殺人 点字 ブロック。 全盲の女子生徒への暴行傷害事件についての声明

駅ホームの点字ブロックは危険じゃありませんか?

殺人 点字 ブロック

点字ブロック 点字ブロックとは 点字ブロックとは、公共施設や駅などで見かける視覚障害者の歩行支援が目的として敷設されている ブロック、もしくはタイルのことをいいます。 正式名称は視覚障害者誘導用ブロックで視覚障害者が歩行する際に 普段とほとんど変わらない歩行手段がとれて設置費用も安価であるため、視覚障害者を安全に誘導するための最良なシステムとして古くから使われていました。 点字ブロックの種類と特徴 点字ブロックは大きく分けると 誘導ブロック、警告ブロック、内方線付き点状ブロック(駅のホーム)の3つに分けられています。 どれもよく見かけるものですが、ひとつひとつにどのような意味があるのかご存知でしょうか? 点字ブロックにはどんな意味があるのか、ひとつ紹介します! 誘導ブロック 線が並んだ形状をしているブロックを誘導ブロックといいます。 誘導ブロックは進行方向を示し視覚障害者を誘導します。 ほかの呼び方で 線状ブロックとも呼ばれていて 視覚障害者が足裏もしくは杖で確認しながら線状の突起の方向に進行できるように設置されています。 警告ブロック 点が並んでいる形状をしているブロックを警告ブロックといいます。 警告ブロックは危険箇所や誘導対象など、 注意すべき位置を視覚障害者に知らせるブロックです。 主に誘導ブロックが交差する分岐点、横断歩道の前、階段の前、障害物の前などに設置されています。 内方線付き点状ブロック (駅のホーム) 駅のホームで見かける 点状の突起と線状の突起が合わさったブロックを内方線付き点状ブロックといいます。 視覚障害者の3人に2人が経験しているといわれる、 駅のホームにおける転落事故防止策としてこのブロックが設置されました。 内方線付き点状ブロックはどちらがホームの端か足の裏か杖で判断できるようにするものです。 ホームの外側には点状の突起、内側には線状の突起がついています。 点字ブロックの設置方法 点字ブロックは視覚障害者が安全に歩行するために点字ブロックを頼りにして行動しています。 そのため、 目の不自由な方にとって点字ブロックは命綱ともいえます。 知 識がない人が誤った設置の仕方をしてしまうと、目の不自由な方を危険な方向へ誘導してしまうことになりますので設置する際には知識が必要です。 誘導ブロックの設置 誘導ブロックを設置する際には、下記の事項を守らなければなりません。 移動方向を認識しやすいようにする• 頭上や 周囲30㎝以内に障害物がない場所に設置する• 連続して設置する• 屈曲内部の角度が 135度以上の場所に警告ブロックを設置しない• 必要な場所に誘導する• 足裏の感覚でブロックの方向を認識できる面積になるようにする 警告ブロックの設置 警告ブロックを設置する際には、下記の事項を守らなければなりません。 障害物前で立ち止まれるようにする• 警告しているものを認識しやすいようにする• 分岐点がわかりやすいようにする• 足裏の感覚でブロックの位置を認識できる面積になるようにする 具体的な設置方法 上記でもご紹介しましたが、誘導ブロックは 連続して設置しなければならないというルールがあります。 誘導ブロックが途切れてしまうと視覚障害者は次のブロックの位置を足裏や杖で探さなければいいけません。 しかし、それでも誘導ブロックが途切れてしまう理由としてマンホールがあります。 マンホールによるブロックの途切れを避けるために最近では、 マンホールを避けて設置する改善策や蓋の上に点字を付けるなどの改善策がとられています。 点字ブロックの利用方法 視覚障害者の方は点字ブロックを頼りに歩行しています。 まっすぐ歩きたいときは足裏や杖の感覚で誘導ブロックを確認しながら歩きます。 誘導ブロックは連続して設置されているため、交差点の手前、階段の手前まで誘導してくれます。 交差点の手前や階段の手前まで誘導ブロックで誘導されたのち 、警告ブロックでその先にある交差点や交差点などの危険を警告してくれます。

次の

点字ブロック

殺人 点字 ブロック

点字ブロック 点字ブロックとは 点字ブロックとは、公共施設や駅などで見かける視覚障害者の歩行支援が目的として敷設されている ブロック、もしくはタイルのことをいいます。 正式名称は視覚障害者誘導用ブロックで視覚障害者が歩行する際に 普段とほとんど変わらない歩行手段がとれて設置費用も安価であるため、視覚障害者を安全に誘導するための最良なシステムとして古くから使われていました。 点字ブロックの種類と特徴 点字ブロックは大きく分けると 誘導ブロック、警告ブロック、内方線付き点状ブロック(駅のホーム)の3つに分けられています。 どれもよく見かけるものですが、ひとつひとつにどのような意味があるのかご存知でしょうか? 点字ブロックにはどんな意味があるのか、ひとつ紹介します! 誘導ブロック 線が並んだ形状をしているブロックを誘導ブロックといいます。 誘導ブロックは進行方向を示し視覚障害者を誘導します。 ほかの呼び方で 線状ブロックとも呼ばれていて 視覚障害者が足裏もしくは杖で確認しながら線状の突起の方向に進行できるように設置されています。 警告ブロック 点が並んでいる形状をしているブロックを警告ブロックといいます。 警告ブロックは危険箇所や誘導対象など、 注意すべき位置を視覚障害者に知らせるブロックです。 主に誘導ブロックが交差する分岐点、横断歩道の前、階段の前、障害物の前などに設置されています。 内方線付き点状ブロック (駅のホーム) 駅のホームで見かける 点状の突起と線状の突起が合わさったブロックを内方線付き点状ブロックといいます。 視覚障害者の3人に2人が経験しているといわれる、 駅のホームにおける転落事故防止策としてこのブロックが設置されました。 内方線付き点状ブロックはどちらがホームの端か足の裏か杖で判断できるようにするものです。 ホームの外側には点状の突起、内側には線状の突起がついています。 点字ブロックの設置方法 点字ブロックは視覚障害者が安全に歩行するために点字ブロックを頼りにして行動しています。 そのため、 目の不自由な方にとって点字ブロックは命綱ともいえます。 知 識がない人が誤った設置の仕方をしてしまうと、目の不自由な方を危険な方向へ誘導してしまうことになりますので設置する際には知識が必要です。 誘導ブロックの設置 誘導ブロックを設置する際には、下記の事項を守らなければなりません。 移動方向を認識しやすいようにする• 頭上や 周囲30㎝以内に障害物がない場所に設置する• 連続して設置する• 屈曲内部の角度が 135度以上の場所に警告ブロックを設置しない• 必要な場所に誘導する• 足裏の感覚でブロックの方向を認識できる面積になるようにする 警告ブロックの設置 警告ブロックを設置する際には、下記の事項を守らなければなりません。 障害物前で立ち止まれるようにする• 警告しているものを認識しやすいようにする• 分岐点がわかりやすいようにする• 足裏の感覚でブロックの位置を認識できる面積になるようにする 具体的な設置方法 上記でもご紹介しましたが、誘導ブロックは 連続して設置しなければならないというルールがあります。 誘導ブロックが途切れてしまうと視覚障害者は次のブロックの位置を足裏や杖で探さなければいいけません。 しかし、それでも誘導ブロックが途切れてしまう理由としてマンホールがあります。 マンホールによるブロックの途切れを避けるために最近では、 マンホールを避けて設置する改善策や蓋の上に点字を付けるなどの改善策がとられています。 点字ブロックの利用方法 視覚障害者の方は点字ブロックを頼りに歩行しています。 まっすぐ歩きたいときは足裏や杖の感覚で誘導ブロックを確認しながら歩きます。 誘導ブロックは連続して設置されているため、交差点の手前、階段の手前まで誘導してくれます。 交差点の手前や階段の手前まで誘導ブロックで誘導されたのち 、警告ブロックでその先にある交差点や交差点などの危険を警告してくれます。

次の

点字ブロックを平気で塞ぐ人が多い!

殺人 点字 ブロック

点字ブロックはメイド・イン・ジャパン!! 点字ブロックの第一号は昭和42年3月に岡山県立盲学校・国道2号線で使われた230枚でした 以来、平成6年には建設省住宅局による「高齢者・身体障害者等の利用を考慮した建築設計標準(ハートビル法)」や、平成13年には国土交通省による「公共交通機関旅客施設の移動円滑化整備ガイドライン」などが制定されてきました。 沖縄セメントは認定工場として JIST9251に準じた点字ブロックを製造・販売しています コンクリート製 点字ブロックの特徴 強い JIS認定工場にてコンクリート二次製品と同じ管理をしていますので、舗装用コンクリート平板 JISA5371 の強度を有しています。 耐踏破性も高く長期間に渡って点状、線状の突起を保持できます。 簡単 舗装用平板と同じ要領で設置できます。 コンクリート平板舗装なら、そのままお使いいただけます。 端部でのサイズ調整もコンクリート平板と同じ要領でカットしてお使いください。 早い 当工場で十分な数量を常に在庫いたしておりますので、火急な場合でも対応可能です。 また、1枚からでも販売いたしますので道路補修などで少量が入用な場合でも御利用いただけます。 自由 ガイドラインでは原則として黄色が点字ブロックの色ですが、周囲の床材との色彩が近い場合はその他の色でもよいとされています。 コンクリート用顔料を使い自由度の高い色彩デザインが可能です。 (注1) ECO点字タイル 仮設専用 認定番号 09123040号 廃プラスチックを主原料とした地球にやさしいエコ製品です。 裏面に粘着シールが施されていますので、現場施工が簡単です。 工事による迂回路や仮設の誘導路にご使用ください。 国際シンボルマーク アルミホイル製 特徴 表面に鉱物性粒子が混入されているため、表面が濡れても滑りにくい構造になっています。 アルミホイル製で薄いため駐車場に敷設した際の凹凸が気になりません。 アスファルト面の温度上昇についても熱に強く、またさびないので屋外の使用に適しています。 施工方法 専用のプライマー剤で設置する床面を処理しておき、直接貼り付けてご使用いただけます。 貼付け後はローラーなどで全面を十分に圧着して下さい。 特にシートの縁は念入りに圧着を行ってください。 ただし、橋の上や階段など舗装厚が十分取れない場合で、歩行者のみの通行を想定している場合は3cmを使用することが出きます。 Q2 仮設の歩行者用の迂回路に点字タイルを使いたいのですが、どの製品を使えばいいですか? A2 ECO点字タイル(のり付き)タイプをお勧めします。 裏面のシールをはがして張るだけの簡単な施工ですので、工期が短くすみます。 ゴムシートやベニヤ板、鉄板などに貼り付けることも出来ますので、迂回路にあらかじめゴムシートなどを敷いておくと、撤去の際にも迅速に行えます。 また、主原料が廃プラスチックですので資源リサイクルであり環境にやさしい製品です。 Q3 点字ブロック(点字タイル)の輝度比とは、何ですか? A3 点字ブロックは全盲(まったく見えない)の方だけでなく、弱視(うっすらと見える)の方や晴眼(見える)の方のことを配慮して、色の 明るさによる差を利用して歩行者を誘導することを目的としています。 この色の明るさが 点字ブロックと 道路舗装面でどれくらい違いがあるかを数値化したものが『輝度比』です。 輝度比は晴天時において2. 0程度(1. 5~2. 5)が望ましいとされていますが、年月による色の変化や、汚れ、夕暮れや曇り空、真夏と真冬といった天候によって反射する光の強度が変化する為、JISでも規格化はされていません(2012年現在) 一般的な アスファルト舗装面には原則の黄色い点字ブロックが基本とされています。 (道路の移動等円滑化整備ガイドライン) 沖縄県はアイボリー舗装も多いため、赤瓦をイメージした赤色やこげ茶色点字ブロックを組み合わせる場合も多く見られます。 点字タイルのよくある質問 Q1 コンクリートにも問題なく貼り付け可能でしょうか? A1 はい、可能です。 仮設用ならばECOタイル(のり付き)、 屋外用ならば合成ゴム(のり付き)、 屋内でPPタイルと同時設置ならば塩化ビニールタイル(のり無し) をお勧めします。 Q2 点字タイルは任意の寸法に切ることは可能でしょうか? 切れる場合は何で切れますか? A2 柔らかい素材なのでハサミやカッターで切ることが出来ます。 点字タイルの厚みは2mmであり、凸部の最大厚みが5mmですので、建築用のカッターなどが良いと思います。 サンダーや電ノコなどは、 巻き込みの危険があるので避けてください。 Q3 点字タイルをコンクリート面に貼り付ける場合、コンクリート面の掃除・洗浄・十分な乾燥を行なえば問題ないと考えてよろしいでしょうか? A3 はい、結構です。 接着剤による貼り付けですので、一般的な貼り付けの注意事項にそって作業を行なってください。 また、合成ゴムを貼り付ける場合、5~10mm程度の隙間をとってください。 素地膨張による突き上げを防止する為です。 Q4 アスファルトに貼る事は出来ますか? A4 貼ることは出来ますが残念ながら不向きです。 施工直後のアスファルトからは油分が出てくるため、接着剤との間に油膜が発生してしまいます。 油膜が発生すると接着力がなくなりはがれてしまいます。 また、アスファルト舗装の多くは、車両の走行がありますので、タイヤの据え切りや、急発進などで接着部からはがれてしまいます。 アスファルト舗装には丈夫なコンクリートブロックを採用ください。 Q5 仮設用の点字タイルをはがした場合、裏のノリの後が残りますか? A5 のり付きタイルの場合、はがした後にスポンジゴムが残る場合があります。 残ったスポンジゴムはたわし等でこすると取れますが、床面が傷つく場合があります。 はがし跡が残らないようにするにはのり無しタイプのタイルに粘着力の弱い両面テープを使用する方法もありますが、めくれ易くなるので、まめに貼りなおす作業が必要です。 設置期間によってどちらを採用するか御検討ください。 〒900-0001 沖縄県那覇市港町1-3-10 TEL:098-862-3222 FAX:098-861-6243 セメント事業部 TEL:098-862-3255 FAX:098-862-3709 生コン事業部-添石工場 TEL:098-895-2181 FAX:098-895-2590 生コン事業部-嘉手納工場 TEL:098-936-2032 FAX:098-936-2449 生コン事業部-金武工場 TEL:098-968-2336 FAX:098-968-3130 製袋事業部 TEL:098-861-2724 FAX:098-862-3709• All Rights Reserved.

次の