弔電 例文。 お悔やみの気持ちを弔電で

弔電、電報の例文・文例集

弔電 例文

神道においては、人の死を「帰幽(きゆう)」といい、葬儀のことは「神葬祭(しんそうさい)」といいます。 また、仏式におけるお通夜を「通夜祭(つやさい)」といい、通夜祭の後に「遷霊祭(せんれいさい)」が引き続いて行われます。 そして翌日には仏式における告別式の「葬場祭(そうじょうさい)」が行われ、火葬場でも「火葬祭(かそうさい)」と墓地で「埋葬祭(まいそうさい)」を行います。 このように、神道形式のお葬式は仏式等と大きく異なります。 弔電に神道以外の宗教用語を入れない 弔電を送る場合に気を付けなければいけないとしては、他の宗教に関する言葉を入れてはいけないことです。 海外から伝来したキリスト教と異なり、神道は古来から仏教と同様に親しまれてきたことから、特に仏教と混同してしまうことがよくあります。 お悔やみの気持ちを伝えようとしても、「成仏」「供養」「冥福」「あの世」「往生」といった言葉は仏教から派生しているので、神道のお葬式への弔電の文章に入れてはいけません。 また、仏式と同様に『忌み言葉』があり、「重ねる」「重ね重ね」「返す返すも」「再三」「くれぐれも」といった単語を弔電に使うこともよくありません。 神道のお葬式へ弔電を送るときは民間の電報業者の文例を参考にする 他の宗教に関する言葉を入れず、また、いわゆる『忌み言葉』も入れなければ、弔電の文章としては問題ありません。 NTTやKDDIに民間の電報業者では、宗教を問わずに使える文例を多数用意しています。 その文例の中から個人名を入れ替えて使用するのが一番良いでしょう。 ここでは、NTTや民間の電報業者で作成した文例集の中からいくつか紹介します。 神道で使える弔電の文例(一般的なもの) ・ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 ・ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。 ・お悲しみをお察し申しあげますとともに、衷心より哀悼の意を表します。 ・ご生前の厚情に深く感謝するとともに、故人のご功績を偲び謹んで哀悼の意を表します。 ・お悲しみに対し弔問かなわぬ非礼をおわびし、謹んで哀悼の意を表します。 神道のみで使える弔電の文例はそんなに多くない 次に、神道で使われる言葉を入れて弔電を送る場合を考えてみます。 電報業者では一般的な弔電の文例を用意しています。 しかし、神道のみで使える文例は多くありません。 したがって一般的な弔電の文例の中から選ぶことになりますが、仏教用語を入れないように注意しなければいけません。 ここでは、NTTや民間の電報業者で作成した文例集の中から紹介します。 神道形式での弔電の文例 ・ここに眠る御霊の安らかなることをお祈りいたします。 ・在りし日のお姿を偲びつつ、故人の安らかなお眠りをお祈りいたします。 もし、ご遺族と亡くなった人との関係性がわかったら、その敬称を文例に付け加えてもいいでしょう。 例えば、お父様なら「ご尊父様」であり、お母様なら「ご母堂様」であり、旦那様なら「ご主人様」です。 神道のお葬式の弔電の文例は一般的なものを参考にして他宗教と忌み言葉を使わないように注意する 一般的な弔電の文例には「冥福」という言葉が入ったものが多く存在します。 しかしこれは仏教用語なので、神道形式にはそぐわないから注意が必要です。 それから、一般的な文例に何か一言だけでもオリジナルの文章を入れると、ご遺族の心に届く特別な弔電になるのではないでしょうか。 例えば「公私とも大変お世話になり感謝の気持ちでいっぱいです」や「ご功績の偉大さに、心から敬意を表したいと存じます」といった具合です。 神道の弔電の文例は多くはありませんが、一般的なものを参考にしてみてください。 くれぐれも他宗教のものと忌み言葉を使わないように注意してください。

次の

弔電を孫から送る際のポイントと文例

弔電 例文

Contents• 弔電を会社名で出すときのルールとビジネスマナー 会社関係者に訃報があった場合、会社の名前で弔電を送ることになります。 そのような場合は、あらかじめ決められた社内規則に則って弔電を送りましょう。 大きな会社になると、同じ会社であっても部署ごとに何種類もの電報を送るケースもあり、「同じ会社から何通も送るなんて無駄じゃないかな」と思われる方もおられるかもしれませんね。 しかし会社としての立場がありますので、規則通りに送ることが正しいとされます。 また会社名で弔電を送るさい、気を付けることは次のとおりです。 会社名で弔電を送るときの注意点• 送り先(宛名)を確認する• 会社名は略さず正式名称で書く• 社名を間違えない• 弔文は感情的にならず端的に• 社名を傷つけないランクの台紙を選ぶ 弔電の台紙はピンからキリまであり、なかには無料の台紙もあります。 しかし無料の台紙はあまりにも粗末な印象をぬぐえず、やはり社名を担っている以上無料の台紙はおすすめはできません。 相手の心証を害する可能性もあり、無料の台紙で送るくらいなら弔電を出さないほうがマシともいえます。 インターネットで注文できる弔電会社の中には西陣織という芸術品を弔電にあしらい、なんと2,800円~という低価格で送ることができるものもあるんですよ。 送り先・宛名を確認し、正式名称で書く 弔電の宛名は基本的に喪主の名前で出しますが、送り先は自宅なのか、告別式の会場なのかで住所の欄が変わります。 そのため訃報を受け取ったら必ず「喪主名」と「弔電の届け先」を確認しましょう。 弔電の宛名についての詳しい解説は「」をお読みください。 差出人欄は、自分の会社の会社名が入ります。 そのとき社名は略さず、正式名称で書きましょう。 もちろん社名を間違うのはもってのほかです。 会社の名前を使ったオフィシャルなものなので、弔電の本文は感情的な表現を避け、シンプルで簡単なものが好まれます。 会社から出す弔電の文例!シンプルでスマートな表現に 弔電は葬儀や告別式の会場で、参列者を前にして読み上げられます。 いくつもの弔電を読み上げられるので、それに埋もれてしまわないよう個性的なオリジナルの文章でお悔やみを伝えられる方もおられます。 しかしそのような感情的な文章は、ビジネス弔電ではNG。 会社として弔電を出す場合はシンプルなもののほうが好まれます。 TPOをわきまえた文章で送りましょう。 会社名で弔電を出す場合の、一般的な文例は次のとおりです。 会社名や役職名を入れると、けっこう文字数が多くなるなあ・・・ このような印象を持たれる方が、多いのではないでしょうか。 NTTの弔電サービスは、文字数が多くなるごとに料金が高くなる文字課金制です。 会社名や住所も文字数にカウントされてしまうので、どうしても費用が高くついてしまいがち。 しかしインターネットから24時間注文できる なら、350文字までのメッセージを台紙費用だけで送ることができるので、非常に経済的です。 また経費削減に役立つだけでなく、請求書を月締め請求や、自動引き落としに設定できたりと管理にも便利です。 弔電を法人名で出すときの文例とビジネスマナーまとめ この記事では、弔電を会社名で出すときの文例やマナーについて解説してきました。 ビジネス弔電であっても「告別式が始まるまでには必ず届くようにする」などの、基本的なマナーは変わりません。 また会社の重役から連名にすることや、正式名称を間違えないで書くことなど、一般的なビジネスマナーを試されます。 弔電業者に依頼する前に、必ず周りの人にも校閲を頼むことがおすすめ。 そして誤字や脱字のないように確認するとともに、責任者に最終確認をしてもらうほうがよいでしょう。 社名を担っていることを忘れずに、くれぐれも丁寧に確認することが大切なんですよ。

次の

弔電の正しい打ち方とは?仕事相手への弔電例文や宛名マナー [総務・人事] All About

弔電 例文

弔電文例 弔電は電話で申し込む方法(受付時間は午前8時から午後10時、配達時間は午前8時から午後7時)、ファックスで申し込む方法があります。 また菊の花をあしらった「刺繍電報」、線香を添えた「香華」などのメモリアル電報があります。 (2) メモができたら局番なしの「115」に電話します。 (3) オペレーターが出たら、自分の電話番号と名前を告げ、次に相手の住所と名前を告げます。 (4) 電文をゆっくりと読みます。 (5) 誰が打ったか名前を知らせたい場合は、電文の最後の段落(」)に続けて名前を入れます。 (住所、会社名、役職などを入れる場合も) (6) 終わったら、オペレーターが相手の住所、名前、通信文をくり返すので再確認をします。 文例の文章は、一部ことばを入れかえ てご利用になれます。 [ 7501] ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申しあげます。 [ 7502] ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。 [ 7503] 悲報に接し、悲しみにたえません。 心よりご冥福をお祈りいたします。 [ 7504] 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 [ 7505] ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 [ 7506] ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、故人のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。 [ 7507] ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 [ 7508] ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 ご家族の皆様が心を合わせて、強く生きられますようお祈りいたします。 [ 7509] ご逝去の知らせを受け、ただただ、驚いております。 ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 [ 7510] いつまでも、いつまでもお元気で長生きしてくださるものと思っておりました。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 遥かにご冥福をお祈りいたします。 衷心より哀悼の意を表します。 いたってご壮健と伺っておりましただけに、申しあげる言葉もございません。 皆様のご落胆もいかばかりかと存じます。 どうぞご自愛くださいませ。 ご冥福をお祈りいたします。 どうぞお気を強くなさってください。 心からお悔やみ申しあげます。 [ 7601] 突然の悲報に接し、驚愕しております。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 [ 7602] 突然の悲しいお知らせに接し、悲しみにたえません。 在りし日を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 [ 7603] あまりに突然のご逝去、お慰めの言葉もございません。 ただ、ご冥福をお祈りするばかりです。 [ 7604] 突然の悲報に接し、動揺のあまり声も出ませんでした。 ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 心からこ冥福をお祈りいたします。 [ 7605] 悲報に接し、心からお悔やみ申しあげます。 お力落としをお慰めするすべもなく、ただ故人のご冥福を祈りあげるばかりです。 [ 7606] 突然の悲報に接し、ご遺族様のお悲しみ。 いかばかりかと拝察いたします。 お別れもできなくて、残念です。 故人のご冥福をお祈りいたします。 [ 7607] 突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 [ 7608] まさかとは思いましたが、ニュースで知り驚いています。 さぞかし皆様お心落としのことと存じますが、一日も早くお悲しみから立ち直られますように。 謹んでお悔やみを申しあげます。 [ 7612] 突然の悲報に接し、呆然自失のありさまです。 お元気だったころのお姿ばかりが目に浮かび、訃報がいまだに信じられません。 今はただ、ご冥福を祈るのみです。 [ 7613] ご生前の笑顔ばかりが目に浮かびます。 どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、心からお祈りいたします。 [ 7615] ご逝去の報に呆然といたしました。 働き盛りのお元気だった故人の面影が目に浮かびます。 教えていただきたいことが、まだまだたくさんありましたのにと悔やまれます。 心からご冥福をお祈りいたします。 [ 7522] ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 [ 7523] ご尊父様のご逝去を、心よりお悔やみ申しあげます。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 [ 7524] ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。 ご尊父様には、幾多のご厚情をうけながら、ご恩返しをすることもできず、痛惜の念もひとしおです。 ご冥福をお祈りいたします。 [7525]いつもお元気そうに談笑されていたお父上様を思い出します。 父もすっかり肩を落として、在りし日の思い出に声を詰まらせています。 故人のご冥福をお祈りいたします。 [ 7614] ご訃報に接し、ただただ悲しいばかりです。 故人は慈父のようなお方でした。 安らかにお眠りになられることをお祈りいたします。 [ 7532] ご母堂様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 [ 7533] ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 お慰めの言葉もございません。 今はただ、心から、ご冥福をお祈りいたします。 [ 7534] 悲報に驚いています。 あなたのお気持ちを思うと胸が痛みます。 心から哀悼の意を表し、お母様のご冥福をお祈りいたします。 [ 7535] ご母堂様のご急逝を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 いつも、お優しかったお顔を思い出し、まだ信じられない気持ちです。 心よりご冥福をお祈りいたします。 [ 7536] お母様のご逝去に深く哀悼の意を表します。 家族ぐるみでお世話になりました。 ご冥福をお祈りいたします。 [ 7542] ご子息様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 [ 7543] ご令息様の突然の悲報に愕然といたしております。 ご家族の皆様のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 謹んでお悔やみ申しあげます。 [ 7544] ご子息様の急逝の報に接し、悲しみにたえません。 前途洋々たる時に突然他界され、ご両親様のお悲しみ、ご無念のお気持ちは、いかばかりかとお察し申しあげます。 [ 7552] ご令嬢様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からこ冥福をお祈りいたします。 [ 7553] お嬢様のこ逝去を悼み、ご両親様のお嘆きをお察し申しあげますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 [ 7554] お嬢様の突然のお旅立ち、ご両親様のお嘆きいかばかりかと、拝察申しあげます。 在りし日の美しいお姿を偲び、衷心より哀悼の意を表します。 お二人のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 お別れにも伺えず、残念でなりません。 心からご冥福をお祈りいたします。 [ 7610] お悲しみに対し弔問かなわぬ非礼をおわびし、謹んで哀悼の意を表します。 [ 7611] ご生前のご厚情を思えば、お見送りをしなければなりませんのに、健康を害し伺えず申し訳ございません。 故人のご冥福を祈って手を合わせております。 たくさんの思い出をありがとう。 どうぞ安らかにお眠りください。 [ 7617] 最愛の友の訃報を聞き、深い悲しみに襲われています。 仕事を愛し、家族や友を愛し、何事にもひたむきだった彼。 ご遺族皆様のご心中をお察し申しあげ、心からご冥福をお祈りいたします。 [ 7618] 会いたい、会いたいと思っておりましたのに、こんな突然のお別れになってしまいました。 悔しくてなりません。 ご冥福をお祈りしたします。 [ 7619] 先生のご訃報に接し、人生の師を失った悲しみでいっぱいです。 先生の尊いお教えは、私の心の中に生き続けます。 どうか安らかにお眠りください。 [ 7621] 御社社長様の不慮のご逝去の報に接し、御社ご一同様に衷心より哀悼の意を表します。 [ 7622] 会長様のご逝去に際し、惜別の急を禁じ得ません。 ご功労に敬意を表しますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 [ 7623] 社長様のご訃報に、当社社員一同、謹んで哀悼の意を表します。 ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、心からお悔やみ申しあげます。 深く哀悼の意を表わします。 (ほかに消費税がかかります).

次の