妊娠 確率。 【妊娠確率】年齢・生理の関係や排卵日予測で妊娠確率をあげる基礎知識|妊活・避妊・タイミング【専門家 河井助産師監修】

妊娠の確率は奇跡に近い?年齢との関係は?妊娠の可能性を上げる方法

妊娠 確率

赤ちゃんができるという奇跡 妊娠が成功するまでの過程において、最初の大きなポイントといえるのが受精です。 受精とは精子が卵管内で卵子と融合して受精卵になるまでの過程を意味します。 膣の中に射精される精子の数は数億個にも上りますが、子宮内で約99%は死滅し、生き残っても卵管まで到達するのは200個にも満たないといわれています。 そして幸運にも卵子と出会えた1個のみが受精卵となるわけです。 さらに受精した受精卵すべてが無事に出産にまで到達できるわけではありません。 着床~妊娠~出産にいたる確率は決して高くはなく、赤ちゃんが生まれるということはまさに奇跡ともいえることなのです。 受精の仕組みや受精確率、また年齢別の妊娠率や流産率について詳しく見てみましょう。 また妊娠しにくい場合にどんな選択肢があるのか、またその方法と成功率についても触れていきたいと思います。 スポンサーリンク この記事の目次• 精子と卵子の受精確率は? 受精の成立にはまず何よりも精子と卵子の存在が必要です。 さらに精子は男性の精巣内で日々つくられるものですが、卵子は月に1度しか排卵されるチャンスがないため、精子と卵子の出会うタイミングが何よりも大切になってきます。 精子が女性の体内で生き延びる寿命はおよそ72時間といわれていますが、いっぽうの卵子は排卵されてから24時間ほどと短命です。 このことから排卵後できるだけすみやかに受精が行われることが望まれます。 そのためには排卵より前に射精をし、精子を排卵のタイミングまで卵巣付近で待機させておけばよいのです。 排卵日は予測できても排卵時間までは正確に知り得ませんし、精子が受精可能になるのは射精後約6~8時間後なので、性交のタイミングは排卵日に先がけることがポイントになります。 こうしたことから排卵日前後に幅を持たせて 排卵日の3日前~1日後に性交することで受精確率が高まるとされ、その確率は約80%といわれています。 これはあくまでもおおよその確率であり、卵子や精子の質などによっても変動することが考えられます。 またせっかく受精に成功しても受精卵が必ずしも着床するとは限らず、着床率となると約50%にまで下がります。 さらにそのまま妊娠が継続する確率(妊娠率)となると、10~20%にまで減少してしまうのです。 年齢別自然妊娠率 医学的な治療を受けずに性交によって妊娠するのが自然妊娠で、多くのカップルができれば自然妊娠で赤ちゃんを授かりたいと願っています。 健康な男女が生理1周期に1回、排卵に合わせたタイミングで性交して妊娠する確率は30歳までは25~30%です。 3~4ヶ月にわたって性交を続けているうちに自然妊娠できる確率はかなり高くなるわけです。 つまり男女ともに健康で避妊をせずに性交を行う場合、年齢が若ければ一定期間のうちに自然妊娠する可能性は高いです。 その反面さまざまな要因で妊娠に至らず、長い間不妊に悩むカップルも少なくありません。 その原因として大きなものが年齢です。 年齢とともに卵子の老化が進んで数も減少するため、受精や着床が成功しにくくなってしまいます。 自然妊娠率は年齢とともにどんどん低下し、35歳になると18%、40歳では5%、45歳ではわずか1%にまで低下します。 年齢別流産率 流産の原因の多くは染色体の異常によるものです。 染色体異常は年齢が上がって卵子が老化するにしたがい発生しやすくなるため、流産率は妊娠率とは反対に年齢とともに上昇します。 30歳では16. 5%、35歳では20. 1%、40歳では34. 6%、45歳では63. 2%にまで流産率は高まります。 引用:() タイミング法での1回あたり妊娠率 妊娠しにくい場合には、まずタイミング法が試されます。 タイミング法とは、最も妊娠しやすいとされる排卵日の2日前あたりに性交を持つようにして妊娠率を高める方法です。 タイミングに合わせて性交を持つことを繰り返すことで、妊娠する確率を上げることが可能になります。 医師の指導のもとでまず基礎体温をつけながら排卵日を予測し、さらにこの排卵予測に卵胞の大きさやおりものの状態を加えて正確な排卵日の特定を行います。 また排卵誘発剤を使うこともあり、その際の1周期あたりの妊娠率は約4~8%といわれています。 ただし年齢が上がるにしたがって、この数字は減少していきます。 人工授精(体内受精)の妊娠確率は? 人工授精とは、受精に十分な精子を受精の場となる卵管膨大部に届けるために、子宮腔内に良好な精子を直接注入する方法です。 受精が成功すれば自然妊娠と変わらない仕組みで妊娠に至り、1周期あたりの妊娠率は 約8~10%といわれています。 4~6回試しても妊娠しないときには体外受精へとステップアップすることになります。 スポンサーリンク 体外受精の受精確率は? 体外受精とは、排卵前に採卵手術によって取り出した卵子と精子を体外で受精させ、受精卵(胚)が順調に細胞分裂を繰り返して発育した後に子宮内に移植して着床させる方法です。 体外受精による受精が成功する確率は卵子や精子の質などにも左右されますが、一般的には約70~80%といわれています。 また体外受精で妊娠する確率は年齢と共に低下し、日本産科婦人科学が発表しているARTデータブック(2015年版)によると、30歳で42. 1%、35歳で38. 1%、40歳で26. 1%となっており、45歳では6. 9%にまで下がっています。 顕微授精の受精確率は? 顕微授精とは、細いガラス針(インジェクションニードル)の先端に精子を1つ入れ、顕微鏡で確認しながら卵子に直接注入する方法です。 顕微授精は体外受精でも受精が成立しなかった場合、また体外受精を実施しても受精しないと判断される場合に行われます。 顕微授精による受精率も卵子や精子の質によるものの、一般的には約70~80%といわれています。 日本産科婦人科学会のデータ(2012年)によれば、顕微授精での妊娠率は約15~20%となっています。 まとめ 以上、受精率や妊娠率、流産率といった数字を見てみると、すこやかな妊娠を望むならやはり若いうちの方が良いということがわかりました。 しかし現代社会では女性の社会進出や晩婚化により、若い年代で妊娠の機会に恵まれるとは限りません。 妊娠を望んでいるにもかかわらず一定期間を過ぎても妊娠できないという場合には、年齢や体質など、それぞれの状況に合わせて色々な選択肢があります。 不妊治療にはさまざまなステップがあるので、医師と相談しながら進めていくことになります。 自然妊娠率は年齢にしたがって低下• 流産率は年齢にしたがって上昇• 体外受精および顕微授精では受精確率は高くなる• 体外受精および顕微授精でも、妊娠成功率は年齢にしたがって低下する 年齢による多様なリスク上昇も考えたとき、場合によっては早い段階で病院に行き治療を開始したほうがよいこともあります。 また自然妊娠を希望する人であってもカウンセリングや検査を受けることで、より早く良い結果につながることもあります。 妊娠を待ち望む人たちにとって、なかなか妊娠できない不安や焦りというのは言葉では言い表せないほど大きなものです。 まずはパートナーとよく話し合い、お互いの妊娠への意識や希望を再確認しておくことが大切になります。 またすこやかな妊娠の基本は何よりも心身ともに健康であることです。 規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事を心がけ、日頃からストレスをためないように過ごすことが、ホルモンバランスを整えて生殖機能にも良い影響を与えることにつながります。

次の

40代の妊娠確率、41歳、46歳、47歳、48歳の妊娠できる確率。

妊娠 確率

よく勘違いされますので注意してください。 人工授精とはAIHと呼ばれる不妊治療の一つで、子宮内に元気な精子を直接注入する方法です。 一般的にはタイミング法の次のステップとして行われる不妊治療になります。 タイミング法• 自然妊娠のお手伝いをするイメージを持ってください。 また、 人工授精だからといって生まれてきた子供に異常が出やすくなるなどの影響はありません。 私は人工授精での妊娠になりましたが、人工授精への抵抗は全くなく、妻も同じでした。 それだけ 自然妊娠に近い生殖医療ですし、実際経験してみると「こんなものなの?」と思われると思います。 しかし、ご夫婦によっては自然妊娠に固執し、人工授精に抵抗がある場合もあるかもしれません。 不妊治療にはいくつもの壁がありますが、この 自然妊娠からステップアップするという壁は想像以上に乗り越えにくい壁かもしれません。 29歳以下・・・11%• 30~34歳・・・9%• 35~39歳・・・7%• 40歳以上・・・3% 人工授精は自然妊娠からステップアップした場合の最初の生殖医療となりますので、20代後半や30代前半で人工授精を行う場合が多いです。 そのため、 人工授精での妊娠率を聞かれて答える場合、10%程度という回答が非常に多いのですが、実際のところ、30代後半では7%程度になり、40歳以上では3%まで落ち込みます。 え、とても確率が低くて自然妊娠より悪いじゃん!って思いがちですが、人工授精は不妊原因があった場合に実施されます。 不妊原因がない場合の妊娠率は20%程度ですが、 「不妊原因がある場合に選択される人工授精の妊娠率が10%程度」と考えると決して低い確率ではないと思いませんか? とはいえ、やはり年齢によって卵子の質が低下しますし、当然精子の質も低下してしまいます。 それはそのまま妊娠率の低下に直結してしまいます。 「できれば人工授精までで妊娠してほしい・・・」 多くのご夫婦が同じように思います。 生殖医療でも、人工授精と体外受精では価値観、倫理観、金銭面、身心への負担など様々な違いや弊害が生じてきます。 最も大きいのが金銭面の違いです。 人工授精は1~3万程度で行うことができますが、体外受精になると数十万、顕微授精になると60万クラスの世界になる病院もあります。 それ故、 人工授精を何度も繰り返し、続けているご夫婦もいらっしゃいますが、人工授精には統計上、回数がある程度決められています。 その回数は6回になります。 こちらをご覧ください。 これは人工授精の回数と、その妊娠率をグラフにしたものになります。 3回目までの人工授精で実に80%もの確率で妊娠していて、5回目までで90%が妊娠しているという確率になります。 それ故、 6回以上続けても妊娠確率が上がる事は考えにくく、6回目という段階まで来たらステップアップして体外受精や顕微授精へと移行するという流れになります。 ですので、人工授精をこれから行うご夫婦はまず5回目までが勝負です。 まとめ• 人工授精は自然妊娠に近い生殖医療であり、射精を手伝うものと考えるとイメージしやすい• 人工授精の妊娠率は年齢により違うが、10%程度と言われている• 10%とはいえ、不妊原因がある場合に人工授精の選択がなされることが多い為、健常な夫婦による自然妊娠確率とは比べることは難しい• 人工授精を諦め、ステップアップすべき回数は6回程度である 「畦道(あぜみち)でタクシーを拾うようなもの」 畦道とは田んぼの脇を通っているような道のことですが、そこを通ったタクシーを偶然見つけて、乗車する確率という意味で、 私たち夫婦が妊娠した時に医師から言われた言葉です。 私が住んでいる地域に畦道なんて探せばたくさんありますが、ふと畦道を通るたびに「こんなところタクシーは通らない」と毎回思います。 しかし、それだけの確率を我が子は引き当て、出産までしてくれたと考えると実に感慨深く、奇跡的数字だったんだと思い知らされます。 まずは妊娠を諦めないこと、そしてステップアップのタイミングを怖がらないことが重要です。

次の

妊娠しやすい体位

妊娠 確率

妊娠のメカニズムは? 妊娠する確率を知るためにも、改めて妊娠のメカニズムについて学んでおきましょう。 妊娠は、健康な身体を持つ男女が排卵日に性行為を行い、排卵された卵子に、精子が結びついて起こります。 排卵されるタイミングや、精子が卵管膨大部までたどり着けるかにより、妊娠が成立するかしないかが決まるのです。 妊娠する確率は? 妊娠は、卵子と精子が結びついて起こります。 では具体的に妊娠する確率はどれくらいあるのでしょうか。 妊娠する確率に影響する要素として、健康の他に年齢があります。 特に女性の年齢が妊娠の確率に大きく影響してきます。 不妊の頻度から年齢の確率を見てみますと「不妊の頻度は25歳~29歳では8. 9%、30~34歳では14. 6%、35~39歳21. 9%、40~44歳では28. 9%と報告されており、30歳から不妊症が増加、つまり自然に妊娠する確率が減っていることがわかります。 」より 妊娠するということは、さまざまな条件が全て揃って初めて成立するものなのです。 だからこそ、赤ちゃんを望む夫婦にとってはハードルが高いものとなるのです。 不妊治療を行った場合の妊娠の確率 生殖補助医療(ART)を行った場合の妊娠率はどのようになっているのでしょうか。 生殖補助医療(ART)(Assisted Reproductive Technology ・ART・アート)とは体外受精-胚移植、顕微授精、凍結胚移植などの不妊治療法のことです。 一般的な不妊治療のタイミング法や薬物療法、人工授精などは除きます。 出典: 上記の表で治療周期数の年々増えていることがわかります。 出典: 生殖補助医療(ART)を行った場合の年齢による妊娠率はグラフの通り低下し、流産率は上がっています。 妊娠年齢限界を知っておく 初婚年齢が29歳になっている今、妊娠しようと決めたら30代後半になっていたなんて方も非常に多いです。 メディアで30代後半・40代の妊娠・出産を大きく取り上げるためまだ大丈夫と考えてしまうのですが、妊娠・出産にはタイムリミットがある事を忘れてはいけません。 20代や30代前半と比べて、受精できる確率がガクッと下がるだけでなく流産率も上昇するため、自然妊娠が出来る年齢のリミットは42~43歳と言われていて、それ以降の妊娠は体外受精や卵子提供をした結果が多いです。 年齢による受精確率の低さを見て妊娠できるまでに2,3年かかると考えると、のんびり構えている暇はないのが分かります。 年齢が影響する理由 妊娠する確率に影響する要素として、年齢がありますが何故年齢が進むと妊娠する確率が落ちてしまうのでしょうか。 それは、女性が卵子を製造し、排卵する周期が変わってくるからです。 排卵は、規則正しく生理が来る人なら、排卵日に卵子が排卵されます。 しかし、年齢が進むと卵子を作り出す能力が衰えるため、排卵日でも卵子が準備されていなかったり、排卵されても不完全な状態であったりすることから、受精できなくなってしまいます。 健康状態に異常がなかったとしても、年齢を重ねていくと、どうしても健康な卵子を生み出す事が難しくなっていってしまうのです。 妊娠する確率を上げるには(体調管理) 妊娠する確率は、さまざまな要素により確率が低くなってしまうものですが、努力次第ではその数値に近づけることはできます。 妊娠する確率を上げるためには、健康を維持すること、ストレスを溜めないこと、そして性行為のタイミングをきちんと取ることなどが重要です。 それぞれ具体的に見ていきましょう。 健康の質を変える 妊娠する確率を上げるためには、まずは健康であるということが第一になります。 規則正しい生活を心がけ、バランスの良い食事をとり、睡眠時間もたっぷりと設けるようにしましょう。 寝る時間が深夜になりやすい、カップラーメンやコンビニ弁当ばかり食べているなど、健康を損なう可能性がある行為はできるだけ排除していくべきです。 また、大量の飲酒や、喫煙の習慣がある方は、妊娠する確率を大幅に下げてしまう可能性があるため、控えるかやめるように心がけましょう。 卵子の質を改善で妊娠確率を上げる 妊娠するには卵子の質が大事、とはよく聞く言葉ですね。 精子の質を上げるのも大事なのですが、胎児の基本は卵子から成り立っているので、卵子の質がよい事はイコール赤ちゃんも健康ということなのです。 そのつど造成される精子と違って卵子は胎児の時にすでに出来上がっているので、長い間体内にあった卵子を元気な状態に成熟させるにはそれなりの時間がかかります。 通常卵巣内にある卵子をよい状態にして排卵させるには3ヶ月かかると言われているので、赤ちゃんが欲しいと思った時に生活を改めては間に合わないのです。 結婚後はしばらく2人でいたいと妊娠の機会を後伸ばしするカップルも多いですが、いつか始める妊娠への取り組みのために、その時から2人で生活習慣を正しいものにしましょう。 ストレスを溜めない 妊娠する確率を上げるためには、ストレスをうまく発散させて溜め込まないようにすることが大切です。 ストレスを感じないことは現代社会においてはほぼできないことに等しいので、発散方法をうまく見つけられるようにするべきです。 趣味の時間を大切にし、ドライブやカラオケなど自分にぴったりの方法を見つけ出しましょう。 また、赤ちゃんを強く望む夫婦にとって、排卵日に合わせた性行為を繰り返すうちに、気持ちの面でプレッシャーを感じ始めることがあります。 純粋に赤ちゃんが欲しいという気持ちよりも、赤ちゃんを授からねばという義務感にかられるため、ストレスが増幅しやすくなるので注意しましょう。 気持ちがすれ違うことが多い場合や、違和感があるようなら、夫婦で一度妊娠活動を中断して、リラックスする時間を大切にするのもひとつの方法です。 また、近年女性の子宮周辺の病気が増加傾向にありますし、男性の無精子などが問題となっています。 食生活やストレスなど健康が崩れてきていることが大きな原因のひとつだと言えるでしょう。 妊娠確率を上げるには(排卵日) 性行為のタイミング 妊娠する確率を上げるためには、性行為のタイミングをきちんと合わせておくことが大切です。 卵子が排卵されるタイミングで精子が結びつけば良いのですが、排卵予測日に性行為をしたからといって、必ずそうなるとは限りません。 何故なら、卵子にも精子にも期限があるからです。 卵子が受精できる寿命としては、排卵されてから6時間~24時間とされています。 精子が受精できる寿命としては、射精されてから2日~5日とされています。 体質や年齢、健康状態により変わるため、最も短い場合だと、卵子は6時間、精子は2日間のうちに出会い、受精しなければならないのです。 を参考にしてみてください。 排卵日の前に 妊娠する確率を上げるためには、卵子が受精できるタイミングに、精子がすでに射精されていた状態であることが望ましいと言えます。 精子の寿命は、2日~5日なので、排卵予測日の数日前から性行為を持っておくようにしましょう。 もっとも妊娠しやすい日は排卵日の2日前です。 排卵日を過ぎてからだと、卵管膨大部まで精子がたどり着くまでに卵子の寿命が終わってしまうため、妊娠できる確率としては下がってしまいます。 このことからも、排卵予測日の数日前から意識しておくようにするとよいでしょう。 性行為を習慣に 排卵日に合わせて性行為をすることで、妊娠の確率を上げることができますが、ピンポイントでその期間しか性行為しないというのも考えものです。 妊娠する確率が高い夫婦ほど、週に何度も性行為を持っています。 赤ちゃんを授かるという行為でもあり、夫婦としてのコミュニケーションでもあるからです。 結果的に、日常的に性行為を持っている夫婦ほど、リラックスしているため妊娠する確率は高まりますので、夫婦でよく話し合ってみるとよいでしょう。 妊娠確率を上げる食材はある? 「口に入るものが身体を作る」というように、精子も卵子も体内にあるものですから体内に吸収される栄養分によってその質が左右されるというのは当たり前のことです。 体が健康になれば自然と妊娠しやすい状態になるので、五大栄養素をバランスよく摂る事が大事です。 たんぱく質や亜鉛・アルギニンは造精機能をアップさせる成分ですが、亜鉛は細胞の増殖や遺伝子に関係する大事な栄養素なので、女性も接触的に摂取すると良いでしょう。 また、女性に特に必要な栄養素といえば葉酸ですが、一日の葉酸摂取量は通常の食事だけでは補えないので、上手くサプリメントを活用しましょう。 パートナーと一緒に適度な運動を 卵子の質を上げるのは受精し胎児へと成長するためにはとても大事なのですが、身体が妊娠状態を維持できなければせっかくの良い卵子も無駄になってしまいます。 妊娠状態を維持するのに必要なホルモンはプロゲステロンですが、体温が高いと分泌が促進されるという特長を持っています。 冷えを 避けるのはもちろんですが、妊娠前から体温を高める習慣をつけると妊娠初期の不安定な時期も問題なく過ごせます。 お勧めの習慣は軽い運動で、筋肉がつけば体温が上がるだけでなく妊娠・出産におこりがちなトラブルも回避できるのがポイント。 男性の場合は軽い運動で男性ホルモンのテストステロンが増え、精液の量が増えたり精子の動きが活性化する効果がありますので、ぜひカップルで楽しめる運動をしてみては。 さらに確率を上げるために専門家に相談 最近は40代の妊娠・出産に関する話が注目されていますが、40代の妊娠確率の低さを考えるとなるべく早いうちに妊娠するに越した事はありません。 効率的に妊娠の可能性を高めるならば、専門家に相談するのがお勧めです。 詳しい検査を行いカップルのどこを改善すべきか、どのようにすれば妊娠できるかを指導してくれるので、雑誌やネットで見た妊娠するための一般論よりは妊娠する確率が上がります。 早く妊娠しないと、とあせるとプレッシャーとなってよい結果は出ませんが、専門家のサポートがあれば安心出来ます。 35歳以上は不妊治療と並行 35歳以上の方で妊娠を望む場合は、ここに出ている半分以下の妊娠確率と心しておきましょう。 少しでも妊娠確率を上げるには、妊娠への取り組みを開始すると同時に不妊治療も行います。 ただ、病院によってはカップルの年齢を見て一般不妊治療のタイミング法を指導しないで、最初から体外受精などの高度生殖医療を勧めるところもありますが、まだ自然妊娠を望める年齢なのですぐ高度生殖治療に飛びつかず、治療を行いながら自分達で自然妊娠するよう頑張ってみるのも良いでしょう。 もちろん結果次第ではそちらの治療を行わざるを得ない場合もありますが、なるべくお金をかけずに済むような治療方法を医師と相談してください。 まとめ 妊娠確率について幅広くご紹介しました。 妊娠する確率を下げる要素、上げる条件をよく理解しておけば、今後妊娠に対して正しい知識を持って接することが出来るでしょう。 カワイイ赤ちゃんに出会うためにも、夫婦仲良く過ごすことを大切にしてください。

次の