日立 医薬 情報 ソリューションズ。 日立系ITシステム2社が合併、「日立医薬情報ソリューションズ」に

株式会社オークス・ソリューション

日立 医薬 情報 ソリューションズ

会社名 株式会社日立ソリューションズ Hitachi Solutions, Ltd. 本社所在地 本社 〒140-0002 東京都品川区東品川4ー12ー7(日立ソリューションズタワーA) TEL:03-5780-2111 代表• 設立年月日 1970年 昭和45年 9月21日 代表者等 取締役社長 星野 達朗 資本金 200億円 従業員数 4,607名 単独 12,461名 連結 2020年3月31日現在 主な事業内容 ソフトウェア・サービス事業 情報処理機器販売事業 許認可 ISO9001• 登録番号 JQA-0914• 登録活動範囲 統合システム運用管理ソフトウェア(ジョブ管理)の設計・開発、製造及び保守 ISO14001• 登録番号 EC02J0400• 登録活動範囲 日立ソリューションズ全事業所および株式会社日立ソリューションズ東日本、株式会社日立ソリューションズ西日本、株式会社日立ソリューションズ・クリエイト、株式会社日立ソリューションズ・テクノロジー• 組織名称 株式会社日立製作所 システム&サービスビジネス ISO27001• 登録番号 IS-622281• 登録活動範囲 セキュリティ診断業務 プライバシーマーク• 登録番号 第11820016(11)号• ITストラテジスト試験 旧システムアナリスト試験、旧上級システムアドミニストレータ試験含む) 73人 システムアーキテクト試験 旧特種情報処理技術者試験、旧アプリケーションエンジニア試験含む) 257人 プロジェクトマネージャ試験 198人 ネットワークスペシャリスト試験 (旧テクニカルエンジニア試験(ネットワーク)含む) 504人 データベーススペシャリスト試験 (旧テクニカルエンジニア試験 データベース 含む) 365人 エンベデッドシステムスペシャリスト試験 旧テクニカルエンジニア試験 エンベデッドシステム 含む) 94人 ITサービスマネージャ試験 (旧テクニカルエンジニア試験 システム管理 含む) 94人 システム監査技術者試験 43人 応用情報技術者試験 (旧ソフトウェア開発技術者試験含む) 2,412人 基本情報技術者試験 3,887人 ITパスポート試験 (旧初級システムアドミニストレータ試験含む) 509人 マイクロソフト認定 プロフェッショナル(MCP) (内 マイクロソフト認定 ソリューションデベロッパー(MCSD)) (内 マイクロソフト認定システムエンジニア(MCSE)) 1,290人 (9人) (181人) ORACLE MASTER (注4) (内 旧Platinumおよび新Gold) (内 新Platinum) 655人 (162人) (27人) オラクル認定コンサルタント 12人 SAP認定コンサルタント (注5) 178人 Oracle認定Java資格 (注6) 402人 Ruby技術者認定資格 28人 VMWare認定プロフェッショナル VCP 24人 Red Hat認定JBoss管理者 RHCJA 12人 AWS Amazon Web Services 認定資格 208人 JP1認定資格 366人 Cosminexus認定資格 127人 HiRDB認定資格 67人 PMP Project Management Professional 1,164人 ITコーディネータ 85人 Linux技術者認定資格 LPIC 180人 XMLマスター 956人 OMG認定UML技術者資格 OCUP 208人• *注1 試験合格者は、延べ人数でカウント• *注2 情報処理安全確保支援士の資格登録者は179名• *注3 ベンダー・NPO資格取得者は、取得者数でカウント(資格内で複数資格取得の場合は1名でカウント)• *注4 旧ORACLE MASTER含む• *注5 Certification2002以上の資格者• *注6 旧Sun Java資格を含む.

次の

よくある質問|ITシステムのアウトソーシングなら日立医薬情報ソリューションズ

日立 医薬 情報 ソリューションズ

株式会社日立ソリューションズ Hitachi Solutions, Ltd. )は、東京都品川区に本社を置く、日本の メーカー系 である。 と共に日立グループの情報通信分野の中核を担う企業。 が100%出資。 会社概要 [ ]• 2010年10月にシステムインテグレーターの(日立システム、日立SAS)とソフトウェアハウスの(日立ソフト)が合併して設立された。 システムインテグレーション事業として、アプリケーション開発からパッケージ導入やインフラストラクチャ構築まで、各お客様へのシステム導入をワンストップで対応する。 案件規模は数年の期間を要する大きいプロジェクトから1月程度で完了する小さいプロジェクトまで様々。 国内案件だけでなく海外案件も取り扱っている。 日立グループにおいてと並ぶ情報通信事業分野(情報・通信システム社)の中核企業であり、事業領域は製造、流通、通信を中心として金融、社会、公共、交通、教育、医療など多岐にわたる。 日立ソリューションズは設計開発を中心にして対応しており、日立システムズは運用保守を中心に対応している。 2015年4月に会社分割を行なっており、金融・公共・社会インフラ(通信を除く)の部隊は日立製作所に移管された。 このため以降これらの事業分野について日立製作所の範疇となっている。 経営ビジョンは「未知の扉をひらく。 ゆるぎないチカラとともに。 HItachi SOLutionsから、内ではHISOL(ハイソル)という略称を使用。 ハイソル株式会社 が存在することもあり日立グループ外では使用されない。 情報処理技術者試験やベンダー資格を取得しているITエンジニアが多数在籍。 名刺に各社員自身が選択した"S"から始まる人財ブランドロゴマークがプリントされている。 (Spirited, Smile, Simple, Smart, Shining, Samurai, Strategic など)• ソリュートくんというマスコットキャラクターがいる。 主な事業 [ ]• システムインテグレーション事業• ソリューションパッケージ開発・サービス事業• ミドルウェア開発(など)• 情報処理機器販売事業 事業所 [ ] 国内拠点 [ ]• 本社()• 横浜事業所( 8・9F)• 中部事業所( 28F)• 関西事業所() 主な子会社 [ ]• 株式会社日立ソリューションズ東日本• 株式会社日立ソリューションズ西日本• 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト• 株式会社日立ソリューションズ・テクノロジー• Hitachi Solutions America, Ltd. Hitachi Solutions Canada, Ltd. Hitachi Solutions Europe Ltd. 日立解決方案(中国)有限公司• 浙江日立解決方案軟件服務有限公司• Hitachi Solutions India Pvt. Ltd. Hitachi Solutions Asia Pacific Pte. Ltd. Hitachi Solutions(Thailand), Ltd. Hitachi Solutions Philippines Corporation 沿革 [ ] 合併以前の沿革については、、を参照のこと。 とが対等合併し日立ソリューションズ発足。 中国北京市に日立解決方案(中国)有限公司を設立。 日立ビジネスソリューション株式会社を株式交換により完全子会社化。 株式会社日立東日本ソリューションズ、株式会社日立中国ソリューションズ、株式会社日立ソリューションズ九州をグループ会社化。 Hitachi Consulting Corporationから日立ソリューションズアメリカ社と日立ソリューションズヨーロッパ(イギリス)社にMicrosoft Dynamics事業を移管。 株式会社日立中国ソリューションズと株式会社日立ソリューションズ九州が合併し、商号を株式会社日立ソリューションズ西日本に変更。 株式会社日立ソリューションズバリューと株式会社日立ソリューションズデザインが合併し、商号を株式会社日立ソリューションズ・ネクサスに変更。 グループ会社である株式会社日立東日本ソリューションズを株式会社日立ソリューションズ東日本に、日立ビジネスソリューション株式会社を株式会社日立ソリューションズ・ビジネスに社名変更。 グループ会社である株式会社日立ソリューションズ・ビジネスと株式会社日立ソリューションズ・ネクサスが合併し、商号を株式会社日立ソリューションズ・クリエイトに社名変更。 会社分割により金融・公共・社会インフラ 通信を除く の部隊を日立製作所に移管。 従業員の約半数が転籍となる。 グループ会社である株式会社日立ソリューションズ・クリエイトが株式会社日立ソリューションズ・サービスを吸収合併。 株式会社日立ソリューションズ・テクノロジーをグループ会社化。 企業スポーツ [ ]• スキー部(障がい者実業団チーム) 主なソリューション・製品 [ ]• ソフトウェア• LYSITHEA(リシテア)• StarBoard• ハードウェア• Juniper Network Products• Palo Alto Networks PAシリーズ その他、多数。 関連項目 [ ]• システムインテグレータ• 脚注 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

会社概要|ITシステムのアウトソーシングなら日立医薬情報ソリューションズ

日立 医薬 情報 ソリューションズ

製薬会社にとって、新薬の特許切れは重い経営課題です。 継続して新薬を開発・販売していくために、効率的な事業運営によるコスト削減がより厳しく求められるようになりました。 その一方で、製薬・医療系の企業で遵守すべき法令が厳格なことは変わらず、IT領域にも規制への対応が厳しく求められます。 さらに、近年では、グローバル化への対応も求められるようになりました。 そのため、製薬・医療業界の企業では、自社のITの機能の一部を外部リソースに委託、補強したいと、IT運用や開発(システム構築)をアウトソーシングする傾向が年々強くなっています。 深い業務知識に裏打ちされた更なるサービス品質の向上はもちろん、コスト削減やグローバル対応などにも対応できる「信頼できるITパートナー」が、今こそ求められています。 私たち日立医薬情報ソリューションズは、2020年1月に日立グループの2社が統合し、新たな会社として発足しました。 両社共に、関東・関西の大手製薬会社と日立グループの共同出資によるジョイントベンチャーとしてそれぞれ誕生しました。 法規制が厳しく、システムにも高い品質やプロセス管理が求められるITサービスプロバイダとして、製薬会社のIT基盤の運用・保守や開発に、約15年間にわたり携わってきました。 手掛けた領域は幅広く、IT化構想支援から、各種システムの開発(研究開発システム、基幹系システム、生産管理システム、品質管理システム、MR支援システムなど)、運用・保守(大規模システム運用、ユーザサポートなど)までをカバーしています。 培ったのは、薬事規制への対応はもちろん、研究開発から製造、販売までエンドユーザと直接会話し、現場で生じる課題・要望を把握できる業界知識。 あるいは、IT戦略立案から、大型合併に伴う組織・システム改編、障害発生時の迅速な回復や障害未然防止といった実践的なノウハウまで、企業システムに関する豊富な経験と広範な知識です。 このため、私たちは、製薬・医療業界の企業に向けた幅広いサービスを提供可能です。 最上流では、事業戦略に沿った業務・法令・CSVなどに対応するためのコンサルティングを実施。 お客様が定めたサービスレベルに沿って機能を提供するだけでなく、蓄積した業界・業務知識をもとに潜在的なお客様の事業・業務課題を抽出、最適な解決策を提案します。 また、IT基盤全体を俯瞰したうえで、運用全体のサービスレベル・コスト管理、新規ツール提案、ベンダ管理など業務改善策を提示することも可能。 ITソリューションの提供では、パートナー企業と連携し、研究開発・基幹/生産管理・営業/マーケティング業務などをサポートするためのサービス提供が可能です。 さらに、ITベンダのソリューションをお客様視点で比較、全体最適化を実現するためのソリューションの組み合せた提案を実施できます。 こうしたサービスを、コンサルティングファームなどに比べて比較的安価に提供可能なことも大きな特徴です。 そのうえで、低コスト・高品質の運用アウトソーシングサービス、BPOサービスを導入・運用を実施。 サービス提供時には、業務プロセスや手順、管理環境などのテンプレートを用意するなど、業務標準化のための負荷の軽減とコスト削減も実現。 その効果をモニタリング、分析し、導入後の安定的な運用や更なる最適化のための提案も、併せて行います。 日立グループの企業である当社は、グループの豊富なリソースを活用しつつも、その枠に縛られることはありません。 日立グループのリソースを活用できるのは、確かに私たちの大きな強み。 例えば、日立製作所と連携して、効率的な営業・SE活動の支援、セキュリティリスクへの対応を実現できます。 業界最高水準の日立製作所の研修制度を活用、高いスキルのメンバーを育成できることも大きなメリットです。 しかし、製品・サービスについては、あくまでマルチベンダとして、お客様に最適な提案を行います。 プライムベンダとして、各ベンダと連携した開発・運用・サービスの提供をすることも可能です。 社内には、プロジェクトマネージャー経験者が数多く在籍、QCDを完遂するノウハウが豊富に蓄積されています。 また、製薬会社のMR、研究開発、サプライチェーン業務の経験者、ITベンダでITやプロジェクトマネジメントスキルを培った者など、そのバックグランドはさまざまです。 多様なメンバーが、定期的な社内部門間のローテーションにより幅広い業務領域を経験していきます。

次の