兵庫 県 パスポート 更新。 4月1日から土日もOK!兵庫県民が神戸でパスポート申請・更新する方法

秋田県のパスポートの新規取得、更新(切替)、変更、手続きなど【パスポートナビ】

兵庫 県 パスポート 更新

お知らせ ・ 新パスポート(2020年旅券)の発給について 2020年旅券申請受付開始日は 令和2年2月4日(火曜日)からです。 (高知県本庁受付分の旅券交付日は2月10日(月)からとなります。 ) 詳しくは、外務省ホームページをご覧ください。 平成30年10月1日(月)から、「手書きの申請書」に加え「ダウンロードによって作成された申請書」によるパスポート申請を受け付けます。 公募型プロポーザル方式による「旅券窓口業務委託」の審査委員会が開催されました。。 外務省から「」が発表されました。 (「中堅・中小企業向け」を謳っていますが,海外に渡航される皆様に広く参考としていただける内容となっています。 東洋町又は 津野町にお住まいの方は、それぞれの役場で申請受取りを行うことになりました。 有効な旅券の氏名、本籍地の都道府県名又は性別に変更があった場合には、「記載事項変更申請」若しくは「訂正新規申請」のどちらかでの申請となります。 【】をご覧ください。 一時帰国の方は、在留国の滞在許可書を持参してください。 ダウンロードできる様式は、こちらをご覧ください。 パスポートの残存有効期間にご注意ください。 渡航される国によっては、入国時のパスポートに一定の残存有効期間(6ヵ月以上、3ヵ月以上など)を必要としている場合があります。 お出かけ前にご覧ください。 【】なお、パスポートの紛失・盗難防止等には十分注意してください。 外務省では、海外に渡航される皆様の安心と安全のため、2種類の【】を提供しています。 また、スマートフォンのGPS機能を利用したも公開されました。 駐車券にスタンプは押せませんのでご注意ください。 (日曜日の県庁窓口では交付のみを行っています。 5年・10年の申請用紙(一般旅券発給申請書)は県内4か所のパスポート窓口及び県内各市町村の窓口で、その他の申請用紙は、パスポート窓口で入手できます。 (申請用紙の郵送は行っておりません。 ダウンロードできるのは、申請用紙では増補申請書(有効なパスポートの査証欄40ページ追加)、添付書類では旅券申請同意書(法定代理人用)、提出委任申出書(代理提出用)、就業証明書(居所申請用)、旅券受領場所の変更申出書のみです。 必要な書類、申請書の記入例等は、下の」の各リンク先ページをお読みください。 各旅券窓口に申請者本人がおこしください。 申請の種類によって、代理申請や代理提出ができる場合があります。 県庁パスポート窓口に限られている申請もありますので、注意してください。 郵送等による申請はできません。 受け取りは申請者本人に限ります。 (を除く。 受け取りには、申請時にお渡しする「引換票」と「手数料(印紙・高知県証紙)」が必要です。 申請から受け取りまでの日数、申請する窓口以外での受け取りを希望する場合など、詳しくは、「」をご覧ください。 申請の種類、記入例、写真の規格など 高知県内のパスポート窓口で申請できるのは、日本国籍を有し、高知県内に住民登録(現住所)のある方です。 ただし、高知県内に住民登録をしていない方でも、一定の条件を満たしている場合は県内の窓口で申請できます。 詳しくは「居所申請」をご覧ください。 初めてパスポートを申請される方• 前回パスポートの期限が切れている場合 (2)有効なパスポートをお持ちの方• パスポートの有効期間が残り1年未満になった場合• 非IC旅券からIC旅券へ切り替える場合• 有効なパスポートを損傷等してしまった場合• 有効期間残1年以上でも、ワーキングホリデー等で1年を超える査証を取得する必要がある場合• 有効なパスポートに記載された氏名、本籍地の都道府県名等が変更になった場合 又は訂正• 有効なパスポートの査証欄の余白が少なくなった場合 (又は) (3)有効なパスポートを紛失・盗難・焼失・損傷した方• 有効なパスポートを紛失、盗難、焼失した場合 と• 学生や長期出張者、海外に在住していて一時的に帰国している方など、一時的に高知県内にお住まいの方が居所での申請を希望する場合• 申請時の年齢が20歳未満の場合• 本人がどうしても申請に行けない場合•

次の

必要書類・料金案内

兵庫 県 パスポート 更新

海外旅行の前にパスポートの 「有効期限」を確認する人は多いと思いますが、このときパスポートの 「残存有効期間」も確認していますか? 私は以前、夏休みに4泊6日でハワイに行くことになり、パスポートを確認したところ有効期間が残り5ヶ月あったので安心していましたが、旅行会社の人に言われて初めて知りました。。。 実際は「3ヶ月以上」「6ヶ月以上」必要という場合が多いです。 ) 私のように、パスポートの残りの有効期間が、渡航先の指定期間に足らなかった場合は、事前にパスポートの更新手続きが必要となります。 そこで今回は、パスポートの更新手続きについて、更新のタイミングや発行までの期間、必要書類、手数料などパスポートセンターの窓口で確認した内容をまとめてみました。 パスポートの更新(切替)手続き パスポートの更新はいつからできる? 実は、パスポートには「更新」という概念がないため、今使っている有効期限内のパスポートを無効にさせてから、新たにパスポートを発行するという流れになります。 この手続きを 「切替申請」といい、今使っているパスポートの有効期間(残存有効期間)が残り 1年未満になると新しいパスポートに切り替えることができるようになっています。 このとき、パスポートは全く新しいものに切り替わるので、当然「旅券番号」も変わります。 また、古いパスポートに残っていた有効期間(残存有効期間)は、新規パスポートの期間には加算されませんので、注意してください。 手続きする場所 パスポートの切替申請は、お住いの 都道府県のパスポートセンター窓口もしくは、 市区町村で指定されているパスポートセンターの窓口で手続きすることができます。 パスポートの切替申請は本人以外の代理人でも可能ですが、新しいパスポートは年齢に関係なく申請者本人が窓口で受取ることになっていますので、赤ちゃんの分でも赤ちゃん(本人)と一緒に窓口に行く必要があります。 それでは、パスポートの切替申請(申請時)に必要な書類等を確認していきましょう。 氏名や本籍地に変更がある方は、上記に加えて戸籍謄本または戸籍抄本(発行日から6ヶ月以内の原本)が必要となります。 代理人(家族)が手続きする場合 「妻が夫の代わりに手続きをする」「夫が妻の代わりに手続きをする」「親が子どもの代わりに手続きをする」など、忙しくて窓口に行けない場合は、家族の方でも申請をすることができます。 一般旅券発給申請書<10年用または5年用>• (申請者の) 有効期限内のパスポート• 顔写真付の身分証明書をお持ちでない方は、健康保険証、年金手帳・介護保険被保険者証・社員証・学生証など2点以上必要です。 「一般旅券発給申請書」には、申請者本人が記入しなければいけない箇所があるので、事前に申請書を入手する必要があります。 「一般旅券発給申請書」の入手方法 ・パスポートセンターの窓口で受け取る ・市区役所、町村役場の窓口で受け取る 市区町村窓口で配布していない地域もありますので、事前に確認するようにしてください。 ) また、一般旅券発給申請書の裏面には、代理人が記入する欄 「申請書類等提出委任申出書」がありますが、20未満のお子さんの申請を 法定代理人(父・母)が代理で行う場合は、記入不要です。 スポンサーリンク 新しいパスポートが発行されるまでの期間 新規パスポート発行までの期間は、切替申請手続きをする場所で異なります。 都道府県のパスポートセンター(旅券事務所窓口)の場合 パスポートの受け取り可能日は、申請日を含め 6営業日です。 この6日は 平日のみをカウントした日数となります。 祝日などが間になければ、ちょうど1週間ですね。 正確な日にちは「パスポート引換書(受領書)」に記載されています。 市区町村で指定されているパスポートセンター窓口の場合 私の住んでいる地域の窓口で確認したところ、パスポートの受取り可能日は、申請日を含め土日祝日も入れて10日~2週間とのことでした。 最短でパスポートの受取りを希望する場合や確実な日を希望する場合は、各都道府県にあるパスポートセンターの窓口をおススメします。 パスポートの手続きができる窓口(全国)は、こちらから検索することができます。 パスポート引換書(受領書)• <有効期限(年数)と手数料> 10年 16,000円 5年(申請時12歳以上) 11,000円 5年(申請時12歳未満) 6,000円 手数料の支払方法は、パスポートを受け取る前に窓口で収入印紙を購入し、パスポート引換書(受領書)に貼り付けて提出することになっています。 最後に <2020年4月16日追記> 現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、地域によって窓口業務が停止・一部縮小されている場合があります。 詳しくは、お住まいのパスポートセンターHP等でご確認ください。 パスポートの切替手続きは、パスポートの有効期間(残存有効期間)が残り1年未満になると手続きをすることができるようになりますが、外国へ入国する際に必要なパスポートの必要残存有効期限は3ヶ月~6ヶ月(国ごとに異なる)なので、切替申請の目安は「有効期間(残存有効期間)が残り6ヶ月」でよさそうですね。 ただし、申請から発行までも1週間以上時間がかかりますので、海外出張や旅行の予定がある場合は、余裕を持って手続きするようにしてください。 また、切替申請をせずパスポートの有効期限が切れてしまった場合は、「新規申請」(初めてパスポートを作る人と同じ手続き内容)となります。

次の

期限切れのパスポートをお持ちの方

兵庫 県 パスポート 更新

掲載日:2019年9月2日 期限切れのパスポートをお持ちの方 このページでは、次の方がパスポートを申請する場合のご案内をします。 パスポートの有効期間が切れた方• 国内でパスポートの紛失届を提出された方• 外国でパスポートを紛失して「帰国のための渡航書」で帰国され、改めてパスポートを申請する方• パスポートの紛失届と新規発給申請を同時に行う方 書類をそろえます(必要な書類は次の1から6です。 ) 1. 一般旅券発給申請書 1通• 発給申請書は10年用と5年用で異なります。 10年用 A4の大きさで、申請書上縁部が朱色• 5年用 A4の大きさで、申請書上縁部が水色• 20歳以上の方(申請日現在)は10年用と5年用のいずれかのパスポートを選択できますが、 20歳未満の方は5年用のみとなります。 申請書は機械で読み取りますので、折ったり汚したりしないでください。 申請書はパスポートセンターのほか、市区役所、町村役場、県庁などに置いてあります。 (申請書は全国共通です)• 平成30年10月1日からはも御利用いただけます。 また、申請にあたって代理人の方の本人確認のための書類も必要になります。 未成年者が申請する場合には、法定代理人の同意が必要になります。 戸籍抄本または戸籍謄本(提出の日前6か月以内に発行されたもの) 1通• 戸籍事務がコンピューター化された市区町村では、戸籍謄(抄)本に代わって「戸籍の個人事項証明書」(戸籍抄本に相当)や「戸籍の全部事項証明書」(戸籍謄本に相当)が発行されます。 同一戸籍内のご家族の方が同時に申請する場合は、戸籍謄本を1通提出いただくだけで全員の申請を受け付けることができます。 戸籍謄(抄)本は、本籍地の市区町村の戸籍担当係で手に入ります。 本籍が遠く離れている場合は郵送で請求することもできますので、各市区町村に問い合わせてください。 パスポート用の写真 1枚 カラーコンタクトレンズ不可 写真は、切らずに・貼らずにお持ちください。 窓口で確認の上、カットして、申請書にお貼りします。 申請者本人のみを撮影したもの• 6カ月以内に撮影したもの• 正面、無帽、無背景• カラーでも白黒でも可• 鮮明であること(焦点が合っていること)• 明るさやコントラストが適切であること• 影のないもの• 背景と人物の境目がはっきりしていること• 眼鏡のレンズに光が反射していないこと• 平常の顔貌と著しく異ならないもの(例えば、口を開き歯が必要以上に見えているものは不可)• 前髪などにより、目などの顔の器官や輪郭が隠れていないこと• ヘアバンドなどで頭髪を覆っていないこと• 変色していないもの、傷や汚れのないもの• デジタル写真の場合、ジャギー(階段状のギザギザ模様)がないもの• ボックス写真、デジタルカメラを利用する場合は特に注意が必要です。 上記の規格を満たしていても、ご本人であることがわかりにくい写真はパスポート用写真として不適当です。 詳しくは下記「パスポート写真の規格と見本」をご覧ください。 本人確認のための書類 1点または2点 1点で良い書類 運転免許証・マイナンバーカード(個人番号カード)・写真付の住基カード・船員手帳・宅地建物取引主任者証等 (上記以外の書類についてはこちらをご覧ください。 イ 健康保険被保険者証・国民健康保険被保険者証・船員保険被保険者証・介護保険被保険者証・共済組合員証・後期高齢者医療被保険者証・国民年金手帳(証書)・厚生年金手帳 証書 ・船員保険手帳 証書 ・共済年金証書・恩給証書・印鑑登録証明書と登録印・写真付の身体障害者手帳• ロ 学生証・会社等の身分証明書・公の機関が発行した資格証明書(いずれも写真付きのもの) (上記以外の書類についてはこちらをご覧ください。 本人確認書類の記載内容(氏名・ヨミカタ・性別・生年月日・住所等)は、申請書と一致している必要があります。 期限切れのパスポート又は帰国のための渡航書(お持ちの場合) 期限切れのパスポートや帰国のための渡航書は失効処理した上で、お返しいたします。 特別な場合に必要となる書類 (1)下記ア~オのいずれか又はいくつかに該当する方 ア 住民基本台帳ネットワークシステムの利用を希望しない イ 他の都道府県に住民登録していて、埼玉県でする ウ 転居届提出日直後に申請する 必要な書類:住民票(提出の日前6か月以内に発行されたもの) (注)上記ア~オのいずれにも該当しない方で埼玉県内に住民登録されている方は、住民基本台帳ネットワークシステムで検索できますので、住民票は省略できます。 (2)本人確認書類として印鑑登録証明書を提示する方 必要なもの:印鑑 申請書裏面の申請者署名欄に登録印の押印が必要です。 パスポートは申請してから受領まで、原則として、申請日を含め、土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始(12月29日から1月3日)を除いて6日かかります。 渡航先によってはビザが必要になりますので、パスポート申請は余裕を持って行ってください。 パスポートを受領できるのは、年齢に関係なく申請者本人だけです。 代理人による受け取りは認められませんので、ご注意ください。 パスポートを受け取ることのできる窓口は、申請書を提出した旅券窓口です。 パスポートを受け取るときは、申請時にお渡しするパスポート受領証、手数料が必要になります。 パスポート受領証に書かれた交付予定日が来たら、できるだけ早くお受け取りにお越しください。 パスポートは、発行の日から6か月以内に受け取らないと失効しますのでご注意ください。

次の