神戸 医療 センター 中央 市民 病院。 外来診療担当医一覧表

神戸市:中央市民病院の状況

神戸 医療 センター 中央 市民 病院

神戸市は11日、感染症指定医療機関の市立医療センター中央市民病院(同市中央区)で、新型コロナウイルスによる院内感染が発生したと発表した。 同日までに病院職員や入院患者ら計14人の感染が判明。 これを受け、新規の入院・外来患者の受け入れを停止し、救急医療も大幅に縮小する。 新型コロナ感染者は重症者に限って対応する。 同病院は政府の緊急事態宣言に合わせて兵庫県が指定した基幹病院3カ所のうちの一つ。 神戸市によると、9日に別の疾病で入院していた70代女性1人の感染が分かり、職員や入院患者ら計126人にPCR検査を行い、13人の感染が確認された。 別の疾患で重症だった40代男性患者を除き、ほぼ全員が無症状だったという。 院内感染を受け、同病院は、汚染の可能性がある4病棟と人工透析室を一時閉鎖し、消毒する。 他にも感染の可能性がある患者や職員らを順次、検査する方針で、疑いがある職員は2週間の自宅待機を指示。 現在、約100人の職員が自宅待機しているという。 また11日から、一般の外来・入院患者の受け入れを停止。 再来患者の診察や外来化学療法は続ける。 救急は、県災害医療センターと神戸大学付属病院に優先して受け入れてもらうよう依頼し、地域医療への影響を最小限にとどめるとした。 木原康樹院長は「最も考えられる感染経路は軽症の患者を多数、診察している職員。 万全の対策を実施してきたが、市民に多大な迷惑をおかけして申し訳ない」と謝罪した。 同病院は厚生労働省がまとめる全国の救命救急センター評価で6年連続の1位を記録。 これまで新型コロナ感染者を50人以上受け入れており、現在は重症患者約10人と、軽症・中等症患者約30人が入院している。 (前川茂之、伊田雄馬) 【神戸市立医療センター中央市民病院】 病床数は768床。 重症患者を広域に受け入れる3次救急医療機関。 救急医療・高度医療・災害医療の拠点で、感染症指定医療機関でもある。 運営主体は地方独立行政法人「神戸市民病院機構」。

次の

神戸市:中央市民病院の状況

神戸 医療 センター 中央 市民 病院

神戸市は11日、感染症指定医療機関の市立医療センター中央市民病院(同市中央区)で、新型コロナウイルスによる院内感染が発生したと発表した。 同日までに病院職員や入院患者ら計14人の感染が判明。 これを受け、新規の入院・外来患者の受け入れを停止し、救急医療も大幅に縮小する。 新型コロナ感染者は重症者に限って対応する。 同病院は政府の緊急事態宣言に合わせて兵庫県が指定した基幹病院3カ所のうちの一つ。 神戸市によると、9日に別の疾病で入院していた70代女性1人の感染が分かり、職員や入院患者ら計126人にPCR検査を行い、13人の感染が確認された。 別の疾患で重症だった40代男性患者を除き、ほぼ全員が無症状だったという。 院内感染を受け、同病院は、汚染の可能性がある4病棟と人工透析室を一時閉鎖し、消毒する。 他にも感染の可能性がある患者や職員らを順次、検査する方針で、疑いがある職員は2週間の自宅待機を指示。 現在、約100人の職員が自宅待機しているという。 また11日から、一般の外来・入院患者の受け入れを停止。 再来患者の診察や外来化学療法は続ける。 救急は、県災害医療センターと神戸大学付属病院に優先して受け入れてもらうよう依頼し、地域医療への影響を最小限にとどめるとした。 木原康樹院長は「最も考えられる感染経路は軽症の患者を多数、診察している職員。 万全の対策を実施してきたが、市民に多大な迷惑をおかけして申し訳ない」と謝罪した。 同病院は厚生労働省がまとめる全国の救命救急センター評価で6年連続の1位を記録。 これまで新型コロナ感染者を50人以上受け入れており、現在は重症患者約10人と、軽症・中等症患者約30人が入院している。 (前川茂之、伊田雄馬) 【神戸市立医療センター中央市民病院】 病床数は768床。 重症患者を広域に受け入れる3次救急医療機関。 救急医療・高度医療・災害医療の拠点で、感染症指定医療機関でもある。 運営主体は地方独立行政法人「神戸市民病院機構」。

次の

神戸市立医療センター中央市民病院様

神戸 医療 センター 中央 市民 病院

当科の一般外来受診後、男性外来で診療いたします。 ED(勃起障害)、不妊症も男性外来で診療いたします。 また青少年の性の悩みに対応できる機関はほとんどないため、男性の生殖器を取り扱う当科に、医学的な立場から性の悩みに対応する「泌尿器科思春期外来」を平成15年7月に開設しました。 平成24年から思春期も男性外来の中に取り込みました。 性感染症(性病)や性器の大きさ、包茎などのコンプレックス、青少年の悩みに男性泌尿器科医が親密に相談に乗ります。 女性である看護師が介助につくことはありません。 第2・4木曜日の午後2時から4時30分までの完全予約制です。 (直通電話:078-302-5110) 神経因性膀胱・自己導尿外来(第1、3、5木曜日の午後) 膀胱機能に問題があり、うまく排尿できないときには、自己導尿で対応します。 尿路感染症や腎機能障害を来していないか定期的な観察が必要になります。 移植外来(火、金の午前) 生体腎移植をご希望の方の診察を行います。 また、移植後の経過観察、投薬治療を行います。

次の