全裸監督 キャスト。 The Naked Director

Netflixオリジナルドラマシリーズ『全裸監督』キャスト登壇付きワールドプレミア上映会イベント ご招待券プレゼント

全裸監督 キャスト

Netflix「全裸監督」シーズン2の続投キャスト発表! 2021年に配信予定 2020年3月20日 09:00 超ティザーキーアートもお披露目 [映画. あわせて、シーズン1からの続投キャスト、主演・がパンツ一丁で胡坐をかいている超ティザーキーアートもお披露目された。 19年8月に全世界独占配信された「」は、数々の俳優やタレントから絶賛の声が寄せられ、ハロウィン時の時には主人公・のコスプレをする若者が現れるなど、社会現象と言っても過言ではない一大旋風を巻き起こした。 同作は「Netflix上で最も見られた作品トップ10」で日本国内1位、台湾や香港などではトップ10入りを果たしている。 不穏な動きを見せる歌舞伎町のヤクザ・古谷役の、村西を執ように追う刑事・武井役の、レンタルビデオ店店長・和田役のピエール瀧、黒木の厳格な母・加代役のも登場することになった。 総監督は、シーズン1から引き続き「」「」の監督。 「」「」で助監督を務めたが監督、脚本はシーズン1にも参加した、「」「」「」のが担当する。 「全裸監督 シーズン2」は、21年にNetflixで全世界独占配信。 (映画. com速報)•

次の

Netflixオリジナルドラマシリーズ『全裸監督』キャスト登壇付きワールドプレミア上映会イベント ご招待券プレゼント

全裸監督 キャスト

Netflixオリジナルシリーズ 『全裸監督』ワールドプレミア 山田孝之主演、80年代を駆け抜けた《放送禁止のパイオニア》村西とおると仲間たちの青春と熱狂を描いたオリジナルシリーズ『全裸監督』が、Netflixより8月8日 木 から全世界独占配信される。 会社は倒産、妻には浮気されて失意のどん底にいた村西とおるは、黎明期だったアダルトビデオに勝機を見出し、仲間とともに業界に殴り込む。 クセは強いが不思議な魅力のある独特なスタイルと、前例のない大胆不敵なアイデアで旋風を巻き起こした村西とおると、彼と強い絆で結ばれた仲間たち。 そして、商売敵や警察の妨害によって窮地に立たされた村西の前に現れる、運命の女性。 これまで様々な役を演じてきた実力派俳優・山田孝之が、強く、たくましく、奔放に昭和の最後を駆け抜けた《放送禁止のパイオニア》村西とおるという強烈なキャラクターに挑んだ『全裸監督』。 Netflixでの配信前から挑戦的な企画と、ドラマとしては規格外に高いクオリティ、そして豪華キャスト陣で話題沸騰の『全裸監督』。 7月24日、心待ちにしている視聴者たちを前に、配信に先駆け豊洲PITにて、山田孝之、満島真之介、玉山鉄二、森田望智、伊藤沙莉、冨手麻妙、後藤剛範、板尾創路、小雪、リリー・フランキー、國村隼、石橋凌、武正晴総監督の豪華キャスト&スタッフが一堂に揃う『全裸監督』ワールドプレミアが行われた。 80年代を舞台にした作品ということで、ミラーボールがきらめくディスコ風の会場に集まったのは、バブル風ファッションに身を包んだ一般招待客。 客席内のレッドカーペットに、《放送禁止のパイオニア》村西とおるを演じた、主演・山田孝之、良き相棒である新井トシを演じた満島真之介、チーム村西の大黒柱・川田研二役の玉山鉄二、村西の運命を変える大学生・恵美を演じた森田望智が登場すると大歓声が巻き起こった。 続く舞台挨拶では更に、伊藤沙莉、冨手麻妙、後藤剛範、板尾創路、小雪、リリー・フランキー、國村隼、石橋凌、そして武正晴総監督、総勢13名が集結。 超豪華俳優陣圧巻のラインナップに拍手喝采の嵐が巻き起こった。 挑戦的な作品、役柄をオファーされた際の気持ちを尋ねられた山田は「『絶対に面白くなる』とワクワクしました。 いい機会をいただきました」とコメントし、会場の笑いを誘った。 平成元年(1989年)生まれの満島は、「親世代の方々がまるで昨日のことのように当時のことを話す姿を見て、人間と人間が密に関わり、とてもエネルギッシュな時代だったのだと思っていました。 この作品を通して令和の時代もエネルギッシュになったら嬉しいです」と、時代が作り出した勢いと熱量がそのままに描かれていること語った。 本作でこれまでのイメージを覆すキャラクターを演じた玉山は「企画の題材が本当にすごい。 Netflixは攻めてるな、と感じました。 世界190カ国で配信されているので、海外の友人たちも楽しみにしてくれていたり、国境を超えて観ていただける素晴らしいエンタテインメントになっていると思います」と海外にも発信される本作への自信をのぞかせた。 最初はAV業界に進む恵美の気持ちがわかりませんでしたが、私と場所が違うだけで、彼女にとってはそこが輝ける場所なんだと理解してからは考えが変わりました」と、演じる際の気持ちを正直に打ち明けた。 チーム村西の中で紅一点のメイク担当・順子を演じた伊藤沙莉は「毎日がすごく楽しかったです。 撮影の合間に健康について話たり、本編とは真逆なとても平和な撮影現場でした」、村西の初監督作品で女優を務めた奈緒子役の冨手麻妙は「チームワークが本当に素晴らしかったです。 撮影担当・ラグビー後藤は「ハワイロケでは半分が現地のスタッフさんで、カットがかかるたびに大皿にフルーツを乗せたおじさんがフルーツを配ってくれました。 最初は遠慮していましたが、皆いつの間にか、おじさんを探すようになっていて、それも海外ロケならではだと思いました」と国際色豊かな現場について語った。 元々はダメサラリーマンであった村西の先輩・小野を演じた板尾は「山田さんの演じる村西の豹変ぶりは本当に驚きました。 あの独特な村西の口調は、小野から受け継がれたものだったりするのかなと。 村西の歴史を感じられて楽しかったです。 そう思うと、無駄な時代は一つもないんですね」と村西の変貌を見事に表現した山田の演技を絶賛。 女性が発言することで自己表現していくということは、この時代に繋がるテーマになると感じ、現代の女性への応援メッセージになればと参加させていただきました」と本作が単にセンセーショナルなテーマを取り上げたわけではないことを静かに、熱く語った。 村西を追い詰める刑事・武井を演じたリリーは自身の役どころについて「刑事らしくない刑事の役を演じました。 あるAVコンテスト企画の名誉総裁を何年か務めていたので、ドラマという形でAVを描けて、且つ、世界中の人が同じタイミングで観ていただけるのは嬉しいです」と本作への出演の喜びを明かした。 國村隼は村西たちに近付く新宿歌舞伎町のヤクザということで、スタジオに作られた巨大な歌舞伎町セットでの撮影について「我々役者は、セットに入った時にフッとその気になれるかが大切。 『全裸監督』の撮影現場は、その時代の空気が見事に再現されていて、素晴らしいセットでした」と、スタッフの尽力に賛辞を送った。 業界最大手ポセイドン企画社長・池沢役の石橋は、あらゆる手段で村西を妨害する恐ろしさと、娘に甘い家庭的な一面を持つ役どころについて「池沢を通して、80年代の物欲や金銭欲にギラギラした熱を表現できればと思い演じました。 僕には悪党か危ない男の役しかオファーが来ないのですが(笑)、実際の村西さんと池沢のモデルとなった人物はそこまで対立関係ではなかったということでしたが、ドラマの中ではより敵対するキャラクターとして役作りをしました」と語った。 本作のメガホンをとった武総監督は撮影を通して、山田と森田の変化を一番に肌で感じることがあったという。 それに対し山田は「村西さんご本人とお会いして、スイッチを入れて話す、相手によって表現を変える部分は意識して表現しました」と村西とおる本人との対面により得た感覚を役作りに生かしたことを明かし、森田は「自分ではそこまで変化することを意識していませんでしたが、恵美のように私自身もこの現場で素晴らしいキャストの皆さんに囲まれて、たくさんのことを吸収できたと思います」と感謝を述べた。 最後に監督から「女性へのリスペクトなくして、これからの作品は作れないと思います。 今作でも出演してくれた女優陣は本当に体を張って演じていただいていますし、スタッフたちもどうしたら女性の生き生きとした姿が描けるかを考えて取り組みました。 女性の方にもぜひ見ていただきたいです。 そして、この題材を選び作品にすることはとても難しかったですが、これを機に日本も難しいことを面白くすることに挑戦していければと思います」と力強く語った。 フォトセッションでは、山田がキーアートの通り肩に担いだカメラ型キャノン砲を放ち、派手なファイヤーボールと銀テープが会場に舞う中、『全裸監督』の初陣を祝う大歓声、鳴り止まない拍手とともにイベントは幕を閉じた。 アダルト業界で真剣に自身の道を切り拓いた若者たちを熱く描いた本格エンタテインメント『全裸監督』は、8月8日 木 から、Netflixにて全世界独占配信する。 <「全裸監督」予告> <STORY> 会社は倒産、妻に浮気され絶望のどん底にいた村西(山田孝之)はアダルトビデオに勝機を見出し仲間のトシ(満島真之介)、川田(玉山鉄二)らとともに殴り込む。 一躍業界の風雲児となるが、商売敵の妨害で絶体絶命の窮地に立たされる村西たち。 そこへ。 厳格な母の元で本来の自分を押し込めていた女子大生の恵美(森田望智)が現れる。 各種受賞作を含む幅広いジャンルのコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画などを多言語で配信しています。 メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけエンターテインメントを楽しむことができます。 当社サービスには、広告や契約期間の拘束は一切ないうえ、Netflix独自のレコメンデーション機能が一人ひとりのメンバーの好みに合わせて作品をオススメするので、お気に入りの作品が簡単に見つかります。

次の

【ご招待】キャスト登壇!「全裸監督」ワールドプレミア上映会に10組20名様

全裸監督 キャスト

村西とおるは北海道で、さえない英語教材のセールスマンをしていた。 毎月の営業成績は悪く、ノルマを到達できず、上司からは首を宣言されていた。 そんなときトップセールスマンの先輩に付き切りでノウハウを教えてもらうことにする。 すると、見る見るうちに成績が上がり、たちまちトップの座についた。 ところが景気が良くなったのもつかの間、妻の浮気現場に遭遇し、会社では何者かが売り上げを持ち逃げし、会社の経営が傾くなど、不運に見舞われる。 村西とおるは落ち込み、スナックで飲んでいると、ラブホテルで盗撮した8mmビデオを売っている、というトシと出会う。 トシに連れられてラブホテルの盗撮現場に行った村西とおるはエロの世界を知り、ひどく興奮する。 それをきっかけにアダルトビデオ店を回り、8mmビデオとビニ本の販売をすることを思いつく。 英語教材のセールスで身に着けた商才を武器に村西とおるはビニ本の売り上げを驚異的に伸ばし、一気にエロ業界で注目される存在となる。 しかしそれをよく思わない人間もいた。 そこでは警察、ライバル会社、やくざなどがひしめきあい、お互いの欲望と利益のための争いが勃発する。 全裸監督のキャスト• 山田孝之• 満島真之介• 森田望智• 柄本時生• 伊藤沙莉• 冨手麻妙• 後藤剛範• 吉田鋼太郎• 板尾創路• 余貴美子• 國村隼• 玉山鉄二• リリー・フランキー• 石橋凌 全裸監督の感想と評価 ネットフリックスが贈る「」の武正晴監督による、日本のAV業界の一時代を築いた村西とおるの伝記ドラマシリーズ。 同名ノンフィクションの実写化です。 しっかりとお金をかけ、豪華キャストを迎え、芸術性とエンタメ性を織り交ぜていて、大分まともなクオリティーに仕上がっています。 ユーモアがあって、AVの絡みシーンも包み隠さず撮っていて、エロスに対する村西とおるの情熱が伝わってくる日本版「」ともいえる作品になっていました。 物語の舞台は昭和から平成に移り変わる激動の時代で、当時の日本の文化や歴史をたどりつつ、アダルト業界を描いているのが面白く、また哀愁を感じました。 そもそも村西とおるの人生が題材としては最高で、ぶっ飛んだエピソードのオンパレードになっています。 北海道でエロの道に進み、8mmやビニ本の販売を手掛け、エロ本を売るために自ら書店を購入し、次々と店舗を広げていった経営者的手腕には脱帽します。 さらに書店を経営するだけでなく、印刷所まで買収して自ら撮影や製作まで手掛ける、という発想がすごいです。 エロのためなら法律に反することも厭わず、裏本を自分の店でこっそり販売したり、当時はご法度だった本番行為をビデオ撮影で導入したり、と賛否両論はあるだろうけど、いずれにしてもものすごい度胸してますね。 法律のギリギリのところを攻め、時には罪を犯し、逮捕されてまでその道で成功してやろう、というあのモチベーションは一体どこから来るのでしょうか。 もしかすると、妻に浮気され、家族を失い、捨てるものがなくなったのが大きかったのかもしれませんね。 そんな村西とおるの成功を支えた女性として登場するのがお嬢様育ちのAV女優、黒木香。 黒木香は芸術思考が強く、大学では美術学科で絵を学び、イタリア留学の資金を貯めるためにAV業界に入ってきた変わり者です。 ものすごい性欲の持ち主で、もともと自分のありのままを表現して生きるべきだと感じていた彼女は、村西とおると運命的な出会いを果たします。 そして面接に来た流れで、村西とおる本人と絡み、本番ありの撮影にまで臨んだ一連のシーンはエロさよりもむしろ感動を覚えました。 二人のフィーリングがぴったり合ったうえで、黒木香が自らを曝け出す瞬間をカメラがしっかり捉えていましたね。 「」の日本版のようだと言いましたが、同じアダルト業界でも日本のアダルト業界はモザイクがあったり、それに対して裏ビデオが売られていたり、プロダクションとのしがらみがあったり、やくざが間に絡んでいたり、と日本独自の文化が垣間見れるので、このシリーズは海外でも興味深く見られるんじゃないでしょうか。 男優や女優が前張りを使ってやるシーンとか笑えますね。 射精のシーンは注射器に疑似の精液を入れて飛ばすだけ。 昔はあれが普通だっただなんて僕が子供のときは想像もしていませんでした。 そんな世界のルールをぶっ壊すには、やはり村西とおるのようなアウトサイダーではないと無理だったのかもしれませんね。 しかし危ない橋を渡りすぎて、ハワイでの撮影後にはFBIに逮捕されて、懲役370年求刑されるっていうのもスケールが違いますね。 できればあの下りをもっと詳しく描いて欲しかったなぁ。 刑務所内の生活風景とかにも興味あるし。 半日感情の強かった時代背景もあるんでしょうが、なにがどうなって総量刑で370年になるのか、どうしたらそんな重い刑を言い渡されて司法取引で出所できるのか分からなかったです。 それにしても、1億円以上の司法取引費用を仲間がかき集めてくれた、ということからしても、よっぽどカリスマ性や人徳があったんでしょうね。 すごいな。 ストーリーの良さもさることながら、演技のレベルも気持ちよく見れるレベルに達していました。 テレビ局が作るドラマや邦画の演技はいつもひどいのに、製作が変わるだけでこんなに違うんですね。 山田孝之ばかりが話題になっているけど、僕は満島真之介とやくざの子分役二ノ宮隆太郎が特によかったと思います。 満島真之介は下っ端のチンピラっぽさが出ている一方で、二ノ宮隆太郎は命知らずの鉄砲玉的な威圧感がありましたね。 ボスに言われたらそれこそ平気で人も刺しそうな感じがして怖いです。 女性陣も森田望智をはじめ、じゃんじゃんヌードになって思い切りのいい演技をしてました。 尊敬します。 ひどかったのは小雪ぐらいで、カメオ出演のわき役俳優たちもみんないい味出していますね。 BGMの使い方も上手かったです。 居酒屋の女将と村西とおるが行きずりの仲になるシーンでは、絶妙なタイミングでミスターロンリーがかかります。 日本の刑法がザックリし過ぎているため(立法の場ではなく、そのザックリ法の運用を担うに過ぎない司法に対してのギリギリの挑戦を強いられたという意味で)戦い方を誤った多くの勇者の一人であり、それ以上に有能な表現者の物語です。 その意味でも、この作品は表現の王道だと言えますね。 勿論人情愛情てんこ盛りの非常に面白い作品ですが、そこはこちらに書いておられるので。 取っ掛かりは8mm盗撮ではなくカセットテープでの盗聴ですね。 時代的にホームビデオ登場前のお話ですから。 米での日本への風当たりが強かった時代に、無許可で軍事施設やモニュメント上空を飛行しただけでも何十年か食らいますね。 撮影や不敬行為も同様です。 責任者は配下の罪にも責任を負います。 米法は加算式ですから、清算不可能な程に刑期が増えます。 そして司法取引は、トレードと訳すと理解が早い。 すなわち刑期と罰金をトレードするのです。

次の