ワイ モバイル シュミレーション。 学割+格安スマホ=最安!ワイモバイルの『ワイモバ学割2020』で12,000円割引!

ワイモバイルの料金シミュレーションでどのくらい月額料金が安くなるか分かる

ワイ モバイル シュミレーション

2019年10月以降の最新プランで、大手とワイモバイルでどれくらい料金に差がでるか、分かりやすく比較していくよ! ドコモ(docomo)/au(KDDI)/ソフトバンク(SoftBank)から、格安スマホへ乗り換えようと思っている人は多いと思います。 2019年10月に電気通信事業法が改正されて、契約期間縛りによる違約金の上限が1,000円となり、乗り換えしやすい環境になりました。 新規契約・乗り換えともに、大手3社だと高そうだから格安スマホを検討している人が多いと思います。 格安スマホの中でも 一番お得で安いのはです! 格安スマホの比較は、以下の関連記事を参考にしてください。 なぜY! mobileが一番お得で安いか分かります。 ドコモ、auから新料金プランが発表され、2019年6月から始まっています。 mobileも新料金プランになりました。 新料金プランは 端末分離の料金となり、今までより最大で 4割の割引を実現したと発表しています。 具体的に分りやすく料金比較をしているので、ぜひ参考にしてください! 比較の前提条件• 2年間の総支払額を比較 <理由> ソフトバンク、Y! mobileは契約期間縛りを廃止したが、ドコモ、auでは2年間定期契約が一部前提です。 また、1年間後に乗り換えだと面倒くさいし、手数料もばかにならないので2年間の総額支払いを前提とします。 1~3回線契約時のそれぞれの総支払額を比較 <理由> ドコモ/auの家族割引が2回線と3回線以上で割引額が異なるため3回線まで比較します。 データ通信を多く利用する人でも、外出先でWi-fiを利用すればデータ通信料をおさえることも可能です。 5~10分の電話かけ放題を付ける <理由> 電話する時は必ず「LINE」や「Facebook」、「FaceTime」などを利用する人は「かけ放題」を契約する必要はないですが、アプリを利用した電話だとノイズが多くて会話がなりたたないことが良くあります。 しかも、アプリからの電話だと年配の方や子供だと若干操作に戸惑ったり、間違ってアプリ経由で電話せず普通に電話して割高な料金を取られたりと、リスクをあげるときりがありません。 したがって、いちいち電話するときに何かを気にするのはめんどうなので「かけ放題」を前提とします。 SIMのみ契約 <理由> 新料金プランは端末分離プランのためSIMのみ契約を前提とします。 上記内容を前提に各社条件に一番近いプランを選定すると、以下の契約プランになります。 そのため、SoftBankはあまりデータ容量を利用しない場合のお得な契約がありません。 同じ会社なので、 Y! mobileとの棲み分けを明確にしていると思います。 したがって、 Y! mobileとSoftBankを同じような条件で比較ができません。 そのため、今回は前提条件よりかなり大きなデータ容量(50GB)になりますが、家族割引が適用される「ウルトラギガモンスター+(50GB)」をとりあえずの比較対象とします。 基本的にY! mobileとSoftBankの比較だと、以下の基準で考えてください。 mobile がおすすめ! SoftBankとは比較が難しいので、docomo/au とY! mobileの比較を参考にしてください。 料金比較シミュレーション 先に記載した前提条件をもとに料金比較をしていきます。 具体的に家族割引の金額が異なる1~3回線の契約回線数別に2年間の総支払額がいくらになるか算出して比較します。 2年後に新しい機種をまた買わないとダメ 2年ごとに新しい機種に買い替えていると、いつまでたっても高い料金を払い続ける必要があります。 携帯会社を乗り換えることができない 2年後に新しい機種へ機種変更することが前提なので、携帯会社を変更することができません。 しかし、結局スマホ購入先をずっと同じ携帯会社にしないとダメ(かなり損をする)です。 下取りしてもらえない 使っていたスマホは、2年後に新しい機種と交換で引き取られるので、下取りに出したり買い取り業者へ売ることができません。 スマホが故障だと2万円支払いが必要 画面割れなどスマホに故障がみられる場合は大手3社ともに2万円を別途支払う必要があります。 個人的に、最新スマホを買ったなら最低3年以上は使わないともったいないと思っています。 また、分割支払いの残金は払わなくて済むのですが、使っていた端末は引き取られてしまい、下取りや買取業者へ売ることができません。 もし、2年後に下取りや買取業者へ売る場合、だいたい発売時定価の3~4割程度になります。 いろいろ計算してみたのですが、結局「分割支払いの残金」と「下取りや買取業者へ売るときの金額」にあまり差がないことが分かりました。 大手3社で最新スマホをセット購入して大幅に割引されていた頃は、Y! mobileより大手3社と契約した方がTotal費用が安くなるケースもありました。 しかし、今後はそういったケースはなくなり、 いかなる場合でもの方が安くなります。 mobileならスマホ端末が安い Y! mobileなら、「機種代金割引」があり、 「 14,400円 」割引されます! そのため「 iPhone 6s/7」、「 Xperia 8」や「 HUAWEI P30 lite」が安く購入できます! 他にも「Libero S10」「Android One X5/S5」や「かんたんスマホ」などもお手頃な価格で購入できます。 \一番お得なスマホセット購入/ お得 スマホセットで「 24,395円」お得! 3つの特典を利用することでスマホセット購入が最大 「 24,395円」お得になります!• どこでももらえる特典 事前にでエントリーすることで 3,000円相当がもらえる!• スマホ契約特典 のオンラインストアは 5のつく日・ゾロ目の日なら 5,555円相当がもらえる!•

次の

学割+格安スマホ=最安!ワイモバイルの『ワイモバ学割2020』で12,000円割引!

ワイ モバイル シュミレーション

この記事の目次• 楽天モバイルの「UN-LIMIT2. 0」は、格安SIMとしてのバックグラウンドを活かしたリーズナブルな価格設定で、キャリアとしての安定したデータ通信を提供しているため、コスパがよいと人気を集めています。 今回はそんな楽天モバイルの気になる料金シミュレーションをはじめ、3大キャリアや格安SIMの料金との比較や楽天モバイルならではの特徴などをまとめました。 キャリアとしての楽天モバイルの料金プランが気になる人や、今使っているキャリアまたは格安SIMから楽天モバイルに乗り換えたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。 キャリア名 料金プラン名 容量 月額料金 速度 容量超過後の速度 楽天モバイル UN-LIMIT2. 7Gbps 送信時最大131. 0」の1種類のみとなっており、月額料金は4キャリアの中で最も安い2,980円です。 月額2,980円というリーズナブルな価格設定ながら、楽天回線エリア内であれば追加料金なしでデータが使い放題です。 他のキャリアのデータ使い放題のプランの料金と比べると、UN-LIMIT2. 0は非常にリーズナブルなため、お得にデータ通信をたくさん使いたい人におすすめです。 データ容量を超過した後も最大1Mbpsでデータ通信が使い放題なため、楽天回線エリア外で使うときにも便利です。 ドコモ では、2019年10月1日よりデータ通信を多くする人向けに「ギガホ」プランを提供しています。 ギガホの月額料金は、2年間の定期契約をすれば毎月6,980円、定期契約なしの場合は毎月7,150円です。 毎月30GBまでの高速データ通信が可能で、データ容量超過後も最大1Mbpsでデータが使えるため、外出先でのデータ通信を頻繁にする人でも満足できるプラン内容となっています。 ギガホは2020年5月1日から実施されている「ギガホ増量キャンペーン」の対象となるため、キャンペーンを利用すれば1カ月あたり60GBまでの高速データ通信が可能です。 ソフトバンク では、毎月のデータ容量が50GBの「メリハリプラン」を、月額3,480円で提供しています。 月額料金は他のキャリアと比べても安めで、なおかつ50GBまでたっぷり使えるため、毎月のデータ通信量が多い人に非常におすすめです。 また、データ通信利用量が2GB以下になった月は、月額料金から1,500円割引してもらえるシステムなので、データ使用量が毎月大きく変動するという人にもぴったりです。 メリハリプランでは対象となる動画SNSのデータ通信量は毎月50GBの中にカウントされないため、ギガ数を気にせずにSNSや動画サイトを楽しめるという他のキャリアにはないメリットがあります。 平均の通信速度は71~125Mbpsとなっており、制御が必要と判断された場合は速度制限がかかります。 会社名 料金プラン 容量 月額料金 速度 速度制限時の速度 楽天モバイル UN-LIMIT2. 0」は独自の回線を利用したキャリアのプランでありながら、月額料金は他の格安SIMと比べてもリーズナブルです 楽天回線エリア内であればデータ通信は使い放題なため、自宅や会社、学校などの自分がよく活動する場所が楽天回線エリア内ならば非常にお得にデータ通信を楽しめます。 ほとんどの場合、格安SIMのプランでは毎月の高速データ通信容量が制限されているため、エリア内であればデータ容量を気にせず使えるというのはメリットと言えるでしょう。 速度制限がかかってしまっても、最大1Mbpsでデータ通信を引き続き楽しめるのも、メリットの1つです。 UQモバイル 出典: では、月額1,980円という非常にリーズナブルな価格で、データ通信無制限プランを提供しています。 最低利用期間は制限されていないため、違約金なしでいつでも解約できるというメリットがあります。 直近3日間に6GB以上のデータ通信量を消費したことを条件に、場合によっては速度制限がかかってしまいます。 LINEモバイル 出典: では、毎月12GBまでの高速データ通信が可能な「音声通話SIM12GB」プランを提供しています。 音声通話SIM12GBプランは月額3,200円と安めではありますが、高速データ通信量が12GBと他の格安SIMや楽天モバイルと比べると少なめです。 また、データ容量超過後の通信速度は最大200Kbpsまで下がってしまいます。 しかし、LINE利用時のデータ容量がゼロになるLINEデータフリーオプションを無料で追加できるため、連絡手段は主にLINEを使うという人には非常にお得なプランです。 ワイモバイル出典: の「データベーシックプランL」は毎月3,696円で、高速データ通信を7GBまで利用できます。 4Gまたは3Gの高速データ通信を使うことができ、3日間で約10GB以上のデータ容量を使った場合には速度制限がかかります。 毎月の高速データ通信容量の制限を超えた場合の最大通信速度は128Kbpsとなっています。 高速データ通信量は7GBまでと他の格安SIMと比べると少なめなので、データ通信をたくさん使いたいという場合には足りないと感じてしまうこともあるかもしれません。 BIGLOBEモバイル 出典: のプランの中でも、特にデータ通信容量が多いのが「30ギガプラン」です。 月額料金は7,450円と他の格安SIMや楽天モバイルと比べると高めとなっていますが、毎月30GBまでの高速データ通信を楽しめます。 通信速度はau回線を利用したタイプAは受信最大958Mbpsで、ドコモ回線を利用したタイプDは受信最大1,288Mbpsです。 なお、データ容量を超過した場合の速度は、最大200Kbpsです。 オプションでシェアSIMを追加すれば、1つのプラン内で複数端末を使えるため、スマホを2台やスマホとタブレットなど、いくつかの端末を利用している人におすすめです。 楽天モバイルの特徴 楽天モバイルのサービスや料金設定には、他のキャリアや格安SIMにはない特徴がたくさんあります。 ここでは、楽天モバイルの特徴を見ていきましょう。 無制限プランが格安SIM並みの料金で使える 楽天モバイルでは、毎月のデータ容量の制限がない無制限プランが、格安SIM並みのリーズナブルな料金で利用できます。 他のキャリアで唯一無制限プランのあるauの月額料金は7,480円です。 しかし、楽天モバイルのUN-LIMIT2. 0プランは2,980円なので、約半額でデータ使い放題プランの契約ができます。 格安SIMのUQモバイルの無制限プランと比べると月額料金は1,000円ほど高いものの、格安SIM並みの安さで無制限プランを契約できるのは、楽天モバイルを選ぶ大きなメリットです。 回線速度が安定している 楽天モバイルは格安SIM並みの安い月額料金ではありますが、格安SIMよりも回線速度が安定しているという特徴があります。 格安SIMはキャリアから回線を借りてサービスを提供していますが、楽天モバイルは独自の楽天回線を使ってサービスを行っています。 自社の基地局を建設して、独自の電波を利用しているため、朝の出勤ラッシュの時間帯や夜の時間などの混雑しやすい時間帯でも、安定した速度を維持できる可能性が高いです。 月額2,980円というリーズナブルな価格設定でありながらも、安定した速度でデータ通信を楽しめるのは楽天モバイルならではの特徴と言えるでしょう。 楽天回線エリア内ならデータが使い放題 楽天モバイルの一番の魅力とも言えるのが、楽天回線エリア内であればデータが使い放題であることです。 楽天回線は首都圏エリアをメインにした全国の限られた地域となっています。 しかし、生活圏内に楽天回線エリアがあるのであれば、自宅や会社などで高速データ通信を制限なく使えるので非常におすすめです。 楽天回線エリアは、楽天モバイルのサービスエリアページから確認できます。 アプリで電話もかけ放題になる 楽天モバイルの専用アプリである「Rakuten Link」アプリを利用すれば、国内通話の通話料が無料になります。 Rakuten Linkでの通話は時間無制限で無料なため、誰にどれだけかけても無料です。 通話だけでなく、SMSの送受信もアプリを使えば無料なため、通話のためにオプションを付ける必要などはありません。 キャンペーンにより1年間無料で使える 楽天モバイルでは、キャリアとしてのサービス開始を記念して、300万名対象でUN-LIMIT2. 0の月額料金が1年間無料になるキャンペーンを開催しています。 キャンペーンの対象になれば、1年間無料で楽天モバイルのサービスを利用できるので、非常にお得に毎月スマホが使えます。 また、オンラインから申し込みをすれば、契約時の手数料3,000円が実質無料になるキャンペーンも行っています。 楽天モバイルを契約するときの注意点 月額料金が安く安定した回線を利用できる楽天モバイルはメリットが多いですが、契約するときに気を付けておきたい点もいくつかあります。 ここでは、楽天モバイルを契約するときの注意点を見ていきましょう。 完全に無制限ではない 楽天回線エリア内であればデータ通信は無制限となっていますが、通信制限がかかってしまう場合もあります。 1日に10GB以上を使ってしまうと通信制限の対象となり、最大3Mbps程度の速度に低下してしまいます。 動画や音楽を一度に大量にダウンロードしてしまったりすると通信制限の対象となりやすいため、利用する際には注意が必要です。 楽天回線エリア内でも繋がりにくい場所がある 地下やビルの中などの遮蔽物がある場所では、楽天回線のエリア内だったとしてもネットに繋がりにくい可能性があります。 楽天回線にうまく接続できないと、楽天エリア内であっても自動的にパートナー回線に切り替わってしまう場合もあります。 パートナー回線に切り替わったことに気づかずにデータ通信を利用すると、上限の5GBに達してしまい、高速データ通信ができなくなることも考えられます。 そのため、楽天回線エリア内であったとしても、楽天回線でつながっているのかをチェックしておく必要があります。

次の

【完全版】ワイモバイルの料金シミュレーションが一目で!iPhone・スマホ機種別料金

ワイ モバイル シュミレーション

本特典は、予告なく変更・中止させていただく場合があります。 また、070、080、090のいずれかから始まる11桁の番号には、ご利用になる電話番号数に応じてユニバーサルサービス料が発生します。 それに加え、050データSIM(SMSあり)ご契約の場合は、050番号利用にあたり別途ユニバーサルサービス料が発生します。 データSIM(SMSなし)ご契約で020番号が付与された場合は、ユニバーサルサービス料は発生しません。 ユニバーサルサービス料の詳細につきましては、をご覧ください。 MNP転出 1電話番号につき3,000円 MNPによる転出はメンバーズステーションより申請可能です。 で事前にご確認ください。 お支払い方法で口座振替を選択の方は、お一人様につき2契約までとなります。 申し込み種別003、005の方は「」をご参照いただき、APN設定の変更を行ってください。 新しい申し込み種別が割り当てられますので、新しい申込種別にてSIMサイズ変更、交換、再発行をお申し付けください。 お支払い方法.

次の