地震 対策 突っ張り 棒。 地震対策の突っ張り棒は意味ないの?効果的な位置とは!

冷蔵庫が一番危険!?地震対策の落とし穴とは?

地震 対策 突っ張り 棒

突っ張る位置は家具の奥、壁側 家具の地震対策グッズとして有名な突っ張り棒は、震災後のホームセンターや通販で大変良く売れた耐震用品の一つです。 しかし使用している家庭が多いだけに、正しい取り付け方をしないと十分な耐震効果を得られないことを、理解しておく必要があります。 地震対策上、最も効果的とされる突っ張り棒の設置場所は、家具の奥 壁側 の両端です。 家具が倒れる時は、手前側が前に倒れるように動くため、突っ張り棒を家具の手前や中央部に設置して支えるように設置している場合は効果はありません。 そのため、家具の後ろ側が浮いて倒れてこないようにするために、家具の後ろ側=家具の奥 壁側 の両端を突っ張り棒で支えるように設置するよことが大切です。 家具と天井の隙間はなるべく狭い方が良い 新たに家具を部屋に置く場合は、地震の際に倒れにくい家具を選んでおくことが重要です。 耐震性がある家具とは、天井と家具の隙間がなるべく狭く、奥行きのある家具です。 家具自体に奥行きがあるとそれだけで安定感が増し、前後にゆれにくくなります。 また、天井と家具の隙間が狭いと、家具が前後に揺れ後ろ側が浮いた際には天井につかえるため、前のめりに倒れる危険性が少なくなります。 既に家具が置かれており、天井との距離も広く奥行きがない場合は、突っ張り棒を正しく設置したうえで、L字金具、ベルト・チェーン、粘着マットをかませたりストッパーと組み合わせたりするなどの合わせ技で対策すると、転倒防止効果を高めることができます。 天井の裏に梁のある場所に突っ張る 天井の大部分は薄い板 一般的な日本家屋の天井は軽く作られおり頑丈ではありません。 これまで突っ張り棒をはじめ家具転倒防止策をしていたのにもかかわらず、家具が転倒していたケースは少なくありません。 天井に穴が開いてしまい、家具が激しく破損してしまう場合は、天井の構造状強度がない部分に突っ張り棒を設置していたことに原因があります。 突っ張り棒の設置で耐震効果のある天井の部位は、天井のプラスターボード 石膏ボード +ベニヤ板だけの部分ではなく、木材や鉄筋の柱が入っている所です。 壁紙で隠れてしまっている柱の見分け方は、天井を押してみて「たわみ」が少ない所です。 たわみが多い場所は、プラスターボードかベニヤ板のみとなるため、突っ張り棒を設置するには正しくなく破損が大きく逆効果となるため避けるべきです。 梁の無い場所で突っ張りたい場合は、強度のある板を梁に当たるようにかませて、突っ張る。 突っ張り棒は、ネジ止めをせず単にポールをかませて固定した転倒防止器具のため、梁のない構造の天井で使用すると、地震の規模や揺れの方向によっては突っ張り棒が天井を貫き、固定できなくなった家具が倒れやすくなる危険があります。 しかし既に設置済みの家具が大きく梁の下に移動がままならない場合や、家具のレイアウト上、うまく梁の下に設置できない時など、上手く突っ張り棒を使用できない場合があります。 そうした天井の強度に不安がある場合は、面で力が加わるように、家具と同じ横幅の強度のある厚めの板を用意し、梁にあたるようにかませてから突っ張り棒を使うと同様の効果が得られます。 その際は、板と突っ張り棒の底面を両面テープやネジ止めで接着し強度を高めておきます。 点よりも線、線よりも面で突っ張るのが理想的 突っ張り棒による家具の固定は、点で支える方法のため、震度が大きくなると支えきれない場合があります。 突っ張り棒と併用して耐震強度を高めるやりかたに、梁のない天井でも使用した、補助板を挟む方法がよく使われています。 天井と家具の天板に、それぞれ1枚づつ板を挟んでから固定すると、地震の揺れを点ではなく面で受け止めることができるため、耐震効果が上がります。 その際、板と突っ張り棒の底面を両面テープやネジ止めで接着して強度をあげておく必要があります。 これらはDIYに限らず、突っ張り棒+ユニット板 線状・面状 製品として販売されているため、購入も可能です。 また、天井と突っ張り棒と家具の間の空間に、普段使わない軽い衣類を詰めた段ボールを隙間を埋めるように置くようにして耐震性を補強する方法もあります。 この記事の関連商品.

次の

【楽天市場】耐震ポール 超ミニサイズ【22cm〜27cm】2本入 REQ

地震 対策 突っ張り 棒

冷蔵庫の地震対策で突っ張り棒は使用しない方がいい理由 冷蔵庫の地震対策にはいくつか方法があります。 それらの方法は以下の通りです。 突っ張り棒• 粘着型• L字金具 この3つの中で一番使用されている地震対策がコチラ、突っ張り棒。 突っ張り棒の良い点としては傷つけるものが何もないことです。 粘着型やL字金具は壁に跡が残ったり、穴が開いたりと借家の人などは使いにくくなっています。 しかし、突っ張り棒は傷つけるものが何も無い代わりに、地震対策として効果を発揮しにくいとも言われています。 天井と冷蔵庫の間を使用して冷蔵庫を固定する突っ張り棒は縦揺れには強いですが、横揺れには弱いんです。 地震は縦に揺れますか?ほとんどの場合は横揺れで、前後左右に揺れます。 そのため突っ張り棒の設置は簡単ですがあまり強い効果は期待できません。 「でも家を傷つけたくない…」 安心してください。 家を傷つけることなくしっかりとした地震対策をすることも可能です。 突っ張り棒の代わりに使える固定金具は粘着型です。 跡が残りやすい粘着型が突っ張り棒の代わりに使えるなんて一体どういうことなんでしょうか?これから解説していきましょう。

次の

地震対策【突っ張り棒】売れているのはコノ5点でした!

地震 対策 突っ張り 棒

賃貸物件の家具の転倒防止対策の難しさ 賃貸物件は、基本的には壁に穴をあける事が出来ません。 もっとも強いと言われている家具の固定方法は、家具と壁(壁の中の柱)をL字金具で固定するという方法ですが、賃貸物件では壁に穴をあける事が出来ないので、この方法が使えないのです。。 また、壁に穴をあけても良いという場合でも、L字金具による固定はなかなか難しい。 L字金具は、壁の柱部分にネジを打ち込まないと効果が薄いのですが、その柱が都合のよいところにない場合が多いのです。 最近よくある石膏ボードの壁板では、ネジがほとんど効かないので、地震が起こると簡単にネジが外れてしまい、家具が倒れてしまうのです。。 これでは、耐震の効果はありませんね。。 では、突っ張り棒は役に立つか? 家具の転倒防止グッズとして、家具と天井の間に突っ張り棒をつけるというグッズが売られています。 この手の突っ張り棒を付けている家も多いと思います。 天井との間に突っ張り棒を付ける事で、地震が起こったときに突っ張り棒が支えになって、家具が倒れるのを防ぐという商品ですね! 確かに、この突っ張り棒を付けていると家具が倒れにくくなります。 ただ一般的に売られている突っ張り棒はいくつか問題があるのです。 それは、 ・横方向の力が掛かった時に外れやすい。 突っ張り棒は、家具が壁から離れて倒れようとする力には耐えられるのですが、家具が壁に沿ってズレるように動くと、突っ張り棒が外れてしまう事があります。 特に突っ張り棒が長い場合(家具と天井の距離が離れている場合)は突っ張り棒が外れやすくなります。 ・天井が壊れてしまう。 実は天井はあまり強くはない場合が多いのです。 もともと天井板は力がかかる場所ではないので、薄い板や、石膏ボードを渡しているだけという家も多い。 そんな天井に下から強い力を掛けると、天井板が割れてしまったり、壊れてしまったりするのです。 特に、天井との接触面積の狭い突っ張り棒の場合、天井板の一部に強い力がかかって、簡単に天井が壊れてしまうのですね。 ・突っ張り棒をしっかりと付けるのは意外と難しい。 突っ張り棒を付ける時は、家具と天井の間をしっかりと突っ張ってもらわなくてはいけないのですが、これが意外と難しい。 しかも最初はしっかりと固定されていても、時間がたつとなぜか緩んでいるという事を山猫は何度か経験しています。 (原因はよくわからないのですが。。 家具の重みで床が沈んだり、突っ張り棒の力で天井が押し上げられたりしていたのかな?) 定期的に、突っ張り棒をチェックして緩んでいないか確認する必要があります。 スポンサーリンク 山猫がお勧めする家具の転倒防止グッズ 天井と家具との間が離れている場合、または天井が弱い場合の転倒防止グッズ 天井と家具が離れている場合は、突っ張り系の転倒防止グッズは役に立たない場合も。。。 また天井の強度が明らかに不足している場合も突っ張り系の転倒防止グッズは使えません。 このような場合に活躍するのが、家具の揺れを吸収するダンパーと呼ばれる耐震グッズ。 壁を傷つけないので、賃貸物件でも安心して使用することが出来ます。 使い方は簡単。 家具と、壁に両面テープで貼るだけ。 山猫も取り付けてみましたが、こんな簡単な器具でほんとに効果があるの?と半信半疑になりました。。 ただ、テープで、家具と壁を固定しただけじゃん!地震が来たら簡単にテープが剥がれて、家具が倒れちゃうよ!と思うのですが、 なぜかなかなかテープは剥がれないのです。 秘密は、地震の揺れを吸収するスポンジのような素材。 この振動吸収材の力で、家具が壁から離れるのを防いでくれるそうです。 ) この製品の動画がいくつかネットにアップされていて、いくつか見てみたのですが、確かに震度7相当の揺れにも耐えている。 あまりに簡単で小さな製品なのに、一体どこにこんな力が隠されているのか不思議に思います。 ちなみに、L字型とT字型が売られていて、T字型の方が、耐重量が大きい(L字型は家具の重量115kgまで。 T字型は家具の重量150kgまで) L字型の方が見た目がすっきりしていますが、設置に問題ない場合は、より地震に強い、T字型をお勧めします。 また、この不動王は、家具の高さが低い方がより効果を発揮するようです。 メーカーのページでは、家具の高さ215cmまでは実証済みとの事。 大人の背丈くらいのタンスやクローゼットなど、天井との間がかなり空いてしまう家具に使うのがよいと思います。 天井と家具の隙間がすごく狭い場合の転倒防止グッズ 天井近くまである食器棚などを、固定するグッズはあまり売っていません。 そもそも、 天井近くまでの家具というのは、重量もかなりの物になりますので、かなり頑丈な器具でないと固定は難しい。 天井にかかる負担も大きいので、なるべく天井と広い面積で接触する。 そんな転倒防止グッズが求められます。 そもそも狭い隙間用の転倒防止グッズはあまり多くないのですよね。 そんな中、山猫がお勧めするのがこれ。。 天井と家具との間をしっかりとつなぐのは、結構大変なんだよ!自分ではテンションがかかったと思っても、あんまりがっちり止まっていない場合も多いんだ。。 この、「ふんばりくんシリーズ Zタイプ」は、自動車用ジャッキのような構造をしているので、かなりの力で固定することが可能(逆に天井を壊しそうで怖いですが。。 ) 黒いハンドルを回すことで、簡単にしっかりと家具を固定出来ます。 固定出来る範囲は、家具と天井との間が 10cm~20cmの間。 調整範囲は広くはないのですが、このくらいの隙間用の転倒防止グッズは数が多くないので貴重な製品です。 車のジャッキのような構造をしていて、非常にがっちりと固定出来るのがポイント! 緩くなっていないかの確認も、黒いハンドルを回すだけなので簡単なのです。 天井との接触面が広くとってあるのもプラスポイント! もちろん、天井の強度がとても重要な要素になってきますので、出来れば梁に直接つけるか、または天井の補強が必要になる場合もあります。 突っ張り系の製品は、床や天井の強度によって効果が大きく変わるので、しっかりと付ける前に調べる事をお勧めします。 突っ張り棒の弱点を克服し、さらに収納まで増える便利な転倒防止グッズ 普通の突っ張り棒は横方向の揺れには弱い。。 そんな弱点を克服しつつさらに収納まで増やしてしまう便利な家具の転倒防止グッズが、これ。。 箱型の耐震補強グッズです。 収納を増やしつつ、突っ張り棒の役目も果たします。 この箱状の形状がポイント。 面で天井と家具を支える為、縦方向、横方向どちらの揺れでもしっかりと家具を支えてくれます。 家具と天井との間は35cm~67cmのスペースに対応しています。 調整範囲は結構広いのでいろいろな家具に使う事が出来ます。 もちろん棚としても使えるので、スペースの有効活用にもなりますよ! 耐震性能も非常に高いうえに、収納まで増える! しかも、突っ張り部の板が大きいので、天井への負担が普通の突っ張り棒よりもはるかに小さいというのもプラスポイントです!.

次の