アニスタ アニメ。 全話一気に視聴するならココ!!(アニメ)

あんスタアニメ(第2クール)放送開始日は?放送時間やチャンネルもチェック!

アニスタ アニメ

アニスタとは 「アニメスタジオ・ミーティング」(略称:アニスタ)は、アニメ制作会社が主導し新たに立ち上げたアニメプロダクションPR&リクルート&ファン感謝イベントです。 Vol. 1は、2019年1月27日(日)@茨城つくばと2019年2月9日(土)&10日(日)@東京秋葉原の3日にわたって上映祭、ミーティングデー、リクルートデーを開催しました。 参加スタジオはWIT STUDIO、MAPPA、CloverWorks、コミックス・ウェーブ・フィルム。 各社の作品の上映会やスタッフ&キャストトーク、さらには4社合同の対談ステージを実施。 また、アニメ業界を志望する学生やアニメ制作に興味がある方へ向けて会社説明会を催し、様々な角度からアニメーションの現場を知ることのできるイベントとなりました。 Vol. 2は、2019年11月2日(土)~12月8日(日)の約1か月間にわたり、東京アニメセンターにて開催が決定!参加スタジオはWIT STUDIO、MAPPA、CloverWorks、コミックス・ウェーブ・フィルム、GRIZZLYの5社。 アニメスタジオの仕事に触れることができるのはもちろんのこと、今回はさらにパワーアップしています。 ぜひご来場ください。 アニスタVol. 2 各社描き下ろしメインビジュアル (左から)WIT STUDIOビジュアル、CloverWorksビジュアル、MAPPAビジュアル 開催概要 名称:アニメスタジオミーティング(略称:アニスタ)Vol. 各社ごとのブースも設置いたします。 <当日のイベントスケジュール> 11:30~12:30 WITトーク 登壇者:和田丈嗣、中武哲也、浅野恭司、胡 拓磨(ゲスト) 13:30~14:30 「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」スタッフトークショー 登壇者:増井壮一、田村里美、木田和哉 15:30~16:30 「ドロヘドロ」スタッフトークショー 登壇者:木村 誠、淡輪雄介、林 祐一郎、岸 友洋、野田楓子 17:30~18:30 「空の青さを知る人よ」スタッフトークショー 登壇者:長井龍雪、田中将賀、賀部匠美 19:30~20:30 各社代表P座談会 登壇者:和田丈嗣 WIT STUDIO 、中武哲也 WIT STUDIO 、大塚学 MAPPA 、川口典孝 コミックス・ウェーブ・フィルム 、福島祐一(CloverWorks) グッズ販売について 今回のアニスタVol. 2用に描き下ろしたビジュアルを使用したグッズや、CloverWorks発売グッズを販売します。 ほかにも、各社参加スタジオのグッズ販売も。

次の

あんスタアニメ(第2クール)放送開始日は?放送時間やチャンネルもチェック!

アニスタ アニメ

アニスタとは 「アニメスタジオ・ミーティング」(略称:アニスタ)は、アニメ制作会社が主導し新たに立ち上げたアニメプロダクションPR&リクルート&ファン感謝イベントです。 Vol. 1は、2019年1月27日(日)@茨城つくばと2019年2月9日(土)&10日(日)@東京秋葉原の3日にわたって上映祭、ミーティングデー、リクルートデーを開催しました。 参加スタジオはWIT STUDIO、MAPPA、CloverWorks、コミックス・ウェーブ・フィルム。 各社の作品の上映会やスタッフ&キャストトーク、さらには4社合同の対談ステージを実施。 また、アニメ業界を志望する学生やアニメ制作に興味がある方へ向けて会社説明会を催し、様々な角度からアニメーションの現場を知ることのできるイベントとなりました。 Vol. 2は、2019年11月2日(土)~12月8日(日)の約1か月間にわたり、東京アニメセンターにて開催が決定!参加スタジオはWIT STUDIO、MAPPA、CloverWorks、コミックス・ウェーブ・フィルム、GRIZZLYの5社。 アニメスタジオの仕事に触れることができるのはもちろんのこと、今回はさらにパワーアップしています。 ぜひご来場ください。 アニスタVol. 2 各社描き下ろしメインビジュアル (左から)WIT STUDIOビジュアル、CloverWorksビジュアル、MAPPAビジュアル 開催概要 名称:アニメスタジオミーティング(略称:アニスタ)Vol. 各社ごとのブースも設置いたします。 <当日のイベントスケジュール> 11:30~12:30 WITトーク 登壇者:和田丈嗣、中武哲也、浅野恭司、胡 拓磨(ゲスト) 13:30~14:30 「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」スタッフトークショー 登壇者:増井壮一、田村里美、木田和哉 15:30~16:30 「ドロヘドロ」スタッフトークショー 登壇者:木村 誠、淡輪雄介、林 祐一郎、岸 友洋、野田楓子 17:30~18:30 「空の青さを知る人よ」スタッフトークショー 登壇者:長井龍雪、田中将賀、賀部匠美 19:30~20:30 各社代表P座談会 登壇者:和田丈嗣 WIT STUDIO 、中武哲也 WIT STUDIO 、大塚学 MAPPA 、川口典孝 コミックス・ウェーブ・フィルム 、福島祐一(CloverWorks) グッズ販売について 今回のアニスタVol. 2用に描き下ろしたビジュアルを使用したグッズや、CloverWorks発売グッズを販売します。 ほかにも、各社参加スタジオのグッズ販売も。

次の

全話一気に視聴するならココ!!(アニメ)

アニスタ アニメ

「進撃の巨人Season3」スタッフトークショーでは、WIT STUDIOの和田丈嗣社長の司会のもと、荒木哲郎総監督、キャラクターデザインや総作画監督を務めた浅野恭司さん、中武哲也プロデューサーが登壇した。 最初のトークテーマは、「Season1から制作してきて感じること、思うこと」。 「(アクション作画監督を担当した)今井有文の願いをいかにかなえるか?という感じでした」と話した荒木総監督が選んだのは、「Season3」第2話「痛み」。 1月につくばで開催されたセレクション上映会でのトークショーでも紹介された「とにかくよく動く作画」が巷でも話題となったシーンで、「今井君にまず大事なシーンを作ってもらい、我々はそこにどうたどり着くのか?という流れで作業しました」と語り、スタッフへの思い入れがとても強いということが、このエピソードからもうかがえた。 続いて、浅野氏が選んだシーンは、「Season1」の21話「リヴァイ班VS女型の巨人」。 そのときの制作状況はとんでもなく大変だったそうで、「原画を描くアニメーターだけではなく、作画監督陣も一緒になって原画を描きました」と苦笑いしながら当時を思い出していた。 ただ、荒木監督いわく「この回を乗り切ったことで、シーズン後半になると「まだまだいけるだろうな」という気持ちになった」という。 最後は中武プロデューサーが選んだシーン。 「Season1」11話「エレン立体機動アクションからの巨人化」。 このあたりから、「いかに長い尺を俺の作画で埋めるのか?という『作画抗争』が勃発した(笑)」そう。 また、「Season3」47話「ケニーの独白」では、「巨人が登場しない、ということで『面白くなるの?』とほうぼうから言われましたが、このエピソードで人間ドラマで泣かせることができるのがわかりました。 作画としてのカロリーは低いのですが、とにかく泣けるんです。 『こういう仕事をやりたかったんだ』と改めて思いました」としみじみと語った。 最後に、2019年4月から放送開始予定の最新作(「Season3」後半クール)へ向けて、荒木監督から「『Season1』へのカムバック感を強調するために、『Season1』で使用されたアレンジ曲もありますし、タイムスリップのような感覚を感じていただきつつ、総決算のような作品になっていると思います。 よろしくお願いします!」、 浅野氏からは「我々が観てもすごく面白いと感じましたので、ぜひ楽しみにしていてください!」、 そして中武プロデューサーから「WIT STUDIOの力を結集して作っていますので、ぜひご覧いただけますと幸いです」 とそれぞれメッセージが贈られた。

次の