Zoom パワーポイント。 Zoomで「パワーポイント」を画面共有してWEB会議・セミナー開催する方法

Zoomでパワーポイントを画面共有する方法【iPad/iPhone】

Zoom パワーポイント

電話やチャットなどでやり取りをしていると、言葉だけで伝えるのが難しいと感じることがあるのではないでしょうか。 言葉と合わせて、実際の画面や資料を見せながら説明できたらスムーズで便利ですよね。 そんなときにおすすめしたいのが、画面共有の機能を備えたWeb会議ツール「Zoom」です。 ここでは、Zoomの画面共有機能で実現できることとその使い方、また不具合の対処方法についてまとめています。 Zoomの画面共有機能を活用して、ミーティングの効率化を図ってみましょう。 Zoomの画面共有でできること 画面共有とは、自分のPCやスマホ・タブレットに表示されている画面をそのまま相手の画面に表示させる機能のことです。 Zoomならホスト側の画面だけでなく、クライアント側の画面を共有にすることも可能。 まずは、Zoomの画面共有機能で共有できるデータについて詳しく見ていきましょう。 ファイルの共有 ZoomではパワーポイントやPDFのファイル・画像や動画データ・現在表示させているブラウザなど、様々な画面を共有することができます。 PCはもちろん、スマホやタブレット間での画面共有も可能です。 これにより、自分の画面を共有して操作説明を行ったり、相手の画面を共有してリモート操作を行ったりすることができるようになります。 またスマホの動画も共有できるため、ゲームのプレイ動画の共有に活用するなど個人利用にもおすすめ。 Zoomにはミーティング内容の録画・録音機能も搭載されているので、共有データと指示内容を合わせて見返すことができるのもポイントです。 ホワイトボードの共有 Zoomで共有できる画面の中に「ホワイトボード」という項目があります。 ホワイトボードにはテキスト入力や図形挿入などの機能が備わっている他、直接ペンで書き込むことも可能。 操作はホスト・クライアントともに可能となっており、相互のアイデア出しや絵や図による説明をしたいといった場合に便利です。 ホワイトボードの内容を画像ファイルとして保存しておくこともできます。 コメントの入力 Zoomでは画面共有しているデータにコメントや注釈を付けられます。 共有中の資料内容について通話を行いながら、重要なポイントにマーカーを引いたりメモを加えたりして自分なりにまとめられるので効率的です。 ただし、 コメントの内容は自分だけでなく相手側の画面にも表示されるという点に注意。 複数人が一度に書き込みをするとかえって分かりにくくなってしまうケースも考えられます。 Zoomならホスト側の設定でクライアント側のコメントを無効にすることもできるので、参加人数に応じて活用してみると良いでしょう。 Zoomで画面を共有するやり方 Zoomを利用するには、ミーティングの主催者となるホストがアカウントを持っている必要があります。 Zoomアカウントの作成は簡単にできるため、あらかじめ用意しておくとスムーズです。 ここからは、Zoomで実際に画面共有をする際の手順について解説していきます。 自分の画面を共有する Zoomでのミーティング中に自分の画面を共有したい場合の手順は以下の通りです。 画面内にある「画面共有」をクリック• 一覧の中から共有したい項目を選択• 「画面の共有」をクリック 共有が完了すると、ミュート機能やコメント機能など画面共有に対するメニューが表示されます。 相手の画面も同じ状態になっていることを確認し、ミーティングを再開しましょう。 相手の画面を共有してもらう 相手の画面を共有する場合も上記と同様の手順となります。 共有してほしい画面を伝え、相手側に操作してもらいましょう。 相手の画面共有が完了すると、自分の画面が切り替わり、画面共有のメニューが表示されます。 複数人でミーティングをしている場合で、ホストに対してのみ画面共有を行いたい場合はオプションから設定を変更することが可能です。 共有できる相手を「全参加者」から「ホストのみ」に変更してから共有を行いましょう。 1対1でのミーティングの場合は特に設定を変更する必要はありません。 別の画面に切り替える 画面共有中に別の画面に切り替えたい場合は、以下の手順で操作できます。 共有メニューから「新しい共有」をクリック• 一覧の中から切り替えたい項目を選択• 「画面の共有」をクリック 画面共有に回数制限などはないので、自由に切り替えながらミーティングを進めていきましょう。 画面共有を停止する 画面共有を停止させたい場合は、共有メニューにある「共有の停止」をクリックするだけで完了です。 共有が停止されると、自動でビデオ通話の画面に戻ります。 また共有している画面を閉じることで、強制的に共有を停止させることもできます。 例えばエクセルの画面を共有している途中で、エクセル自体を終了させるといったやり方です。 こちらでも特に問題はありませんが少し強引な印象になってしまうので、基本的には「共有の停止」ボタンから操作するようにしましょう。 リモート操作を行う リモート操作とは、相手の画面を遠隔で操作することを言います。 相手が操作に困っているときや口頭での説明が難しいときに便利な機能です。 Zoomでリモート操作を行う場合は以下の手順で進めましょう。 相手の画面を共有してもらう• 共有メニューから「リモート制御」のリクエスト行う• 相手にリモート制御を承認してもらう リモート操作の停止は双方から行えるので、必要な操作が終了したら自分で停止するか相手に停止してもらいましょう。 画面共有がうまくできないときの原因と対処方法 ZoomではPC画面だけでなく、スマホやタブレットの画面を共有することもできます。 しかし、中にはスマホ画面の共有がうまくできないといったケースも。 最後に、画面共有がうまくできない場合の原因と対処方法について詳しく見ていきましょう。 ホストによる画面共有を許可されていない 現在、ZoomでWeb会議に参加する場合、ホストが画面共有を許可するかどうかの権限を持っています。 これはセキュリティ対策でもあり、スムーズなWeb会議を行うのに必要な設定です。 もし参加者で画面共有ができない場合は、ホストに画面共有権限を許可してもらうようにしましょう。 Zoomのソフト・アプリが最新版になっていない スマホの画面を共有する場合、初回のみZoomプラグインのインストールが必要となります。 スマホ側でプラグインのインストールが失敗している場合やZoom側のプラグインが最新になっていない場合は共有の不具合が起こる可能性があります。 同じネットワークに接続されているにも関わらず、画面共有が機能しない場合はプラグインの更新を行ってみましょう。 最新版のプラグインはZoomのダウンロードセンターからダウンロードすることができます。 まとめ• Zoomの画面共有機能では各種ファイルやホワイトボード、コメントの共有ができる• 簡単な操作で画面共有・リモート操作ができるので初心者でも使いやすい• スマホ画面の共有がうまくできない場合はネットワークとプラグインを確認 画面共有を活用することで、離れた場所にいる人ともスムーズに会議を進めることができます。 Zoomはミーティング以外にも、研修やセミナーなど様々な使い方ができる便利なサービスなので、ぜひ導入を検討してみてくださいね。

次の

Zoomで「画面共有」する方法について教えてください。

Zoom パワーポイント

Contents• Zoomでパワーポイントを使う方法 Zoomでパワーポイントを使う方法には「パワーポイントを開いている画面を共有する」方法と「パワーポイントのファイルを共有する」方法の2つがあります。 それぞれの方法にメリット・デメリットがあるため目的に合ったものを選んで使うようにしましょう。 Zoomで共有する方法については以下の記事が詳しいので具体的な共有の手順についてはそちらを参考にしてください。 ミーティング中に予期せずパワーポイントを使うことになっても簡単に対応できます。 まず共有したいパワーポイントのファイルを開いておきましょう。 ミーティング画面から「画面を共有する」を選択してクリックします。 共有するウィンドウ一覧からパワーポイントのウィンドウを選択してクリックします。 「共有」ボタンを選択してクリックします。 パワーポイントが画面共有できました。 上部にZoomのツールバーが表示されていれば画面共有は成功しています。 この状態でパワーポイントを操作することができます。 全画面表示で画面共有中には参加者の顔が見えなくなります。 パワーポイントのファイルを共有する方法 事前にクラウドストレージ オンラインストレージ にパワーポイントのファイルをアップロードしておく必要があります。 したがって急にファイル共有が必要になったときに共有するまでに時間がかかります。 一方でクラウドで共有されているファイルの切り替えを素早く行うことができます。 ここではOne Driveからパワーポイントファイルを共有する方法を解説していきます。 One Driveからファイルを開く ミーティング画面の「画面を共有する」を選択してクリックします。 「ファイル」のタブを選択してクリックします。 「One Drive」を選択してクリックします。 「共有」ボタンを選択してクリックします。 One Driveへの接続画面が表示されます。 「Connect」を選択してクリックします。 アカウントへの接続許可をするかどうか確認画面が表示されます。 「認可」を選択してクリックします。 One Driveへのサインインを求められます。 サインインをしてください。 サインイン後にZoomのアクセス許可確認画面が表示されます。 「はい」を選択してクリックします。 One Driveに保存されているファイルの一覧が表示されます。 開きたいファイルを選択してクリックします。 公開するアカウントの範囲を聞かれます。 「Visible for all」にチェックを入れてください。 「Share screen」を選択してクリックします。 Zoomを開きますか?という画面が表示されます。 「Zoomを開く」を選択してクリックします。 5秒でこの表示が消えるため素早く対応してください。 One Driveに保存されているパワーポイントのファイルが開かれ画面が共有されました。 この方法はパワーポイントのファイルがクラウドに保存されているためクラウドのリンクをチャットで共有しておくことで参加者が後から資料を見直すことがしやすい利点があります。 ビデオ会議を行う際におすすめしたい方法です。 ブラウザでファイルが開かれているため別のタブに他のパワーポイントファイルを開いておくことで共有中でも複数のファイルを素早く切り替えることができます。 Zoomでパワーポイントを使うときの注意点 Zoomでパワーポイントを使っているときには注意点がいくつかあります。 これはワードやエクセルの画面共有を行うときにも同じことが言えます。 参加者の顔が表示されない 画面を共有しているホスト ミーティングの主催者 は設定によっては画面を共有中に参加者の顔を見ることができない場合があります。 「ビデオパネル」が表示されるように設定しましょう。 また全画面表示をして画面を共有している場合には設定に関わらず参加者の顔を見ることはできません。 参加者は「左右表示モード」を用いることで参加者の顔をより大きく見ることができるようになります。 ビデオパネルを表示させる 参加者が表示させたい場合にはビデオパネルを表示させましょう。 上部ツールバーの「・・・」アイコンで示される「詳細」の項目を選択してクリックします。 詳細設定一覧が表示されます。 「ビデオパネルの表示」を選択してクリックします。 ビデオパネルが表示されました。 自分を含めて参加者が表示されます。 やや小さく感じますが大きさを変更することができないため注意してください。 左右表示モードを設定する 参加者は画面を共有中に参加者の顔を大きく表示させることができます。 共有画面を見ているとき、上部ツールバーの「オプションを表示」を選択してクリックします。 「左右表示モード」を選択してクリックします。 共有画面の右側に参加者の顔が表示されます。 画面の境界線を左に動かすと顔の表示が大きく、右に動かすと小さくなります。 発表者ツールについて 画面共有中に発表者ツールを使った場合に、発表者ツールの画面が参加者の画面にも共有されてしまいます。 発表者ツールを使わない場合と使う場合でそれぞれ異なる設定が必要です。 発表者ツールを使わないとき 発表者ツールが画面共有中に映り込まないように事前に設定しておきましょう。 「スライドショー」タブを選択してクリックします。 「発表者ツールを使用する」のボックスのチェックを外します。 「モニター」の項目を選択します。 「プライマリモニター」を選択してクリックします。 モニターの設定が上の画像のようになっていれば発表者ツールを使うつもりがないときにツールの画面が共有されるといった事態を防ぐことができます。 発表者ツールを使いたいとき 発表者ツール使う場合にツール画面を共有を避け、参加者にスライドの画面だけを共有させることも可能です。 「スライドショー」を選択してクリックします。 「最初から」を選択してスライドを表示させます。 スライドが表示された状態で右クリックし、「発表者ツールを表示」を選択してクリックします。 発表者ツールが表示されます。 発表者ツール左上「タスクバーの表示」を選択してクリックします。 タスクバーから「Zoom ミーティング」を選択してミーティング画面を表示させます。 Zoomの画面共有設定を表示させます。 「詳細」タブを選択してクリックします。 「画面の部分」を選択してクリックします。 「共有」ボタンをクリックします。 発表者ツールと緑色の枠が表示されます。 この緑色の枠内が参加者の画面に共有されます。 緑色の枠を発表者ツールのスライド部分に合うように調整します。 これで発表者ツールの画面を共有させずにツールを使うことができます。 Zoomでパワーポイントが使えないときの対処法 場合によってはZoomでパワーポイントが共有できないときがあります。 そのようなときは以下の対処法を試してください。 対処法で解決しなかった場合にはZoomテクニカルサポートへすることを推奨します。 画面共有がうまくいかないとき 画面共有ができないときの対処法ついては以下の記事が詳しいのです。 ミーティング前に動作確認をしておきましょう。 PCのOSのバージョンが古い場合にもZoomの画面共有機能が使えない場合があります。 ファイル共有がうまくいかないとき Zoomのバージョンが古いと画面共有設定時にOne Driveをはじめとするクラウドサービスが表示されまん。 Zoomを最新版にしておきましょう。 またクラウドサービスへ正しくログインできていないとZoomからクラウド上のファイルを開くことができません。 パワーポイントのファイル共有がうまくできない場合にはクラウドサービスから一度サインアウトして再度サインインしてみましょう。

次の

【Zoom】デュアルディスプレイ(外付けモニター)を使ったオンライン授業の勧め

Zoom パワーポイント

「ZOOMを使って、今まで リアルでやっていたコンサルティングやセミナーをオンライン化したい!」というニーズをちらほらと伺うことも増えてきました。 普段のコンサルティングやセミナーも 毎回同じ内容をお伝えしていたり、複数のお客様から同じ質問をよくされるのであれば、 それらの回答をあらかじめ動画に残しておくことで、オンラインコンテンツとして活用・販売することが可能です。 パワーポイントでスライドを映しながら自分の顔も表示させ、セミナーをしている様子を録画する。 こんな使い方もzoomだったら簡単にできますし、うまく販売につなげることができれば、 リアルの自分が稼働しなくても売り上げが立つ仕組みが作れちゃいます。 ということで、これからオンラインコンテンツを作りたい人必見の記事を書いてみました。 【ブログ集客コンサルタント 中村和幸がこの記事を書いています。 】 こんにちは。 青山華子さんの ブログ作りのお手伝いをさせていただいている、サポートメンバーの中村です。 このたび記事を寄稿させていただきました。 ぜひお役立てください! 目次• zoomで一人セミナーを録画する方法 では順に説明します。 まずはzoomを立ち上げ、セミナー資料(パワーポイントなど)を立ち上げておきます。 (パワーポイントを開ききつつ、zoomを起動した様子) zoomの画面中央下部、緑色になっている「画面の共有」をクリックし、デスクトップ(画面1と表示される場合もあります)を選択し、「画面の共有」をクリック これで、パワーポイントの画面と、自分の顔が同時に表示された状態になります。 この状態で、自分の顔のウィンドウサイズをお好みの大きさに調整してください。 そして、zoomのメニューバー右にある「その他」から、「このコンピュータにレコーディング」を押してください。 録画マークが点滅していたら、録画が無事に開始されている目印です! 撮影が終わったら、zoomを終了してください。 すると、先ほどの撮影が動画ファイルに変換されます。 mp4」という動画ファイルを選択することで先ほどの撮影したものを確認することができます。 *もし、保存場所が分からなくなった場合は、を参考にしてください。 動画ファイルを簡単に加工する(前後のトリミング) Windowsの場合は、Windows10に標準で備わっている「フォト」というソフトを使うことで、前後のトリミングが可能になります。 録音してから喋り始めるまで、あるいは喋り終わってから録音を切るまでの無駄な間をカットする時に便利です。 完了したら右上の「名前を付けて保存」より、任意のファイル名を付けて動画ファイルを保存してください。 まとめ 以上、zoomでひとりセミナーを開催して、それを動画に残す方法のご説明でした。 操作に慣れてしまえば、特段難しいことはないかと思います。 それよりも、一人でしゃべるのに慣れるまで数をこなす方が大変かもしれません。 ですが、すでにたくさんスライド資料をお持ちの方は、空き時間に動画コンテンツを量産することが可能になりますので、これをゆくゆくオンラインコンテンツとして販売することも十分可能になります。 是非チャレンジしてみてください! こちらの記事もおすすめです zoomの基本的な使い方は、こちらの記事で紹介しています。 併せてお読みくださいね。 (時期によって先行案内中のこともあります) からご覧ください。 アマゾン2連続1位を獲得できたコンサルタント。 私のこれまでのがけっぷちな人生で起きた様々なビジネルトラブルや体験談も、限定公開しています。 【保護中の限定記事のパスワードは、メルマガ1通目のプレゼントで全て公開中!】.

次の