涼しい マスク 素材。 夏マスクで涼しい素材は何?エアリズムで代用可能?熱中症対策に!

夏マスクで涼しい素材は何?エアリズムで代用可能?熱中症対策に!

涼しい マスク 素材

夏到来!どの素材のマスクが涼しいのか着け比べてみた! 新型コロナウイルス感染防止対策に、夏も必須となりそうな 「マスク」。 5月に入ると、蒸し暑く感じる季節になりました。 今回は、どの素材のマスクが涼しいのか着け比べてみました。 今回着け比べたのは、こちらの3種類のマスク! 今回着け比べたマスクが、こちらの3種類。 いずれもスーパーやドラッグストアでよく見かけるタイプのマスクです。 その1.一般的な「不織布マスク」 まずは一般的な 「不織布マスク」から試してみましょう。 カゼ、花粉対策や防寒・保湿などの目的で日常に使われる 「家庭用マスク」の一種ですが、サイズも豊富で、長時間に渡り快適に使用できるのが特徴です。 「不織布マスク」は、外側の表面不織布、内側の額に触れる不織布、中間に挟んだフィルター機能を有する不織布の3層構造で構成されています。 不織布とは、その名の通り「織っていない布」のことで、繊維あるいは糸などを織らずに、熱的、機械的、化学的作用により繊維を接着・からみ合わせた薄いシート状の布のことです。 写真のように前面がプリーツ状になっている 「プリーツ型マスク」は、マスクをしたまま話をしてもズレにくいのですが、粒子捕集性が細かいため、暑さや息苦しさを感じることもあります。 5月の外出時はかなり暑く、蒸れると不快感が出てくるため、特に夏は数時間ごとに替えるといった対策が必要になりそうです。 その2.「布マスク」 次に試すのは 「布マスク」。 こちらは「洗って使える立体やわらかマスク」というタイプのものです。 洗って繰り返し使えるのが布マスク最大のメリット。 肌に接しても違和感や負担が少ないのが特徴です。 布目が粗いので、異物を防ぐ性能はほこりや花粉といった限定的なものになりますが、逆に通気性がよく、湿度を調整する効果は期待できます。 材質はガーゼ、綿、ポリエステルといった様々な種類があり、柄や生地に凝ったおしゃれを楽しむことが出来ます。 使い捨てではなく、洗って繰り返し使うことで、経済的な負担が少なくなるメリットもあります。 通気性は良いのですが、ちょっと重量があるので、耳が重たく感じるかもしれません。 その3.「ウレタンマスク」 最後に試したのが 「ウレタンマスク」。 全体的に伸縮性あり、何度か洗って使うことが出来ます。 ポリウレタンを使用しているため、耐久性と伸縮性に優れ、着け心地が良いのが特徴です。 生地は軽くやわらかいのですが、全体的にやや厚みがあります。 目が粗いので、異物を防ぐ性能はほこりや花粉といった限定的なものになりますが、大変通気性がよく、長時間着けていても息苦しさが少ないのが特徴です。 感染リスクの少ない場所であれば、使い分けの選択に出来そうですね。

次の

夏用涼しいマスクの生地や素材は?簡単な作り方の動画も紹介|Robotasu

涼しい マスク 素材

ゆるネコ夏マスク COOLIST CAT MASK 大人用(男女兼用)1,980円(税込) つけていたら「それどこの!? 」と聞かれること間違いなしのマスクがこちら。 一見、シンプルなマスクなのですが、よく見ると さりげない猫型の造形に、左右の目の色が違う オッドアイの猫の刺繍が施されているんです。 コットンの5倍の速さで汗を吸収・蒸散し、体の快適な湿度をキープしつつ体温を下げるという、夏にぴったりの仕様となっています。 縫製は岐阜の縫製工場の熟練した職人が、 一枚一枚手作業しているとのこと。 耳にかける部分はゴムではなく、 綿素材の紐で自分サイズに調節できます。 このマスクを制作したのは、保護猫に関わる事業を運営する株式会社ネコリパブリック。 マスクを購入すると、一部がネコリパブリックの保護猫カフェの資金となり、運営継続に協力することができるとのこと。 種類は、白猫とロシアンブルーの2つ。 現在、「ネコリパ」オンラインショップにて予約発売中です。 現在オンラインショップで大人気となっているのが、着心地がよく機能的で、見た目も素敵……という、青木さんの美意識がつまったマスクです。 水分に対して熱を奪う性質のあるキシリトール成分を配合し、息を吸う度にスーッとするひんやり感を体感できます。 UVカットも 紫外線遮蔽率90%、UPF25以上と頼もしく、フェイスラインを美しく見せる高級感のあるデザインも素敵です。 商品はオンラインショップにて掲載中。 6月販売分はソールドアウトですが、7月上旬に再入荷予定です。 使い捨てひんやりマスク 大人用 1箱24枚入り 1,647円(税込・送料込) つけ心地のよい布マスクをつけたいけれど、電車の中など人が集まる場所では、やっぱり不織布マスクの方が安心……という方もいるかもしれません。 それならば、「 使い捨てなのに冷たく感じるウイルス対応マスク」はいかがでしょう。 「使い捨てひんやりマスク」は、一見ふつうの不織布のマスクのよう。 しかし、マスク内側に高機能接触冷感素材を採用。 接触冷感値で高記録を達成しています。 衛生面も、 ウイルスカット率99%のフィルターを採用した3層構造と優秀。 1箱24枚入りで1,647円(税込・送料込)という、手頃な価格もうれしいですね。 現在、完全受注生産型ECサイト「スケールズ」にて取り扱い中です。 COOL PASTEL MASK 大人用 1,100円(税込) 暑い夏、濃い色のマスクはちょっと印象が重たげで、使うのにためらってしまうことがあります。 そんなときは、こちらの「 COOL PASTEL MASK」シリーズが一押し。 内側にエアクール生地が使用され、吸汗速乾性に優れた夏仕様の布マスクです。 「COOL PASTEL MASK」のうれしいポイントは、 ピンク、グレー、ベージュの上品なパステルカラーがそろっていること。 しかも、マスク特有のひだをなくしたデザインと、上部の山型ライン、そして輪郭にフィットする曲線と中央のセンターラインで、 小顔効果が抜群! やわらかなパステルカラーが顔色を明るく見せてくれるので、つけているだけで気分が上がります。 日やけ対策も抜かりなく、 UVカット率は90%。 紐は長時間つけていても快適なソフトゴムが使用されています。 マスク内側には、お手持ちの不織布やガーゼを入れられる ポケットがついており、衛生面が気になる人にも配慮されています。 現在、全国のバラエティショップ・ドラッグストアなどで販売中です。 真夏の夏マスク 大人用M・Lサイズ 各1,750円(税込) 「夏マスク」ではない、「 真夏の夏マスク」というネーミングがインパクト大のこちらのマスク。 夏のマスク着用時におこりやすい、 熱中症、肌荒れ、細菌の増殖という3大トラブルをカバーするために開発された優れものです。 内にこもる熱を遠赤外線に変え大気中に逃し、外側からの熱は遮断してくれるそう。 通常の生地と比較した場合、 約2倍もの接触冷感効果があるといいます。 さらに、マスク全体の素材として高機能肌着に使用される調湿繊維「キュプラ」を採用したことで、 ムレることなくサラサラ。 マスクの外側には汗や湿気で熱を吸収するキシリトール加工が施され、 トリプルの冷却効果でひんやりとしたつけ心地をサポートしてくれるのです。 生産元のカジグループは、「MADE IN JAPAN, MADE IN ISHIKAWA」の繊維にこだわった商品開発で知られています。 その知見はマスク作りにも生かされ、抗菌防臭加工を施したスムーズな布表面は、 肌荒れを防ぐ効果も期待できるとのこと。 7月15日~7月31日の期間に、石川県から発送予定です。 アメリカで開発されたこの素材は、コットン素材の5倍の速さで汗を吸収・蒸散し、体の快適な湿度をキープしつつ体温を下げてくれます。 つけ心地は、これぞ夏用! という ひんやり&さらさら感。 いつでもさらっとドライな生地なので、たくさん汗をかいてマスクが肌に張りついたり、ベタベタして不快感があったり、マスクの中が蒸れたり……といった悩みが気にならなくなりそうです。 「COOLIST(クーリスト)」は 男女兼用で、 耳にかける部分の紐で簡単に自分のサイズに合わせられるようになっています。 ホワイトにクリーム色の縁取りというデザインが絶妙で、シンプルなのに好印象。 アパレル産業の街として栄え、すぐれた技術を持つ岐阜の縫製工場の熟練した職人が 一枚一枚手作業で縫製しているため、丈夫で長持ちするとのこと。 これなら夏中、洗濯しながら気持ちよく使えそうです。 こちらは「MAMOL(マモル)」オンラインサイトにて、ホワイトを7月1日から再販予定です。 暑いなかでマスクを着用するのは大変ですが、かしこいクール素材の助けがあれば乗り切れそう。 用途や好みに応じて使い分けながら、できる限り安全に、快適にすごしていきたいですね。 マスク着用の夏に向けて対策を.

次の

夏マスクで涼しい素材は何?エアリズムで代用可能?熱中症対策に!

涼しい マスク 素材

【夏用】ナツノマスクの素材の効果は? ナツノマスクと一つに言っても、たくさんの種類があります。 夏本番までに様々な種類の夏用マスクが登場すると思うので、素材でマスクを選ぶのが一番良いと思います。 そこで調べたところ、ナツノマスクでは主に 「綿 コットン 素材」と 「ポリエステル素材」が主役となっているようです! お互いの素材の特徴を見ていこうと思います! ポリエステル素材の効果 ポリエステルでできているナツノマスクの効果は主に2つあるようです。 つけた時のひんやり感• 吸水速乾性が高い ポリエステルは触るとひんやりしていて気持ち良いのですが、 吸湿性があまりよくないので、いわゆるムレが起きてしまいます。 ただ、汗をかいてもすぐに吸い取って、すぐに水分を乾かせてしまうのので、熱がこもりにくいという素材のようです。 速乾性もあるので、仕事から帰って洗えば次の日には乾いているでしょう! 汗っかきの人にはおすすめの素材です。 綿(コットン)素材の効果 次に綿素材の効果を見ていきます!• 通気性が良い• 付け心地抜群 綿素材は非常に肌触りが良く、つけていて気持ちが良く吸湿性に優れているので、 蒸れにくいという特徴があります。 ただ、水分にはあまり強くないので、マスクを洗ったりすると多少の伸び縮みや、しわなどが残る可能性はポリエステル素材よりも高いと思われます。 またポリエステルよりも乾きにくいために、うっかり洗うの忘れたなんてことがあると、次の日に使うのは難しいかもしれないですね💦 汗はあまり書かない、長時間暑い場所にいない人には断然おすすめです! Point! 素材によって特徴が異なるので、自分にあった素材を選ぶのが良いでしょう!最近は製造技術も高くなっていると思いますので、改善はされているかと思いますが、素材ごとの基本的な特徴は上記ようになっています。 【夏用】ナツノマスク涼しくないの評判はある? ナツノマスク(夏用マスク)で涼しくないという評判が実際にあるのか調査してきました! 調べていると日本人には綿素材が好まれているようで、 評判としては綿素材の方が高かったのかな?という印象。 実際の口コミです。 ポリエステルマスクの評判 ポリエステル素材のマスクじゃ、これからの季節、蒸れそう。 良い評判ももちろんありましたよ! マスクと一口に言ってもいまや ・不織布マスク ・布マスク ・N-95マスク など色々あるわけですが 広く流通してる不織布マスクは 通気性的に暑い夏は厳しい。 水着素材マスクはポリエステル製で通気性が非常に良いのでおすすめ。 洗うのも超簡単ですぐ乾く。 1か月使ってみた本人談。 日本の湿気には綿が良いのかもしれませんね💦 ただこんな評判も。 裏地ガーゼよりだいぶ肌あたり軽い。 涼しいということは通気性がよいということで、マスクとしてはどうなのだけど。 布マスクだもん、そもそも自分の咳くしゃみを拡散しないという目的が主だし、もし心配なら間になんか挟むわ。

次の