東 出 不倫。 東出昌大の不倫に専門家がバッサリ、「最悪な行動」と「テクニック不足」を指摘

東出昌大、不倫問題を初謝罪もさらに批判殺到「今さら遅い」「なぜ被害者のような立場で」

東 出 不倫

第4回 東出昌大 『週刊文春』が報じた、俳優・東出昌大(以下、でっくん)の不倫に衝撃を受けた人は多かったのではないでしょうか。 でっくんの妻は女優の杏で、3人のお子さんがいますが、彼の不倫が原因で現在、夫妻は別居中だそうです。 でっくん・杏夫妻といえば、『週刊文春デジタル』が2019年11月29日発表した 「好きな夫婦」ランキングでは第6位に輝いています。 『週刊文春』の記事によると、でっくんは子育てに関して 《面倒な世話はすべて杏さん任せで、ほとんど何もしてないのが本当のところ。 彼女が妊娠中も身重の妻を置いて、夜な夜な飲みに歩いていた。 料理や洗濯などの家事を手伝うどころか、帰宅すると同時に温かい料理が用意されていないと、ぷいと怒って外に飲みに出てしまう》と、イメージとは正反対のクズ夫ぶり。 これまでの不倫と質の違うヤバさ 不倫報道にはすっかり慣れた感がありますが、でっくんの不倫はこれまでに見聞きしたどの不倫とも質の異なるヤバさが漂っているように感じられてならないのです。 『週刊文春』によると、でっくんは映画『寝ても覚めても』で共演した女優・唐田えりかと3年もの間、不倫関係を続けているそうです。 杏との結婚生活は5年ですから、半分以上を不倫している計算になります。 長年連れ添った夫婦ならともかく、ほぼ新婚、それも妻の妊娠時から不倫を始めている。 身重の妻に双子の育児と家事を押しつけての不倫は、「ゲスの最高峰」と言えるでしょう。 唐田は映画のプロモーションで「10代最後の夏、大恋愛しました」と意味深な話をしたり、でっくんと頬をよせて撮った写真をプリントアウトして仲間に配ったりと、関係を匂わせるような行動をとっています。 お蔵入りかと報じられているテレビ東京のドラマでは「売れかけの女優が不倫をする」というストーリーを唐田が本人役で演じる予定だったそうです。 唐田とスタッフが打ち合わせをして作ったセリフの中には、でっくんの名前が入っていたといいます。 公共の電波にのせて不倫相手の名前を口にするとは、もはや匂わせを超えて、嫌がらせの域に達しているのではないでしょうか。

次の

「東出・唐田不倫」はなぜ許されないのか 女性たちが激怒する“イクメンヅラ”3つのポイント

東 出 不倫

娘婿には言及しなかった渡辺謙 絶妙なタイミングで表舞台に参上! 不倫騒動で叩かれまくっている俳優・東出昌大(31)の義父で俳優の渡辺謙(60)がイベントに登場。 発言に注目が集まったが、言及しなかった。 それもそのはず。 反応しようがなかったからか、ツイッターには「エッグベネディクト」の話題を投稿する始末だったが、このつぶやきにも厳しい声が集まっている。 渡辺は26日、都内で行われた映画「Fukushima 50」(若松節朗監督・3月6日公開)のイベントに登場。 娘で女優の杏(33)の夫、東出と女優・唐田えりか(22)の不倫が週刊文春に報じられて3日しかたっておらず、舞台あいさつでの発言に注目が集まった。 同作は、東日本大震災による福島第1原発事故に対応し、世界のメディアから「フクシマフィフティ」と称された作業員50人の実話をもとにした映画。 渡辺は、福島第1原発所長だった故吉田昌郎氏を演じた。 1年ほど前の撮影では、若松監督がプロ野球巨人のファンだったのか、巨人のメガホンを現場に持参したそう。 熱狂的な阪神ファンの渡辺は「それで『よーい、スタート!』をかけようとする。 それはないな」と口をとがらせる。 しかし、若松監督から「(メガホンを)ゴミ箱に捨てようとするのはやめてほしい」と暴露されてイジられた。 「仕方ないかもしれない。 東出は、杏が第3子となる長男を妊娠していた2017年から唐田と不倫に走っていた。 一方で渡辺も、当時妻だった女優の南果歩(56)が乳がんの闘病中だった17年、一般女性との不倫を報じられている。 「東出は当時未成年だった唐田に手を出した。 かたや渡辺は20歳以上年下の女性にハマった。 どちらもウンと年の離れた女性が好みっぽい」と前出関係者。 続けて「渡辺は東出と同時期に不貞していたわけだから、公の場で娘婿の不貞を語ろうものならネットユーザーから『お前が言うな!』の大合唱を浴びかねない」と首をすくめた。 東出の不倫で自身の不倫も蒸し返された格好。 ダンマリは無理もないだろう。 SNSでも同様だ。 下手に言及するわけにもいかず、東出の不倫報道から2日たった25日、渡辺は自身のツイッターで「エッグベネディクトとマッシュルームスープ。 中々気仙沼では出ないものにみんな喜んで頂きました」などとつぶやいた。 このツイートに渡辺の知人は「謙さんは宮城・気仙沼にカフェをオープンし、通常営業と並行して食事会をここ6年ほどの間、定期的に開催している。 今回は、地元住民か『Fukushima 50』のスタッフをもてなし、自ら腕を振るったのだろう」と解説するが、事情を知らないネットユーザーには気の抜けたツイートと受け止められてしまったか。 「こんなときに何してんの?w」「ははっ、謙さんエッグベネディクトどころじゃないでしょ」「娘が大変な時に呑気ですね」などと強烈にツッコまれた。 中には「親の因果が子に報いる」と渡辺にとってはある意味、一番キツい言葉を投げ掛けるユーザーもいた。 この調子ならプライベートで東出に会っても激怒して説教できるわけがなく「大変だったな…」と肩を叩くしかないかもしれない。

次の

東出不倫から考える、なぜ不倫女子は匂わせ投稿をするのか?

東 出 不倫

「開き直るしかないですね」 志らくさんがMCを務める情報番組「グッとラック!」(TBS系)は2020年1月23日、芸能コーナーで、東出さんが不倫し妻の杏さんと別居していることを双方の事務所が認めている話題を取り上げた。 コーナー担当の高野貴裕アナが、不倫や別居の概要を伝えた後、 「これは驚きますね、師匠」 と話しかけると、志らくさんは 「う~ん、まあね。 あの~彼は落語がとても好きなんで... こうなったら開き直るしかないですね」 とコメントし、 「『芸の肥やし』とか言ってね」 と笑いをもらしながら続けた。 その後、 「しょうがないですよ。 事実ならば、ね」 とも留保をつけていた。 この際、周囲のスタジオ陣からは、国山ハセンアナが「双方の事務所サイドが認めている... 」と事実確認するようなコメントをはさんだが、志らくさんコメントへの直接の言及はなかった。 ただ、志らくさんの「芸の肥やし」発言の直後、志らくさんの左隣(画面からは向かって右)のハセンアナは、口を少し開けたまま左右の両端を不自然なほど引き(大げさに「イー」という際の形)、苦々し気にも見える表情を浮かべていた。 不倫報道の際の円楽さんは「今の時代そうじゃない」 その後、高野アナが追加の関連情報などを伝えた。 締めくくり部分では、ハセンアナが「イメージ的には...。 決して良いものではない、よろしくないですからね」と志らくさんの方に顔を向けながら水を向けると、志らくさんは、下を見ながら 「う~ん、まあね」 と応じていた。 高野アナは「ただ悲しいのは杏さんですよね。 裏切られた立場ですからね」と補足するかのようにコメントしていた。 こうした発言が放送されると、ツイッターには、 「芸の肥やしって(笑い)」 「起きてしまったことはしょうがないで終われるの?(妻の)杏さんは今までもこれからも苦しむのに。 テレビがこんな軽んじてたらダメでしょ」 といった批判的な声が出ていた。 他にも 「志らくさん!グッジョブです!」 と、応援するような番組名とかけた皮肉のような、どちらとも受け取れるツイートもあった。 過去には落語家の不倫について、「『芸の肥やし』という部分も?」という質問が出たこともある。 演芸番組「笑点」(日本テレビ系)などで知られる落語家の三遊亭円楽さんが2016年6月、不倫報道を受けて開いた会見の際だ。 円楽さんは、この質問に対し、 「それは違う。 昔は女遊びをしなさいとか師匠方が言ったけど、今の時代そうじゃない」 と答え、 「芸の肥やしになんてならない」 と断言していた。

次の