負けに不思議な負けなし。 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

負けに不思議の負けなし

負けに不思議な負けなし

勝ちに不思議な勝ちありの本当の意味 では野村監督が言った、「勝ちに不思議な勝ちあり」とは、 どういう意味かと言うと、100%負ける試合であっても、 まぐれで勝ってしまうこと もある。 ただそういった奇跡的な勝利をした時こそ、 自分に奢れず精進しましょう!という意味だと言われています。 また道山の個人的な考えとしては、 「人間は真剣に努力をしていれば、 それをどこかで神様が見ていて、不思議な勝ちを与えてくれる」 という意味もあるのかなと思っています。 負けに不思議な負けなしの本当の意味 一方負けに不思議な負けなしは、 どういう意味かと言うと、文字通り 負けるときには 必ずその理由があるという意味です。 例えば道山の元に、 中学生からこんな相談が良く届きます。 A君は私よりも明らかに部活が下手なのに なぜかA君がレギュラーで私は控えです。 やっぱりこれはA君が先生から 気に入られているからでしょうか? だとしたら差別ではないでしょうか? 私はA君の事を見たことがないので、 どれくらい実力の差があるかは知りません。 ただ負けるには必ず理由があるのです。 それはもしかしたら、 ・A君の方が先生から好かれている という理由かもしれません。 実は、• A君はチームを盛り上げる力がある• A君はチームメンバーを気遣うことができる などかもしれません。 先生によって判断基準が異なるので、 一概には言えないのですが、 絶対に言えることは、あなたよりもA君の方が 勝っている部分が1つはあるわけです。 この負ける理由をしっかりと考え、 それに対して 対策を考えられる人こそ、 今後出世していける人間になるのだと思います。 どんな時でもプラスに考えよう この世の中と言うのは、 様々なところで 理不尽なこと があります。 ただ唯一言えることが、 勝ちに不思議な勝ちはあるが、負けに不思議な負けない ということなのです。 もしあなたが、• 絶対にひいきなんじゃないか?• それは不公平でしょ! と思うことがあったとしたら、 「負けに不思議な負けなし」 と言う言葉を思い出して、 「じゃあ自分がひいきしてもらうにはどうしたら良いのか?」 と 発想を転換してみてください。 きっと人生は、 今よりももっと楽しくなるはずです! 今日も最後まで読んでいただき ありがとうございました。

次の

負けに不思議の負けなし〈完全版〉 下 (朝日文庫)

負けに不思議な負けなし

勝ちに不思議な勝ちありの本当の意味 では野村監督が言った、「勝ちに不思議な勝ちあり」とは、 どういう意味かと言うと、100%負ける試合であっても、 まぐれで勝ってしまうこと もある。 ただそういった奇跡的な勝利をした時こそ、 自分に奢れず精進しましょう!という意味だと言われています。 また道山の個人的な考えとしては、 「人間は真剣に努力をしていれば、 それをどこかで神様が見ていて、不思議な勝ちを与えてくれる」 という意味もあるのかなと思っています。 負けに不思議な負けなしの本当の意味 一方負けに不思議な負けなしは、 どういう意味かと言うと、文字通り 負けるときには 必ずその理由があるという意味です。 例えば道山の元に、 中学生からこんな相談が良く届きます。 A君は私よりも明らかに部活が下手なのに なぜかA君がレギュラーで私は控えです。 やっぱりこれはA君が先生から 気に入られているからでしょうか? だとしたら差別ではないでしょうか? 私はA君の事を見たことがないので、 どれくらい実力の差があるかは知りません。 ただ負けるには必ず理由があるのです。 それはもしかしたら、 ・A君の方が先生から好かれている という理由かもしれません。 実は、• A君はチームを盛り上げる力がある• A君はチームメンバーを気遣うことができる などかもしれません。 先生によって判断基準が異なるので、 一概には言えないのですが、 絶対に言えることは、あなたよりもA君の方が 勝っている部分が1つはあるわけです。 この負ける理由をしっかりと考え、 それに対して 対策を考えられる人こそ、 今後出世していける人間になるのだと思います。 どんな時でもプラスに考えよう この世の中と言うのは、 様々なところで 理不尽なこと があります。 ただ唯一言えることが、 勝ちに不思議な勝ちはあるが、負けに不思議な負けない ということなのです。 もしあなたが、• 絶対にひいきなんじゃないか?• それは不公平でしょ! と思うことがあったとしたら、 「負けに不思議な負けなし」 と言う言葉を思い出して、 「じゃあ自分がひいきしてもらうにはどうしたら良いのか?」 と 発想を転換してみてください。 きっと人生は、 今よりももっと楽しくなるはずです! 今日も最後まで読んでいただき ありがとうございました。

次の

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」 野村監督と孫子の兵法

負けに不思議な負けなし

プロ野球の野村 元)監督の名言として、 「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」がある。 「負けるときは、負けにつながる必然的な要因がある(不思議な点はない)」 しかし、「勝つときには、(どうして勝ったのかどうも思い当たらないという)不思議な勝ちがある」ということである。 勝負の深い綾を示す言葉として、多くの人の印象に残っている。 この言葉は、実は、野村監督のオリジナルではなく、江戸時代の大名でもあり、文人、武人でもある松浦静山の言葉だ。 しかし、名監督として知られる野村監督の言葉としてもいかにも相応しいものだ。 孫子は言う。 「先ず敵に負けない態勢をつくれ。 次に敵に勝てるチャンスを待て」 「負けない態勢を作るのは自分の問題だ。 こちらが勝てる隙をつくるのは敵の問題だ」 負ける原因は、自分の中にある。 だから、負けないということは努力すれば作れる。 だから先ず負けない態勢をつくるべきだ。 「攻め」ではなく「守り」から入るべきだ。 勝つためには、その上で、「不思議のタイミング」を待って、捉えなければならない…。

次の