ラグビー ファール。 ラグビーのルール「アドバンテージ」について

一般社団法人 九州ラグビー塾 ファウルプレー

ラグビー ファール

ラグビー観戦初心者の人は、よく「ラグビーはルールが難しい」と言われます。 でも決してそんなことはないと個人的には思っています。 「物凄く簡単というわけではもちろんないですが、そんなに難しくはない。 むしろ結構わかりやすくないかな?」 というのが個人的な感覚です。 サッカーと比較するとそれよりは複雑かなとは思います。 ラグビーの方が手も足も使えますし、選択肢も多いからというのが大きな理由でしょう。 ただ、野球と比べれば確実にルールは簡単です。 その前にざっくりと最低限のルールを知りたいという方はこちらも参考にどうぞ! ポジション編はこちらです!• ラグビーの反則名称とは ラグビーが分かりにくいという人の中には、 「なんかよく分からん反則が多くて、そんなの覚えられないよ。。。 」という方がいるかと思います。 でもご安心を。 ラグビーの反則の名前はビックリするくらい単純です。 先に答えを言ってしまいますが、そもそもラグビーの反則って、 英語そのままなんです。 なので、反則名を聞けば、何をしたのかがすぐにわかります。 ではそんな反則名を1つ1つ見ていきましょう! ノックオン 言われなくてもこれは知っている人も多いと思いますが、 ボールを前に落とすという反則です。 ボールをたたいて落としてしまった反則ということですね。 実際にはたたいて落とすことはないですが、そう考えるとイメージしやすいかと思います。 ノックオンは試合中よく起こりますし、見ればわかるケースが多いので、最初に覚えやすい反則ですね。 スローフォワード これも基本的な反則で、 ボールを前に投げるという反則です。 ノットリリースザボール これは、 ボールを離さないという反則になります。 タックルされてグラウンドに倒れた場合はその場でボールを離さないといけないんです。 やっぱりそのままです(笑)。 ボールを離さないといけないのに、離していないので反則となります。 これは「ボールを離せよ」というのをレフリーが促してるんですね。 これを言われたらすぐに離さないとノットリリースザボールのペナルティを取られてしまいます。 なお、この説明だけ見ると、「ボール離すなんて楽勝やん?なんでそんなんできないの?」と思うでしょう。 実際にこのノットリリースの反則が取られるとき、 選手はボールを離したいけど離せないときがほとんどです。 なぜ離せないかというと、相手の選手がボールに手を伸ばして絡んでいるので、ボールを持っている選手は離せないという形になります。 ちなみにこの相手のボールに絡む行為をジャッカルと言います。 逆に言えば、ノットリリースザボールは、ディフェンスをしている側のナイスプレー・ナイスジャッカルとも言えますね。 ノットロールアウェイ こちらは倒れているプレーヤーがその場から離れないという反則です。 そのまま訳せば「離れてころがっていない」という感じでしょうか。 タックルしたプレーヤーが倒れている場合は、その場から離れる・または離れる姿勢を見せないとこれになります。 「離れろよ」と促しているわけです。 それでもその場から離れていない場合はノットロールアウェイとなります。 英語習いたての人でも理解できそうですね(笑) ホールディング 続いてはホールディング。 これは、 タックルしたプレーヤーが相手を抱えていた、というペナルティです。 ラグビーでは、タックルしたプレーヤーは一度相手を離さないといけません。 そうしないと、タックルされた選手はボールを離す(リリースザボール)することができなくなりますので。 なので、タックルしてもそのまま相手を離さず抱えていたら、反則になります。 ホールドしていたということですね。 反則名が覚えられなくても、反則名を聞いたらなるほど、そのままだとすぐにわかってもらえると思います。 ちなみに、じゃあさっきのジャッカルってどうやるんだ?と思うかもしれません。 ジャッカルする人は、タックルして相手選手が倒れた後、一度相手を離して(ホールディングを防ぐため)、再度ボールに絡んでいきます。 もしくは、タックルして相手選手が倒れた後、タックルした選手は一度相手を離して(ホールディングを防ぐため)、その間に別の選手がボールに絡んでいく形になります。 オーバーザトップ 続いてはオーバーザトップ。 これは 相手側に倒れ込んだという反則です。 ん?ちょっと名前と違うことない?と思うかもしれないですね。 ラグビーは立った状態でボールを奪い合うというのが基本です。 密集の中でボールが地面に置いている状況で、相手側に倒れ込んでしまうと、相手はボールを奪おうとすることができません。 よって、立った状態ではなく、ボールを超えて倒れ込むというのがダメとなります。 イメージ的にはボールの上(トップ)を超えて相手側に倒れ込んでいるという感じと思えば言葉とイメージがあってくるかなと思います。 そろそろ気づいてきたかもしれないですが、 ラグビーで反則が起こるのは圧倒的に密集(接点・ブレイクダウンとも言います)の中で起こるケースが多いです。 シーリングオフ・オフザフィート ただ、最近では、あまりオーバーザトップとは言わなくなってきました。 国際試合では、シーリングオフやオフフィートということが多いですね。 相手ボールにシールを張るように上から密閉するイメージでです。 結果的には倒れこんでいるのと同じですね。 足が地面についていなくて自立していないという意味です。 先ほども述べたようにラグビーでは立った状態で自立してプレーしないといけないので、自立していないと反則になります。 オフフィートはオフザフィート(off the feet)ということもあるかと思います。 ハンド 続いて、ハンド。 これも 手を使ったという反則です。 もう飽きてきたかもしれないですが、やはりそのままです。 ちなみにこちらも密集の中でもペナルティ。 ラグビーは基本的に立ってプレーします。 地面にボールがある状態をラックと言いますが、ここで手を使って、ボールを取れば簡単にボールが取れてしまいますし、ボールを掻き出すこともできますが、それは禁止しています。 これはすでにラックができているので、もう手を使ってボール取ったらだめですよと促しているわけです。 「押すなよ、押すなよ」みたいなもんでしょうか(笑)。 オフサイド 続いてオフサイド。 サッカーでもありますが、基本的な考え方は同じところから出てきてます。 ただ、ラグビーだと若干違いますし、場面ごとにちょっと異なります。 基本的には、 ボールがある場所がラインとなって、相手側にいるプレーヤーがプレーに関わるとオフサイドになります。 自陣側にいる場合はオンサイドで問題なしということですね。 ただ、場面場面でオフサイドラインというのが少し異なるのでここはわかりにくいかもしれないです。 ちなみにオフサイドは密集ではない部分で起こる反則なので、 試合中になんか笛が鳴って、気づいたらオフサイドだったみたいというのも多いですね。 ラグビーの場合、ペナルティが起きてもすぐに笛を吹くわけではなく、 アドバンテージをとってしばらく攻撃を続けることが多いので、ペナルティの発生した時点と笛が鳴る時点でタイムラグが起こることも多いです。 まぁそんなもんかと思っておけば大丈夫です。 ノットストレート これはボールがタッチの外に出たときに投げ入れるラインアウトやスクラムの時に起こる反則です。 ボールをまっすぐ投げ入れなかったという反則になります。 まっすぐじゃないからノットストレートです。 わかりやすいですね。 ちなみに密集のペナルティと異なり、ラインアウトのノットストレートは観客席から見てもすごくわかりやすいので、「ノットストレート」とか「曲がったー!」とかいう人が多いですね。 初心者の人でもすぐにわかる反則です。 ハイタックル これは、肩より上にタックルしてしまったというペナルティ。 肩より上にタックルするのは危険なので、ペナルティとなります。 まぁこれも英語そのままなのでわかりやすいですね。 とまぁ見てきましたが、これ以外にも、 ボールを持っていない選手にタックルするノーボールタックルや、 スクラム時に早く押し込んでしまうアーリーエンゲージ。 さらには、 ラインアウト時に1m間をあけていないとノットワンメートル、 ラインアウトで5m投げ入れないとノットファイブメートル、キックオフ時に10m以上届かないと ノットテンメートルとなります。 どれもこれも簡単な英語なので反則名はわかりやすいですね。 まとめ こんな感じで、反則は色々とあっても、基本英語そのままの名前がついていますので、反則名を聞けば何が起こったかすぐにわかります。 最初から覚えてしまうのもいいですが、こんなのは覚えなくてもそのうちわかりますし、トップリーグや大学1部リーグの試合などは何が起きたか説明もしてくれるので、それを聞いておけばOKでしょう。 また、反則時にはそれぞれレフリーがジェスチャーをします。 何が起きたかわかってなくても、レフリーのジェスチャーで反則がわかることがあります。 ラグビーのジェスチャーについてはこちらの日本ラグビー協会監修の本がわかりやすくまとめています。 ポケットサイズで持ち運びにも便利なので、ラグビー観戦のお供に持っておくと良いと思います。

次の

ラグビーで股間を

ラグビー ファール

ラグビーの反則 ラグビーにおける反則行為は大別すると軽い反則と重い反則の2つに分けられ、軽い反則時はほぼ相手ボールスクラムになり、重い反則を行ってしまった場合は相手にペナルティキックの権利が与えられる。 そして重い反則を受けた側は以下の4つのプレーの中から再開方法を選択する事が出来る。 重大な反則 またラグビーでは大きなケガに繋がる危険なプレーや非紳士的なプレーを行った選手に対してはイエローカードかレッドカードのいずれかが提示される。 イエローカードが提示されると、その選手は10分間試合に参加が出来なくなり(シンビンと呼ばれる)、レッドカードが提示されると試合から退場が命じられ、チームは人数が減った状態で残りの時間を戦わなければならない。 なおシンビンは二回受けるとサッカーと同じくレッドカードが提示され選手は退場になる。 なお、相手の攻撃を受け切れずにトライなどを防ぐために意図的にファウルを行ってしまうと、場合により認定トライ(ペナルティトライ)を受けてしまい、その場合はコンバージョンキックなしで自動的に七点が相手に加算され、かつシンビンやレッドカードを提示されることがある。 ラグビーの主な反則行為 アーリーエンゲージ レフェリーのコールよりも早くスクラムを組んでしまう反則のこと。 ラグビーではレフェリーがセット、と掛け声をしてからスクラムを組まなければならない。 相手チームにフリーキックの権利が与えられる。 アクシデンタルオフサイド ボール保持者が前にいる味方にぶつかること。 相手チームにスクラムの権利が与えられる。 インテンショナルノックオン 故意にボールを落とす反則のこと。 相手チームにペナルティキックの権利が与えられる。 ウィルフルスローイング 意図的にボールをタッチラインの外に出す反則行為。 相手チームにペナルティキックの権利が与えられる。 ウエストオブタイム 故意に時間を遅らせること。 遅延行為。 相手チームにペナルティキックの権利が与えられる。 オフサイド ボールのある位置をラインの基準とし、それより前にいる味方選手がプレーに関与すること。 ボールより前方にいる選手がプレーに関与すること。 相手チームにペナルティキックの権利が与えられる。 オフザゲート タックルが成立した後に出来るボックスに対して自陣側以外(主に横)から参加する反則。 相手チームにペナルティキックの権利が与えられる。 オブストラクション ボールを持っていない相手の選手の動きを妨害すること。 例えばボールを持っている味方の選手の前に立って相手のチャージを防ぐような行為などが該当する。 行った場合は相手チームにペナルティキックの権利が与えられる。 オーバーザトップ ボールが地面にある状態で相手側に倒れ込む反則。 相手がボールを奪えなくなるため。 シーリングオフと言われる機会も多い。 相手にペナルティキックが与えられる。 コラプシング 故意にスクラムやモールを崩す反則行為のこと。 相手側のスクラムに回り込んで相手の選手を妨害するなど。 相手にペナルティキックが与えられる。 スクラムホイール 90度以上スクラムが回転してしまう反則。 スローフォワード 前にパスを出すこと。 ラグビーのボールは前方へパスすることは出来ない。 相手チームにスクラムの権利が与えられる。 ダイブイン タックルに飛び込みながら参加する反則 ディレイザスローイング 意図的にスローイングを遅くした反則行為。 相手チームにペナルティキックの権利が与えられる。 ニーリング 膝を意図的に地面に付く反則行為。 スクラムの時などに相手の圧力を止めようとして行う等。 ノーバインド(タックル) バインド(相手をホールドすること)なしのただのタックルを行う反則のこと、ノーバインドタックルとも呼ばれる非常に危険なプレーで相手にペナルティキックが与えられる他、イエローカード(シンビン)やレッドカード(退場)が提示されることもある。 ノーボールタックル ボールを持っていない選手にタックルをする反則。 ノックオン ノックオン(Knock on)とはボールを前に落としてしまう反則。 故意ではなくボールを掴み切れなかったりした時など取られるため非常に多い反則になる。 相手チームにスクラムの権利が与えられる。 ノットストレート ノットストレートはラインアウト時にボールを真っ直ぐに投げ入れない事による反則。 相手チームにスクラムの権利が与えられる。 ノットテンメートル キックオフ時のキックが相手の10mラインを越えない反則のこと。 相手チームにスクラムの権利が与えられる。 ノットファイブメートル ラインアウト時のスローイングで5mラインを越えない短いスローを行った反則行為。 相手チームにフリーキックの権利が与えられる。 ノットリリースザボール タックルされたプレーヤーがボールを掴んだまま離さない反則のこと。 相手にペナルティキックが与えられる。 ノットロールアウェイ タックルをして倒れたプレーヤーがそのまま残り離れない反則のこと。 相手の上に乗ったままになるなど。 ノットワンメートル ラインアウト時のスローイングで相手選手との間に1mの間隔を取らなかった事による反則行為。 バージング ラインアウトの際に空中で相手側にぶつかるなどの妨害行為をする反則のこと。 相手にペナルティキックが与えられる。 ハイタックル 相手プレーヤーの肩より上に向けたタックル行為のこと。 非常に危険なファウルで相手にペナルティキックの権利が与えられ、かつ、行った選手はシンビンやレッドカード(退場)を宣告されることもある。 ハッキング 足を出して相手を引っかけたり、蹴ったりする反則行為のこと。 相手にペナルティキックの権利が与えられる。 ハンド スクラムまたはラックを形成した際に中のボールを手で扱ってしまう反則行為。 相手にペナルティキックの権利が与えられる。 ピックアップ スクラムの中にあるボールを拾ってしまう反則行為。 スクラムの中のボールはスクラムを組んでいない選手のみ拾う事が出来る。 相手にペナルティキックが与えられる。 フットアップ スクラムの際に投げ入れられ地面に着く前にフッカーが足を上げてフッキングの準備をする反則のこと ホールディング タックル後に相手をさらに捕まえていること。 タックルした選手は一度相手を離さなければならない。 ラインオフサイド オフサイドラインの前方からプレー関与する反則行為。 レイトチャージ 相手がボールをキックした後などに遅れてタックルに行く反則行為。 相手にペナルティキックが与えられる。

次の

ラグビー、日本対アイルランド戦で

ラグビー ファール

全般的に起こる反則 ノックオン ボールを前に落とす。 SK スローフォワード ボールを前方に投げる。 アクシデンタルオフサイド ボールを持ったプレイヤーが、 自分より前方にいる味方プレイヤーに接触する。 オブストラクション ボールを持っていない相手プレイヤーを 妨害する。 PK オフサイド 基本的にボールよりも前方にいる選手が プレーに参加するとオフサイドの対象になる。 インテンショナルノックオン 故意的にボールを前に落とす。 ウィルフルスローイング 故意的にボールをタッチラインから 投げ出す。 ウエストオブタイム ペナルティからの開始を遅らせたり、 故意的に時間を浪費する。 ラインアウトで起こる反則 ノットストレート スローイングでボールを真っすぐに 投げることができなかった。 (スクラムまたはラインアウト選択可能) SK ノット1メートル ラインアウトにて相手との間隔を 1メートル空けなかった。 FK ノット5メートル スローイングでボールが5mラインを 越えなかった。 デレイザスローイング スローイングを遅らせた。 PK スクラムで起こる反則 ノットストレート スクラムへボールを投入する際、 真っすぐに入れることができなかった。 FK フットアップ スクラムへボールが投入される前に、 フッキングの動作をする。 ピックアップ スクラムの中にあるボールを手で 拾い上げる。 PK コラプシング スクラムを崩す。 スクラムホイール モール・ラックで起こる反則 オーバーザトップ ラックにて相手側に倒れこむ。 PK ノットリリースザボール ボールを持った選手が、 タックルをされた後ボールを離さなかった。 ピックアップ ラックの中にあるボールを拾い上げる。 ハンド ラックの中にあるボールを手でかき出す。 キックオフで起こる反則 ノット10メートル キックオフ開始でキックしたボールが 相手側10mラインを越えなかった。 SK ディフェンス時に起こる反則 ノット10メートルバック ペナルティキック、フリーキックの時に 防御側がボールを蹴る地点より10メートル戻らなかった。 PK ノットロールアウェイ タックル成立後、立ち上がることなく 相手を離さなかった。 レイトチャージ 相手プレイヤーがボールを蹴った直後に タックルをする。 (ボールが落下した地点での PKとなります。 ) スティファームタックル(ハイタックル) 相手プレイヤーの肩より上部に タックルに入る。 オフサイド キック時のオフサイド.

次の