明智 光秀 の 嫁。 信長の野望 創造PK 明智光秀 2話「嫁返して!」麒麟がくる編

十兵衛と呼ばれる明智光秀の略歴を簡単に説明します

明智 光秀 の 嫁

【目次】• 光秀の正室・妻木煕子の出自 光秀の前半生に不明点が多いのと同様に、妻の煕子もよくわからない部分だらけです。 実際には生年や父親の名前すらも "あやふや" です。 まず生年には、 享禄3(1530)年と 天文3(1534)年の2つの説がありますが、いずれも確証はありません。 次に父親ですが、『綿考輯録(めんこうしゅうろく)』(一般的に『細川家記』として知られる)によると、父は妻木勘解由左衛門範熙(つまきかげゆざえもんのりひろ)とのことです。 しかし、別の説では妻木広忠とする見方もあり、これも定かではありません。 なお、『細川家記』は細川氏の家史で、この時代の歴史を知る一級史料とされていますが、明智氏に関しては創作性が強く、裏付けもない『明智軍記』からの転載と思われる部分も多いため、この出自すら確かな情報とは言い難いのが現状です。 ちなみに妻木氏は『妻木氏系図』によると、 美濃国土岐郡の妻木城主・土岐頼照が祖とされています。 つまり、煕子も光秀と同じで美濃土岐氏一族ということですね。 光秀には煕子以前にも奥さんがいた? 煕子は三男四女をもうけたといわれますが、光秀の子の数も諸説あり、全員が煕子の子なのか、はたまた前妻や側室がもうけた子なのかも、よくわかっていません。 『天正記聞』という江戸時代の古記録によれば、光秀は煕子の前に近江の豪族である永原仁左衛門の娘を娶り、一女をもうけているといいます。 この娘は大坂夏の陣で豊臣秀頼・淀殿らと運命をともにしたという渡辺正栄尼(しょうえいに)だとか。 光秀の長女で荒木村重の息子に嫁いだ後に明智秀満(光春とも)の妻となった娘は、 天文21(1552)年生まれであるとされていますが、嫡男の光慶は生年不明ながら、俗説の享年13歳から逆算すると、 元亀元(1570)年生まれ。 長男と長女が18歳も年が離れており、同母ではあり得ないという見方もあるようです。 光秀娘として有名な細川ガラシャ。 煕子がガラシャの母という確証はない? 煕子の逸話 煕子についてはいくつかの逸話が残されています。 ただこれらは後世の創作であろうとも言われているので、事実かどうかは疑わしい部分も多分に含んでいます。 明智との婚姻をどうしても進めたい妻木氏は、煕子の妹を替え玉にして送りました。 しかし光秀はこれを見破り、「容貌などは年月や病気で変わってしまうものだ。 不変なのは心の美しさである」といって煕子を迎えたのだといいます。 あとの筋書きは同じで、伏屋姫が亡くなったため、煕子が後妻に入ったのだとしています。 また、これと似たような話で、同じく貧乏時代の光秀が連歌会を開くための資金のために髪を売ったともいいます。 光秀はこのころの妻の献身に感謝し頭が上がらず、出世してからも側室を持たなかったとか。 夫婦で交互に病にかかり…… 光秀と交流があった吉田兼見(吉田神社の神主で細川藤孝の従兄弟)の日記『兼見卿記』は重要な史料として信頼できるものですが、その中にも明智夫妻のエピソードがあります。 すると今度は同年冬に煕子が病にかかり、光秀が同じように病気平癒の祈願を依頼しにやってきたのだといいます。 信長に美しい妻を狙われたから恨みに思った? 『落穂雑談一言集』には、信長と光秀夫婦にまつわる話が収録されています。 噂を確かめたくなった信長は、家臣の妻を出仕させ、物陰に潜んで煕子を待ち伏せしました。 後ろから抱きしめようとしたところ、煕子は扇でしたたかに打ち据え、撃退してしまったのです。 まとめ 最後に煕子はいつ亡くなったのでしょうか。 この問いも残念ながらはっきりしていません。 天正4(1576)年に病で没したとも、 天正10(1582)年山崎の戦い後に自害したとも言われています。 明智家の菩提寺である大津市の西教寺には「病死」と伝わっていることから、病死説が有力です。 2020年の大河「麒麟がくる」では女優の木村文乃さんが演じることになった妻木煕子。 煕子のエピソードからも伺えるように、ドラマでは光秀・煕子夫妻の仲睦まじい姿がみられるのではないでしょうか。 【参考文献】• 藤田達生『明智光秀伝: 本能寺の変に至る派閥力学』(小学館、2019年)• 洋泉社編集部『ここまでわかった 本能寺の変と明智光秀』(洋泉社、2016年)• 新人物往来社編『明智光秀 野望!本能寺の変』(新人物往来社、2009年)• 二木謙一編『明智光秀のすべて』(新人物往来社、1994年).

次の

光秀はひろこ一筋の愛妻家!…と思いきや明智光秀の恋愛事情はヤバイ?

明智 光秀 の 嫁

2020年の大河ドラマの主人公である明智光秀は、その 前半生がほとんど分かっていません。 それだけにその前半生をどう描くのか非常に楽しみでもあります。 今回は明智光秀の前半生や濃姫や斎藤道三との関係について少し調べてみました。 調べてみたとはいっても、そこは歴史好きの素人なので、史実とは異なるところも多いとは思いますが、ちょっとしたエピソードとして楽しんでいただければ幸いです。 斎藤道三と明智光秀と織田信長の関係 明智光秀の父は実はまだ明確には分かっていません。 一派的には明智光綱ではないかといわれていますが、これは光秀の死後、100年以上も経ってから書かれた「明智軍記」という軍記物に由来しています。 残念ながら信頼性はそれほど高くはありません。 仮に「明智軍記」の記述通り、明智光綱が光秀の父親だとすると、明智光綱の妹である小見の方が斎藤道三の正室なので、 明智光秀は斎藤道三の義理の甥になります。 小見の方は織田信長の正室になる濃姫(帰蝶)の母親でもあるので、濃姫のいとこが明智光秀です。 織田信長からみれば明智光秀は嫁さんのいとこになる訳ですね。 スポンサーリンク 斎藤道三がいった「十兵衛も何ほどのこともない」 斎藤道三は甥である明智十兵衛(光秀)が才能ある青年であることを見抜き、手塩にかけて育てていました。 自分の軍略や政治などの知識を、まだ若かった明智光秀に教えていたともいわれています。 ところがある日、斎藤道三はもっと才能のある青年と出会いました。 それが 後に娘婿になる織田信長です。 織田信長と初めて出会ったあと斎藤道三は、 「信長にくらべれば、十兵衛も何ほどのこともない」 といったという逸話があります。 甥である明智光秀を才能があると見込んで育てていたのもの、織田信長の方がもっと才能があったというエピソードです。 明智光秀と帰蝶(濃姫)は恋仲だった? 斎藤道三の娘で後に織田信長に嫁ぎ、濃姫と呼ばれた帰蝶は、 明智光秀と恋仲だったという逸話があります。 わりと有名な逸話ですね。 資料を探してみたのですが、実は濃姫は知名度は高いものの登場している資料が少なく、史実かどうか確認することができませんでした。 そこでちょっと三人の年齢を比較してみます。 明智光秀 1528年生まれ(諸説あり)• 織田信長 1534年生まれ• 帰蝶(濃姫) 1535年生まれ 年齢的にはそれほど不自然ではないような気もします。 織田信長と濃姫の婚姻が1549年なので、この時の年齢を記載してみると、• 明智光秀 22歳• 織田信長 16歳• 帰蝶(濃姫) 15歳 やっぱり光秀がちょっと年上ですね。 では、 光秀が結婚したのは何年でしょうか。 調べてみると、明智光秀と妻木煕子が結婚したのが1545年頃で、光秀が18歳の頃です。 このとき濃姫は11歳。 つまり濃姫と信長の結婚話が進んでいるときに、光秀はもう結婚して4年経っているので、 二人が恋仲だったという可能性は低そうです。 明智光秀と濃姫が恋仲で、それが織田信長との政略結婚で引き裂かれ、本能寺の変の遠因になった、というのもロマンスですが、話としてはちょっと苦しそうですね。 とても愛妻家だった明智光秀 明智光秀の妻は、前述したように妻木広忠の娘の妻木煕子という人物でした。 煕子は娘である細川ガラシャが美人で有名だったように、とても美しい顔立ちだったといわれています。 明智光秀と妻木煕子は婚約しますが、輿入れ前に煕子が疱瘡にかかってしまいます。 疱瘡にかかったことで、煕子の顔に痘痕が残ってしまいました。 父親である妻木広忠は岐阜の名家である明智家との婚約が流れることを惜しみ、容姿がそっくりだった煕子の妹を代わりに光秀の妻として送り込みます。 光秀はすぐに身代わりに気づき、丁重に妹を送り返した上で、妻として煕子を改めて迎え入れました。 光秀はその後も側室をおかず、ずっと煕子を大切にしたといわれています。 まとめ ー 明智光秀という武将には謎が多い 2020年の大河ドラマが明智光秀に決まってから、自分の中ではテンションが上がりっぱなしです。 2年後の大河ドラマにワクワクするのも我ながら奇妙なのですが、 大河ドラマの主人公には永遠にならない人物、と考えていただけに嬉しくて仕方がありません。 明智光秀という武将には謎が多く残っています。 今回取り上げた前半生もそうですし、何といっても 本能寺の変をなぜ起こしたのかが最大の謎です。

次の

麒麟がくるで木村文乃キャスト明智光秀の妻『熙子』とはどんな人?

明智 光秀 の 嫁

つまき-ひろこ は の正室で、 あけち-ひろこ とも言います。 煕子の生年と出自には謎が多く、46歳で死去した説を採用すれば享禄3年 1530年 に『美濃国諸旧記』に名を記された現地の武士である妻木範熙、もしくは の長女として産まれたと言われています なお、範熙と広忠には同一人物説あり。 煕子の少女時代は不明ですが、天文14年 1545年 頃には15歳で 当時20代後半だったと言う と婚姻しました。 一説によると煕子は婚約後に疱瘡に感染して痘痕が残り、美貌が損なわれると言う悲劇に見舞われます。 憂慮した父の妻木は破談となるのを避けるべく、煕子の妹で外見がそっくりな芳子と言う娘を身代わりに出すのですが、それを見破っていた光秀は美醜を度外視して煕子を妻にと望み、かくして二人は結ばれたのです。 このエピソードは、後世に於いて創作された物語と言う説も存在しますが、身重の煕子を光秀が背負って敵から逃がしたと言う伝承と並び、彼女が光秀に深く愛された事を示す好例でもあります。 煕子もまた、自分を思ってくれる優しさ、外見に囚われない聡明さを持つ光秀を助けようと必死であったらしく、 に加担していた夫が に敗北して になった時の事跡として、以下のような逸話も残されています。 浪人で無収入同然の身となった光秀でしたが、ある時連歌の会を主宰する順番が回ってきたにもかかわらず、接待費が無いのに悩んでいました。 すると煕子は美しい黒髪を切り落とし、それを売って光秀に見事な宴会を開かせたのです。 その計らいに感謝しつつ、申し訳無いと痛感した光秀は生涯を通して彼女への純愛を貫き、側室や妾を抱える事は無かったと言います。 なお、その歌会は朝倉家臣との会合でもあり、また光秀は の配下として10年仕えたとする説も存在するため、その説を採用するならば煕子は光秀が再起するきっかけをもたらした事になります。 この逸話も、光秀が朝倉家の家臣だったかに疑問を呈する声や、側室や庶子の存在をほのめかす資料などから否定される事がありますが、煕子と光秀は相思相愛と言ってもおかしくないくらいに仲睦まじい夫婦だった事に変わりはありませんでした。 天正4年 1576年 11月7日、そんなおしどり夫婦にも悲痛な別れが訪れます。 明智煕子は、明智光秀が重病で倒れた時から付きっ で介抱していたのですが、その看病疲れが元で46歳の生涯を閉じたのでした。 享年は46歳 36歳、42歳説もあり 、戒名は福月真祐大姉と付けられました。 一説には天正10年 1582年 に光秀の居城であった が陥落した時、入城すること無く落ち武者狩りで落命した最愛の夫の後を追うが如く、城と運命を共にしたとも言われています。 なお、『明智軍記』によると光秀には7人 明智系図では養子や側室の子を含めて13人 の子供がいたとされますが、煕子の産んだ子としては名門の に嫁いだ三女ガラシャ 明智たま、四女説もあり 、嫡男とされる長男の光慶などがおり、子供への扱いを見ても光秀の煕子に対する敬愛と信頼が伝わります。 後世、光秀が逆賊として扱われるようになっても煕子の逸話は好まれ、松尾芭蕉が「月さびよ 明智が妻の 咄(はなし)せん」と一句残したほどに親しまれました。 なお、煕子が葬られた妻木氏の菩提寺である 滋賀県大津市 には明智光秀一族の墓も現存しており、今でも『戦国のおしどり夫婦』はこの地で安らかに、そして睦まじく眠り続けています。 126• 761• 110• 108• 128• 115• 113• 208• 161• 153 いつもご高覧賜りまして、深く御礼申し上げます。 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。 残念ながら当方の承諾を得ていない、記事の流用や成りすましサイト・動画などが見受けられ弁護士と対処を検討中です。 他サイトご利用の際にはご留意願います。

次の