キュービー ハウス コロナ。 理髪店「QBハウス」、カット代を1200円に値上げへ 19年2月から

理髪店「QBハウス」、カット代を1200円に値上げへ 19年2月から

キュービー ハウス コロナ

「実は、 普通の美容院でもカットに要する時間は10〜15分程度。 しかし、美容院の施術は平均60分ほどかかります。 カット以外の45分は洗髪やマッサージ、そして雑誌を眺めている待ち時間なんです。 QBハウスは『本当に必要な10分』だけを追求しています」 一般的な美容院では1日12人前後を施術するのに対し、 QBハウスのスタッフは約4倍の40〜50人もの客をさばいてみせる。 そのため客単価は低くても問題ないのだ。 なかでも時短に貢献しているのは 「エアウォッシャー」という器具だ。 これは散髪後に頭に残った髪を一気に吸い上げて取り除くもので、 通常20〜30分はかかるシャンプー&ブローの時間を数十秒へ一気に短縮。 水道代とシャンプー代も節約することに成功した。 カットに必要な道具一式に加え、他店では「1店舗に1つ」がポピュラーな紫外線消毒器、客の上着や荷物を預かるクローゼットまで完備している。 さらには配置も計算づくで、棚と鏡の角度は「 139. 68度」に統一しているとか。 「スタッフ全員にアンケートをとり、 美容師が最小限の動作でカットできる角度を算出 しました。 手を伸ばしたところにすぐに道具があるため、普通の美容室よりも施術に関する一連の動作時間が短縮されます。 現在、システムユニットは5世代目。 PDCAを回し、バージョンアップを繰り返しています」 そして、こうした時短戦略はこれまでの常識を覆すような出店場所を実現した。 「今でこそ当たり前の光景になりましたが、QBハウスが初の 駅ナカ店をオープンした20年前はかなり異端視されました。 しかし、駅はもっとも人が行き交う場所。 「たとえば、 トイレ付近への出店。 鏡を見て『髪が伸びてきたからそろそろ切ろうか』と思った直後に、QBハウスが目に飛び込むようにしているわけです。 カットに1時間もかかったら無理ですが、私たちは10分で済ませられるので、そんな隙間時間にも入り込める。 ちょっと空いた時間に視覚へ飛び込んで来店心理を誘導する『提案型出店』は、私たちの得意とするところですね」.

次の

キュービーネット

キュービー ハウス コロナ

1 - 10 2020-06-23 ニューステレビ東京「」(QBニューヨーク) 今晩23時から放送のテレビ東京系列「ワールド・ビジネス・サテライト」にて、日本同様、全店休業をしていましたニューヨークのQBハウスの営業再開の2日間を追ったドキュメントが紹介されます。 2020-06-09 ニュース福利厚生表彰「」優良福利厚生法人 部門賞 受賞 株式会社労務研究所が主催者となって今年からスタートした第1回福利厚生表彰認証制度「ハタラクエール2020」において、経営課題への対応・現状制度の把握・制度の充実度・運用状況・経営理念浸透という5つを軸に、特に「現状制度の把握」分野で得点が高かったことが評価され、「優良福利厚生法人 部門賞(現状把握)」を受賞しました。 2020-04-06 ニュース日経産業新聞「QB、新業態店」(QBプレミアム、成長戦略) 本日の日経産業新聞に「予約OK/髪型を再現/待合室快適」といった見出しを交え、3月26日に東京・大手町駅構内に海外より逆輸入しオープンさせた「QBプレミアム」1号店について、既に展開中の「FaSS」との違いや今後の成長戦略とともに詳しく紹介されました。 2020-04-03 ニュースサンテレビ「」(ロジス大阪) 4月5日(日)22時から放送の関西ローカル局「サンテレビ」の企業・組織にまつわる人々を紹介する「しごとびと」にロジスカットスクール大阪校が取り上げられ、トレーナーや研修生のインタビューが紹介されます。 本年1月12日にも取り上げられ、社長インタビューや社内イベントの様子が紹介されました。 その時の番組はで視聴できます。 2020-03-27 ニュースNHK「」(働き方改革、人材確保) 3月29日(日)放送のNHK「おはよう日本」の特集の中で、弊社の働き方改革、人材確保策などが紹介されます。 社長インタビューのほか、ロジスカットスクールの授業風景、海外展開、ロジスカットスクールを卒業し台湾のQBへ渡ったスタイリストの話などが紹介される予定です。 2020-03-25 ニューステレビ東京「」(QBプレミアム) 今晩23時から放送のテレビ東京「ワールド・ビジネス・サテライト」にて、QBハウスが海外で展開するブランド「QB PREMIUM」の国内1号店となる3月26日オープンの「大手町メトロピア店」が紹介されます。 2020-03-23 お知らせ新ブランド「」オープンのお知らせ シンガポール・香港で展開してきました海外ブランド「QB PREMIUM」を逆輸入、国内1店舗目となる「大手町メトロピア店」を3月26日(木)10時にオープンさせます。 よりお客様のニーズに沿った店舗づくりをしてまいりますので、皆さまの温かいご支援を宜しくお願いいたします。

次の

IR

キュービー ハウス コロナ

キュービーネットHDによる値上げの発表 同日発表した18年6月期(17年7月〜18年6月)の通期連結業績は、売上高が前年同期比7. 3%増の192億8700万円、営業利益が9. 2%増の16億4100万円、最終利益が1. 8%増の10億4100万円と増収増益だった。 国内経済が回復基調にあるほか、「カット未経験者やパートタイムの理美容師を積極的に採用・育成する方針を進めたことが(好決算に)寄与した」という。 今後は値上げによって人材面をより強化し、さらなる成長を図る計画だ。 値上げの影響を織り込んだ19年6月期(18年7月〜19年6月)の通期連結業績予想は、売上高が5. 8%増の204億600万円、営業利益が15. 7%増の19億円、最終利益が17. 7%増の12億2600万円を見込む。 関連記事• ヘアカット専門店「QBハウス」が、海外で伸びている。 来店客数・店舗数をみると、この10年で10倍に。 ライバル店も増えている中で、なぜQBハウスは急成長しているのか。 海外事業の担当者に話を聞いたところ……。 ヘアカット専門店「QBハウス」が、海外で伸びている。 来店客数・店舗数をみると、この10年で10倍に。 ただ、出店したものの、撤退に追い込まれるケースもあったとか。 担当者に聞いてみると、日本の常識ではちょっと考えられないような話もあって……。 牛肉の仕入れ値や人件費の高騰に苦しむ焼き肉店が増えている。 あるお店では耐え切れずに値上げをしたところ、客数は減るどころか逆に増えたという。 焼き肉店をケースに、失敗する値上げ戦略と成功する値上げ戦略の違いを探っていく。 18年1〜3月期に、最も店舗が減った飲食チェーンは?• クリスピー・クリーム・ドーナツがどん底にあえいでいた。 業績が低迷し、地方の店舗を中心に閉店。 「日本から撤退するのでは」などと言われていたなかで、ここにきて復活の兆しがでている。 4期ぶりに増益を確保した理由を聞いたところ……。

次の