メインクーン 茶。 メインクーン|里親募集|ジモティー

メインクーン|里親募集|ジモティー

メインクーン 茶

メインクーンの歴史 意外と知らない猫ちゃんの歴史。 猫ちゃんの出生の歴史を知ると、何となく性格や体の模様・体型などの謎が解けるかもしれません。 また、出生地の歴史が分かれば、飼い方についてもわかるようになりますね。 メインクーンにはどのような歴史はがあるのでしょうか? 北欧の長毛種の猫がバイキングもしくは交易ルートで北米に入り、そこで土着の猫との交雑により誕生したとされます。 アメリカでは古くからキャットショーに出陳する人気のある猫でしたが、1900年代にはその人気をペルシャ猫に奪われてしまいました。 人々の関心がメインクーンから離れたことにより、血統は先細りになってしまいましたが、繁殖家と愛好家たちが1968年にメインクーン専門のクラブ「MCBFA(メインクーン・ブリーダー・ファンシャーズ・アソシエイション)」を設立すると、少しずつその人気も回復してきました。 現在でも存続するMCBFAは、200人の専門ブリーダー、キャッテリーと1200人以上のファンシャーが参加するビッグクラブとなっています。 メインクーンの性格や特徴 メインクーンには、どんな性格や特徴があるのでしょうか。 猫ちゃんの特徴や性格を熟知することで、ストレスを与えない良質な環境での飼い方ができるようになります。 また、性格や猫種の特徴を知る事で適切なしつけ方が見えてきたり、病期の前兆に気づきやすくなり寿命を延ばしてあげる事にも繋がります。 単頭飼いや、多頭飼いなどで多少性格は変わってきますが、大まかには同じなのでメインクーンの性格について知っておくことがいい飼い主の必須条件になります。 メインクーンの特徴や性格にはどんなものがある? メインクーンはがっちりとした骨格に広い胸幅、立派な飾り毛を持ち、胴長でまるでヤマネコのように体の大きい猫です。 「ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)」という愛称を持ちます。 四角い顔立ちにとがった耳があり、耳には多くの毛が生えています。 耳の中にはタフト(房毛)が豊富につき、また先端には、リンクスティップスと呼ばれる特徴的な飾り毛があります。 これは狩りをする際の風や周辺の音を感知する感覚器官としての役割を担っています。 横顔には鼻筋にジェントルカーブと呼ばれる緩やかで流線的な窪みが見られ、見た目がよく似ているノルウェージャンフォレストキャットと区別する特徴の一つとなっています。 全身は冬の寒さに耐えられるダブルコートの厚く不揃いな被毛に包まれ、しっぽが長くふさふさとしており、雪の中でも滑らないように肉球の間にも毛が生えやすくなっています。 性格は明るくお茶目で、愛情深いです。 人が好きで、室内では家族に付きまとうのに、ベタベタすることはあまりありません。 猫などの他の動物や子供とも仲良くでき、来客にも愛想よく接します。 猫の中でも知能が高く、人間のすることに興味を持ったり、投げたボールをとってきたりなど犬のような訓練ができるほどです。 中には棚の戸をあけたり、水道の蛇口を開いたり、トイレを流したりなどを覚えてしまう個体もいます。 体の大きさに似合わず高く可愛らしい声で鳴き、いつまでも子猫のような仕草を見せます。 成猫の体の大きさに達するまでは4年はかかるとされています。 メインクーンのオスとメスの違い 猫種だけでなく、オス・メスによっても、甘えんぼだったり社交的だったりと性格や特徴は変わってきます。 オス・メスそれぞれの性格の違いや行動を知ることで、どんな飼い方しつけ方をしたらいいかなども分かるので、きちんと知っておくことが大切です。 メインクーンの性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。 オス:メスよりも大きい、犬のように人懐こく飼い主に忠実な傾向にあります。 メス:気まぐれでクール、大人しいタイプが多い傾向にあります。 メインクーンをお迎えする値段は? こんな性格や特徴を持ったねこちゃんを実際にお迎えする際にはどのくらいの値段で家族にすることができるのでしょうか? メインクーンの価格相場は、10~30万円です。 ただし、ブリーダーさんから引き取る場合や、保健所、里親譲渡会などでお迎えする場合には値段が変わってきます。 わんちゃんの年齢にこだわりがなかったり、手間のかからない子が欲しいと感じるのであれば、里親としてお迎えするのもいかがでしょうか。 メインクーンの特徴 猫種によって色や柄、外見はそれぞれ違いがあります。 またそのような外見の特徴を掛け合わせたミックス猫も今人気が高くなっています。 メインクーンの毛色やミックス猫にはどのような子がいるのか、見ていきましょう。 メインクーンの毛色にはどんなものがある? メインクーンの毛の色や柄にはどんなものがあるのでしょうか? もっとも一般的な被毛色はブラウンタビー(茶縞)ですが、ホワイト、ブラック、グレーなど単色や三毛を含む30種類以上の毛色があるとされています。 メインクーンのミックス猫 最近増えているミックス猫。 ミックス猫はお母さん・お父さんの猫種の性格や愛らしい部分、美しい部分を引き継いでいるため人々を魅了しています。 また、純血種はその猫特有の遺伝病を受け継ぎやすいのですが、ミックス猫の場合そのような遺伝的な病気のリスクが改善されていたり、病気になりにくくなったりと寿命が純血よりも長いという特徴もあります。 メインクーンのミックス猫にはどのような種類があるのでしょうか。 やなどとのミックス メインクーンに似た猫種 うちの子の種類は本当にメインクーン?そんな疑問を持ったことはありませんか? 交配の段階で枝分かれした同じ血を分かち合っているかもしれない似ている猫種もご紹介! 性格や体格、特徴がなんとなく違うかも?と思ったらこちらの猫ちゃんたちも確認してみてください。 猫の中でもとりわけ大きな体をもつメインクーンは、そのしっかりした体を作るために、適度な運度とバランスのとれた栄養が不可欠です。 元々ネズミ獲りなどに使われていた猫なので、物や光を追いかけたりなどハンティング気質を満たすような遊びを取り入れてあげるのがよいでしょう。 メインクーンは寒冷地域で長い間生活してきた猫なので、防水・防寒のために被毛には皮脂が十分備わっています。 毛のもつれは少ないものの、皮脂で汚れやすいためできれば毎日、少なくとも週に2~3日はブラッシングやコーミングなどの手入れをしてあげましょう。 活発で運動量が多く、高い所に上るのも好きですが、体が大変大きいため、キャットタワーは足場の安定したものを固定するようにしましょう。 体格が大きい分スペースが必要となるので、事故防止のために足場になる棚などの上などはよく整理しておきましょう。 メインクーンは、室内で飼うことに適しています。 昔は室外で飼う事が猫本来の自由のためと言われていましたが、不運な事故や病気・怪我を防ぐため必ず室内飼いしてあげるようにしましょう。 寿命を延ばしてあげるためにも、飼い方や環境は適切なものを選んであげてください 関連記事 メインクーンにおすすめのエサ 猫ちゃんのエサというのは数えきれないほど販売されており、どれが適切なのかわからなくなってしまいますよね。 主に、体重や年齢、毛の長さや猫種ごとにも販売されています。 メインクーンの体質に合った、健康的に寿命を延ばしてくれるエサの種類を紹介します。 体も大きく成長に時間がかかるメインクーンには、しっかりとした体つくりのために栄養価が高く、高たんぱくなご飯が必要です。 また、消化管の維持のために腸内細菌バランスを考えたもの、尿石症の予防のためにミネラル成分を調整したものを選んであげることでさらに健康の維持に役立つでしょう。 また、一度病気をしてしまったことがある子は予防に効果的な餌や体調に合わせて適切な餌を与えることが重要です。 猫ちゃんの好みの味を理解してあげてその子に合った餌を用意するようにしましょう。 猫ちゃんの好みの味を理解してあげてその子に合った餌を用意するようにしましょう。 メインクーンの1ヶ月の食事代(エサ代)の平均 メインクーンの1ヶ月の食事代(エサ代)は、約5000円~10000円程です。 メインクーンのお風呂のペース メインクーンのお風呂のペースは、基本的に必要ありません。 汚れが気になるとき、もしくは多くても1ヶ月に1回程度が良いでしょう。 また、体の手入れのためにも爪とぎ、ブラシ、コームなども必要です。 猫は狭い場所にいると落ち着くので、ドーム型のベッドなども用意してあげるとよいでしょう。 動物病院への通院のために、キャリーバッグも必要です。 キャリーバッグに入りたがらない子は洗濯ネットでも代用できます。 平均寿命はどのくらい?いつまで一緒にいられる? ペットとしての猫の歴史を見てみると室内外や適切な飼い方によって、飼い猫の平均寿命は延びていると言われています。 猫種によって大まかな平均寿命はありますが、適切なしつけや餌の与え方、飼い方をすることで猫の寿命は左右されます。 メインクーンの平均寿命 人間よりもとても寿命が短いねこちゃん。 2015年に一般社団法人ペットフード協会が調査した猫全体の平均寿命は14. 85歳でした。 その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。 ですが、猫種によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。 メインクーンの平均寿命は11~14年です。 メインクーンのかかりやすい病気 猫種の体質によって、かかりやすい病気や平均寿命は様々です。 愛猫のかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてきます。 スキンシップや、ご飯の食べるスピード・おトイレの状態など、猫ちゃんの健康状態を確認できるタイミングは多数あります。 動物は言葉を離せませんし、猫という生き物は痛みを我慢できてしまう動物です。 普段の生活に気を配り、少しでも体調が悪そうと感じたらすぐに病院へ行くようにしましょう。 メインクーンがかかりやすい病気 メインクーンがかかりやすい病気はこのようなものがあります。 肥大型心筋症、多発性嚢胞腎、脊髄性筋委縮症、股関節形成不全、猫風邪、猫免疫不全ウイルス、猫白血病ウイルス感染症、猫汎白血病減少症、猫伝染性腹膜炎、猫伝染性貧血、慢性腎不全、尿石症、膀胱炎、糖尿病、甲状腺機能亢進症、毛球症、胃腸炎、内部寄生虫症、巨大結腸症、悪性腫瘍、皮膚糸状菌症、皮膚炎、疥癬、耳疥癬、結膜炎、角膜炎、外耳炎、口内炎、歯周病 メインクーンのよく使う薬・サプリ 整腸作用を目的として乳酸菌入りのもの、免疫システムの向上のためにL-リジンが含まれるもの、毛球症の予防に流動パラフィンやグリセリン・ワセリンが含まれるものなどが使用されます。 また、高齢の猫に多い慢性腎疾患になってしまった場合にはリンの吸着剤が含まれるものがよく使用されます。 メインクーンの治療平均的な値段 猫を飼うには、もちろん高い医療費がかかります。 最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。 治療費など値段を確認し満足に払えるか吟味した上でねこちゃんをお迎えするようにしましょう。 健康であっても、毎年混合ワクチンに6000円、ノミ・寄生虫予防に10000円ほど必要です。 健康診断を行う場合はここにプラス5000円ほど追加されます。 関連記事 メインクーンに関するまとめ メインクーンの歴史が分かると性格やしつけ方についても何となく見えてくる気がしませんか? ねこちゃんの特徴や性格が分かるとより愛着も沸くものです。 明るくお茶目で、愛情深く、人が好きな性格なので、猫とたくさんコミュニケーションをとりたい方に向いているでしょう。 子供や犬など他の動物のいる家庭でも問題なく飼うことができます。 頭もよくしつけもしやすいので、初心者の方でも大丈夫でしょう。 また、厳しい気候の中で生き残ることができた丈夫さと高い適応能力があるので、健康面での心配も少ないです。 肥大型心筋症や股関節異型性症などの遺伝的心配はあるので、しっかりと検査を行っているブリーダーからお迎えするのがおススメです。

次の

メインクーンはどんな猫?大きさ、性格について知ろう!

メインクーン 茶

雪上を歩行するメインクーン 原産国 ヨーロッパから北米に伝来 別名 クーン・キャット(Coon Cat) メイン・キャット(Maine Cat) メイン・シャグ(Maine Shag) 各団体による猫種のスタンダード メインクーン(Maine Coon)は、の中でも大きなのひとつであり「 ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)」という愛称を持つ身体的な特徴と、その賢さと遊び好きなことでも知られている。 長毛種である。 一般的にが原産とされておりメイン州公認の「州猫」として認定されている。 アメリカにおける最古、最大の品種であり、身体の模様やのが(ラクーン)に似ていることから命名されたが、実際には(アメリカ)のにいた猫と、によりから連れて来られた長毛種の猫のと考えられている。 にアメリカ初のキャットショーで優勝したメインクーン「コーセイ」(Cosey) メインクーンの起源は、奇抜とも思われる逸話を含め、諸説がある。 マーク・コールマン Coleman, Mark 著、古谷沙梨訳「メイン・クーン」 , 7月 では、以下の説を紹介している。 地方の猫をルーツとする説 昔は、その風貌から土着猫とアライグマの混血であると考えられておりメイン州のアライグマ(raccoon:ラクーン)を意味する「メイン・クーン」と名づけられたとする説。 クーンの連れてきた猫とする説 系あるいは、系の猫がクーン船長によって、中国から北アメリカ東部沿海地方に連れてこられ、この猫を始祖とする説。 のアメリカ計画をルーツとする説 スティーブン・クロー船長の助力によりへの亡命を計画し、まで用意したが実現されず、形見にと船長が連れてきた王妃が愛でていたアンゴラ種の猫を始祖とする説。 そして、の船猫であったと風貌が似ていることから中にする船員と同じく逃げ出した猫と土着の猫との交配により誕生したとする説を、最も有力としている。 身体特徴 [ ] 白毛のメインクーン メインクーンは特にその大きな骨格と三角形の体型、長い毛並みで知られ、色は多彩でその知能と優しい性格も特徴とされる。 や股関節異形成症の健康面での問題を持つブリードとされているが、これらは検査により遺伝子異常を発見し、発症し得るかを確認することが可能である。 メインクーンの耳は大きく、根元が幅広、頭の高い位置にあり、中にタフト(Tuft=房毛)が豊富に付き、先端にリンクスティップス(Lynx Tips=の耳先の飾り毛)がある。 メインクーンに特徴的なリンクスティップスによって、オオヤマネコのような風貌を得ている。 メインクーンのは長く、2004年には17. 4 cmの洞毛を持つメインクーンが、2005年には19 cmの触毛を持つメインクーンが最長のを持つ猫としてギネスに登録された。 頭の形はどちらかというと長めだが、されていない雄が成長するとえらが張るようになる。 顎は頑丈で、はしっかりとした四角形。 横顔には、にジェントルカーブと呼ばれる緩やかで、流線的な窪みが見られる。 メインクーンと似ていると区別する特徴の一つとして、ジェントルカーブの有無がある。 メインクーンのボディは、筋肉質で胸幅が広く、どの部分をとっても華奢な部分が無く、がっしりとしている。 胴は長めで、横から見ると長方形に見える。 全体的に均整が取れていて、極端な特徴は無い。 体長(鼻の先から尻尾の先にかけての長さ)は、1メートル(40インチ)を超える場合もあり2010年に123 cm(48. 5インチ)が最も体長の長い猫としてギネスに記録されている。 成猫としての体格が出来上がるまでには、他の猫種より長い期間を要する傾向にあり、4歳から5歳で成猫としての体格が固まるとされている。 2010年に世界最長の猫に認定されたメインクーンは、5歳になって記録の体長に達した。 体重が11 kg - 12 kg(25ポンド)に達する個体もあるが雄の成猫の平均体重は6 kg - 9 kg(12ポンド - 20ポンド)で雌は若干軽い3 kg - 5 kg(7ポンド - 11ポンド)。 メインクーンの尻尾は長く、2011年に世界一長い尻尾の猫として、前述の2010年に世界最長の猫に認定されたメインクーンが再び認定された。 その際の尻尾の長さは41. 5 cm(16. 34インチ)である。 しかし、チョコレート、ラヴェンダー、濃いタビー、局所的な色パターン(のようなポイント)のメインクーンは存在しない。 目の色も極めてバラエティに富んでいる。 あらゆる被毛パターンで、グリーン、グリーンゴールド、または、ゴールドという目の色がある。 被毛が白のメインクーンの場合、両目がブルー、または、というものもいる。 額に特徴的な「M」型の模様があるのは、メインクーンの毛色に多いの特徴であり、メインクーン特有ではない。 毛はミディアムロングで密集しており、胸元にはのに似たひだ襟のような長い飾り毛がある。 このため maine coonを mane coon(maneはたてがみの意) と冗談交じりで表記することもある。 被毛が下毛と長めの上毛の2層になっているのがメインクーンの特徴である。 被毛は、一般的にとても柔らかい。 やなどと呼ばれる足の後ろ側にある長い毛と、指の間にある長い毛のおかげで、寒さの中でも体温を保つことが出来る。 尻尾がとても立派にふさふさとしているため、「尻尾にくっついている猫」という異名すら得ている。 初期のメインクーンは、持ち前の太足、飾り毛によって、そしての兆候が強くあったため足場を取りやすく、上での活動に有利であったとされるが、次第に多指症の傾向は逆転するに至っている。 行動面の特徴 [ ] メインクーンは、極めて賢く、器用で、遊び好きな猫種である。 足先を器用に丸めて物を持ち上げるなど、前足を良く使う傾向にあるため、棚の戸を開けたり、水道の蛇口を開いたり、トイレを流したり、小さなものを持ち上げたりすることを簡単に覚えてしまう。 中には、直接ボウルに顔を近づけるのではなく、前足を使ってエサや水を飲むメインクーンも見受けられる。 メインクーンは、平均以上の知能を持っているため、トレーニングしやすい猫種のひとつであるといわれている。 また、のどを鳴らすような鳴き声と、ニャーという猫の鳴き声を組み合わせたような声を出すことでも知られており、うれしい時や驚いた時にこのような声をだす傾向にあるようだ。 他の猫種に比べ、メインクーンのニャーという鳴き声は高めである。 仲間の猫や人間と一緒に食事をすることを好み、単独でエサを食べるのは珍しい。 メインクーンは、飼い主に甘えて膝の上に乗ってくるタイプの猫種ではないといわれてはいるが、これは、個体により異なり、中には、飼い主の膝の上が大好きというメインクーンもいる。 飼い主の膝の上でうたた寝するメインクーン 水の中に入ってというわけではないが、水で遊ぶことを好むメインクーンもいる。 おもちゃを水に浸してから遊んだり、水のボウルをひっくり返したりすることがある。 また、前足を使って器用に水をすくって飲むメインクーンもいる。 犬のような行動をするメインクーンもいる。 物を取ってくるというのは、好きなゲームの一つである。 犬がそうするように、ボールを取ってきて飼い主の足元に置き、またボールを投げてもらうのを待つという遊びである。 郵便物を取りに行ったり、犬の散歩に行ったりなど、日々の生活の中で飼い主についてまわることがあり、屋外にいる時でさえ、飼い主に呼ばれると戻ってくることもある。 健康状態 [ ] 美しい白毛のメインクーン メインクーンは一般的にはニューイングランドの気候で生活できるように丈夫で健康なブリードである。 一番危険な病気はで、メインクーンの場合はで遺伝する。 特に中年期から老年期の猫や雄猫に発症しやすいとされている。 肥大型心筋症は、左心室の筋肉が肥大し硬くなる心筋の病気で、猫の場合、心不全、による後足の麻痺、突然死などの原因となる。 1歳から7歳のメインクーンなら、心臓超音波診断(心エコー検査)で肥大型心筋症を発見することが可能である。 また、この病気を発症する遺伝子異常は遺伝子検査により発見することも可能である。 の獣医学部で遺伝子突然変異の検査をしたメインクーンの内、3分の1の猫が陽性であった。 [ ]心臓ミオシン結合タンパク質Cの遺伝暗号を指定する遺伝子の突然変異が、ある特定のメインクーンの遺伝系列においては、肥大型心筋症の要因となってきたことがわかっている。 もうひとつの健康リスクはで、これもまた遺伝性の病気で、胴や四肢の筋肉を動かす脊髄の神経が消失することにより発生する病気である。 症状は通常、生後3~4ヶ月で発症し、筋肉の萎縮、筋力の低下、短命などに繋がる。 この病気を発症する遺伝子も検査により発見することが可能である。 股関節の運動障害や関節炎となるもメインクーンには見られる。 動物整形外科財団が2007年に纏めた研究レポートによると1974年1月から2008年12月までに動物をブリードごとに最低各100のケースを調査したうち、メインクーンは994のケースがあり23. ちなみにメインクーンはこのレポートで唯一の猫であった。 [ ].

次の

子猫の時から大きいの? メインクーンの体重事情

メインクーン 茶

メインクーンの歴史 意外と知らない猫ちゃんの歴史。 猫ちゃんの出生の歴史を知ると、何となく性格や体の模様・体型などの謎が解けるかもしれません。 また、出生地の歴史が分かれば、飼い方についてもわかるようになりますね。 メインクーンにはどのような歴史はがあるのでしょうか? 北欧の長毛種の猫がバイキングもしくは交易ルートで北米に入り、そこで土着の猫との交雑により誕生したとされます。 アメリカでは古くからキャットショーに出陳する人気のある猫でしたが、1900年代にはその人気をペルシャ猫に奪われてしまいました。 人々の関心がメインクーンから離れたことにより、血統は先細りになってしまいましたが、繁殖家と愛好家たちが1968年にメインクーン専門のクラブ「MCBFA(メインクーン・ブリーダー・ファンシャーズ・アソシエイション)」を設立すると、少しずつその人気も回復してきました。 現在でも存続するMCBFAは、200人の専門ブリーダー、キャッテリーと1200人以上のファンシャーが参加するビッグクラブとなっています。 メインクーンの性格や特徴 メインクーンには、どんな性格や特徴があるのでしょうか。 猫ちゃんの特徴や性格を熟知することで、ストレスを与えない良質な環境での飼い方ができるようになります。 また、性格や猫種の特徴を知る事で適切なしつけ方が見えてきたり、病期の前兆に気づきやすくなり寿命を延ばしてあげる事にも繋がります。 単頭飼いや、多頭飼いなどで多少性格は変わってきますが、大まかには同じなのでメインクーンの性格について知っておくことがいい飼い主の必須条件になります。 メインクーンの特徴や性格にはどんなものがある? メインクーンはがっちりとした骨格に広い胸幅、立派な飾り毛を持ち、胴長でまるでヤマネコのように体の大きい猫です。 「ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)」という愛称を持ちます。 四角い顔立ちにとがった耳があり、耳には多くの毛が生えています。 耳の中にはタフト(房毛)が豊富につき、また先端には、リンクスティップスと呼ばれる特徴的な飾り毛があります。 これは狩りをする際の風や周辺の音を感知する感覚器官としての役割を担っています。 横顔には鼻筋にジェントルカーブと呼ばれる緩やかで流線的な窪みが見られ、見た目がよく似ているノルウェージャンフォレストキャットと区別する特徴の一つとなっています。 全身は冬の寒さに耐えられるダブルコートの厚く不揃いな被毛に包まれ、しっぽが長くふさふさとしており、雪の中でも滑らないように肉球の間にも毛が生えやすくなっています。 性格は明るくお茶目で、愛情深いです。 人が好きで、室内では家族に付きまとうのに、ベタベタすることはあまりありません。 猫などの他の動物や子供とも仲良くでき、来客にも愛想よく接します。 猫の中でも知能が高く、人間のすることに興味を持ったり、投げたボールをとってきたりなど犬のような訓練ができるほどです。 中には棚の戸をあけたり、水道の蛇口を開いたり、トイレを流したりなどを覚えてしまう個体もいます。 体の大きさに似合わず高く可愛らしい声で鳴き、いつまでも子猫のような仕草を見せます。 成猫の体の大きさに達するまでは4年はかかるとされています。 メインクーンのオスとメスの違い 猫種だけでなく、オス・メスによっても、甘えんぼだったり社交的だったりと性格や特徴は変わってきます。 オス・メスそれぞれの性格の違いや行動を知ることで、どんな飼い方しつけ方をしたらいいかなども分かるので、きちんと知っておくことが大切です。 メインクーンの性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。 オス:メスよりも大きい、犬のように人懐こく飼い主に忠実な傾向にあります。 メス:気まぐれでクール、大人しいタイプが多い傾向にあります。 メインクーンをお迎えする値段は? こんな性格や特徴を持ったねこちゃんを実際にお迎えする際にはどのくらいの値段で家族にすることができるのでしょうか? メインクーンの価格相場は、10~30万円です。 ただし、ブリーダーさんから引き取る場合や、保健所、里親譲渡会などでお迎えする場合には値段が変わってきます。 わんちゃんの年齢にこだわりがなかったり、手間のかからない子が欲しいと感じるのであれば、里親としてお迎えするのもいかがでしょうか。 メインクーンの特徴 猫種によって色や柄、外見はそれぞれ違いがあります。 またそのような外見の特徴を掛け合わせたミックス猫も今人気が高くなっています。 メインクーンの毛色やミックス猫にはどのような子がいるのか、見ていきましょう。 メインクーンの毛色にはどんなものがある? メインクーンの毛の色や柄にはどんなものがあるのでしょうか? もっとも一般的な被毛色はブラウンタビー(茶縞)ですが、ホワイト、ブラック、グレーなど単色や三毛を含む30種類以上の毛色があるとされています。 メインクーンのミックス猫 最近増えているミックス猫。 ミックス猫はお母さん・お父さんの猫種の性格や愛らしい部分、美しい部分を引き継いでいるため人々を魅了しています。 また、純血種はその猫特有の遺伝病を受け継ぎやすいのですが、ミックス猫の場合そのような遺伝的な病気のリスクが改善されていたり、病気になりにくくなったりと寿命が純血よりも長いという特徴もあります。 メインクーンのミックス猫にはどのような種類があるのでしょうか。 やなどとのミックス メインクーンに似た猫種 うちの子の種類は本当にメインクーン?そんな疑問を持ったことはありませんか? 交配の段階で枝分かれした同じ血を分かち合っているかもしれない似ている猫種もご紹介! 性格や体格、特徴がなんとなく違うかも?と思ったらこちらの猫ちゃんたちも確認してみてください。 猫の中でもとりわけ大きな体をもつメインクーンは、そのしっかりした体を作るために、適度な運度とバランスのとれた栄養が不可欠です。 元々ネズミ獲りなどに使われていた猫なので、物や光を追いかけたりなどハンティング気質を満たすような遊びを取り入れてあげるのがよいでしょう。 メインクーンは寒冷地域で長い間生活してきた猫なので、防水・防寒のために被毛には皮脂が十分備わっています。 毛のもつれは少ないものの、皮脂で汚れやすいためできれば毎日、少なくとも週に2~3日はブラッシングやコーミングなどの手入れをしてあげましょう。 活発で運動量が多く、高い所に上るのも好きですが、体が大変大きいため、キャットタワーは足場の安定したものを固定するようにしましょう。 体格が大きい分スペースが必要となるので、事故防止のために足場になる棚などの上などはよく整理しておきましょう。 メインクーンは、室内で飼うことに適しています。 昔は室外で飼う事が猫本来の自由のためと言われていましたが、不運な事故や病気・怪我を防ぐため必ず室内飼いしてあげるようにしましょう。 寿命を延ばしてあげるためにも、飼い方や環境は適切なものを選んであげてください 関連記事 メインクーンにおすすめのエサ 猫ちゃんのエサというのは数えきれないほど販売されており、どれが適切なのかわからなくなってしまいますよね。 主に、体重や年齢、毛の長さや猫種ごとにも販売されています。 メインクーンの体質に合った、健康的に寿命を延ばしてくれるエサの種類を紹介します。 体も大きく成長に時間がかかるメインクーンには、しっかりとした体つくりのために栄養価が高く、高たんぱくなご飯が必要です。 また、消化管の維持のために腸内細菌バランスを考えたもの、尿石症の予防のためにミネラル成分を調整したものを選んであげることでさらに健康の維持に役立つでしょう。 また、一度病気をしてしまったことがある子は予防に効果的な餌や体調に合わせて適切な餌を与えることが重要です。 猫ちゃんの好みの味を理解してあげてその子に合った餌を用意するようにしましょう。 猫ちゃんの好みの味を理解してあげてその子に合った餌を用意するようにしましょう。 メインクーンの1ヶ月の食事代(エサ代)の平均 メインクーンの1ヶ月の食事代(エサ代)は、約5000円~10000円程です。 メインクーンのお風呂のペース メインクーンのお風呂のペースは、基本的に必要ありません。 汚れが気になるとき、もしくは多くても1ヶ月に1回程度が良いでしょう。 また、体の手入れのためにも爪とぎ、ブラシ、コームなども必要です。 猫は狭い場所にいると落ち着くので、ドーム型のベッドなども用意してあげるとよいでしょう。 動物病院への通院のために、キャリーバッグも必要です。 キャリーバッグに入りたがらない子は洗濯ネットでも代用できます。 平均寿命はどのくらい?いつまで一緒にいられる? ペットとしての猫の歴史を見てみると室内外や適切な飼い方によって、飼い猫の平均寿命は延びていると言われています。 猫種によって大まかな平均寿命はありますが、適切なしつけや餌の与え方、飼い方をすることで猫の寿命は左右されます。 メインクーンの平均寿命 人間よりもとても寿命が短いねこちゃん。 2015年に一般社団法人ペットフード協会が調査した猫全体の平均寿命は14. 85歳でした。 その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。 ですが、猫種によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。 メインクーンの平均寿命は11~14年です。 メインクーンのかかりやすい病気 猫種の体質によって、かかりやすい病気や平均寿命は様々です。 愛猫のかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてきます。 スキンシップや、ご飯の食べるスピード・おトイレの状態など、猫ちゃんの健康状態を確認できるタイミングは多数あります。 動物は言葉を離せませんし、猫という生き物は痛みを我慢できてしまう動物です。 普段の生活に気を配り、少しでも体調が悪そうと感じたらすぐに病院へ行くようにしましょう。 メインクーンがかかりやすい病気 メインクーンがかかりやすい病気はこのようなものがあります。 肥大型心筋症、多発性嚢胞腎、脊髄性筋委縮症、股関節形成不全、猫風邪、猫免疫不全ウイルス、猫白血病ウイルス感染症、猫汎白血病減少症、猫伝染性腹膜炎、猫伝染性貧血、慢性腎不全、尿石症、膀胱炎、糖尿病、甲状腺機能亢進症、毛球症、胃腸炎、内部寄生虫症、巨大結腸症、悪性腫瘍、皮膚糸状菌症、皮膚炎、疥癬、耳疥癬、結膜炎、角膜炎、外耳炎、口内炎、歯周病 メインクーンのよく使う薬・サプリ 整腸作用を目的として乳酸菌入りのもの、免疫システムの向上のためにL-リジンが含まれるもの、毛球症の予防に流動パラフィンやグリセリン・ワセリンが含まれるものなどが使用されます。 また、高齢の猫に多い慢性腎疾患になってしまった場合にはリンの吸着剤が含まれるものがよく使用されます。 メインクーンの治療平均的な値段 猫を飼うには、もちろん高い医療費がかかります。 最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。 治療費など値段を確認し満足に払えるか吟味した上でねこちゃんをお迎えするようにしましょう。 健康であっても、毎年混合ワクチンに6000円、ノミ・寄生虫予防に10000円ほど必要です。 健康診断を行う場合はここにプラス5000円ほど追加されます。 関連記事 メインクーンに関するまとめ メインクーンの歴史が分かると性格やしつけ方についても何となく見えてくる気がしませんか? ねこちゃんの特徴や性格が分かるとより愛着も沸くものです。 明るくお茶目で、愛情深く、人が好きな性格なので、猫とたくさんコミュニケーションをとりたい方に向いているでしょう。 子供や犬など他の動物のいる家庭でも問題なく飼うことができます。 頭もよくしつけもしやすいので、初心者の方でも大丈夫でしょう。 また、厳しい気候の中で生き残ることができた丈夫さと高い適応能力があるので、健康面での心配も少ないです。 肥大型心筋症や股関節異型性症などの遺伝的心配はあるので、しっかりと検査を行っているブリーダーからお迎えするのがおススメです。

次の