美味しい チャーハン 作り方 味付け。 基本のチャーハンを丁寧に美味しく作るレシピ/作り方:白ごはん.com

チャーハンの美味しい作り方!おすすめの具材と味付けで絶対美味しくなる!|ココシレル

美味しい チャーハン 作り方 味付け

チャーハンの下ごしらえ まず、チャーハンを作る前にご飯を炊くところからスタートします(今回は2人分で1. 5合炊、炊き上がり約450~500gほど)。 というのも チャーハンを作るには炊き立てのご飯を少し冷ますくらいが、ご飯の表面が崩れていないので粘りが出にくく、くっつきにくいパラパラのチャーハンになる!と思います。 5合分の米を研いで水加減をしたあとに そこから大さじ1の水を抜くくらいの、ちょっと少なめの水加減で硬めにごはんを炊きます。 その場合は大さじ2の水を抜くくらいの水分量で炊きましょう!炊き立て以外の方法は下の補足にて。 ご飯が炊けたらすぐに、バットや大きな平皿に取り出して広げて粗熱を取ります。 粗熱を取る時間は5~10分くらいで、冷ましすぎないことも大切です。 基本のチャーハンに合わせる具は長ねぎと卵。 こちらはご飯を冷ます間に長ねぎを切るとよいです。 ねぎはみじん切りにして、容器に入れておきます。 卵2個分はボウルに割って箸でほぐします。 塩ひとつまみ(分量外)を加えて、しっかり混ぜ合わせておきます。 写真では中華鍋を使っていますが、大きめのフライパンでもOKです。 卵を入れる前に、しっかり油が熱くなるまで加熱します(中華鍋の場合は煙が出てくるくらいまでしっかり!)。 卵を炒める時は少しだけ火を落とします。 それから卵を入れ、箸ですぐ全体を混ぜ合わせます。 卵全体が半熟になって固まれば、卵液を入れていたボウルにすぐに取り出します。 くっつきやすいフライパンや鍋の場合は、一度洗って乾かすか、キッチンペーパーなどでさっと汚れをふき取ってから次へ移るとよいです。 ここからは終始強火でチャーハンを仕上げていきます。 油がしっかり熱くなれば、ねぎのみじん切りを入れてさっと炒めます。 ねぎをさっと炒めたら、すぐに粗熱を取っておいたご飯を加えます。 ヘラの先でご飯の全体を6~7回、ほぐすようにつついて、鍋を振って、またご飯を同じようにほぐすということを何度か繰り返します。 ご飯を炒める時間は1分ちょっとくらい。 上の流れを繰り返して、強火で炒めながらご飯を温めつつ、しっかりほぐします。 ご飯とねぎを炒めたら、卵を戻し入れます。 卵をヘラの先でほぐしながら、前の工程のように、鍋を振りながら炒めます。 チャーシューなどを加えるなら、ねぎと一緒のタイミングで入れるとよいです。 ご飯は保温時間が長かったり、しゃもじで何度も混ぜることで、表面が崩れて粘りも出やすくなります。 そういった粘りの出やすい、くっつきやすいご飯でチャーハンを作るよりも、炊き立てがやはり作りやすさの面でも味の面でもおすすめです。 炊き立て以外なら、炊き立てのごはんを急速冷凍したものなどがよいです。 お米の品種によっても、炊きあがりの粒感がしっかりしているかどうか、粘りが出やすいかどうか、など違いがあります。 品種をいろいろ試してみるのも面白いです(参考までに、上の写真のとき含め、私はつや姫で作ったチャーハンが好きです)。

次の

【検証】美味しいキムチチャーハンを作る3つのコツとは!? : 料理のコツコツコツ

美味しい チャーハン 作り方 味付け

どうも、かっつーです! 突然ですがみなさん、パラパラチャーハンを簡単に作る方法ってご存知でしょうか? 自分で作ると、なかなかパラパラにできないですよね。 ぼくもいつもベチャベチャになっておかゆ状態になります。 おかゆは言い過ぎました。 そんな中、たまたま昨日TV番組でパラパラチャーハンの作り方を紹介していて 「美味しいチャーハン作りたい!!」 そう思いました。 ただ、その番組で紹介していた作り方は結構むずかしそうだったので、ネットで「 簡単にパラパラに作るコツ」を調べてみたんですが… パラパラにする方法多すぎでしょ。 軽く見ただけでも、5種類はありました。 結局、一番 簡単で美味しいパラパラチャーハンの作り方はどれなのか? ということで、高級な中華鍋なしでも美味しく仕上がる 最強レシピをここで決めます!! 正式名称はキューピーじゃなくてキユーピーだったんですね。 あと、株式会社キユーピーじゃなくてキユーピー株式会社って順番でした。 どうでもいい。 油の代わりにマヨネーズを使って炒めるのが特徴的で、あとは普通にチャーハンを作るだけです。 マヨネーズに含まれる植物油と卵黄でご飯をコーティングし、パラパラにできるという理屈なんだとか。 もっと簡単にするなら、TKG型みたいに 先にマヨネーズとご飯を混ぜてもok。 今回はこちらの方法を使いました。 この記事では、 マヨネーズ型と呼ぶことにします。 以上2つの作り方を紹介しました。 どっちも有名なレシピみたいですね。 僕の友達でも両方知っている人が結構いましたが、 「結局どっちがいいの?」っていう意見が多かったです。 両方作って確かめようじゃないか!! 実際に作ってみた 違いが分かるように、 どちらもご飯は200gで卵1個、味付けなしで作っていきます。 白身と黄身の分け方 おたまを使ってラクラク! お椀に入った卵に、 おたまを押し付けるだけで分けられます。 かんたんでしょう!? ちょっと失敗したけど 白身とご飯をよく混ぜ合わせていきます。 なぜ、白身と熱々のご飯を先に混ぜるのかというと 卵白のタンパク質がご飯の温度で分離されて、さらによーく混ぜることで分離したタンパク質が米一粒一粒の表面にくっついてコーティングされる という理由があるから。 その後に、黄身をいれて… 卵かけご飯ができました。 卵かけご飯もこの要領でやると美味しいです。 いただきます。 っていきたいところですが、つぎはマヨネーズ型の下準備を。 マヨネーズとご飯を混ぜる 「ご飯200gに対して、マヨネーズは大1」。 大1はたまごの黄身1個分くらいです。 混ぜ合わせます。 あっという間でした。 手軽さで言えばマヨネーズ型のほうが上回ってますね。 TKG型だと白身と黄身を分けたり、別々で混ぜ合わせるのでちょっと面倒です。 高火力でスピード勝負! いよいよ、炒めていきます! フライパンは強火でかなり温めておきます。 左がマヨネーズ型、右がTKG型です。 マヨネーズ足りませんでした。 炒めるとき、マヨネーズが少なくてすぐ水分が吹っ飛んでしまいました。 結局マヨネーズを追加したので、 レシピより多めにいれたほうがいいですね。 TKG型はご飯を入れてから油を絡めるまでを素早く行うのが重要です。 あとは軽くご飯を切り混ぜて水分を飛ばし、時々フライパンを返すだけで自然とパラパラしていきます。 マヨネーズ型は 溶けてきたマヨネーズをご飯と混ぜていきます。 ある程度炒めたらご飯をフライパンの端に寄せ、溶き卵を入れて混ぜ合わせます。 マヨネーズのおかげで、素晴らしく香ばしいです。 左がマヨネーズ型、右がTKG型です。 見た目、かなり違いますね。 気になるその味は…? マヨネーズ入ってるから変なにおいするんじゃない? と思うかもしれませんが、 炒めた卵とマヨネーズの香ばしい匂いがクセになります。 また、ちょうどよい水分で、TKG型よりパラパラしていました。 味付けはマヨネーズだけでも十分でした。 ただ、やはり後味で少しだけマヨネーズがくるので、 マヨネーズがキライな方はきついかな? どっちかっつーと… マヨネーズ型の方が美味しかったです。 どっちも美味しかったんですが、 パラパラの内容が異なりました。 TKG型は米と卵が合わさったままパラパラになっていて、マヨネーズ型は米と卵はくっついていない状態でパラパラになっていました。 こればっかりは好みが分かれると思いますが、 中華料理屋のチャーハンっぽいのはマヨネーズ型ですね。 家族に食べさせたら、やはりマヨネーズ型が人気でした。

次の

卵とネギだけ! 中国特級厨師の趙さんに聞いた『家庭で美味しいチャーハンを作る4つのコツ』

美味しい チャーハン 作り方 味付け

もくじ 「炒飯のお米選び」 結論だけ知りたい方はだけ読んでいただければOKです。 1、どこが普通の炒飯と違うのか? 「家でお店で食べるような炒飯を再現できない。 」 こういう話はよく聞きます。 まあこれは炒飯にかぎった話ではないのですが、できるならお店で食べるプロの作る炒飯が家で再現したいですよね。 しかし、プロとアマとの大きな違いとして「火力の差」があります。 お店と家庭のコンロの火力は、10倍以上お店の方が強力です。 ですが一般家庭の火力でも、プロ方が作れば炒飯はきっと美味しいと思います。 火力の違いがお店と家庭の炒飯の味の違いの全てではないはず。 家でもお店のような美味い炒飯を作れるはず。 と、お店のような炒飯を再現する方法を調べたり試したりしていました。 これから紹介する炒飯は、調べたりなど試行錯誤の結果、 しっかり味の付いたお店の味っぽい炒飯のレシピです。 (ちょっとあっさりした炒飯は次回書きます。 なぜこんな味のついた炒飯がパラパラに仕上がっているんだ?と、いつも不思議でした。 液体調味料を使いすぎるとべちゃつくはず どうすれば味が染み込んだ炒飯を再現できるのでしょうか? 1つの解決策は、 一度味つけをして作り置きをし、提供前にもう一度火にかけ香りづけなどをする方法です。 これは、時間が経つと米表面の味がお米の中に染み込むためであり、一度炒飯を作り冷蔵などしておき、そして食べる前にまた炒め、醤油などで香りを付けることでしっかりお米に味を付けることができます。 つまり味をしっかりつけるというのは、ご飯に味をしみこませることで再現できます。 これによって、噛んでも噛んでも味が染み出してくる炒飯を作ることが出来ます。 お店でもご飯に味を染み込ませているかというと、そうではない場合が多い気がします。 が、しっかり味付けされたお店っぽい炒飯にするため、今回はご飯を炊く水を中華スープに置き換えたレシピをご紹介します。 パラパラに仕上げる方法は多々あるのですが、今回ご紹介するレシピでは大抵のお店で実践されている 「卵を半熟まで炒め、すぐにご飯を入れ半熟卵とご飯を絡ませる」という方法でパラパラ炒飯を作ります。 また、 かために炊いたご飯や蒸気を放出させた(ラップをしないでレンチンしたご飯など)、べちゃつきを抑えたご飯で炒飯を作ってもパラパラに仕上がります。 なので今回は少し硬めに炊いたご飯で炒飯を作ってみましょう。 (ちょっと芯が残るくらいに硬めに炊いたご飯も、噛みごたえがあり結構おいしいです。 ですがお店のチャーハンでは、味つけだけでなく香りづけにもきちんと気を配っているのです。 中華料理らしさを醸し出し、かつ食欲をそそる香りづけをするにあたって加えるといい調味料は、 ・醤油 ・紹興酒 ・ごま油 などがあります。 他にも決め手となる様々な調味料やら香味野菜はありますが、上の太文字3つが仕上がりの香りに大きな影響があり、かつ手軽に香らせることができます。 醤油、紹興酒は仕上げに鍋肌から回しいれ、一気に蒸発させることで香りをまとわせ、水分が飛びきった15~30秒後くらいには火を消します。 すると非常に香ばしい香りをまとわせることが出来ます。 さらに、 火を止めた直前か直後、炒飯全体に強い香ばしさをまとわせるため、 ごま油を数滴加えると効果的です。 これらの調味料によって、香ばしくて深みのあるスプーンが止まらなくなるような香りをまとわせることができるのです! 2. どう作ると「しっかり系」炒飯になるのか? 今回の記事をなぜ「しっかり系」炒飯としたのかというと、パラパラよりもふわふわで、がっつりというよりやさしい味付けの炒飯を提供しているお店もあるからです。 お店のような炒飯とは言っても、卵が半熟のようにやわらかく、色も白っぽいふわっとした炒飯と、「しっかり」味がつき、パラッパラで香ばしい炒飯ととの2種類があります。 この記事ではしっかり系に仕上げるためのレシピ、ポイントをご紹介してます。 ・ご飯の水分を少な目に仕上げる これは先ほど 「1、どこが普通の炒飯と違うのか?」で書いたように、ご飯をかために炊いたり、炊いた後で水分を飛ばすことで歯ごたえのある触感に仕上げます。 ・コテコテとさせる 炒め油にはラードをつかいます。 安さや使い勝手の良さから、植物性のキャノーラ油をつかわれている人が多いと思うのですが、豚の脂肪であるラードで炒飯を作ることによって、劇的に食べごたえが増します。 炒飯をしっかり系に仕上げるのであれば、ラードを炒め油とするのが適役でしょう。 それではいよいよレシピを書いていきます! 4. 「本格お店チャーハン しっかり系」のレシピ シンプルに炒飯の味を楽しめるよう、具なしのレシピをご紹介です。 具を加えたい場合、あらかじめ炒めておたものを仕上げにさっと混ぜて下さい。 簡単ですね。 水分が多い具だと本当は工夫が必要だったりしますが 食材 ご飯:0. 感想 ・創味シャンタンを加え炊いたご飯は、塩気により米が硬めに炊きあがるのと、油分が潤滑油になり すでにあるパラパラ気味だった。 (一粒一粒が独立した感じでした) ・ パラッパラに仕上がった (箸で食べるのはおすすめしません!) ・ 噛んでも噛んでもしっかり味がした ・すごい香り豊か ・炊き込みっぽく味付けをしたせいで後味が 少し塩辛く感じた 6. 発展性 濃い目の味付けが「クドイ」と感じた方、酢醤油をかけると緩和されます。 以前、大盛炒飯を注文し、食べ飽きてきた頃に餃子の醤油をかけている人がいました。 何となくおいしいそうだなと思い私もやってみると案の定うまいです。 もし失敗して味の濃い炒飯を作ってしまったとき、酢醤油をかけることによって炒飯の良さを活かしつつも全体をさっぱりさせることが出来きそうです。 最後まで読んでいただきありがとうございました! 次の記事はあっさり系のお店チャーハンのレシピをご紹介します! スポンサーリンク.

次の