エスプライン。 新型コロナ抗原検査キット、患者発生数多い地域から供給~厚労省がガイドライン|看護師ライフをもっとステキに ナースプラス

新型コロナ抗原検査キット、患者発生数多い地域から供給─厚労省がガイドライン(Web医事新報)

エスプライン

メディカルサポネット 編集部からのコメント COVID-19 迅速診断検査薬「エスプライン SARS-CoV-2 」(富士レビオ)の薬事承認・保険適用が了承されました。 感染が疑われる患者に診断目的で検査を実施した場合に、確定診断までの間に1 回に限り600 点を算定されます。 供給はまず患者発生数の多い都道府県の帰国者・接触者外来と全国の特定機能病院から始まりますが、できるだけ早い供給対象の拡大が望まれます。 中央社会保険医療協議会は5月13日にオンライン開催した総会で、「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗原検出」の保険適用を了承した。 同日付で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)迅速診断検査薬が薬事承認されたことを受けての対応。 保険点数は、「マイコプラズマ抗原定性(免疫クロマト法)」(4回分)を準用し、600点に設定した。 PCR検査に比べると感度が低いことから、当面はPCR検査と併用し、結果が陰性の場合は確定診断のためのPCR検査の実施を求めることとする。 13日付で薬事承認・保険適用されたのは、COVID-19迅速診断検査薬の「エスプライン SARS-CoV-2」(富士レビオ)。 感染が疑われる患者に診断目的で検査を実施した場合に、確定診断までの間に1回に限り、600点を算定する。 結果が陰性であったものの、COVID-19以外の診断がつかず再度検査した場合は、さらに1回に限り算定を認める。 帰国者・接触者外来を設置している医療機関などが検査を行った際の患者負担相当額は、PCR検査同様、都道府県などが当該医療機関に行政検査を委託しているものとして扱い、公費で負担する。 無症状者への使用は不適切、陰性の場合はPCR検査を 抗原検査は、方法が簡便なうえ、結果が約30分で判明する迅速性が大きなメリットだが、半面、PCR検査に比べて感度が低いデメリットがある。 このため厚生労働省の新型コロナウイルス感染症対策本部が同日に公表したガイドラインは、無症状者に対する使用、無症状者に対するスクリーニング検査目的の使用、陰性確認目的の使用などには適さない、と注意を喚起。 COVID-19を疑う症状がある患者で、医師が必要性を認めた場合は抗原検査を行ってよいが、結果が陰性の場合には確定診断のためのPCR検査が必要だと説明している。 陽性の場合は、そのまま確定診断として差し支えない。 検査キットの供給が十分になるまでの間は、検査需要が逼迫する恐れがあることから、厚労省はまず、患者発生数の多い都道府県の帰国者・接触者外来と全国の特定機能病院から供給を開始。 生産量の拡大状況を確認しながら、PCR検査を実施できる医療機関を中心に順次供給対象の拡大を図っていく考えだ。 出典:.

次の

富士レビオが新型コロナ抗原検査キットの生産能力を半年で倍増、日立と東芝が協力

エスプライン

厚生労働省は5月13日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断に用いる国内初の抗原検査キット「エスプライン SARS-CoV-2」について、「患者発生数の多い都道府県における帰国者・接触者外来(地域・外来検査センターを含む)」と「全国の特定機能病院」から供給を開始するなどとしたガイドラインを策定、全国に通知した。 「エスプライン SARS-CoV-2」は富士レビオが4月27日に承認申請。 5月13日に薬事承認され、同日の中医協で新型コロナウイルス抗原検出の保険適用(600点)も承認された。 鼻咽頭ぬぐい液中のSARS-CoV-2抗原を迅速・簡便に検出するキットで、30分以内(陽性判定:約10~30分、陰性判定:30分)に検査結果を得られることから医療現場の期待は大きい。 ただ、同キットは、陽性となった場合は確定診断とすることができるものの、除外診断には適さず、陰性の場合、確定診断のためには医師の判断でPCR検査を行う必要があるとされている。 また、当面供給量も限られることから、厚労省はガイドラインで、患者発生数の多い地域やPCR検査を実施できる医療機関を中心に供給対象を拡大していく方針を示した。 「医師が、新型コロナウイルス感染症を疑う症状があると判断した者に対して、必要性を認めた時に使用する」とし、「無症状者への使用は、現段階では推奨されない」と明記している。 厚労省は、今後クラスターが発生した医療機関・施設に対して積極調査を行う際にも同キットを活用する意向だ。 現段階の生産体制について富士レビオは「週20万テストの生産体制を構築している」としている。 出典:.

次の

エステ・サプライ

エスプライン

セラピストプラス編集部からのコメント 富士レビオ社が4月27日に承認申請、5月13日に薬事承認、同日には中医協で保険適用(600点)も承認された国内初の新型コロナウイルス感染症診断に用いる抗原検査キット「エスプライン SARS-CoV-2」についてのガイドラインを厚労省が策定、全国に通知しました。 ガイドラインでは同キットについて、「患者発生数の多い都道府県における帰国者・接触者外来(地域・外来検査センターを含む)」と「全国の特定機能病院」から供給を開始するとしています。 厚労省は、今後クラスターが発生した医療機関・施設に対して積極調査を行う際にも同キットを活用する意向。 富士レビオでは現段階の生産体制について「週20万テストの生産体制を構築している」としています。 厚生労働省は5月13日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断に用いる国内初の抗原検査キット「エスプライン SARS-CoV-2」について、「患者発生数の多い都道府県における帰国者・接触者外来(地域・外来検査センターを含む)」と「全国の特定機能病院」から供給を開始するなどとしたガイドラインを策定、全国に通知した。 <抗原検査キット「エスプライン SARS-CoV-2」(富士レビオ提供)> 「エスプライン SARS-CoV-2」は富士レビオが4月27日に承認申請。 5月13日に薬事承認され、同日の中医協で新型コロナウイルス抗原検出の保険適用(600点)も承認された。 鼻咽頭ぬぐい液中のSARS-CoV-2抗原を迅速・簡便に検出するキットで、30分以内(陽性判定:約10~30分、陰性判定:30分)に検査結果を得られることから医療現場の期待は大きい。 ただ、同キットは、陽性となった場合は確定診断とすることができるものの、除外診断には適さず、陰性の場合、確定診断のためには医師の判断でPCR検査を行う必要があるとされている。 また、当面供給量も限られることから、厚労省はガイドラインで、患者発生数の多い地域やPCR検査を実施できる医療機関を中心に供給対象を順次拡大していく方針を示した。 「無症状者への使用は推奨されない」 ガイドラインは、キットの用途・使用方法も規定。 「医師が、新型コロナウイルス感染症を疑う症状があると判断した者に対して、必要性を認めた時に使用する」とし、「無症状者への使用は、現段階では推奨されない」と明記している。 厚労省は、今後クラスターが発生した医療機関・施設に対して積極調査を行う際にも同キットを活用する意向だ。 中医協・診療側委員「現場に早く回してほしい」 オンラインで行われた13日の中医協では、診療側委員から「供給量がまだ十分ではないということだが、クラスター発生を防止するために、帰国者・接触者外来を持たない医療機関や介護施設の現場に早く回してほしい」などの意見が出された。 現段階の生産体制について富士レビオは「週20万テストの生産体制を構築している」としている。 【関連情報】•

次の