シーブリーズ スプレー。 シーブリーズにハッカ油を足すだけで殺菌や矯臭効果がアップする

ハッカ油で快適!シーブリーズみたいなスースーするスプレーの作り方

シーブリーズ スプレー

海にレジャーに活動的な楽しい季節。 「夏が一番好きな季節!」の方も多いのではないでしょうか。 一方で、年々厳しくなる日本の夏。 湿度が高くて汗でベトベト!帰宅後のシャワーが待ちきれない! そんな方の強い味方といえば「シーブリーズ」ですよね。 100年以上の歴史を誇る、天然植物香油成分配合の 全身薬用ローションです。 近年では、ローション以外にも様々な商品展開がされており、いずれもスカッとした爽快感が特徴です。 ここでは、そんな「夏のお供」 シーブリーズについて見ていきましょう。 シーブリーズの使い方は? シーブリーズ、いつ使用するのが良いのでしょうか? 基本的には、「火照った身体を冷やす」「べたつく汗を爽快に拭き取る」時でしょうか。 「暑いな」「汗をかいて不快だな」と思ったら、 こまめに使用するのがおすすめです。 軽く汗を拭き取ってから、シーブリーズを塗れば快適さも長持ちしますよ。 では、実際の使い方をご紹介していきましょう。 シーブリーズの塗り方には基本的に• 適量を手のひらに取り、広い箇所に塗る。 コットンに含ませ、肌に当てたり、なじませたりする。 スプレーボトルに詰め替え、噴霧する。 の3種類があります。 手のひらに取って塗る方法は、シャワーの後や、身体の日焼けの後など、全身を冷やしたい・ 爽快感が欲しい時にお勧めです。 タオルで身体の水分を拭き取り、シーブリーズを優しく押さえるように塗るのが効果的です。 外出先などで、大げさに塗るのは恥ずかしい・・・そんな時は、シーブリーズをたっぷり含ませたコットンを、両耳の下、肘の内側、膝の内側に当てると、 血管が冷やされて皮膚の温度が下がります。 女性の場合、夏はTゾーンのメイク崩れも気になりますよね。 そんな時も、コットンにシーブリーズを含ませ、汗・油が気になる箇所を上から優しく押さえてからメイクを直すと、さっぱりして長持ちしますよ。 スプレーは、シーブリーズを背中に塗りたいときにお勧めです。 背中全面にシーブリーズが行き届く便利さは格別ですよ。 バッグにシーブリーズとコットン、さらに 小さなスプレーボトルを忍ばせておけば、暑い夏も爽やかに過ごせそうですね。 シーブリーズ使用上の注意点は? 爽快・便利で手放せなくなりそうなシーブリーズですが、使用する際の注意点などはあるのでしょうか。 まず、シーブリースを塗ってはいけない箇所はあるのでしょうか。 基本的には、顔を含む全身に使用することができます。 なので、 頭、髪、頭皮、脇に塗っても大丈夫です。 ただし、• 粘膜部分 (目、鼻など)• 傷の部分 への使用は、刺激が強すぎるためやめておきましょう。 頭皮に使用することも可能ですが、付けすぎると目に入ることがあるので気をつけましょう。 数滴でマッサージするだけで充分に爽快です! 頭皮用のシーブリーズも販売されていますので、使用してみても良いですね。 シーブリーズ、使い方(?)いろいろ さて、ここまでシーブリーズの使い方を見てきましたが、最近ではこんな ユニークな使い方もあるようです・・・ ちなみに、たむはシーブリーズもってないので蓋交換は無理なのです。 可愛らしい夏の青春です。 — カズサノっち yassyroll 「シーブリーズ+扇風機=クーラー要らず」は夏の公式なのですね。 爽快アイテムだけに留まらず、 恋のツールとしても進化した(?)シーブリーズ。 夏本番にむけていよいよ手放せなくなりそうですね。 シーブリーズに興味がある方はこちらも合わせてご覧ください。

次の

シーブリーズの制汗剤で人気の種類は?使い方のコツもまとめて紹介!

シーブリーズ スプレー

爽快感のある制汗剤の代表格といえば、CMなどでもお馴染みのシーブリーズ。 汗とニオイを抑えるだけでなく、パウダーでお肌をサラサラに保てるのが魅力です。 そこで今回は、 シーブリーズの制汗剤の選び方や、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。 男女問わず人気がある商品から、手汗をケアできるハンドクリームタイプの限定商品「スムースハンドジェラート」も発売され、ますます注目を浴びるシーブリーズを、ぜひチェックしてみてくださいね! シーブリーズの制汗剤は、なんといっても爽快感があることが魅力。 マイクロパウダーやメントールが配合されているため、ベタつく肌をサラサラにしたり、ヒンヤリした感触で涼しい気分を味わったりすることができます。 スポーツ・入浴後や不快な季節にピッタリですね! また、 商品のシリーズが豊富なことも嬉しいポイント。 中には手汗ケアに特化した限定アイテムも。 使いやすいタイプを選べます。 おしゃれでカラフルなパッケージなので、持っていて気分が上がるのも人気の理由。 清潔感のあるせっけんの香りが嬉しい お出かけ前にワンプッシュ!便利なスプレータイプ 甘酸っぱいベリーの香りがキュート 強すぎない爽やかな香りが魅力 ちょっぴり甘い紅茶の香り。 別売りシートとMIXもできる! 最安値.

次の

シーブリーズにハッカ油を足すだけで殺菌や矯臭効果がアップする

シーブリーズ スプレー

海にレジャーに活動的な楽しい季節。 「夏が一番好きな季節!」の方も多いのではないでしょうか。 一方で、年々厳しくなる日本の夏。 湿度が高くて汗でベトベト!帰宅後のシャワーが待ちきれない! そんな方の強い味方といえば「シーブリーズ」ですよね。 100年以上の歴史を誇る、天然植物香油成分配合の 全身薬用ローションです。 近年では、ローション以外にも様々な商品展開がされており、いずれもスカッとした爽快感が特徴です。 ここでは、そんな「夏のお供」 シーブリーズについて見ていきましょう。 シーブリーズの使い方は? シーブリーズ、いつ使用するのが良いのでしょうか? 基本的には、「火照った身体を冷やす」「べたつく汗を爽快に拭き取る」時でしょうか。 「暑いな」「汗をかいて不快だな」と思ったら、 こまめに使用するのがおすすめです。 軽く汗を拭き取ってから、シーブリーズを塗れば快適さも長持ちしますよ。 では、実際の使い方をご紹介していきましょう。 シーブリーズの塗り方には基本的に• 適量を手のひらに取り、広い箇所に塗る。 コットンに含ませ、肌に当てたり、なじませたりする。 スプレーボトルに詰め替え、噴霧する。 の3種類があります。 手のひらに取って塗る方法は、シャワーの後や、身体の日焼けの後など、全身を冷やしたい・ 爽快感が欲しい時にお勧めです。 タオルで身体の水分を拭き取り、シーブリーズを優しく押さえるように塗るのが効果的です。 外出先などで、大げさに塗るのは恥ずかしい・・・そんな時は、シーブリーズをたっぷり含ませたコットンを、両耳の下、肘の内側、膝の内側に当てると、 血管が冷やされて皮膚の温度が下がります。 女性の場合、夏はTゾーンのメイク崩れも気になりますよね。 そんな時も、コットンにシーブリーズを含ませ、汗・油が気になる箇所を上から優しく押さえてからメイクを直すと、さっぱりして長持ちしますよ。 スプレーは、シーブリーズを背中に塗りたいときにお勧めです。 背中全面にシーブリーズが行き届く便利さは格別ですよ。 バッグにシーブリーズとコットン、さらに 小さなスプレーボトルを忍ばせておけば、暑い夏も爽やかに過ごせそうですね。 シーブリーズ使用上の注意点は? 爽快・便利で手放せなくなりそうなシーブリーズですが、使用する際の注意点などはあるのでしょうか。 まず、シーブリースを塗ってはいけない箇所はあるのでしょうか。 基本的には、顔を含む全身に使用することができます。 なので、 頭、髪、頭皮、脇に塗っても大丈夫です。 ただし、• 粘膜部分 (目、鼻など)• 傷の部分 への使用は、刺激が強すぎるためやめておきましょう。 頭皮に使用することも可能ですが、付けすぎると目に入ることがあるので気をつけましょう。 数滴でマッサージするだけで充分に爽快です! 頭皮用のシーブリーズも販売されていますので、使用してみても良いですね。 シーブリーズ、使い方(?)いろいろ さて、ここまでシーブリーズの使い方を見てきましたが、最近ではこんな ユニークな使い方もあるようです・・・ ちなみに、たむはシーブリーズもってないので蓋交換は無理なのです。 可愛らしい夏の青春です。 — カズサノっち yassyroll 「シーブリーズ+扇風機=クーラー要らず」は夏の公式なのですね。 爽快アイテムだけに留まらず、 恋のツールとしても進化した(?)シーブリーズ。 夏本番にむけていよいよ手放せなくなりそうですね。 シーブリーズに興味がある方はこちらも合わせてご覧ください。

次の