ザルツブルク フォーメーション。 リバプール、前半の劣勢を覆した修正。真っ向勝負のザルツブルク、前回対戦の伏線とは?【欧州CL】

FIFA20ウィークエンドリーグTOP100のボラス・レジェンドが教える「4−1−2−1−2」フォーメーションのおすすめカスタム戦術 │ 8bit Red Bull F.C.

ザルツブルク フォーメーション

歴史 [ ] 1930年代 [ ] まで存在していたFCラピード・ザルツブルクとFCヘルタ・ザルツブルクの合併によりに SVアウストリア・ザルツブルク(SV Austria Salzburg)として創設された。 同じくを本拠地とするSAK 1914ザルツブルクの陰に長年隠れていたが、後に徐々に頭角を現すようになり [ ]、に1部リーグにあたる(当時のリーグ名は「Staatsliga」)に昇格した。 1960年代-1980年代 [ ] 1971年には(以下「リーグ戦」と表記)とで準優勝した。 一方で、1950年代には1度、1960年代には3度、1970年代と1980年代に1度ずつ2部リーグへの降格も経験し、 特に1960年代はオーストリアを代表するエレベーターチームの1つであった。 [ ]財政的な理由から1985年には同じくザルツブルクを本拠地とし、 当時はSVアウストリア・ザルツブルクよりも好成績を収めていたライバルのSAK 1914ザルツブルクとの合併を自ら希望するものの、先方に断られるなどクラブの将来性が見えず、クラブの存続自体が長年に渡り危ぶまれていた。 [ ] 、、そしての強豪クラブがリーグ優勝やカップ優勝を重ねる中、 SVアウストリア・ザルツブルクはオーストリア・ブンデスリーガの弱小クラブの一つであった。 1990年代 [ ] 長年スポンサーであったオーストリア・カジノ社が積極的に投資するようになり、、、、、など数多くのオーストリア代表選手が所属するようになる。 また、(後にに選出)が1991年に入団してリーグ得点王になった。 1992年および1993年にはオーストリア・ブンデスリーガで準優勝、1994年に監督の下、リーグ優勝を果たした。 では決勝に進出し、イタリアのに敗れたが、準優勝の成績を残した。 1994-1995のシーズンで2年連続のリーグ優勝。 にも出場し、グループリーグでオランダのにホームとアウェーで引き分け、ギリシャのには勝利するが、イタリアのに敗れて、同勝ち点ながら得失点差でグループリーグで敗退した。 1995-1996シーズンはクラブ内の権力争いもありチームがなかなかまとまらずリーグ戦で8位に終わった。 1996年の夏には数多くの主力選手を放出、中心選手であったヴォルフガング・ファイアージンガーがへ、ハイモ・プファイフェンベルガーがへ、そしてオットー・コンラートがへ移籍したが、、、など若手も育ち、リーグ戦で3度目の優勝を果たした。 1998年以降はリーグ戦、、そしてヨーロッパカップでも結果を残す事が出来ず、オーストリア・ブンデスリーガでは優勝争いに絡むどころか、2部降格の危機もあった。 2000年代 [ ] 2000年以降もオーストリア・ブンデスリーガで6位、6位、3位、7位、9位と目立った結果を残す事が出来ず、オーストリア・カップでも当時オーストリア2部に属していたやに敗北するなど1990年代の黄金時代を知るザルツブルク・サポーターの期待を裏切り続けた。 また財政上も非常に厳しい時期が続き、クラブは破産寸前の状態となり、プロサッカーの維持のみならず、クラブの存続自体が危ぶまれていた。 2005年、などを取り扱うオーストリアの飲料メーカーの ()(以下「レッドブル社」)がクラブを買収。 名称が「レッドブル・ザルツブルク」に変更された。 2005-2006シーズンは、、などの監督を務めたが監督に就任。 から元ドイツ代表のと、からスロベニア代表の ()、チェコ代表のなどが加入、リーグ戦で準優勝を果たす。 しかしシーズン終了後、選手の移籍金問題でフロントと対立したためクルト・ヤーラは監督を解雇される。 2006年の夏に元イタリア代表監督のと元ドイツ代表主将のがそれぞれ監督とヘッドコーチに就任。 また、(元、、バイエルン・ミュンヘン、)、(元、、)、(元)、(元、1860ミュンヘン)、(元、、)、(元)、(元バイエルン・ミュンヘン・サテライト)などを獲得。 2006年12月にのとのを獲得。 では準決勝に進出し、リーグ戦は10年ぶりとなる4度目のリーグ優勝を果たした。 は予選3回戦でのに敗れた。 2007-08シーズンはリーグ戦で準優勝の成績を残した。 は予選3回戦でのに敗れた。 2007年6月12日、 様々な見解の違いから(公式ホームページ日本語版) [ ]、ヘッドコーチのローター・マテウスを解任した。 2008-09シーズンより、、などで指揮を執った出身のが監督に就任した。 バイエルン・ミュンヘンとの提携関係 [ ] よりまでのと提携関係を結んでいた関係から多くの元FCバイエルン・ミュンヘンの選手・スタッフがレッドブル・ザルツブルクに所属し深い関係を築いていた。 当時のクラブスポンサーもFCバイエルン・ミュンヘンと同じとであった。 また、「皇帝」として知られるのネットワークもあり、数多くの元の実行委員会のメンバーがクラブマネジメントに携わっていた。 元FCバイエルン・ミュンヘンのクラブ関係者• 特別顧問:• スポーツディレクター:(2006年12月~2007年9月)• 監督:(2006年6月~2008年5月)• ヘッドコーチ:(2006年6月~2007年6月)• ヘッドコーチ:(2007年6月~2008年1月)• アシスタントコーチ;(2006年6月~2006年8月) 元実行委員会のクラブ関係者• ジェネラルマネージャー:• サッカー部門取締役:• チームマネージャー: さらに、、、と往年のバイエルン・ミュンヘンの選手がレッドブル・ザルツブルクに所属していた。 2006-2007年シーズンには元バイエルン・ミュンヘンの名選手がヘッドコーチを務めていたが、2007年6月12日に解任された。 後任のも元バイエルン・ミュンヘンの選手であった。 また、日本人選手獲得の原動力となったスポーツディレクターも元バイエルン・ミュンヘンのDFとしてドイツ・ブンデスリーガ優勝や優勝などの実績を残している。 レッドブル社のサッカークラブへの投資 [ ] レッドブル社は以前から、モータースポーツやに対して資本提供する事が多かったが、FCレッドブル・ザルツブルクの前身となった SVアウストリア・ザルツブルクの経営権を取得した以外にも、にのメトロスターズを買収、として現在でも運営している。 その他にもレッドブル・グループではの、の、そしてを経営している。 また、2007年10月からで レッドブル・ガーナを経営していたが、2013年に経営権を別の運営会社に譲った。 しかし新たに命名された「West African Football Academy」とは提携関係を結んでいる。 RBライプツィヒとの関係 [ ] 2016-17シーズンにレッドブル・ザルツブルクはオーストリア・ブンデスリーガを優勝、RBライプツィヒはドイツ・ブンデスリーガを2位になり、共に2017-18シーズンの出場権を獲得した。 しかし、チャンピオンズリーグを主催するの規約で「同一の出資者または個人が運営する2つのクラブは同時に出場することができない。 」とされているため、RBライプツィヒがCLに出場できない可能性があると報じられた。 しかし、UEFAは両クラブのCL出場は規約に抵触しないとして出場を認めた。 は両クラブのスポーツディレクターを務めていたが、2015年にRBライプツィヒのSD職に専念することになったほか、レッドブルグループのサッカークラブを統括する役職にRBライプツィヒのCEOが就いていたが、2017年からRBライプツィヒに専念することになるなど、両クラブの独立性を高めるための分離が図られた。 レッドブル・ザルツブルクに所属する選手がライプツィヒにグループ内移籍するケースが多くみられる。 2016年夏には、らがRBライプツィヒに移籍した。 2019年から過去7年間で18名の選手がレッドブル・ザルツブルクからRBライプツィヒに移籍している。 2018-19シーズンのでは、両クラブがグループリーグ同組となり直接対決が実現した。 2018年9月20日、RBライプツィヒのホームで行われた試合は3-2でアウェーのレッドブル・ザルツブルクが勝利し 、11月29日のレッドブル・ザルツブルクのホームでの試合も1-0でレッドブル・ザルツブルクが勝利した。 レッドブル社と一部のサポーターの対立 [ ] 詳細は「」を参照 タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• 優勝 13回 1994, 1995, 1997, 2007, 2009, 2010, 2012, 2014, 2015, 2016, 2017, 2018, 2019• 準優勝 7回 1971, 1992, 1993, 2006, 2008, 2011, 2013• 優勝 7回 2012, 2014, 2015, 2016, 2017, 2019, 2020• 準優勝 5回 1974, 1980, 1981, 2000, 2018• 優勝 3回 1994, 1995, 1997 (オーストリア2部リーグ)• 優勝 2回 1978, 1989• 優勝 1回 1999 国際タイトル [ ]• 準優勝1回(1971年)• 準優勝1回 () 近年の成績 [ ] シーズン ディビジョン リーグ 順位 試 勝 分 敗 得 失 点 1993-94 1位 36 21 9 6 56 18 51 ベスト16 1994-95 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 15 17 4 48 24 47 ベスト4 1995-96 オーストリア・ブンデスリーガ 8位 36 10 14 12 53 51 44 ベスト16 1996-97 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 19 12 5 54 25 69 ベスト4 1997-98 オーストリア・ブンデスリーガ 4位 36 16 8 12 48 33 56 ベスト8 1998-99 オーストリア・ブンデスリーガ 4位 36 15 12 9 55 40 57 ベスト8 1999-00 オーストリア・ブンデスリーガ 6位 36 12 10 14 39 45 46 準優勝 2000-01 オーストリア・ブンデスリーガ 6位 36 13 10 13 49 45 49 ベスト16 2001-02 オーストリア・ブンデスリーガ 6位 36 13 10 13 42 40 49 ベスト4 2002-03 オーストリア・ブンデスリーガ 3位 36 15 11 10 51 46 56 ベスト4 2003-04 オーストリア・ブンデスリーガ 7位 36 11 5 20 44 48 38 ベスト16 2004-05 オーストリア・ブンデスリーガ 9位 36 9 9 18 37 51 36 ベスト16 2005-06 オーストリア・ブンデスリーガ 2位 36 20 3 13 62 42 63 2回戦敗退 2006-07 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 22 9 5 70 23 75 ベスト4 2007-08 オーストリア・ブンデスリーガ 2位 36 18 9 9 63 42 63 2008-09 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 23 5 8 86 50 74 ベスト16 2009-10 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 22 10 4 68 27 76 ベスト16 2010-11 オーストリア・ブンデスリーガ 2位 36 17 12 7 53 31 63 2回戦敗退 2011-12 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 19 11 6 60 30 68 優勝 2012-13 オーストリア・ブンデスリーガ 2位 36 22 11 3 91 39 77 ベスト4 2013-14 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 25 5 6 110 35 80 優勝 2014-15 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 22 7 7 99 42 73 優勝 2015-16 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 21 11 4 71 33 74 優勝 2016-17 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 25 6 5 74 24 81 優勝 2017-18 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 25 8 3 81 29 83 準優勝 2018-19 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 32 25 5 2 79 27 52 優勝 2019-20 オーストリア・ブンデスリーガ 位 欧州の成績 [ ] シーズン 大会 ラウンド 対戦相手 ホーム アウェー 合計 1971-72 1回戦 3—1 1—4 4—5 1976-77 1回戦 5—0 0—2 5—2 2回戦 2—1 0—1 2—2 1980-81 1回戦 0—3 0—5 0—8 1992-93 1回戦 0—3 1—3 1—6 1993-94 1回戦 2—0 2—0 4—0 2回戦 1—0 1—0 2—0 3回戦 3—0 0—2 3—2 準々決勝 1—0 0-1 1-1 6—4 準決勝 0—0 1—1 1—1 a 決勝 0—1 0—1 0—2 1994-95 予選1回戦 3—1 2—1 5—2 グループD 0—0 3—1 3位 0—1 0—3 0—0 1—1 1995-96 予選1回戦 0—0 0—1 0—1 1997-98 予選1回戦 0—0 0—3 0—3 1回戦 4—3 2—4 6—7 1998 2回戦 3—1 0—1 3—2 3回戦 3—1 2—2 5—3 準決勝 3—1 1—2 4—3 決勝 0—2 1—2 1—4 2000 2回戦 1—1 6—2 7—3 3回戦 1—1 1—3 2—4 2003-04 1回戦 0—1 2—1 2—2 a 2回戦 0—4 0—5 0—9 2006-07 2回戦 2-0 1-2 3-2 3回戦 1-0 0-3 1-3 1回戦 2-2 0-2 2-4 2007-08 2回戦 4-0 3-0 7-0 3回戦 1-0 1-3 2-3 1回戦 1-0 0-3 1-3 2008-09 予選1回戦 7-0 3-0 10-0 予選2回戦 0-1 4-1 4-2 1回戦 0-2 0-2 0-4 2009-10 予選2回戦 1-1 1-0 2-1 予選3回戦 1-1 2-1 3-2 プレーオフ 1-2 0-3 1-5 グループG 2-1 2-1 1位 2-0 1-0 1-0 1-0 ラウンド32 0-0 2-3 2-3 2010-11 予選2回戦 5-0 0-1 5-1 予選3回戦 4-1 1-1 5-2 プレーオフ 2-3 1-1 3-4 グループA 0-2 0-3 4位 0-1 0-2 1-1 0-0 2011-12 予選2回戦 4-1 0-0 4-1 予選3回戦 1-0 3-0 4-0 プレーオフ 1-0 1-2 2-2 グループF 2-0 1-3 2位 3-0 3-2 0-1 2-2 ラウンド32 0-4 1-4 1-8 2012-13 予選2回戦 4-3 0-1 4-4 a 2013-14 予選3回戦 1-1 1-3 2-4 プレーオフ 5-0 2-0 7-0 グループC 4-0 1-0 1位 3-0 2-1 2-1 3-1 ラウンド32 3-1 3-0 6-1 ラウンド16 0—0 1—2 1—2 2014-15 予選3回戦 2—0 1—2 3—2 プレーオフ 2—1 0—3 2—4 グループD 2—2 3—1 1位 5—1 2—1 4—2 5—1 ラウンド32 1—3 1—2 2—5 2015-16 予選3回戦 マルメFF 2—0 0—3 2—3 プレーオフ 2—0 0—2 2—2 2—3 p 2016-17 予選2回戦 1—0 2—0 3—0 予選3回戦 2—0 1—0 3—0 プレーオフ ディナモ・ザグレブ 1—2 a. 1—1 2—3 グループI 2-0 1-3 3位 0-1 1-1 0-1 2-0 2017-18 予選2回戦 3—0 3—0 6—0 予選3回戦 1—1 0—0 1—1 a プレーオフ 4—0 3—1 7—1 グループI 1—0 0-0 1位 3-0 1-1 0—0 2-0 ラウンド32 2-1 2-2 4-3 ラウンド16 0-0 2-1 2-1 準々決勝 4-1 2-4 6-5 準決勝 2-1 a. 0-2 2-3 2018-19 予選3回戦 3—0 1—0 4—0 プレーオフ 2—2 0—0 2—2 a グループB 3—0 5-2 1位 3-1 2-1 1—0 3-2 ラウンド32 4-0 1-2 5-2 ラウンド16 3-1 0-3 3-4 2019-20 グループE 6-2 4-1 3位 2-3 1-1 0-2 3-4 ラウンド32 2—2 1-4 3-6 現所属メンバー [ ] 2019-20シーズンフォーメーション 現在 No. Pos. 選手名 1 4 5 6 7 8 9 14 15 16 17 19 No. Pos. 選手名 20 23 25 27 28 31 33 37 39 43 45 77• ローン移籍 [ ] in No. Pos. 選手名 out No. Pos. 選手名 3 11 29 -- -- No. Pos. 2005-2007• 2005-2008• 2006-2008• 2006-2008• 2006-2009• 2006-2009• 2006-2011• 2007-2009• 2007-2013• 2008-2009• 2008-2010• 2008-2010• 2009-2011• 2009-2014• 2009-2014• 2009-2016• 2009-2017• 2010-2013• 2011-2012• 2012-2014• 2012-2015• 2013-2015• 2014-2016• 2014-2016• 2014-2018• 2015-2019• 2016• 2016-2017 MF [ ]• 2005-2006• 2002-03, 2005-07• 2005-2010• 1997-2001, 2005-2010• 2006-2008• 2006-2009• 2006-2009• 2006-2010• 2007• 2007-2010• 2007-2017• 2008-2010• 2008-2010• 2010-2012• 2011• 2011-2012• 2012-2015• 2012-2015• 2012-2018• 2012-2018• 2014-2016• 2014-2017• 2015-2019• 2015-2016• 2016-2019• 2016-2019• 2016-2019• 2016-2019 FW [ ]• 2005-2010• 2005-2010• 2006-2008• 2006-2010• 2007-2010• 2008-2011• 2010-2015• 2011• 2011-2013• 2012-2013• 2012-2014• 2012-2014• 2012-2016• 2014-2015• 2016-2019• 2019 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 脚注 [ ]• - IFFHS(2018年1月1日16閲覧)• フットボールチャンネル 2017年6月30日. 2019年9月18日閲覧。 Goal. com 2017年6月21日. 2019年9月18日閲覧。 footballista 2019年5月9日. 2019年9月18日閲覧。 footballista 2016年12月20日. 2019年9月18日閲覧。 Kicker日本語版 2019年1月23日. 2019年9月18日閲覧。 Goal. com 2018年9月21日. 2019年9月18日閲覧。 サッカーキング 2018年11月30日. 2019年9月18日閲覧。 レッドブル・ザルツブルク公式サイト. 2020年2月9日閲覧。 外部リンク [ ]• (ドイツ語)• - (ドイツ語)• RedBullSalzburg - (ドイツ語)• - チャンネル.

次の

FCレッドブル・ザルツブルクのフォーメーション,メンバー/戦術分析

ザルツブルク フォーメーション

Contents• FIFA20の日本代表のフォーメーションや選出基準について FIFA20のOVRで選出する日本代表を紹介する前にフォーメーションと選手の選出基準をまとめておきます。 まずはフォーメーションから紹介していきます。 FIFA20の日本代表フォーメーション 今回紹介する日本代表のフォーメーションは 「4-2-3-1」になります。 「4-2-3-1」にした理由は 2019年に行われた日本代表の国際Aマッチで「4-2-3-1」を使っていた試合が多かったからです。 他にも「3-4-2-1」などが使われていましたが、今回は「4-2-3-1」のフォーメーションをもとに選手を選出していきます。 FIFA20の日本代表プレイヤー選出基準 FIFA20の日本代表選出基準については以下の通りです。 また、基本的にはFIFA20のOVRをもとに選出しますが、 OVRが被ってしまった場合はFIFA20における市場価値が高い選手を選びます。 そして今回はOVR重視ということで サブポジションであってもOVRが高い選手を選出します。 バランスの問題もありますが、ゲームの話ですのでゆるーく見ていただけるとありがたいです。 ちなみに 今回紹介するFIFA20の日本代表は2019年12月時点の情報をまとめたものです。 そのためレーティングについては今後アップデート等で修正が加わる可能性があります。 読んでくださっている時期によっては紹介した情報と多少異なる部分があると思いますが、その点ご了承ください。 それではFIFA20のOVRで選ぶ日本代表メンバーを見ていきましょう。 それでは早速ゴールキーパーから確認していきます。 GK:東口順昭 - ガンバ大阪 FIFA 20 メニューの操作 名前 Masaaki Higashiguchi 年齢 33 ポジション GK OVR(レーティング) 72 POT(ポテンシャル) 72 市場価値 170万ユーロ 週給 7,000ユーロ 所属クラブ ガンバ大阪 FIFA20でOVRが最も高い日本人ゴールキーパーはガンバ大阪に所属する東口順昭です。 2014年にガンバ大阪に加入してから 6シーズンにわたり守護神を務めています。 日本代表では2019年3月22日に行われたコロンビア代表とのフレンドリーマッチ以降プレーしていませんが、未だ日本トップレベルのゴールキーパーです。 高校を卒業してから浦和レッズに加入し、その後はドイツのクラブを渡り歩き、現在はフランクフルトに在籍しています。 もう35歳とほとんどの選手が引退していく歳ですが、FIFAでは歳を重ねるごとにレーティングが増しています。 日本代表引退を発表したため今後日本代表に選出されることはないと思いますが、日本トップクラスのセンターバックになります。 CB:昌子源 - トゥールーズFC FIFA 20 メニューの操作 名前 Gen Shoji 年齢 26 ポジション CB OVR 75 POT 78 市場価値 750万ユーロ 週給 25,000ユーロ 所属クラブ トゥールーズFC FIFA20で長谷部誠に次いでOVRが高かった日本人センターバックはトゥールーズFCに所属する昌子源です。 高校卒業後に鹿島アントラーズに加入し8シーズン在籍しました。 鹿島アントラーズでは2018シーズンの アジアチャンピオンズリーグ制覇を最後にフランス1部のトゥールーズFCに移籍しています。 2019-20シーズンは怪我により1試合のみの出場となっていますが、 まだ26歳と今後数シーズンにわたり活躍が期待される選手です。 もともとはFC東京に在籍していた選手で、 イタリアの名門インテル・ミラノでもプレーしています。 現在はトルコ1部のガラタサライSKに所属しておりレギュラーとしてチームで重要な存在になっています。 33歳とベテランの域に達する選手ではありますが、未だ日本トップクラスの左サイドバックです。 柏レイソルユース出身の選手でトップチームには3シーズン半在籍したのち、ドイツ1部のハノーファーに移籍。 2016年夏の移籍市場ではフランスの強豪オリンピック・マルセイユへの移籍し、 不動の右サイドバックとして欠かせない存在になりました。 日本代表でもアジアカップやワールドカップ予選など重要な試合で招集されています。 記事執筆ではFIFA20でフィテッセ・アーネムに所属していますが、 2019年12月23日にフィテッセ退団を発表しています。 無所属となったためFIFA20の次のアップデートが来ればいなくなるかもしれません。 そしてもう1つ驚いたことがありまして、それは FIFA11での本田圭佑のポテンシャルが89もあったということです。 昔はサッカーに興味がなくよく聞く名前くらいの選手でしたが、 この記事を書く上で本田圭佑は現在の久保建英のような存在だったということが分かりました。 日本ではヴィッセル神戸でプレーしていて、その後ポーランド、ベルギーと渡り歩きました。 現在はシャルルロワSCではトップ下やボランチでプレーし、 レギュラーとして欠かせない選手となっています。 本田圭佑もそうですが、攻撃的な選手ですのでボランチで選出するか迷いましたが、 今回はOVRと市場価値が高い選手を選ぶということでチームのバランスは無視しています。 FC東京からポルティモネンセSCに移籍してブレイクを果たした選手で、 2019年夏の移籍市場ではポルトガルの強豪FCポルトへの移籍が決まりました。 しかし、FCポルトではなかなか得点を奪えず、また守備がゆるいことからセルジオ・コンセイソン監督に激怒されるなど適応できていないようです。 ちなみに FIFA20ではもともとOVR79、POT84もありましたが、記事執筆時点(2019年12月)ではOVRが2、POTが4低下しています。 日本では横浜F・マリノス、セレッソ大阪でプレーし、その後ドイツ、スペインと渡り歩いています。 そして2019年夏には古巣SDエイバルへの移籍が決定。 エイバルではコンスタントに出場機会が与えられています。 日本代表では2019年3月26日のボリビア代表とのフレンドリーマッチ以降プレーしていませんが、未だ日本トップレベルのライトウイングです。 ドルトムント在籍時はクロップ監督のもとで素晴らしいパフォーマンスを見せ、 FIFA13ではOVR83、POT86もあったようです。 そして2019年夏にはスペイン2部のレアル・サラゴサへの移籍が決定。 念願のスペインクラブへの移籍を果たしました。 日本代表では2019年3月26日のボリビア代表とのフレンドリーマッチ以降プレーしていませんが、未だ日本トップレベルのアタッキングミットフィルダーです。 セレッソ大阪ユース出身の選手で2013年にトップチーム昇格。 セレッソ大阪には3シーズン在籍し、オーストリア1部のレッドブル・ザルツブルクに移籍しています。 そして2019年12月には 2018-19シーズンの欧州王者&2019年の世界No. 1クラブであるリバプールへの加入が決定。 この移籍は国内外で注目を集めました。 日本代表には森保監督が就任してから招集されるようになり、中心選手として主にトップ下で起用されています。 まとめ 今回はFIFA20のOVRをもとに日本代表を選出してきました。 現在は2022年に開催されるカタール・ワールドカップを見据えて20代の選手を多用していますが、FIFA20を見てもわかる通りベテラン選手もまだ衰えていません。 最後に今回紹介したFIFA20日本代表の11名をフォーメーションに当てはめたメンバー表を載せておきます(数字の部分はOVR)。

次の

南野拓実のザルツブルクでは、ポジションいくつこなしているの?

ザルツブルク フォーメーション

先日はUEFAのグループステージを首位で突破し、でも8強に進出。 昨季のヨーロッパチャンピオンでもあり、にも出場します。 まさに、ヨーロッパ最強のチームといっていいですね。 そんな最強チームに南野が加入する。 の地にうまく適応できれば、間違いなくチームをさらに強くしてくれると思います。 さっそくフォーメーションにあてはめてみましょう。 まず、4-3-3のフォメから! の現在の基本フォーメーション。 現在の所属、 ・日本代表では、トップ下等前線を任されている南野。 4-3-3の前線の中央が、彼の主戦場になると思います。 スタメンはブラジル代表ロベルト・フィルミーノ。 そして得点もとる!攻撃の心臓だと思ってます。 強いし、プレーがエロい 笑 サブにはベルギー代表ディボック・オリギ。 昨季CL準決勝戦のミルゴールは忘れられません。 その時からかな?ほしいときに点を取ってくれる。 得点力のある選手になったと感じています。 ドリブルもうまい。 は前線からのゲーゲンプレス。 それが攻守両面の戦術のかぎとなっています。 の縦に早い、展開が早いサッカー。 つぎに、4-2-3-1. 4-3-3の次に使われているフォメ。 こちらは、トップ下のポジションに南野を置いてみました。 トップにフィルミーノをおくとしたら、トップ下はケイタか南野かなと。 は左に置いてしまいましたが、トップ下でもいいかもしれません。 というかトップ下がいいかも... (すみません ) ナビ・ケイタは代表。 もとはにも所属していました。 昨年の夏に加入しましたが、けがもあり、適応に苦しんでいた感じがあります。 ただ、ここ数試合ではとてもよく、持ち味のドリブルをはじめ、ス、得点力等、チームに創造性をプラスしてくれます。 は代表。 こちらも大きなけがから復帰して、最近は本調子を取り戻してきています。 ドリブル、が大きな武器になっています。 相手にとったら怖い選手ですね。 南野も得点力、オフ ザ ボールの動きがとてもいいと思っています。 動きまわって周りを活かしつつ自分も活きる。 そんな選手になってほしいですね。 勢いあまって2パターン考えてしまいました 笑 の選手は、複数のポジションをこなせる選手が多いです。 今回はこの選手はここ!と表示してしまいましたが、けっしてこの限りではないと思います。

次の