13 の 理由 自殺 シーン。 「13の理由」シーズン1の自殺シーンを再編集

『13の理由』シーズン2、残酷過ぎるシーンが原因で打ち切りの危機か

13 の 理由 自殺 シーン

「13の理由」とは 「13の理由 Thirteen Reasons Why 」とは、2007年に出版されたジェイ・アッシャーによる同名の小説を元に、ネットフリックスがドラマ化したものです。 製作には歌手で女優のセレーナ・ゴメスさんがエグゼクティブ・プロデューサーとして関わっています。 本作は高校における「イジメ」を扱った作品です。 イジメといっても、日本で流行ったライフのようなモップで戦う妄想フィクションファンタジーとは違い、サイバーブリング ネットいじめ や、暴行、嘲笑、嘘の噂の流布、尊厳を傷つける行為など、現代における 複雑でリアルなイジメを描いたストーリーです。 アメリカらしい暴力的で階層的ないじめから、日本人の得意な陰湿ないじめも登場します。 この手のネガティブなテーマはメディア 特にアメリカの では蓋をしてスルーされがちですが、「13の理由」では隠さずにきちんと描かれているため高い評価を得ているようです。 親に相談しない できない 子どもたち 今の10〜20代の方なら共感できると思うのですが、私たちの世代のイジメはとても複雑で、インターネットすらなかった世代の親に相談しても理解できるものではなかったと思います。 「13の理由」に登場する子どもたちも同じで、学校で犯罪行為が当たり前のように行われていても親に真実を語ることができず、平和な日常生活を演じ続けていました。 「13の理由」はアメリカが舞台の作品ですが、日本人でも共感できる部分が多いはずです。 日本人の自殺率は世界的に見ても高いですし、大人はもちろん10代の自殺も社会問題になっています。 特にネットやスマホが普及した現代では、イジメの深刻さにも拍車がかかっているように思えます。 「13の理由」の製作には、ハンナのような子どもを救う目的があるそうです。

次の

13の理由 (テレビドラマ)

13 の 理由 自殺 シーン

ネットフリックスのドラマが2017年に始まったとき、ジョイス・ディーソーンは、当時19歳だった娘のエミリー・ブラッグと一緒に数話を観た。 そしてディーソーンはエミリーに対して、もう観るのをやめてほしいと頼んだ。 エミリーにとって有害な番組かもしれないと思ったからだ。 エミリーは、双極性障害をはじめとするメンタルヘルスの問題で治療を受けていた。 しかし、ディーソーンにできたことはそれだけだった。 母親の願いは届かず、エミリーは10代が自殺するこのドラマにのめり込み、見続けることを望んだ。 そして、数週間後の2017年6月24日、エミリーは自殺した。 ドラマの中心人物ハンナと全く同じ方法で。 ディーソーンは涙を流しながら、BuzzFeed Newsにこう語る。 「今もPTSDに苦しんでいます。 私も発見者の一人でした」 「彼女はすでに追い詰められていて、あれ(番組)が背中を押したのだと思います」 自殺の原因はときに複雑であり、動機を1つだけ突き止めようとすべきでないと専門家も述べている。 しかし同時に、メンタルヘルス専門家たちは精神疾患の患者に対し、と警告している。 複数のメンタルヘルス専門家が、自殺が美化されていると批判している。 ネットフリックスと番組の制作陣も、こうした批判の一部を認めたようだ。 ネットフリックスは2019年7月16日、メンタルヘルス専門家の助言に従い、シーズン1のと発表した。 しかし、ディーソーンにとっては、この決断は「少し遅すぎました」 「彼らは間違ったことをしたと認めたのでしょう」とディーソーンは話す。 「私は思いました。 自ら命を絶った人々のどれくらいが彼らの責任なのだろうと」 『13の理由』は、10代のハンナ・ベイカー(キャサリン・ラングフォード)を中心に展開する。 ハンナは、同級生たちに数本のカセットテープを残し、自らこの世を去る。 当初、シーズン1の最終回で、ハンナの自殺シーンが描かれていた。 制作陣はこの判断を熱心に擁護していたが、批判が殺到した。 プロデューサーのジョイ・ゴーマンはシーズン1の公開後、そうした批判に反論していた。 ゴーマンはBuzzFeed Newsに対して、「子供たちは知るべきだと思います。 自分が体験していることの多くを、誰もが体験しているということを」と語った。 脚本を担当したニック・シェフは2017年、「Vanity Fair」に寄稿したの中で、自身がメンタルヘルスの問題と自殺未遂を体験しているため、自殺シーンを描きたかったと述べている。 「実際の自殺がどのようなものかを見せる絶好の機会だと思いました。 眠るように死んでいくという神話を打ち消し、視聴者に現実を直視してほしいと思いました。 燃えさかる建物から飛び降りたら、それ以上の地獄が待ち受けているということを」 しかし、ネットフリックスはこのほど突然、異例の決断を下した。 2017年3月からストリーミング配信してきたシリーズのワンシーンを削除するという決断だ。 メンタルヘルスの専門家たちは配信前から、自殺シーンを描くべきではないと助言していた。 10代のメンタルヘルスと自殺防止を専門とするNPO、の最高医療責任者ビクター・シュワルツ博士は2017年、、『13の理由』が公開される数日前に、制作陣から連絡があり、内容をチェックしてほしいという依頼を受けたと述べた。 「彼らから連絡を受けたとき、制作は完了しており、事実上、列車はすでに駅を出ていました」 アメリカ精神医学会によるには、「テレビや映画で精神疾患をリアルに描写することは、精神疾患のマイナスイメージを減らす効果的な方法になり得る」と書かれている。 ただし、精神医学会は同時に、「そうした描写の中で、治療の選択肢が示されていなければ、問題を引き起こす恐れがある」とも述べている。 臨床心理士のヘレン・H・スーも番組公開前、初期の台本を読んでいた。 しかし、ほかの専門家と異なり、スーは自殺シーンを問題視しなかった。 スーは2017年、BuzzFeed Newsに次のように語っていた。 「確かに、とても影響を受けやすい人々が感化されるリスクはあります。 しかし、自殺に関する物語を聞くべき人、伝えるべき人もいて、そちらの方がはるかに大きなコミュニティーを形成しています。 苦しんでいるのは自分だけではないと知ることで命を救われた人々を実際に見てきました」 『13の理由』は2019年8月23日からシーズン3に突入するところだったが、先述したようにネットフリックスは7月16日、シーズン1の3分間のシーンを短いかたちに編集すると発表した。 ドラマでは、自殺する直前のハンナを映した後、両親が彼女の遺体を発見し、死を悼む場面まで飛ぶ。 全米自殺防止財団の最高医療責任者クリスティーン・ムーティエ博士は、この変更は重要だと評価する。 視聴者の注意や感情が、「ハンナの行動が他者に及ぼした影響」のほうに向かうためだ。 登場人物が「自殺の危機を乗り越えることは間違いなく、(フィクションで)最も前向きなシーンです」とムーティエは前置きしたうえで、「しかし、自殺が起きてしまったら、喪失体験を複雑な悲しみとして描くのが望ましいと思います」と述べた。 ムーティエは、番組制作者のブライアン・ヨーキーと緊密に連携し、自殺シーンの編集に協力したという。 「視聴者からの反響と専門家の懸念に耳を傾け」、数年かけて話し合ったと振り返っている。 「自殺防止の分野、自殺と自殺防止に関する研究の世界では、フィクションであれ、報道であれ、自殺の生々しい描写は避けるべきだというのがコンセンサスになっています」とムーティエは話す。 「そのため、彼らがこの決断を下したことは、個人的にうれしく思っています」 『13の理由』と視聴者への影響に関するの成果が次々と発表されているが、ムーティエによれば、結果はさまざまで、番組が若い視聴者に影響を与えていると直接示唆するものばかりではないという。 それでもネットフリックスは、今回の決断を下す際、研究の内容を考慮に入れた。 「もちろん、私はあらゆる研究を注視していますし、ネットフリックスも同じです。 適切なことに、彼らは、あらゆるフィードバックに耳を傾けるプロセスのなかにいると私は考えています。 番組の前向きなメッセージを伝えるために正しいことをしたいと考えているのです」 7月16日の早朝、ネットフリックスがで発表を行って以降、番組に批判的だった心理学者やメンタルヘルス専門家たちは、ネットフリックスへの支持を口にし始めている。 ムーティエやシュワルツのほか、自殺防止に取り組むNPO「SAVE」の事務局長ダン・ライデンバーグ博士などだ。 しかし、娘を失ったディーソーンがネットフリックスに賛辞を送ることはない。 彼女は今も、ネットフリックスを非難している。 「ネットフリックスは私の家族を壊しました。 私たちは今も、破壊された暮らしを元に戻そうとしているところです」とディーソーンは語る。 「番組が公開される前、専門家たちがあのシーンを見せないよう助言したにもかかわらず、なぜ彼らは強行したのでしょう?」 この記事の取材中、ネットフリックスの広報担当者から短い声明が届いた。 そこには、ディーソーンに向けた哀悼の意が記されていた。 「私たちの心はご家族とともにあります」。 声明はこう続く。 「私たちは番組を巡って行われている論争、つまり、視聴者や専門家、両親たちの声を心に留めています」 ディーソーンはエミリーの死後、『13の理由』を一度も見ていない。 痛みがあまりに鮮明で、このドラマが自身の体験とあまりに近いためだ。 「自分が失ったもののために、私の心は今も傷ついています。 彼らが、私と家族にしたことの重大さを理解する日は決して来ないでしょう」.

次の

ドラマ「13の理由」は全ての人に見て欲しい!現代のイジメ問題を描写

13 の 理由 自殺 シーン

Joseph Incaprera 編集 Leo Trombetta 放送 放送チャンネル 放送期間 2017年3月31日 2017-03-31 - 2020年6月5日 2020-6-5 『 13の理由』(:13 Reasons Why、サーティーン・リーズンズ・ホワイ)は、2017年から2020年にで配信された。 ジェイ・アッシャーの小説を原作とし、をブライアン・ヨーキー、製作総指揮をが務めた。 配信直後からその衝撃的な内容と巧みなストーリーテリングが大きな話題となり、2017年にNetflixで最も観られたドラマ作品の一つとなった。 第1シーズンは2017年3月31日、第2シーズンは2018年5月18日、第3シーズンは2019年8月23日、最終第4シーズンは2020年6月5日に世界同時配信された。 あらすじ [ ] シーズン1 [ ] ティーンエイジャーのクレイ・ジェンセンが学校から帰宅すると、玄関に7本のカセットテープが入った箱が置いてあることに気がつく。 それには2週間前に自殺した同級生、ハンナ・ベイカーが自らこの世を去る決断をした13の理由が録音されていた。 シーズン2 [ ] 13の理由を聴き終えたクレイ、ついに彼女の自殺の全貌が明らかになったと思われたが裁判が始まると次から次へとハンナ以外の人の真実が語られる。 残された彼らは裁判の行方を案じ、自己保身に走る者、真実を伝える者に別れてしまう。 手強い学校側の弁護士と闘うミセス・ベイカー。 果たしてクレイの隠された真実とは。 シーズン3 [ ] 衝撃的な終わりを迎えたシーズン2の春祭りから数ヶ月後。 対抗試合の夜、ブライス・ウォーカーが殺害される。 リバティ高校がハンナ・ベイカーの自殺以来のショックに見舞われる中、誰もが殺害の容疑者として疑われることに。 ブライス・ウォーカー殺害の動機とは。 シーズン4 [ ] 『13の理由』のキャスト。 上段左から、、アリーシャ・ボー、ブランドン・フリン、ジャスティン・プレンティス、マイルズ・ハイザー、、、、、ティモシー・グラナデロス、。 ある日カセットテープを送られ、彼女の死の真相に近づいていくことになる。 リバティ・スクールに転校し、最初にデートをしたジャスティンにスカートの中が見える写真を撮られ、それが他の生徒らにより拡散されて以降「尻軽女」という評判がつくようになり、その後も親しくなった生徒達との間にことごとく不幸があり、徐々に孤立していく。 死の直前、この世を去る理由がハンナ当人を含めた13人にあるとして、カセットテープを回させる方法で自分の声を彼らに聞かせようとする。 カセットテープなど古いものを好む。 13人以外でハンナのテープを全て聞いた一人で、クレイにハンナの死の真相を知るよう促していく。 典型的なの母子家庭で育ち、軽薄な態度を取る一方母親の面倒はよく見ている。 父親は空軍の兵士。 しかし実際は傍若無人な行動が目立つ。 同性愛者であり、ある日ハンナと弾みでキスをするが、それが明らかになったことで彼女と疎遠になる。 実際は狡猾な性格で、無関係を装いながら事態の隠蔽を図る。 追い詰められるハンナに同情を寄せるが、強引な接し方からハンナのほうからは疎まれる。 父親は警察官。 大人しい性格だが、ハンナに対して盗撮をするといった一面も見られる。 クレイと親しくなるが、実はあるきっかけでハンナを傷つけるきっかけを引き起こす。 実はハンナの書いた詩を勝手に掲載してしまった。 乱暴な性格で、周囲に対して攻撃的な態度を繰り返す。 クレイとの親交が深い。 ハンナに好意を寄せるクレイの後押しをする。 娘の死の真相に少しづつ近づいていく。 ドラッグストアを経営しているが、娘の死に加え、隣に大手チェーンが出来たことの危機にも瀕している。 ハンナがたびたび受けた行為がいじめであると見ている。 弁護士であり、ハンナの死の真相に近づいていく息子に心配を見せる。 息子に対し寛大でアドバイスを行う。 エピソード [ ] シーズン 話数 放送期間 13 2017年3月31日 2017-03-31 13 2018年5月18日 2018-05-18 13 2019年8月23日 2019-08-23 10 2020年6月5日 2020-06-05 *各シーズン全話一斉配信 シーズン1 2017 [ ] 通算 話数 シーズン 話数 タイトル 監督 脚本 放送日 1 1 "カセット1: A面" "Tape 1, Side A" 2017年3月31日 2017-03-31 2 2 "カセット1: B面" "Tape 1, Side B" トム・マッカーシー Brian Yorkey 2017年3月31日 2017-03-31 3 3 "カセット2: A面" "Tape 2, Side A" 2017年3月31日 2017-03-31 4 4 "カセット2: B面" "Tape 2, Side B" ヘレン・シェイヴァー Thomas Higgins 2017年3月31日 2017-03-31 5 5 "カセット3: A面" "Tape 3, Side A" Julia Bicknell 2017年3月31日 2017-03-31 6 6 "カセット3: B面" "Tape 3, Side B" Kyle Patrick Alvarez Nic Sheff 2017年3月31日 2017-03-31 7 7 "カセット4: A面" "Tape 4, Side A" 2017年3月31日 2017-03-31 8 8 "カセット4: B面" "Tape 4, Side B" グレッグ・アラキ Kirk Moore 2017年3月31日 2017-03-31 9 9 "カセット5: A面" "Tape 5, Side A" Hayley Tyler 2017年3月31日 2017-03-31 10 10 "カセット5: B面" "Tape 5, Side B" カール・フランクリン Nathan Louis Jackson 2017年3月31日 2017-03-31 11 11 "カセット6: A面" "Tape 6, Side A" Diana Son 2017年3月31日 2017-03-31 12 12 "カセット6: B面" "Tape 6, Side B" Jessica Yu Elizabeth Benjamin 2017年3月31日 2017-03-31 13 13 "カセット7: A面" "Tape 7, Side A" Kyle Patrick Alvarez Brian Yorkey 2017年3月31日 2017-03-31 シーズン2 2018 [ ] 通算 話数 シーズン 話数 タイトル 監督 脚本 放送日 14 1 "1枚目の写真" "The First Polaroid" 2018年5月18日 2018-05-18 15 2 "女同士のキス" "Two Girls Kissing" グレッグ・アラキ Thomas Higgins 2018年5月18日 2018-05-18 16 3 "酔った尻軽女" "The Drunk Slut" Marissa Jo Cerar 2018年5月18日 2018-05-18 17 4 "2枚目の写真" "The Second Polaroid" Karen Moncrieff Hayley Tyler 2018年5月18日 2018-05-18 18 5 "ラインカー" "The Chalk Machine" Nic Sheff 2018年5月18日 2018-05-18 19 6 "港で見せた笑顔" "The Smile at the End of the Dock" Eliza Hittman Julia Bicknell 2018年5月18日 2018-05-18 20 7 "3枚目の写真" "The Third Polaroid" Brian Yorkey 2018年5月18日 2018-05-18 21 8 "我が愛しき娘" "The Little Girl" Michael Morris Felischa Marye 2018年5月18日 2018-05-18 22 9 "破られたページ" "The Missing Page" Rohit Kumar 2018年5月18日 2018-05-18 23 10 "ほら笑えよ" "Smile, Bitches! I'm the New Girl" 2019年8月23日 2019-08-23 28 2 "生きてる限りウソつき" "If You're Breathing, You're a Liar" Michael Morris Allen MacDonald 2019年8月23日 2019-08-23 29 3 "善人も悪人も大差はない" "The Good Person Is Indistinguishable from the Bad" Hayley Tyler 2019年8月23日 2019-08-23 30 4 "怒れる若い男" "Angry, Young and Man" Jessica Yu Thomas Higgins 2019年8月23日 2019-08-23 31 5 "誰もクリーンじゃない" "Nobody's Clean" Trevor Marti Smith 2019年8月23日 2019-08-23 32 6 "悲しみ方でその人が分かる" "You Can Tell the Heart of a Man by How He Grieves" ブロンウェン・ヒューズ Mfoniso Udofia 2019年8月23日 2019-08-23 33 7 "クレイにはいくつも問題がある" "There Are a Number of Problems with Clay Jensen" Julia Bicknell 2019年8月23日 2019-08-23 34 8 "高校では誰が味方か分からない" "In High School, Even on a Good Day, It's Hard to Tell Who's on Your Side" Kevin Dowling Felischa Marye 2019年8月23日 2019-08-23 35 9 "いつも悪い知らせを待ってる" "Always Waiting for the Next Bad News" M. Malone Franky D. 2015年10月29日、が同小説の映像化を行うことが発表され、代わりにセレーナ・ゴメスが製作総指揮を務めることが明らかになった。 2016年夏、撮影が北部の町、、ベニシア、、クロケット、セバストポリで行われた。 撮影には、俳優たちのためにが手配された。 2017年5月7日、Netflixはシーズン2にリニューアルしたことを発表し、2018年5月18日に配信された。 シーズン1と同じく13話構成、製作総指揮はが続投した。 シーズン1は、ジェイ・アッシャーの小説「13 Reasons Why」に基づいていたが、シーズン2は完全オリジナルになっている。 2018年末にシーズン3の製作の開始がアナウンスされ、2019年8月23日に配信された。 シーズン1・2に続き13話構成となったが、シーズン1・2と比較すると、セレーナ・ゴメスの本シーズンへの大きな関与は見られていない。 その象徴として、本シーズンではセレーナ・ゴメスによる主題歌の製作はなかった。 また、シーズン2よりクロエ・ライスを演じるアン・ウィンターズは、「一度もセレーナを見ていない」とUS Weaklyに語っている。 しかし、依然として制作には関わっており、シーズン3の予告映像を上でしている。 シーズン3配信の数週間前に、Netflixは配信直後から激しい批判と議論を起こしていたシーズン1の生々しい自殺シーンを削除することを発表している。 (詳細は後述 ) 2019年8月1日、シーズン4へのリニューアルとそのシーズンで完結することが発表された。 最終第4シーズンは2020年6月5日に配信された。 14点となっている。 批評家からは、特に主人公を演じたの演技が絶賛された。 31点となっている。 43点となっている。 受賞とノミネート [ ] 詳細は英語版「」を参照• :テレビドラマ部門主演女優賞ノミネート()• 第22回サテライト賞:テレビドラマ部門作品賞, テレビドラマ部門女優賞ノミネート() 論争 [ ] 自殺シーンの削除と社会的影響 [ ] アメリカ児童青年精神医学会()は雑誌に、シーズン1の公開後の4月に10代の自殺が急増したとする調査を掲載した。 また、配信直後から、自殺シーンに対する批判が相次いでいた。 シーズン1の最終話(13話)では、ハンナ・ベイカーが自殺するために両親が経営する店から刃物を盗むシーン、そして、お湯をはったバスタブの中で手首を刃物で切り自殺するシーンが描かれている。 Netflixと制作陣は当該のシーンを擁護している。 プロデューサーのジョイ・ゴーマンは、「子供たちは知るべきだと思います。 自分が体験していることの多くを、誰もが体験しているということを」と Newsに対して語っている。 また、脚本を担当したニック・シェフは、「Vanity Fair」に寄稿したで、自殺シーンを描いたのは、自身がメンタルヘルスの問題を抱え、自殺未遂を経験しているからだとしている。 「実際の自殺がどのようなものかを見せる絶好の機会だと思いました。 眠るように眠るという神話を打ち消し、視聴者に現実を直視して欲しいと思いました。 燃え盛る建物から飛び降りたら、それ以上の地獄が待ち受けているということを」 2019年7月16日、NetflixはTwitter上で当該シーンを削除したことを発表した。 過去の熱心な擁護から一転したものだった。 Netflixの担当者はハフポストの取材に対し「若い人の難しい問題を扱った力強い作品と思っているが、その文様々な調査結果が出ていることは把握していた。 多数の専門家らにアドバイスを受け、脚本・制作総指揮のブライアン・ヨーキーとも相談した結果、シーンを修正するのが正解と判断しました。 」と語った。 多くのメンタルヘルス専門家がNetflixの発表を歓迎する一方、配信開始から2年後の編集というNetflixの決断の遅さに対する批判もある。 13の理由の視聴後に娘が自殺したジョイス・ディーソーンは、BuzzFeedの取材に対して、こう語っている。 「(この発表は)少し遅すぎました。 彼らは間違ったことをしたと認めたのでしょう。 私は思いました。 自ら命を絶った人々のどれくらいが彼らの責任なのだろうと。 Netflixは私の家族を壊しました。 私たちは今も、破壊された暮らしを戻そうとしているところです」 またこの問題は、(WHO)が全世界に向けて、「テレビや映画製作者らに向けた『自殺予防の指針』 」を策定するきっかけにもなった。 出典 [ ] []• Min, Lilian. Teen Vogue. 2018年4月24日閲覧。 oricon. 2018年5月25日閲覧。 2019年8月1日閲覧。 Petski, Denise 2020年5月11日. Deadline. 2020年5月19日閲覧。 Schwartz, Terri. MTV News. 2020年6月8日閲覧。 Jaafar, Ali 2015年10月29日. Deadline. 2020年6月8日閲覧。 Marin Independent Journal 2016年6月23日. 2020年6月8日閲覧。 Keaney, Quinn 2017年4月7日. POPSUGAR Celebrity UK. 2020年6月8日閲覧。 Flynn, Caitlin 2019年8月13日. POPSUGAR Entertainment. 2020年6月8日閲覧。 White, Peter 2019年8月1日. Deadline. 2020年6月8日閲覧。 Petski, Denise 2020年5月11日. Deadline. 2020年6月8日閲覧。 英語 , 2020年6月7日閲覧。 , 2020年6月7日閲覧。 英語 , 2020年6月7日閲覧。 , 2020年6月7日閲覧。 英語 , 2020年6月7日閲覧。 , 2020年6月7日閲覧。 BuzzFeed. 2020年3月11日閲覧。 シネマトゥデイ 2019年7月18日. 2020年3月11日閲覧。 ハフポスト 2019年7月20日. 2020年3月11日閲覧。 自殺総合対策推進センター 2020年1月20日. 2020年3月11日閲覧。 読売新聞 2020年2月22日. 2020年3月11日閲覧。 参考文献 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)• - (英語)• - (英語).

次の