多い。 ・下記さんの発言 「:これはネガティブな話になりますが、 原作ありきのアニメ化作品ばかり増えると、その弊害が周辺の業界にも及ぶんですよね。 特に自分はについての危機感があるんですが、それは作家がみんなアニメ化を意識してしまうんです。 みんなアニメ化されることをゴールに、アニメの企画書のつもりで書いていないか? 小説の中身で勝負をしようという発想を見失っていないか?って思うと悲しくなってくるんです。 」 さんが言うように作品の中身で勝負をすることは当然重要だしそうあってほしい。 しかし、アニメ化の成功による売上を考えると4〜6巻のどこかで物語を一段落させるか、一段落させる別の終わり方を考えておく必要があるのではないかと思う。 2クール行ける売上なら、8〜10巻のどこか と同様の問題を孕んでいる作品として、今期放送されるMFの「精霊使いの剣舞」は12巻で一区切りする作品だが、これがどうアニメ化されているかは見ていきたい。 また、HJのも現在16巻まで出ていながら区切りのない作品なので、こちらも。 健速さんの執筆能力なら、各キャラ紹介話後になにかオリジナルやって上手くまとめてくれるんじゃないかと期待している。 web小説作品の危うさ 現在のトレンドとなっているweb小説 SAO、魔法科、無職転生 は特にこうした問題を抱えている。 もともとweb小説は物理的な本と違いページ数の制約がないため、比較的長くだらだらと続く傾向がある。 web小説読みであれば、数百話まで続いて話が大して終わっていない有名作品の心当たりが多いと思う。 SAOもアシリゼーション編以降はそうしたweb小説らしいだらだらした感じになっている。 個人的に危惧しているのは、こうした人気web小説は事前人気の高さからアニメ化以前にも大きな売上を出すため比較的アニメ化されやすく、しかしアニメ化された際に物語を適切に終わらせることができず、面白くないアニメが増えて業界が森下がることだ。 この作品はおそらく2015年にアニメ化されると思うが、アニメ化の際にどうやって脚本を作るつもりなのだろうか。 1クールでそのままアニメ化では転生、魔法練習、家庭教師、領消滅、新大陸冒険とやって「そして彼らの旅は続いていく・・・」となり全ての問題を放り投げることになる。 これは過去の作品が抱えていた「あまりにも原作と違うアニメ化をされて原作ファンが失望する」と逆の状態で、「原作通りにアニメ化したら話が終わらずに意味不明に終わり視聴者置いてきぼり」という状態になる。 アニメ化が難しい作品は多いが、どうか原作ファンもアニメ視聴者もどちらも満足できる作品が作られて欲しい。

次の